佐野 サービス エリア その後。 佐野サービスエリア(上り線) スナックコーナー

東北道上り線佐野SA「スト」を報じるメディアに抱いた違和感

佐野 サービス エリア その後

佐野SAのストライキで会社に質問状 14日に運営会社の従業員のストライキが発生し、営業が2日、ストップする事態に発展した東北道・佐野サービスエリア(SA=栃木県佐野市)上り線のフードコートと売店の問題。 佐野SA 上り 商品はあるものの、ストライキにて売店は閉店中 — DJ-AmoN DJAmoN305 これはひとりの従業員の解雇が原因の労使問題と目されていましたが・・・。 実は会社自他が存続の危機にあることが判明しました。 運営会社「ケイセイ・フーズ」のストを起こした社員が18日、岸敏夫社長ら経営陣に対し、ウェブ上に質問状を公開しました。 その中で「佐野SAの経営は危機的状況です。 メインバンク群馬銀行による新規融資凍結処分がかなりの痛手であると、私や取引先の皆様も考えています」と、ケイセイ・フーズが、メインバンクの群馬銀行から新規融資凍結処分を受けて、同社が経営危機に陥っていることを明らかにしています。 今回、質問状を公開したのは、スト前日の13日午後、岸社長に経営危機について追及、糾弾し解雇された、総務部長の加藤正樹氏です。 加藤も辞任しろ この質問文書の後に、 一昨日からはじまった労使交渉の場で、経営側から 「岸敏夫社長が退任するから、加藤も辞職しろ」 という要求。 私は「もう私の辞職は自分ひとりで決められる段階ではない。 みんなで相談して決断する」と返答。 その他、いろいろあるんですが・・・そこですか・・・ — 加藤正樹 katosanosacojp1 従業員がストライキまでした問題を岸社長の辞任とすり替えられています。 経営危機については触れていません。 ケイセイ・フーズはやはり経営危機? 加藤氏は、ケイセイ・フーズが栃木県佐野市に本社を置く片柳建設のグループだとした上で「ケイセイフーズは銀行から片柳建設グループとみなされています。 メインバンクから、片柳建設グループ全体に対し、新規融資凍結処分が下されてそろそろ3カ月。 借金の返済の滞納も3カ月目」 として、ケイセイ・フーズのみならず、片柳建設と一連の関連会社が、借金の返済を滞納していると主張しています。 「この問題が解消しないかぎり、我々従業員だけが戻っても、問題は解決しない可能性がきわめて高いのです」と、佐野SAの労使問題が解消しても、根本的な資金繰りに大きな問題があると指摘しました。 土産物コーナーの「全て」のレジが現金専用に。 ホントに端末故障でカードが使えないのかな? 仕入れに支払いに現金集めたいのかな? 邪推してしまう。 — ゆうすけ UskDual さらに、経営危機の説明会があったとことを明らかにし、岸社長に 「根拠を示さず『大丈夫です』と繰り返しました(取引先の多くが説明会翌日に、商品をすべて撤去したことを覚えていますか?)あなたはこの現状を『大丈夫』と言いますが、『有能な経営者』なら、その根拠を教えて頂きたい」とし、「逆に『事実無根』というなら、メインバンクの群馬銀行に、『ここ3カ月ぐらいの間、融資が凍結されていた事実はありません』というメッセージをもらってください。 (中略)事実無根なら、協力はもらえるはず。 ぜひもらってください」と突きつけた。 その上で「佐野サービスエリア再生のための事業計画を立て、必要な新規融資を獲得してください」 「少なくともここをクリアしてもらえないと、今月中の経営破綻も視野に入ってくるので、従業員も取引先の皆様も、この点のクリアは必須と考えています」 と、片柳建設グループが経営破綻する可能性があると主張しています。 従業員と連絡が取れないの「嘘」 加藤氏は「私は私で従業員たちと一緒に、佐野SA再生のための事業計画を策定をはじめたいと思います。 その提案を、まずは世間の皆様にみてもらいたい(もちろんケイセイ経営陣にもみてもらいたい)。 できれば、佐野市長、石井国交大臣はじめ政治家の皆様、国交省、NEXCO東日本(と子会社の)ネクセリア東日本の皆様にもみてもらいたいです」と、東北道を管理、運営する、NEXCO東日本と国土交通省に対しても、問題解決に関わるよう主張しました。 加藤氏は、佐野SAが代替職員を使って一部の営業を再開した16日に、同社長が「ストの従業員とは連絡が取れない」と語ったことに対し、逆に経営陣が直接交渉に応じていないと反発し、公開質問状の冒頭にも「まともに話ができるチャネルがないため、このようなかたちで、質問させて頂きます」とつづっており、直接交渉が行われないことから、質問状を公開するに至ったとみられています。 会社側からは解雇撤回 加藤氏の解雇については、岸社長が15日、一部の取材に対し 「社員の不当解雇があってストライキになった。 既に昨日の段階で解雇は撤回した」などと説明し、管理職員の解雇処分を撤回したと明言していました。 ケイセイ・フーズの岸敏夫社長 あなたこそ解雇されるべきです。 よほどのことがない限り、従業員を解雇することなんて、あなたの権限ではできませんよ。 社長やるのであれば、もうちょっと労働基準法の勉強をしてください。 RIZAPで肉体改造! 佐野サービスエリア上り線就業者ストライキ 佐野SA上り線運営会社 ・フーズ 岸敏夫社長の運営方針にはついていけません。 これは従業員と取引先のみなさんの総意です。 解雇された部長と支配人の復職と、経営陣の退陣を求めます。 そして、「社長も辞職するから加藤も辞任しろ」に至ったようです。 岸敏夫社長とは? この岸敏夫社長(61)について週刊新潮がその人物像を報じています。 岸社長は高校を卒業後、兄の経営する土木会社で働きその後結婚した奥さんの実家の片柳建設の専務になりました。 営業力のある反面、成績をあげられない社員には「辞めちまえ」と激怒していたそうです。 また、10年前から修行をはじめ岸了仙(りょう線)といいという法名で祇王山法唱院佐野別院の住職をしています。 住所:栃木県佐野市寺久保町 参照:祇王山法唱院佐野別院HP 寺の住職までしている岸社長。 やっていることは、とても仏門に入っている人間とは思えません。

