あさり の ワイン 蒸し。 ビストロ風!あさりの白ワイン蒸し 作り方・レシピ

あさりとキャベツのワイン蒸し

あさり の ワイン 蒸し

サイズの大きな上のものより、下のもの(およそ7. 5㎝)程度がおいしい そのほぼすべてが養殖されているムール貝。 広島や青森でも養殖されています。 輸入に比べ国産のほうがリーズナブルで、日本人の口に合いやすいと言われています。 広島産は6月〜8月、青森産は10月〜12月に穫れたものがもっとも美味しいそう。 選ぶ際のポイントはサイズ。 大きなものは内臓部分が多く、生臭い可能性が高いので、小ぶりでぷっくりと厚みのあるものを選びましょう。 砂抜きいらず! 下処理も簡単です ムール貝は、砂地ではなく壁や岩に張り付いて生息している貝なので、事前に砂抜きをする必要はありません。 調理の前に、2つの下ごしらえをしましょう。 たわしで貝表面を洗う たわしでこすり、流水で貝表面についた汚れをとります。 足糸(そくし)を取り除く ムール貝の表面には、岩などに張り付くために糸状の「足糸」がついているので、引き抜きます。 中の身を壊さないよう、貝で身を押さえながら引っ張ってください。 濃厚なうまみがすごい! 「ムール貝の白ワイン蒸し」 プリップリの身と深いうまみを手軽に味わうなら、3ステップで作れる「ムール貝の白ワイン蒸し」がおすすめ。 アスパラやトマトなどお好みの野菜を追加したり、パスタをいれてボンゴレにもできます。 今回は、あさりを入れて、一層深い味わいに。 もちろんムール貝だけでも美味しいです。 「ムール貝とあさりの白ワイン蒸し」のレシピ 材料(1〜2人分)• ムール貝…10〜15個程度• あさり…15粒• にんにく…適量• オリーブオイル…適量• 白ワイン…80cc程度• イタリアンパセリ…適量 STEP1 まずは、にんにくの香りを出す フライパンにオリーブオイルとみじん切りにしたにんにくを入れ、弱火にかける。 STEP2 ムール貝とあさり、白ワインを投入! ニンニクの香りが立ったら、ムール貝とあさり、白ワインを入れる。 STEP3 ふたをして10分待つだけ! 強火にし、ふたをして5分〜10分くらい蒸し焼きに。 貝の口が開いたら完成。 仕上げにイタリアンパセリをのせる。 完成! ふたを開けた瞬間、海の香りがフワッと広がります。 身のぷりっぷりの食感に海のうまみがギュッと凝縮され、塩気と甘みがほどよい味わい。 ワインを呼ぶ深い美味しさで、食べ始めると止まらなくなること間違いなし! 簡単なのに美味しくて、おしゃれな雰囲気も出してくれるムール貝。 これまで挑戦したことのない方も『お家でムール貝』デビューしてみませんか?.

次の

あさりとキャベツのワイン蒸し

あさり の ワイン 蒸し

に追加しました• あさり 250g• イタリアンパセリ 適量• 塩水 適量• オリーブ油 大さじ2• 白ワイン 50ml• 粗挽き黒こしょう 適量 作り方• あさりは海水程度の塩水に浸して冷暗所に1~2時間程置いて砂抜きをする。 砂抜きをしたあさりは貝をこすり合わせるようにしてよく洗う。 にんにくとイタリアンパセリはみじん切りにする。 フライパンにオリーブ油大さじ1とにんにくのみじん切りを入れて弱火にかける。 にんにくの香りが立ってきたら、1)のあさりを入れて軽く炒め、白ワインを加えて蓋をし、火を弱めて蒸し煮にする。 あさりの口が開いたら、器に盛り付け、イタリアンパセリ、オリーブ油大さじ1、粗挽き黒こしょうを振りかける。 スーパーなどで「砂抜き済」と書いてあるあさりでも、砂を含んでいることが多々あるので、調理前には必ず砂抜きをしてください。 レシピ提供: 坊垣茜.

次の

あさりとキャベツのワイン蒸し

あさり の ワイン 蒸し

材料 1人分• 牛もも肉 焼き肉用 5切れ 50g• 菜の花 3本 20g• しいたけ 1枚 20g• <A>• 紹興酒 ひとたらし 1g• 醤油 ひとたらし 1g• こしょう 適量• <B>• 長ねぎ みじん切り 小さじ1 2g• <C>• 紹興酒 小さじ1 5g• こしょう 適量• おいしいあさりの処理 : あさりは買ってきたら底が平らなトレーに並べ、3%の塩水 塩小さじ1+水1カップ にヒタヒタの水位でつける。 新聞紙などをのせて暗くして1時間おいて砂だしする。 強く洗って生きているものを選り分け、ざるに入れて水けを切り、3時間以上置いてあさりのうま味成分 コハク酸 を増やす。 *すぐに使わないときは、保存容器に入れて冷凍するといつでも使えて便利です。 キャベツはざく切り、にんにくはつぶし、赤唐辛子は種を除く。 鍋ににんにく、あさり、キャベツの芯、葉、白ワイン、赤唐辛子を順に入れ、蓋をして中火にかける。 殻が1個開いたらバターを加えて蓋をし、火を止め予熱で2分蒸らしてこしょうをふり、味を絡め混ぜて盛り付ける。

次の