コピー アンド マーケティング。 今さら聞けないマーケティングとセールスの違いとは?

コピーライティングとは?【基礎と稼ぎ方を現役のプロが解説!】

コピー アンド マーケティング

どうも、翔です。 今回の記事では、ネットビジネスにおける ブランディングの重要性をお伝えしていきます。 ネットビジネスで成果を出していくためには、 3大スキルを高めていく必要があります。 3大スキルとは、 ・マーケティング ・コピーライティング ・ブランディング この3つのどれもが重要です。 「マーケティングが最重要!」 「コピーライティングが最重要!」 このようにいう人がいますが、 重要度はどれも変わりません。 強いて言えば、 マーケティングを高めるには、 他の二つのスキルを高める必要があります。 コピーライティングは、車の車輪のようなもので、 これを学ばずしてネットビジネスは回りません。 ブランディングスキルを高めていかなければ、 ビジネス拡大は難しいと言えます。 ですので、どれも重要であり、 重要度に違いは存在しません。 そしてこれらのスキルは、一つが高まれば、 他のスキルも高まっていきます。 (コピーライティングは例外だと思っています) 例えば、コピーライティングが高まれば、 マーケティング時に優位に働きます。 ブランディングが高まれば、 マーケティングする分母が大きくなります。 ですので、 全体的に高めていく必要があるのです。 では、それぞれのスキルを解説します。 マーケティング マーケティングは利益を上げる活動全てです。 現在は、プロダクトローンチやプロモーションアフィリエイト、 心理学を用いたマーケティングなど多数あります。 が、 本来マーケティングとは単純なものなんです。 この信頼関係構築やセールスを円滑に成約出来るように、 ブランディングだったりコピーライティング、SEO、クロージング、 リストビルディングなど必要になってきます。 だからこそ、一つひとつのスキルを向上させることで、 販売が円滑になるので大きく稼げるというわけです。 このようにシンプルに考えられず、 マーケティングの型にはめることしか出来なければ、 それはマーケティング力は低いと言えます。 マーケティング力が高い人とは、 スキル一つ一つが高く、さらに状況に合わせたマーケティングが出来る人のことです。 コピーライティング コピーライティングは、車でいうところの車輪です。 コピーライティング力が低いままだと、 ブランディングが形成し難いです。 ネットビジネスでのブランディング形成は、 大部分をコンテンツにより行います。 そのコンテンツを作るために コピーライティング力が必要なのです。 ですので、コピーライティング力が低ければ ブランディングの形成に時間がかかりすぎます。 また、マーケティング時にもコピーライティングは 大きく関わってきます。 ここでコピーライティング低いと、 セールスも上手く行きにくいのです。 つまり、コピーライティングは、 ビジネスを回すために最低限身につけなければならないスキルなのです。 ブランディング ブランディングは、ビジネス拡大に必須スキルです。 アップル社が時価総額世界一の理由も、 『アップル』というブランドが世界的に認知させているのも、 ブランディングに力を入れているためです。 このようにブランドを認知されていくことで、 リピーターが多くなってきますよね。 を意識したビジネス展開をするために、 最も関係があるのはブランディングなのです。 つまり、 ビジネス拡大に最も関わってくるスキルであると言えます。 ですので、ビジネス拡大を行いたいのであれば、 ブランディングスキルを高めましょう。 以上が、ネットビジネスにおける3大スキルの解説となります。

