アフタヌーン ショー やらせ。 テレビ朝日のやらせはなぜ、どうして起きるのか「10万円でできるかな」の原因

川崎敬三さん、やらせ事件発覚“初アドリブ”で降板宣言

アフタヌーン ショー やらせ

1980年代以前 [ ] 21(1956~59年) [ ] 詳細はを参照。 クイズ番組はこれ以降もやらせを続けていた。 あるいは逆にクイズ番組でやらせがあってもそれがバレていた。 日本でも1960年代から70年代あたりにこの番組の吹き替え版またはそれをプロットにした番組が放送されていた。 チャールズ・ヴァン・ドーレンはコロンビア大学を辞めなかった。 映画「クイズ・ショウ」はなかったかあっても内容が大幅に変わっていた。 古畑任三郎で「VSクイズ王(唐沢寿明が犯人役)」というストーリーはなかった。 (1985年) [ ]• テレビ朝日が放送免許剥奪の危機に追い込まれることもなかった(史実でも結果的には回避されたんですけどね)。 剥奪されていたらが念願のしていた。 「アフタヌーンショー」が今でも続いていたのは言うまでもない。 事件起こしてなくても「いいとも」に視聴率抜かれて終わってたかもね。 (史実でも、事件以前から「いいとも」に視聴率は抜かれがちだった。 「アフタヌーンショー」はあと1年くらい続いていたかもしれない。 テレ朝の低迷期はなかった。 史実の「ワイド! スクランブル」リニューアルの時期(2014年)ぐらいに「アフタヌーンショー」が復活した。 1990年代 [ ] (1992年) [ ]• 逸見政孝死去後も放送が続いていた可能性がある。 2014年2月現在も続いていた場合、山本浩之or堀潤が司会を担当していただろう。 裏番組だったTBS金曜9時枠の連続ドラマは史実(2001年)より早く放送を終了していた。 阪神大震災や東日本大震災が発生した際に、番組内でも取り上げられていた。 愛する二人別れる二人(1999年) [ ]• フジ月曜7時台は『ネプリーグ』がヒットするまで迷走することはなかった。 裏番組の『東京フレンドパーク2』が打ち切りに追い込まれていた。 『愛する二人別れる二人』が打ち切られたことで視聴率を持ち直すことはなかった。 同じく裏番組の『名探偵コナン』も打ち切りに追い込まれていたか、枠移動が史実より早くなっていた。 「電波少年」がやらせなしのパロディをやることもなかった。 その「電波少年」もヒッチハイクでやらせをしたけどね。 2000年代 [ ] (2002年) [ ]• 日木流奈は詩人として東田直樹と同じ位の活躍をしていた。 その東田直樹にも「やらせではないか」との批判が出ることはなかったかもしれない。 ドーマン法やFC法が日本にも浸透していたかもしれない。 金城武がこの件に関して肯定とも否定とも取れる文章をHPに残して閉鎖することはなかった。 ガチンコ!(2002年) [ ]• 「ガチンコ!」が人気になる代わりに「ザ!鉄腕!DASH!!」は人気が下がり、打ち切りになっていた。 逆に史実より注目を浴びることもなく史実通り打ち切りか、深夜帯に移されていただろう。 鉄腕DASHは史実通り人気になっていた。 竹原慎二は史実よりさらにメディアに出演していた。 大和龍門や佐野実などの知名度はもっと上がっていた。 ニュースプラス1(2003年~2005年) [ ]• ニュースプラス1は2006年時点でも視聴率が良く、当初の予定通り午後5時まで時間が拡大し、リニューアルしていただろう。 スーパーニュースとの1位争いしていたが、フジテレビ不調のより、史実通り完全勝利になっていた可能性がある。 そして、スーパーニュースは、2015年3月以前に終了しており、ニュースプラス1は、史実でのnews every同様15:50スタートになってただろう。 ただ、は史実通り起きていただろう。 視聴率にも影響が出ていたかもしれない。 めざましテレビ(2005年) [ ] コーナー内の「めざまし調査隊」やらせ発覚。 めざましテレビに悪いイメージが付く事は無く、2000年代後半の同時間帯の月間視聴率一位を史実より多く獲得していたかも。 そのため、「朝ズバッ! 」は史実ほどヒットしておらず、ズームイン!! SUPERの復調• めざましテレビの大冒険もカスペ! 内で第三弾も放送されていたかもしれない。 もしかするとゴールデンタイムに「めざまし調査隊」がスペシャル番組として放送されていたか? 2006年か2007年のリニューアルで月曜~水曜から月曜~金曜毎日放送されていただろう。 めざましどようびでもめざまし調査隊が放送されていたかも。 恐らくコーナー名はやや異なる。 ココ調はめざまし調査隊のリニューアルとして登場していた。 (2007年) [ ] 当該番組掲示板での自作問題。 このはもちろん無いか、別の者になっていた。 総合格闘技の衰退も史実よりは緩やかだった。 あるある大事典(2007年) [ ]• 関西テレビの民放連除名はなかった。 関西テレビの歴史に汚名を残すこともなかった。 「爆笑レッドカーペット」「まるまるちびまる子ちゃん」もなかった。 ということで、『脳内エステIQサプリ』が現在も続いていた。 「メントレG」は当初の予定通り木曜19時に移動していた。 「エチカの鏡」も当然ない。 「ドラマチック・サンデー」も当然ない。 「マルモのおきて」も(ry• または月9で放送されていたかもしれない。 それか他局で放送された。 もしくは木10での放送。 「おもいッきりテレビ」もまだ続いているだろう。 在京キー局全体から嫌われる事は無かった。 もちろん、一番移りたがっているテレビ朝日からも。 もちろん、日本テレワークは現存していた。 ネクステップはもちろん、ハイスタンダードも創立されなかった。 関テレがから嫌われることはなかった(あるある事件の前までは関テレと東海テレビの関係は比較的良好だったが、事件発覚後は急速に関係悪化)。 (当時裏番組であった)「行列のできる法律相談所」は2007年秋に放送打ち切りになっていたかもしれない。 もしくは枠移動を余儀なくされていた。 関テレがフジを嫌うことも現実よりひどくなかった。 あるある事件の黒幕はフジなので。 「HEY! HEY! HEY! 」のスペシャル番組も19時からフルネットされるようになっていた。 TBS系ドラマ「半沢直樹」は現実ほどの高視聴率ではなかったかも。 NHK「きょうの料理」でのみりんを使った梅酒が酒税法違反になる梅酒になってしまうことが史実以上に取り上げられていた。 同日に起きた川越線の日進第一踏切死亡事故も史実以上に取り上げられていた可能性がある。 フジの日曜19時台・20時台・21時台が単発枠になる事はなかったかもしれない。 ココ調でやらせ疑惑が発覚した場合史実以上に問題となっていた。 (2009年) [ ] 当該番組ブログでの自作問題。 2009年4月改編時にウソバスターが。 (2009年) [ ]• 当然ながら、久保社長は辞任することはなかった。 「バンキシャ」が打ち切り寸前まで追い込まれることはなかった(史実では回避)。 菊川怜がメインキャスターを降板することもなかった。 ただしそれは、不景気による日テレの予算削減にもあるという向きも。 との関係が悪化することもなかった。 それでも視聴率は少ないので、2014年頃に終了していたかもしれない。 仮にラジコンやサルなどのやらせが無かったら、やらせ自体無かったかもしれない。 「日本語探Qバラエティ クイズ!それマジ!?ニッポン」は登場しなかったか、開始してもタカアンドトシ以外が司会をしていた。 視聴率が原因なら次の番組はおそらく変わっていたはず。 タカトシ以外の司会でもう少し手の込んだものになっていただろう。 仮に低視聴率で打ち切られたとしても「日曜ファミリア」で放送されていた可能性もある。 しかし、三時間でどのようにやるか…? 年末年始と盆シーズンの年2回のペースで放映されてたか!? プロデュース101(2016年~2019年) [ ] シリーズ全般における投票不正操作問題がシリーズ第4弾プロデュースX101終了後に発覚• X1がメジャーデビューせず解散に追い込まれることもなかった。 日本版プロデュース101JAPANで不正投票を否定する声明を出すこともなかった。 ワナワンとI. Iの再結成が白紙になることもなかった。