次の

佐野サービスエリア (下り) クチコミ・アクセス・営業時間|佐野【フォートラベル】

佐野 サービス エリア その後

佐野サービスエリアストライキ! 上り線の売店 営業中止 労使トラブル原因か 東北自動車道・佐野サービスエリア上り線のフードコートと売店が、一斉に営業を中止。 自動販売機とトイレは利用可能 — エキサイトニュース ExciteJapan 8月14日未明から東北自動車道・佐野サービスエリア(SA)上り線のフードコート、売店の営業が一斉にストップした。 運営する(株)ケイセイ・フーズ(TSR企業コード:290996813、佐野市、以下ケイセイ社)の労使トラブルが原因とみられる。 引用元: このように佐野サービスエリアでストライキがされていたことがわかりました。 上り線のフードコートと売店の営業がされなくなりました。 原因はケイセイ・フーズの労使トラブルと言われています。 従業員の人からすれば当然の権利です。 ただ、盆を過ごしていた人たちにするとダメージが大きいです。 しかも、佐野サービスエリアは佐野ラーメンでも有名だそうで、美味しいという声もありました。 佐野ラーメンはうまい もちろん佐野サービスエリアの佐野ラーメンもうまいけど、佐野市内の佐野ラーメンはもっとうまい 超長くてブッとい竹で麺をこねてる側で食った佐野ラーメンは忘れられない — 阿麻和利(13世紀世界システム) amawari7 なんか、東北道の佐野サービスエリア(上り)が大変なことになってるようですね・・・ あそこの佐野ラーメン好きなんだよなぁ。 — ワッチ@vape垢 bluezman お盆休みに佐野サービスエリアで、佐野ラーメンを食べたかったという人もいるでしょうにね… 当然の権利とはいえ、もうちょっと考えてできなかったのかなと思ってしまいます。 「実は先月、佐野サービスエリアをNEXCO東日本から任されている株式会社ケイセイ・フーズが倒産の危機にあるとの情報が流れました。 その情報を入手した一部の業者が、納品を中止する事態に発展。 業者間の横のつながりで情報は一気に広がり、雪崩を打って次々と納品が停止された。 あっという間の出来事でしたが、納入業者としても被害を最小限で食い止めるため、シビアにならざるを得ないのです」 (中略) 「ケイセイ・フーズがメインバンクから新規融資凍結の処分中であると確認できたことで、納入業者たちは仰天。 その心配に対し、ケイセイ・フーズ社長は当初、『業者ごときが調子に乗るな』と反発していた。 しかし、本当に売り場から商品が消えたことで、NEXCO東日本が契約を解除する恐れが出てきた。 そこで、今度は即金で支払うから商品を入れてくれと連絡がきて、なんとか納品が再開されたと聞いています」 引用元: 株式会社ケイセイ・フーズが倒産するという話が流れてしまったということが直接の原因のようです。 それから、メインバンクから新規融資凍結の処分中ということも判明。 そして、 ここからは確定的なものではありません。 予想となります。 NEXCO東日本がケイセイ・フーズの契約を解除するということで社内会議が行われてたのでしょう。 岸社長と社員の意見が対立して色々と問題が起こり、 部長と支配人が解雇。 それが間接的な問題となって、ストライキになったのでは?というのがみたてです。 そして、次のような張り紙が出されたという感じですね。 内容は次の3点です。 「方針にはついていけません」 「解雇された部長と支配人の復帰と、経営陣の退陣」 「これは従業員と取引先のみなさんの総意です」 簡単にいうと、 ケイセイフーズの岸敏夫社長のやり方が気に入らないということです。 しかし、どういうやり方だったのかということについては書かれていません。 そのほかにもパワハラがあったようです。 実際にあったのかどうか不明ですが、これが事実ならストライキをしてもしょうがないですよね。 ただし、一部のみです! ネクセリア東日本によると、このうち売店とフードコートの一部が、16日午前から営業を再開した。 売店は午前7時に再開し、通常どおり24時間営業となる。 フードコートは、人気の高い佐野ラーメン2種類だけにメニューを限定し、午前11時から午後11時までの時短で営業する。 