次の

ピークエンドの法則とは!ビジネス行動経済学マーケティング・コピーライティングの心理学

コピー アンド マーケティング

公開日:2015. php on line 53 よくある誤解として、マーケティングとは広告や宣伝、販促などの集客手法だと理解してる人が多いようです。 これは極めて限定的なマーケティングの理解で、本質的には大きく異なります。 マーケティングの概念も進化していますが、近年の理解では下記が正しいです。 「マーケティングとは、顧客の悩みを解決する商品・サービスを筆頭に、本当に求められている商品やサービスを捉え、研究・開発し、その商品情報を適切に見込み顧客に届け、その商品価値を体験してもらい、販売し、価値を実感してもらう。 と言う商品開発から商品価値を感じてもらうまでの一連の流れの事。 」 これをマーケティングだと定義付けられます。 広告宣伝や販促活動は、この一連の流れの中の一部だと理解出来ます。 そしてセールスとは、顧客に商品を販売する活動を指します。 消費者と商品を結びつけるとても重要な役割りで、どれだけ商品力があってもセールスが弱いために厳しい状況の会社もあるでしょう。 ゆえに1番スポットライトを浴びますし、数字で結果が見えやすいので、評価のしやすいポジションです。 しかしどれだけ優秀な営業マンでも、世に必要とされていない商品を沢山売ることはほぼ不可能です。 そもそも普通は明らかに競合に負けている商品や、劣っているサービスを扱いたいとも思いません。 必要とされていない商品を沢山売る時には、事実不告知や不実告知、かなりのオーバートークなどでクレームが来ることが多くなるかも知れません。 その逆に… クレームを回避し、セールスの負担を楽にして、顧客に喜ばれる一連の流れがマーケティング活動です。 経営学の世界的権威・ドラッカーは下記の様に言っています。 「マーケティングは余計なセールスを不要にする」 顧客が欲しがり、自然と売れる状態を作るのがマーケティングの本質なのです。 AppleのMacやiPhone、エルメスのバーキン、任天堂のwii、SONYのウォークマン、星野リゾートなどを筆頭にこういった商品で、強引な営業をかけられた方は居ないはずです。 そう、あなたが欲しくなるようにマーケティングしているのです。 セールスはもちろん大事です。 どれだけマーケティングをしていても、セールス力が無ければ全て台無しになる可能性さえあります。 私もとてもセールスを重要視していましたし、数多くの販売方法を試して来ました。 しかし、セールスはあくまでもマーケティング活動の一部なんだと理解しましょう。 だからこそドラッカーは「マーケティングは余計なセールスを不要にする」と言うのです。 私のセミナーではよく言うのですが、マーケティングは買い手(顧客)目線。 セールスは売り手目線。 どちらが売れるのか(売れ続けるのか)は明確です。 営業力はあっても独立して失敗する人は沢山いますし、商品開発力が高くても事業に失敗する人がいるのはこういった理由も多分にあると思います。 企画・研究・開発・広告・宣伝・販売・顧客管理・顧客サポートまで考えて、マーケティング。 営業力や商品力、広告運用力などはそれぞれでマーケティング力だと言うのは間違いです。 販売に関してはこちらからお願いするのでは無くて、見込み客からお願いして頂けるのですから、セールスは楽なものです。 その代わりにマーケティング活動全般が大変なのですが、コツを掴んでしまえばある程度は楽です。 この仕組み作りがマーケティング活動です。 人の商品を扱っている場合でも光の当て方を変えればマーケティングになります。 さぁ、顧客を増やしたい!問合せをもっともっと増やしたい!と言うあなたはマーケティングをもっともっと勉強しましょう。 因みにマーケティング全般が上手くいっても、 セールス力が弱ければ大きな成果は出せません。 あくまで、マーケティングは「余計な」セールスを不要にするのです。 2020年07月13日 23:29 人気スーパーコピーブランド時計激安通販専門店 ウブロ スーパーコピー,ブランド時計 コピー,ブランド スーパーコピー,コピーブランド 通販,スーパーコピー 財布その他の世界一流ブランドコピーを取り扱っています。 全て激安特価でご提供. お願いします. gmt78. htm.

次の

今さら聞けないマーケティングとセールスの違いとは?