次の

椿事件

アフタヌーン ショー やらせ

経緯 [ ] 1993年6月の衆議院解散()後、7月18日にが行われ、が解散前の議席数を維持したものの過半数を割り、で構成されるが誕生。 自民党は結党以来初めてに転落した。 9月21日、の第6回放送番組調査会の会合が開かれ、そのなかで椿は「『』に圧力をかけ続けてきた自民党守旧派は許せない 」と語り、選挙時の局の報道姿勢に関して、• 「氏のけじめをことさらに追及する必要はない。 今は自民党政権の存続を絶対に阻止して、なんでもよいから反自民のを成立させる手助けになるような報道をしようではないか」• 「に意見表明の機会を与えることは、かえってフェアネスではない」 との方針で局内をまとめた、という趣旨の発言を行なった。 総選挙後、細川内閣支持率の高さを見たが「ならぬ6チャン()10チャン(テレビ朝日) の影響だな」とコメントし、非自民政権成立に報道機関が大きな力を持っていたことを暗示している。 10月13日、が朝刊一面で椿発言を報道 、各界に大きな波紋を広げる。 これを受けて放送行政局長のが緊急記者会見で、放送法に違反する事実があれば第76条 にもとづく運用停止もありうることを示唆、自民党・共産党は徹底追及の姿勢を明確にする。 直後に椿貞良は取締役と報道局長を解任されている。 10月25日、が椿を。 そのなかで椿は民放連会合での軽率な発言を陳謝したが、社内への報道内容の具体的な指示については一貫して否定。 あくまでは行なっていないとしている。 翌8月29日、テレビ朝日は内部調査の結果を郵政省に報告した。 このなかでテレビ朝日は、特定の政党を支援する報道を行うための具体的な指示は出ていない旨を改めて強調。 この報告を受け郵政省はテレビ朝日に対する免許取消し等の措置は見送り 、「役職員の人事管理等を含む経営管理の面で問題があった」として厳重注意する旨のを行うにとどめた。 9月4日、テレビ朝日は一連の事件を整理した特別番組を放送した。 、郵政省はテレビ朝日への再免許の際に、一連の事件を受けて、政治的公平性に細心の注意を払うよう条件を付した。 事件後の経過 [ ] この事件ののち、自民党内で放送番組への規制強化の声が高まり、また郵政省でも問題のある放送番組の是正のあり方を議論するためにが開催された。 この最終報告書を受け、とは共同でを設立した。 また自民党とテレビ朝日の対立はこの事件後も長期的に継続した。 を控えた11月の『ニュースステーション』において、「民主党のの政権構想を過度に好意的に報道した」として自民党の幹事長が抗議するとともに所属議員のテレビ朝日への出演一斉拒否を決めたり 、7月のの際の選挙報道に対しても自民党がテレビ朝日に文書で抗議したり するなど、政治的公平性をめぐって両者の対立はしばしば再燃している。 なお下野直後の自民党議員は、省庁からの説明も極端に減り、暇を持て余していたことをが回想している。 自民党議員の部屋を訪ねると、テレビへの批判ともぼやきともつかない話を延々と聞かされたとのこと。 同様の話は・葛岡智恭の共著書にもあり、これは自民党議員にとって大きなトラウマになっていると記されている。 椿は1982年に業界雑誌において「これまで報道が公平公正だと思ったことは一度もない」「の時は学生たちに共感していた」と発言していたことが友人だったにより指摘されており、渡邉は椿を偏向報道のと批判し、「日本のテレビ史に汚点を残した」と評している。 も新聞によるこの事件の報道の根底に、急速に社会的ステータスを高めた後輩のテレビに対する新聞界のジェラシーの空気を感じる、その後のやらせ問題(1993年)やによるバッシング(1996年)にもその屈折の情念がにじみ出ているように思うと指摘している。 も、この事件について以下のように記している。 私は、「テレ朝」報道局長(問題の発生時は現役なので「前」を省く)の発言内容を批判しているのではない。 もちろん内容に重大な問題があることは事実だが、それは国会喚問とは別の方法による批判をすべきであろう。 そんなことのはるか以前に別次元の「問題」がある。 それは第一に、 こんな私的会合での私的発言を「公的発言にしたこと自体」であり、第二に 民放経営者たちが国会証人喚問などという馬鹿げた行為に喜々として応じてしまい、権力側の土足を安々とマスコミ内部に踏み込ませたことだ。 