すもももも。 すもももももも 地上最強のヨメ

すもももももも ~地上最強のヨメ~ 動画(全話あり)|アニメ広場|アニメ無料動画まとめサイト

すもももも

作品概要 の黎明期から連載を開始したの連載デビュー作。 で繁栄した武術家の末裔を主人公&ヒロインにした 知る人ぞ知る大作。 前半はヒロイン・九頭竜もも子をはじめとした武術家たちの大立ち回りや、一向に進展しないギャグまみれの恋愛イベントが中心だったが、後半からは主人公・犬塚孝士自身の成長物語を軸にしている。 また単なるラブコメやバトルに終始せず、人物たちの心理や関係を練り込んで物語に反映させるなど、駆け足気味ではあるが完成度は高い。 またアニメのOPは であり、そっちの方面でも有名だったりする。 ストーリー 格闘家の家に生まれた犬塚孝士 いぬづかこうし は、過去のトラウマから暴力嫌いになり、父・雲軒の反対を押して検事となって人を正すことを道を邁進していた。 ところがある日、父が自身の親友の娘・九頭竜もも子をとして連れてきたことから事態は一変。 孝士の日常は、もも子を始めとする武術家たちとの奇想天外なドタバタ劇の日々に突入するのだった。 そして停まっていた孝士の運命の歯車も、徐々に廻り始めていくことに……。 登場人物• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:) TVアニメ 2006年10月より2007年3月まで、テレビ朝日系にて放送された。 WAV ホントにこれがTVで歌われていた!? 「すもももももも、子・づ・く・り・しましょ!」 より… 「切情! もも子対いろは 第6話 虎の刺客、現る! 第7話 見えない絆 第8話 嵐を呼ぶ後輩 第9話 悲恋のヒーロー女 第10話 早苗の許嫁(フィアンセ)現る 第11話 天誅戦士ウマ仮面、参上 第12話 風邪の日、半蔵の場合 第13話 ライバル対決! ウマとカメ 第14話 お化け屋敷の恋騒動 第15話 西郷の恋 第16話 倦怠期の壊し方 第17話 激闘! 虎の兄弟 第18話 ヤミ鍋で歓迎会!? 第19話 家政婦が来た! 第20話 運命を共に 第21話 それぞれの思い 第22話 いつもの日々へ 第23話 温泉 独占 ラブ合戦 第24話 さらわれた孝士! 関連タグ 関連記事 親記事 pixivision• 2020-07-18 17:00:00• 2020-07-18 12:00:00• 2020-07-17 17:00:00• 2020-07-17 14:00:00• 2020-07-17 13:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-18 17:57:30• 2020-07-18 17:57:17• 2020-07-18 17:57:08• 2020-07-18 17:56:45• 2020-07-18 17:56:40 新しく作成された記事• 2020-07-18 17:53:26• 2020-07-18 17:48:29• 2020-07-18 17:57:30• 2020-07-18 17:20:12• 2020-07-18 17:57:08•

