相撲 初 場所 結果。 大相撲・初場所に注目!日程や番付、結果や星取表について

大相撲・2020年1月場所(14日目)の全取組結果一覧と各段成績順リスト

相撲 初 場所 結果

大相撲• 13 05:00• 12 17:40• 12 05:02• 11 05:00• 10 17:49• 09 05:01• 08 19:46• 08 12:00• 08 08:00• 08 08:00• 05 20:15• 03 05:02• 02 20:03• 02 05:00• 01 21:21• 01 19:25• 01 17:10• 01 09:16• 31 18:00• 30 20:32• 30 05:01• 29 19:19• 29 17:56• 27 19:41• 26 19:32• 26 18:10• 26 05:01• 26 05:00• 25 19:13• 25 17:48• 25 05:01• 24 21:19• 24 19:17• 24 17:27• 23 05:02• 21 19:34• 21 05:00• 18 19:15• 16 20:20• 16 18:16.

次の

大相撲初場所・幕内勝負結果 (千秋楽):時事ドットコム

相撲 初 場所 結果

日刊スポーツが行った人気力士アンケート「第9回大相撲総選挙」は、大関貴景勝(23=千賀ノ浦)が初の1位に輝いた。 初場所に優勝した徳勝龍(33=木瀬)が3位に入った。 初場所で初優勝を果たし、人気も知名度も一気に上昇した。 もともとネット界での人気は高く、前回は4位に入るなど選挙に強い。 「初優勝に感動してファンになりました。 努力が優勝という形で花開いた瞬間を見られたことに感動し、大変勇気づけられました。 また、優勝インタビューのユーモアと、恩師や家族に対する心のこもった言葉から素敵な人柄が感じられて素敵な方だと思いました」(30代女性)。 熱いコメントが多く寄せられた。 5月27日午後9時から6月6日まで日刊スポーツのウェブサイトで投票を受け付けた。 ウェブは端末1つにつき1日1回、1回3人まで投票可能とした。 前回までははがきでの投票も受け付けていたが、今回はなし。 人気NO・1力士は誰だ? 今年も大相撲総選挙を実施します。 photo• 相撲・格闘技 田中恒成「全部見せる」畑中建人がユーチューブ挑戦 []• ボクシング [6月14日 14:34]• プロレス [6月14日 10:01]• プロレス [6月14日 9:16]• 大相撲 [6月13日 13:55]• プロレス [6月13日 10:18]• ボクシング [6月12日 20:25]• 大相撲 [6月12日 18:41]• コラム [6月12日 17:56]• 大相撲 [6月12日 15:45]• 大相撲 [6月12日 11:00]• 大相撲 鳴戸部屋が朝稽古をライブ配信「少しずつ強く」 []• 大相撲 [6月13日 13:55]• 大相撲 [6月12日 18:41]• 大相撲 [6月12日 15:45]• 大相撲 [6月12日 11:00]• 大相撲 [6月12日 8:00]• 大相撲 [6月12日 7:15]• 大相撲 [6月12日 7:01]• 大相撲 [6月10日 17:26]• 大相撲 [6月10日 9:22]• 大相撲 [6月10日 9:03]• プロレス プロレスの雰囲気変わっても守るものがある/連載5 []• プロレス [6月14日 10:01]• プロレス [6月14日 9:16]• プロレス [6月13日 10:18]• プロレス [6月12日 10:01]• プロレス [6月11日 10:02]• プロレス [6月10日 23:19]• プロレス [6月10日 10:00]• プロレス [6月9日 13:14]• プロレス [6月8日 14:51]• バトル [6月8日 8:00]• ボクシング 田中恒成「全部見せる」畑中建人がユーチューブ挑戦 []• ボクシング [6月14日 14:34]• ボクシング [6月12日 20:25]• ボクシング [6月11日 17:24]• ボクシング [6月11日 11:46]• ボクシング [6月11日 2:21]• ボクシング [6月10日 21:01]• ボクシング [6月10日 12:01]• ボクシング [6月10日 8:41]• ボクシング [6月9日 18:00]• ボクシング [6月8日 11:01]•

次の

幕尻・徳勝龍が初優勝、土俵で涙 大相撲初場所

相撲 初 場所 結果

幕尻徳勝龍が14勝1敗で初優勝するという大番狂わせといってもいい、誰もが予想していなかった力士が最期に笑った。 しかも、幕尻徳勝龍と大関貴景勝が選手楽結びの一番に組まれて、貴景勝が大関の意地で勝つと予想。 そして、2敗同士の優勝決定戦もしくは巴戦を期待していたが、見事に予想と期待を裏切った徳勝龍に大アッパレを送りたい。 徳勝龍は引退した横綱稀勢の里と同期でありながら、この優勝は大相撲ファンに感動を与えた。 徳勝龍はこれまで十両と幕内を何度も往復していた力士で、これといった目立つ成績もなかったが、何がどうなったのか?相撲の神様がとんでもないイタズラをしてくれた。 初場所を振り返る 大関貴景勝は優勝を逃して悔しかっただろう。 本当は悪くても12勝3敗で終わったかったはずだ。 というのも、彼には横綱になるという目標があっるから。 今場所12勝以上して、来場所は優勝、5月場所で12勝以上すれば晴れて横綱になれる可能性があっただけに、その野望が絶たれた14日目の正代との敗戦は涙して悔しがっていた。 大関豪栄道は力なく9回目のカド番をキープできずに5勝10敗で33場所守っていた大関を陥落した。 3月場所は10勝すれば大関復帰できるが、その可能性は厳しい。 とにかく今場所は最期まで大盛りあがりっだのに満足している。 今場所関脇に陥落した元大関高安も6勝9敗とみるも無様な相撲だった。 得意の型がないだけに、これまでのように力任せの相撲では、もう通用しなくなったことを肝に命じて、取り口を研究し、自分の強みとなる型を身に着けないと、大関復帰どころか三役定着も厳しくなる。 関脇朝乃山は、なんとか10番勝って、3月場所12勝以上すれば大関昇進の可能性も見えてきた。 もっと稽古に励めば、おのずと結果は付いてくるそんな力が付いており期待が持てる。 炎鵬は今場所勝ち越そたのは立派だが、来場所はさらに番付も上がるが、相手も研究してくるので、春場所が正念場となろう。 正代は13勝2敗は立派な成績だった。 千秋楽に見せた出足と取り口が身についてしまえば、大関候補になってもおかしくない。 去年の九州場所から急に相撲が変わったのが大きい。

次の