くぁw。 Rシリーズ 「うるさらX」 製品情報

女芸人No.1決定戦 THE W

くぁw

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 当初はに本拠を置き、ルートビアスタンドの形態であった。 米国以外での展開 [ ] 米国以外では、、日本、、、、、、、、、、にも進出している。 かつては、、にも店舗があったが、に撤退した。 インドネシアでは広く全国展開しており、北米を除くと店舗数が一番多い。 1970年代にはを中心に、などでもチェーン展開を行っていたが、現在はすべて撤退している。 また1990-2000年代にも再進出の計画があり、東京都内でパイロットショップが営業していたが、やはり撤退した。 沖縄県でのファストフード店の運営は、株式会社が行っている。 、などのは、いくつかの輸入業者を通して発売されている。 日本国内では製造されておらず、すべてアメリカからの輸入品である。 沖縄県以外でも輸入食料品店や沖縄の特産品店、一部の雑貨店などで販売されている。 ただし、はであることから、復帰前の2月に本土に1号店を開設したを日本初のファストフードチェーンとするのも間違いではない。 1980年代には一時への出店も試みたが、後に沖縄県内のみに専念している。 Rはレギュラー Regular。 )の3つのサイズが違う値段で販売されているにもかかわらず、どのサイズを注文しても何杯でもおかわり自由となっている。 また「コニードッグ」と呼ばれるや、独特の風味を持つ「スーパーフライ(通常の冷凍ポテトではなく、いわゆる)」、「カーリーフライ」も代表的なメニューである。 「ALL AMERICAN FOOD」を標榜しており、他のファストフードチェーンよりもボリュームのあるメニューが多い。 2010年12月からは、ライスを用いたボックス型の「ベントーミール BENTO-MEAL 」(など)を発売するなど、大手他社との差別化を図る戦略も見られる。 また店限定での「宮古そば」を扱っている。 ドライブイン [ ] 多くの店舗では、車から降りずに注文し、そのまま商品を受け取って(店員が商品を車まで届けに来る)、駐車したまま食べるなり、店を出てどこかへ行くなりすることができる設備を備えている(で使われるようなインターホンが個々の駐車スペースに据えつけられている)。 英語の「ドライブイン」 () とは車に乗ったままで種々のサービスを受けられることを指し、日本で言うとは意味合いが異なる。 脚注 [ ].

次の

新機動戦記ガンダムW

くぁw

屋外から新鮮な空気を取り込み、エアコンを運転しながら室内換気が行えます。 連動する運転モード JIS8330準拠。 運転モード:「強」(室内機の風量5) 測定条件:標準ダクト使用、ホース長さ4m、曲げ回数5回(室内接続ダクト含む)大気開放条件。 設置条件、使用状況によっては風量が低下します。 十分な換気には、定期的な窓開け換気なども合わせてご利用ください。 5dB程度上昇します。 リモコン表示、本体のランプ表示はありません。 停止したいときは、メニューで「切」に設定してください。 お部屋の換気量が多い場合、設定温度が高い場合、設定風量が小さい場合、建物の構造等により、設定湿度にならない場合があります。 加湿暖房・加湿運転時は、加湿ユニットの動作により、運転音が最大で2dB程度大きくなります。 また風量を強くすると加湿の音も大きくなります。 加湿ホースの長さ(配管長)は4mを基準にしています。 長さが2m増えるごとに加湿量は約12%低下します。 加湿ヒーターの消費電力は、最大で約760W(100V機種)・約1100W(200V機種)。 0Wから最大消費電力の間でコントロールします。 なお、加湿時の運転パターンはお客様の設定や部屋の広さ、換気回数、温湿度条件によって異なります。 加湿運転中でも室温上昇にともなって相対湿度が下がるため、リモコンのしつど表示と合わない場合があります。 部屋の広さ、換気回数、室外温湿度、機種能力など、条件によっては結露水の量が少ない場合があります。 室内温度が大きく下がるため、外出時などお部屋に人がいないときにご使用ください。 約1ヵ月に1回行うことをおすすめします。 電力料金目安単価27円/冷房、除湿運転中も洗浄 kWh(税込み)[平成26年4月改定]で計算。 年間2gのホコリがフィルターに付着した場合(当社調べ)。 エアコンの運転時間、使用環境によりお手入れ期間が異なることがあります。 エアフィルターに油汚れやタバコのヤニが付着する環境では、フィルター掃除運転では汚れを取り切れない場合があります。

次の

W

くぁw

W-CDMAとは、(3G)の端末・基地局間の無線通信方式の標準規格の一つで、のサービスやのSoftbank 3Gサービスで利用されているもの。 初期の規格では高速移動時144(キロビット毎秒)、歩行時384kbps、静止時2(メガビット毎秒)で通信することができる。 拡張仕様の(High Speed Packet Access)により、()のを7. 2〜14. 4Mbpsに、()を5. 7Mbpsにそれぞれ高速化できる。 (国際電気通信連合)による3G標準「IMT-2000」で6つ規定された無線通信方式のうち最も広く用いられている方式で、同規格上では「IMT-DS」と呼ばれる。 規格では「UTRA-FDD」方式とも呼ばれ、欧州などではW-CDMA方式を指してUMTSと呼ぶこともある。 他の辞典による解説 (外部サイト)• 〜 『 ウィキペディア』 による解説• 〜 『 日経 xTECH Tech-On!用語』 による解説• 〜 『 ケータイ用語の基礎知識』 による解説• 〜 『 ASCII. jpデジタル用語辞典』 による解説• 〜 『 Insider's Computer Dictionary』 による解説• 〜 『 エリートネットワーク ビジネス用語集』 による解説• 〜 『 IT用語辞典バイナリ』 による解説• 〜 『 PC Magazine』 英語 による解説• 〜 『 Techopedia』 英語 による解説 さくいん この分野のランキング 1位 【仮想移動体通信事業者】 2位 【3. 9G】 3位 【メガビット毎秒】 4位 【International Mobile Equipment Identity】 5位 【beamforming】 6位 【IC Card IDentifier】 7位 【burst transmission】 8位 【2CC CA】 9位 【Voice over LTE】 10位 【符号分割多元接続】 11位 【Subscriber Identity Module card】 12位 【small cell】 13位 【MCC】 14位 【クロッシィ】 15位 【Multiple Input Multiple Output】 (姉妹サイト) 当サイト「IT用語辞典 e-Words」 アイティーようごじてん イーワーズ はIT Information Technology:情報技術 用語のオンライン辞典です。 コンピュータ・情報・通信などを中心とする各分野の用語について、キーワード検索や五十音索引から調べることができます。 用語の意味や定義、概要や要約、略語や別表記、英語表記や綴り、フルスペル、読み方や発音、仕組みや役割、歴史や由来、語源、構造や構成、要素、特徴、機能や性能、諸元、規格や仕様、標準、原因や要因、手法や方法、方式、種類や分類、利点やメリット、欠点やデメリット、問題点、対義語や類義語との違い、用例や事例、具体例、画像や図表、関連用語、外部資料や別の辞典による解説へのリンクなどを掲載しています。 株 インセプトが制作・運営しています。 お問い合わせは まで。

次の