次の

すもももももも (すもももももも)とは【ピクシブ百科事典】

すもももも

大高忍の出世作 週刊少年サンデー誌上で連載し、アニメ化された『マギ』。 現在も連載は継続中であり、着実に人気作品としての地位を築いている。 その作者・大高忍がスクウェア・エニックス『ヤングガンガン』で連載していた漫画が『すもももももも』だ。 内容はバトルコメディとなっており、武術家の末裔でありながら戦えない高校生・犬塚孝士の元に、強すぎるヨメ・九頭竜もも子がやってくることから始まる。 序盤はコメディの要素が強く、孝士ともも子のもとにやってくる武術家の刺客を追い返す話がメインとなる。 虎金井村以降は、バトル漫画の面が強まり、もも子を主役とする武術家対武術家の手に汗握る死闘が見ものとなる。 こう書くとコメディからバトルへ転換したようにも見える『すもももももも』だが、どちらの描写も卓越しており、全体がバトルコメディとしてうまくまとまっている。 また、物語の要所要所で、もも子の愛情が孝士を励ます姿は、とても純情で温かい。 この辺りのバランスの良さが特に集約されているのが、最終話である。 武術家として目覚め、ムキムキになって帰ってきた孝士が結婚の許しを貰うためもも子の父親と対戦し、目からレーザー(犬塚の瞳術)を出しつつ、もも子の父親を圧倒。 「好きっ!!」ともも子に抱き着かれて終了…というぶっ飛んだエンディングが大団円に見えるのも、『すもももももも』ならではだ。 メインはギャグ! 大高忍のセンスが光る ちょっぴりエロくもあり、骨太のバトル展開もある『すもももももも』。 だが、やはりメインはギャグといえるだろう。 ぶっ飛んだエンディングからもわかるように、『すもももももも』は勢いから来るギャグセンスがとんでもないのである。 特に武術家界での暗黙の了解は常にぶっ飛んでいて、一般人の孝士を驚かせている。 たとえば、孝士が犬塚家秘伝の書を読んだとき、「鳥を見ていたらいつの間にか撃ち落していた経験がありますよね?」と1ページから人間の所業を超えたネタを平然と入れてくる。 ヒロインであり強すぎるヨメ・もも子は特に孝士を悩ませ、常識という概念を問わせている(残念ながらこの辺りのネタは本考察では詳しく取り上げられないので、実際に読み返すしかない)。 また、もう一つの作品の柱であるバトルも見逃せない。 『マギ』でもそうだが、大高忍はバトルを描くのが非常にうまい。 構図や人物の身体の動き、表情に至るまで、他のバトル漫画の連載大御所陣からなんら引けを取らない。 武術家であるもも子、いろは、虎金井天下など、それぞれの戦い方をしっかりと描き分けているのも素晴らしい点だ。 特に初めてバトル展開に突入した虎金井村編で、その才能が一気に発揮されている。 バトル漫画において、女性キャラは男性キャラに一歩先を譲ってしまいがちだが、もも子が作中最強として描かれ、誰よりも傷つきながら戦っている点も好感が持てる。 虎金井天我との戦いのなかで、孝士の武術家としての才能の兆しが見え、もも子を救うシーンも、主人公を立てる最高の構成といえるだろう。 そういった最高の構成で挑んだ虎金井村編が終わってしまうと、やや物語が低調する。 キャラクターが一気に増えたのと新展開がいまいちだったことが原因だろうが、それでも『すもももももも』はまだまだ面白くなる資質を秘めていた。 だが…。 なんで終わってしまったのか 結果として、『すもももももも』は次編・第7次十二神将戦争編の完結で物語を閉じてしまう。 ストーリーの節目としてはちょうどよく終わったが、全体的な設定・伏線からみれば中途半端に終了してしまった感は否めない。 十二神将でまだ登場していない一族も多く、読者としては消化不良気味だ。 これはファンにとっても賛否両論であり、「大団円でよかった」という声もあれば「後半明らかに打ち切りに向かって展開が加速していた」という声もあり、一読者としては区別が難しいところだ。 また、男性読者と女性読者で『すもももももも』は意見がとても分かれている。 『ヤングガンガン』は青年誌といえども、スクウェア・エニックス自体が女性読者を囲ってきた長年レーベルなので、これはなんとも男性読者・女性読者の好みのさじ加減が難しいところではある。 女性読者は『マギ』からさかのぼって読んだという人も多いため、よりいっそう、同じ作者の絵でエロは見たくないと考えている人もいるようだ。 筆者の個人的感想を述べるならば、『すもももももも』はかなり面白く、好みの作品だ。 むしろ『マギ』よりも好きなのだが、やはりこの辺りも意見が分かれるところであろう。 どういった経緯で『すもももももも』が(おそらく打ち切りで)終わってしまったのか、現在も調査中である。

次の

桃森すもも

すもももも

作品概要 の黎明期から連載を開始したの連載デビュー作。 で繁栄した武術家の末裔を主人公&ヒロインにした 知る人ぞ知る大作。 前半はヒロイン・九頭竜もも子をはじめとした武術家たちの大立ち回りや、一向に進展しないギャグまみれの恋愛イベントが中心だったが、後半からは主人公・犬塚孝士自身の成長物語を軸にしている。 また単なるラブコメやバトルに終始せず、人物たちの心理や関係を練り込んで物語に反映させるなど、駆け足気味ではあるが完成度は高い。 またアニメのOPは であり、そっちの方面でも有名だったりする。 ストーリー 格闘家の家に生まれた犬塚孝士 いぬづかこうし は、過去のトラウマから暴力嫌いになり、父・雲軒の反対を押して検事となって人を正すことを道を邁進していた。 ところがある日、父が自身の親友の娘・九頭竜もも子をとして連れてきたことから事態は一変。 孝士の日常は、もも子を始めとする武術家たちとの奇想天外なドタバタ劇の日々に突入するのだった。 そして停まっていた孝士の運命の歯車も、徐々に廻り始めていくことに……。 登場人物• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:)• (CV:) TVアニメ 2006年10月より2007年3月まで、テレビ朝日系にて放送された。 WAV ホントにこれがTVで歌われていた!? 「すもももももも、子・づ・く・り・しましょ!」 より… 「切情! もも子対いろは 第6話 虎の刺客、現る! 第7話 見えない絆 第8話 嵐を呼ぶ後輩 第9話 悲恋のヒーロー女 第10話 早苗の許嫁(フィアンセ)現る 第11話 天誅戦士ウマ仮面、参上 第12話 風邪の日、半蔵の場合 第13話 ライバル対決! ウマとカメ 第14話 お化け屋敷の恋騒動 第15話 西郷の恋 第16話 倦怠期の壊し方 第17話 激闘! 虎の兄弟 第18話 ヤミ鍋で歓迎会!? 第19話 家政婦が来た! 第20話 運命を共に 第21話 それぞれの思い 第22話 いつもの日々へ 第23話 温泉 独占 ラブ合戦 第24話 さらわれた孝士! 関連タグ 関連記事 親記事.

次の