本多も、テレビが公共の電波を使用した許認可制のものであることには触れておらず、椿の発言に対しても「国会喚問とは別の方法による批判」すら行っていない。 もこの事件後しばらくの間、テレビの出演者がひところに比べておとなしくなったのは事実であると自著で記している。 のちにで勝利し、代表に就任した小沢一郎は就任直後の記者会見で「郵政総選挙のメディアは問題が多かった。 私が国家公安委員長だったら、取り締まっていた」と述べている。 非自民連立政権の実現可能性 [ ] 椿の意図は上記にもあるように「何でもよいから共産党を排除した反自民の連立政権を成立させる」ことにあったが 、当時の政局は必ずしも反自民の連立政権が成立すると言い切れる状況ではなかった。 なぜなら、総選挙の結果判明直後から小沢が掲げた「擁立論」が明るみに出るまで、の去就が定かではなかったからである。 総選挙で35議席を獲得した日本新党は、いわばとしての存在でしかなかった。 自民党の出方次第、また小沢の連立政権構想のなかに細川がいなければ自民党と日本新党の連立政権が樹立する可能性もあった。 実際、過去にはに自民党が過半数ギリギリになった際、との連立政権が誕生した例があった。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 厚生大臣が「同番組のの商品はすべきである」と発言した、と椿は主張している。 悪代官と腐敗商人のツーショットは時代劇では定番のシーンであり、政治家に対して持たれているネガティブなの姿である。 これを反復することによって梶山・佐藤のツーショットが本来の全体的文脈から切り離されて、新たな文脈のもとに別の社会的意味が生み出されるといえる。 アナログテレビ時代のテレビ朝日は10ch。 この報道により産経新聞は1994年度のを受賞した。 この事件はテレビ朝日系列において『』の「やらせリンチ事件」、『』(制作)のやらせ発覚に次ぐ大事件となり、テレビ朝日系列局のイメージダウン(テレビ朝日系番組の低下など)が一層加速することになった。 「55年体制を突き崩さないとだめなんだというところに視点を置いてものを作っていった」と発言している。 出典 [ ]• , p. , p. 171. , p. 190. , pp. 158-161. , p. 126. - 公式ウェブサイト、2015年8月18日閲覧。 - 公式ウェブサイト、2015年8月18日閲覧。 , pp. 108-110. 読売新聞2003年11月10日• 東京新聞2004年7月2日朝刊「特報 自民が求める『公平』とは 脅かされる論評の自由」• , pp. 112-113. , p. 222. , pp. 138-144. , p. , p. , pp. 283-284. , p. , p. 124. , p. 148. 参考文献 [ ]• 渡邉昭夫 「細川護煕」『歴史群像シリーズ70 実録首相列伝』 学習研究社、2003年。 小田桐誠、1994、『検証・テレビ報道の現場』、社会思想社〈現代教養文庫〉• 井沢元彦、2003、『虚報の構造オオカミ少年の系譜…朝日ジャーナリズムに異議あり』、小学館〈〉• 浅川博忠、2004、『戦後政財界三国志』、講談社〈〉• 、2002、『ワイドショー政治は日本を救えるか』、ベストセラーズ〈ベスト新書〉• 宝島編集部(編)、1993、『VOW PLUS! 1…現代下世話大全 まちのヘンなもの大カタログ』、〈宝島COLLECTION〉• 、1994、『情報操作のトリック その歴史と方法』、講談社〈〉• 小栗泉、2009、『選挙報道…メディアが支持政党を明らかにする日』、中央公論新社〈中公新書ラクレ〉• 林信吾、葛岡智恭、2007、『日本人の選択…総選挙の戦後史』、平凡社〈平凡社新書〉• 渡邉恒雄、2012、『反ポピュリズム論』、新潮社〈〉• 原寿雄、1997、『ジャーナリズムの思想』、岩波書店〈〉• 碓井広義、2003、『テレビの教科書…ビジネス構造から制作現場まで』、PHP研究所〈〉• 本多勝一、1996、『滅びゆくジャーナリズム』、朝日新聞社〈〉• 谷沢永一、1994、『大国・日本の「正体」』、講談社〈講談社文庫〉• 、2006、『安倍政権の日本』、朝日新聞社〈〉• 今村守之、2011、『問題発言』、新潮社〈新潮新書〉 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