コピー アンド マーケティング

スポンサード リンク コピーライティングとは コピーライティングとは、「イメージコピー」のことを指します。 一般的には 「キャッチコピー」という方が馴染みがあるかもしれません。 テレビCMでよく見かける、 イメージアップのためのコピーです。 キャッチコピーは、強い言葉や美しい言葉で、企業のブランディング向上を目指します。 認知度が高まったり、イメージアップができれば成功したと言えます。 イメージアップのための広告は、「イメージ広告」と呼ばれます。 キャッチー(=注意を引きやすい)であるためには、一瞬で注意を惹きつけるような、鋭い言葉であることが大切です。 キャッチコピーの例え 有名なキャッチコピーといえば、次のようなものがあります。 はやい、やすい、うまい/吉野家• ココロも満タンに コスモ石油/コスモ石油• お金で買えない価値がある/MasterCard• そうだ 京都、行こう。 /JR東海• インテル、入ってる/インテル• NO MUSIC NO LIFE/タワーレコード• 暮らし感じる、変えていく。 お、ねだん以上。 /ニトリ 一度聞いたら忘れられない、記憶に残るフレーズがいっぱいありますよね。 キャッチコピーは、マーケティングのコンセプトを表した 「USP」を踏襲したメッセージになります。 スポンサード リンク コピーライティングは直接行動には訴えない コピーライティングは、記憶に残ったとしても、 直接行動に訴えるものではありません。 例えば、『お金で買えない価値がある』のコピーを見たからといって、「よし、今すぐMaster Cardに入会しよう!」という気持ちにはならないですよね。 キャッチコピーはあくまで、いつかまたその商品(企業)と偶然出会った時に、「いい印象で思い出してもらえればいいな」という目的のためにつくられるものです。 コピーライティングは数値で計測できない ブランディング向上を目指したキャッチコピーは、どれほど成功したのかを 数値で測ることはできません。 たとえ『そうだ 京都、行こう。 』のポスターをきっかけにJR東海を利用したとしても、どれほどの人が行動をとり、いくら売上が上がったのかはわかりません。 ブランディング向上やイメージアップの対策がどれほど売上に貢献しているのかを、数値として計測することはできないんですね。 そのため、ブランディング向上を図るイメージ広告は、不況になると一番最初にコストカットの対象になりやすい側面があります。 「キャッチコピー」の目的はブランディングだけではない ここまで「キャッチコピー」はブランディングが目的と説明してきましたが、「キャッチコピー 」が指す意味は、実はブランディング目的だけではありません。 スポンサード リンク セールスライティングとは セールスライティングとは、反応を得るための「レスポンスコピー」です。 「セールスコピー」と呼ばれますが、広告でモノを売るための文章のことで、 行動を起こさせるためのコピーです。 ダイレクトメール・FAX-DM・チラシ・メルマガ・ステップメール・Webサイトで使うランディングページなど、反応を得るための販売広告の文章に使われます。 レスポンスのための広告は、「レスポンス広告」と呼ばれます。 一瞬で惹きつけるキャッチコピーと比べると、セールスコピーで書かれた文章はおそろしいほど長文です。 その長さは必要に応じて、数千文字から数万文字にも及びます。 そのため、出来上がった文章は「セールスレター」とも呼ばれます。 セールスコピーの特徴 わかりやすい特徴としては• 今すぐ資料をお申し込みください。 などと、 今すぐ行動を促します。 簡単に言えば、セールスパーソンのセールストークを紙に書いたものがセールスライティングです。 ですので、セールスコピーが書ければ、テレアポのトークスクリプトや、動画でセールスする際の台本を書くこともできます。 セールスライティングは直接行動に訴える セールスコピーは、 直接行動に訴えるものです。 例えば、セールスコピーのチラシを見た人が、「へ〜、こんな商品があるんだ、いつか利用するかもしれないから覚えておこうかな・・・」と思っても、その場で行動してもらえなければ失敗だと言えます。 行動に訴えるためには、文章の上手い下手よりも、顧客心理やセールスの説得手法、マーケティングの知識が重要になります。 ですので、キャッチコピーのような美しい言葉を語る必要はありません。 たいていの広告はセールスライティングではない あなたがセールスコピーを書きたいと思った場合は、世の中にある広告の多くはセールスライティングではないことを覚えておくことが大切です。 つまり、文章で売上アップをするためには、参考になる広告はほとんどないということです。 例えば、ピザやお寿司などの飲食店のチラシでは、レスポンスを促すために割引チケットが付いていたとしても、メニューと価格が載っているだけだったりしますよね。 レスポンス広告ではありますが、セールスライティングではありません。 あなたが広告を参考にする場合は、ソフトセルではなく、ハードセルの広告を参考にしてみてください。 販売手法のソフトセルとハードセルとは 販売手法を大きく2つに分けると、 ソフトセルと ハードセルに分けることができます。 ソフトセルとは ソフトセルとは、商品・サービスの良さを間接的、イメージ的に訴求する販売方法のことです。 期限や条件を設けてレスポンスを促すことはありません。 例えばマンションの広告では、綺麗な外観や環境の良さなどを訴求していますが、 「いつまでに何をすればどんな得があるのか?」について書いてある広告は少ないです。 美容室のチラシでも、イメージアップのために綺麗なモデルの写真が掲載されていますが、• その美容室に行くことで得られる満足感の訴求• ハードセルとは ハードセルとは、商品・サービスの良さを直接的に訴求して、レスポンスを促す販売方法のことです。 ソフトセルの反対の意味として使われます。 例えばエステのチラシでは、施術を受けるとどんな効果があるのかを訴求しています。 効果を証明するためにお客様の声を記載するなどして、安心できるようにしています。 そして、お得な初回限定のコースが設けられていたり、期間限定の割引チケットを付けて、レスポンスを促しています。 どんな広告に心を奪われたのか? あなたがセールスコピーを書くのであれば、商品・サービスの良さを直接的に訴求してレスポンスを促している、ハードセルの広告を参考にするようにしてください。 たとえ、はじめは興味を持っていなくても、 なんとなく広告文を読み進めているうちに興味が湧いて、その商品が欲しくなれば、相当優秀なセールスコピーであるということです。 コピーライティングとは、一般的にはキャッチコピーのことを指す、ブランディングのためのコピーです。 売上には直接関係がなく、結果を数値で計測できません。 セールスライティングとは、セールスコピーのことで、レスポンスのためのコピーです。 売上に直接関係していて、結果を数値で計測できます。 売れる文章を書くためには、ブランディングのためのキャッチコピーではなく、直接行動に訴えるためのセールスコピーの技術が必要不可欠なものになります。 小説のような文章力ではなく、マーケティングや顧客心理の知識が重要になります。 もしもあなたがWebサイトから集客・販売をしたいのであれば、ウェブに特化したセールスライティングであることが理想的です。 もっとも手軽にセールスライティングを学ぶなら、まずは書籍からスタートしてみると良いと思います。

次の