引用元: 24時間営業となるも、 人気の高い佐野ラーメン2種類だけのメニューで、午前11時から午後11時までの時間での営業となるようです。 しかし、全快になるにはまだ詳細を確認している最中ということです。 佐野ラーメンファンや県外から佐野ラーメンを食べにくる人には朗報ですね!ラーメンを食べるだけであれば問題ないみたいです! スポンサーリンク 佐野サービスエリア再開はスト破り? 佐野サービスエリアも再開したらしいけども新しい従業員という嫌味っぽい結末。 紺屋町の岸とかいう社長も腐りきってる。 — photoライター photojp2353 佐野サービスエリアでストライキが行われていて再開がされました。 しかし、その一方でスト破りが行われているという声が上がっています。 そもそもスト破りという言葉は何なのでしょうか? ストライキの際、使用者側について業務を続けること。 特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。 また、その労働者。 スキャッブ。 引用元: 要するに、 ストライキに参加しせずに働く人。 ストライキに対抗して労働者を外部から補強すること。 この2点です。 今回の張り紙を見ると、従業員の総意でストライキをしているようなので、外部から補強をしていると考えられそうです。 ニュースではこのような裏の事情を報道せずに安易に営業開始をしているとして、SNSでは話題となっていました。 これはひどいな。 「おまえらの代わりなどいくらでもいる」という経営者の求めに応じて、労働条件を改善しようとストライキする人の「代わり」をやるなんて。 明日の自分の首を絞めることだよ。 — Makiko Makicornelius ということなので、 ストライキをしている人はピケッティングという方法で対抗するべきところです。 ピケッティングとは、労働者が営業場所に見張りを置いて、使用者やストライキに参加していない他の労働者を阻止するというものです。 佐野サービスエリアに通っている市民の人は、「スト破り」が行われている事実も確認すべきところです。 佐野サービスエリアストライキで社長会見 【騒動の渦中】佐野サービスエリア、一部営業再開 NEXCO東日本によると、佐野SA 上り は16日7時に売店の営業を再開。 レストランなどの営業再開も準備を急いでいるとした。 — ライブドアニュース livedoornews 株式会社ケイセイ・フーズの岸敏夫社長は「仕入れ業者との注文の食い違いがあったり、社員の不当解雇というのがありまして、それでストライキになりました。 すでに昨日の段階で、解雇は撤回しておりまして、一刻も早く再開できるようにしたいと思っています」、「 社員の方々はそれを受け入れている? 特に不平不満もなく、今のところ、再開に向け、打ち合わせが進んでいます」と述べた。 引用元: ケイセイ・フーズの岸敏夫社長は具体的な内容について説明していました。 吉本興行の闇営業絡みの工作と似ている。 佐野サービスエリア、一部が営業再開 従業員のストライキで2日間の休止状態に(ハフポスト日本版) — Yahoo!

次の

佐野サービスエリアについて。

佐野 サービス エリア その後

ここからは個人的な憶測。 いくら経営危機の噂が流れたとは言え、商品の納入拒否というのは尋常ではない。 普通は、危ないと思っても商品は卸す。 (だから連鎖倒産というものが起きる) まして一社ではなく、複数社が一斉に卸さないというのは明らかに共謀が見て取れる。 つまり商品ガラガラ事件がそもそも取引先による抗議。 またストの張り紙に、わざわざ「取引先の総意」と入れるのは普通ではない。 つまり、このストも取引先主導の抗議活動の延長と思われる。 SAの運営と、その商品納入者でのトラブルというのは、運営会社の殿様商売を容易に想像させる。 この一連の流れで復職を求められている部長と支配人は、取引先と対等な関係を結ぼうとしたと思われる。 つまり一連の騒動の首謀者は取引先。 従業員は自身の待遇改善というより、現場で苦しんでいる取引先を実際に見ているので、それに同情して協力しているのではないでしょうか。

次の