【放送事故伝説】「ヤラセ」という言葉を広めた中学生暴行事件 (2018年11月24日)

アフタヌーン ショー やらせ

1985年に起きたアフタヌーンショーやらせリンチ事件。 著者はその事件で逮捕、略式起訴された元ディレクター本人で、当事者として事件の詳細を語っている。 番組レポーターのばばこういちは、著書『テレビはこれでよいのか』でも著者を教育熱心で真面目な人物だと評しており、本書からも、報道から受ける「悪徳ディレクター」とは正反対の印象を受ける。 報道では逮捕と略式起訴でディレクターがやらせを認めた事にされているが、本書ではリンチの依頼を一貫して否定している。 そもそも現場で行われていたのは「カツ入れ」であり、暴力的なリンチではなかったという。 映像が確認できないので鵜呑みにもできないが、出演した女の逮捕容疑は暴行であって傷害ではない事からも信憑性はある。 (それなら番組で「リンチ」なんて見出しを入れなければ良かったとも思うが) 著者は会社(テレビ朝日)にもやらせを否定するが、幕引きを急ぐ会社は一方的にやらせを認めてしまい、著者も会社の指示でやむを得ず認めてしまったという。 しかしながら、本当にやらせが無かったのであれば、なぜやらせ疑惑が生まれたのか。 何故か本書ではその点に触れられていないが、発端は女に暴行を教唆したとして逮捕された、パーティー主催者「M氏」の証言。 状況から考えると、著者はM氏から罪をなすりつけられた事になる。 著者も内心ではM氏を恨んでいるのか、他に逮捕された3名については色々と気遣う様子があるが、M氏に関しては何者なのかも記していない。 (報道では30歳の元暴走族) チンピラの境遇に寄り添おうとした結果、そのチンピラのせいでやってもいない罪を被る事になったというのなら、こんな皮肉な話も無い。 この事件は、日本のテレビ史に残る程の大事件とされている割には情報が少ない。 ネット上でも、ディレクターが本を出してやらせを否定しているという情報すら見つからなかった。 著者の語っている事が真実であるとも限らないが、この事件に関心があるなら是非読んでもらいたい。

次の