スマブラ sp 即死 コンボ。 【スマブラSP】コンボや即死コンボの出し方【大乱闘スマッシュブラザーズ スペシャル】

【スマブラSP】ケンのコマンドとコンボ・立ち回り解説【性能評価】

スマブラ sp 即死 コンボ

こんにちは、あとりえです。 ここ最近、対策も兼ねてオフ対戦でロボットばかり使っているんですが、自分で使ってみて気になったことがあります。 これは単にスマブラの上手い下手ではなく、同じくらいの実力の2名を比べても、片方の人には簡単に当てられるのに、もう片方の人には全く当てられないということがよくあります。 このコンボ、どうしようもない場面も時々ありますが、 ほとんどの場合は対策次第で当たらないようにできると考えています。 今回は、このコンボに当たらないために出来る対策を、 崖の展開と ラインがないときの地上の展開の大きく2つに分けて紹介していきます。 基本的には前慣性で空N を振る必要があります。 少なくとも、後ろ慣性からはこのコンボはできません。 崖上がりで始動を喰らわないために 大会の試合でもこのコンボが当たっているシーンをよく見ますが、 そのほとんどが相手の崖上がり行動に空Nを合わせて始動しています。 各崖上がり行動を見ていきます。 その場上がり 基本的にNGな選択肢です。 ロボットの空Nは持続が非常に長く、簡単にその場上がりに合わせることができます。 さらに、その場上がりに空Nが重なると立ち状態の相手にヒットすることになるので、浮き方を予測しやすく、ベク変も簡単に確認することができます。 ジャンプ上がり これも危険な選択肢です。 ジャンプ上がりはタイミングによって良い選択肢にもなれば最悪の選択肢にもなり得ます。 上の画像のような状態でジャンプ上がりを入力してしまうと、空Nの持続がヒットしてしまい例のコンボに繋がってしまいます。 ロボットが空Nで着地したのを確認した直後に即ジャンプ上がりを入力すると、あのコンボからは逃れやすくなりますので覚えておきましょう。 コンボを始動するためには降り気味に空Nを当てる必要があるため、ロボットが着地したタイミングでジャンプ上がりをすれば次の空Nが当たったとしても上り気味のヒットになり、横Bに繋げれることは少ないです。 あと、ロボット側が例のコンボを狙ってなさそうなタイミングがあれば、さっさとジャンプ上がりを通してしまうのがいいでしょう。 攻撃上がり これもタイミング次第です。 ロボットが空Nで着地する瞬間に攻撃上がりを合わせることができれば有効な選択肢になります。 しかし、ロボット側も大ジャンプから振るか小ジャンプから振るか、急降下するかしないかで多少タイミングをずらせるため、攻撃上がりはリスキーな選択肢でもあります。 攻撃上がりがスカってしまうと、ロボット側としては1番簡単な形であのコンボを完走することができます。 空Nのタイミングが完全に読めたときのみに使うのがいいでしょう。 回避上がり 個人的に 1番推奨している選択肢です。 前提の項目にも書いたとおり、あのコンボは空Nを前慣性で振る必要があります。 そのため、その場やジャンプ上がりを狩れるような空Nの振り方をするとどうしても 回避上がりに対して前慣性空Nを当てるのが不可能になります。 コマを持っている場合、ロボ側が回避上がりを一点読みすれば一応コンボ可能ですが、そうするとそれ以外の崖上がりを全て許してしまうことになります。 崖離しジャンプ よくある安易な崖離しジャンプ空中攻撃みたいな上がり方は例のコンボの的になってしまうことがほとんどです。 崖離しジャンプからステージ側に慣性をかけながらの空中回避とかは結構アリな選択肢だと思います。 空Nの持続に当たってもステージ側に飛ぶことが多いので。 シークやゼニガメなどの壁張り付き持ちのキャラは、カロス等の垂直崖ステージで崖離しから壁張り付きで相手の様子を見て崖を上がるのも良い対策だと思います。 そのコマを拾いながら空Nを当てると、そのまま例のコンボに繋がってしまうというセットプレイです。 しかし、 後ろ投げから空Nは全く確定していないので、後ろ投げされたあとは発生の早い技で暴れたり内側移動回避したりしておけばまず大丈夫です。 知識があるかないかでこのセットプレイに当たるか当たらないかが決まるので、是非これは覚えておいてもらいたいです。 さいごに 何度も言いますが、ロボット側の繋ぎ方が上手すぎてどうしようもなく空N横Bコンボを喰らってしまうときはあります。 しかし、この記事で書いたことを実践してもらえれば、このコンボで即死させられる頻度をかなり下げられるはずです。 これに当たってしまうと試合が壊れかねないので、当たる回数が減るだけで対ロボットの勝率も良くなると思います、是非試してみてください。 ありがとうございました!.

次の

【スマブラSP】ルイージの即死コンボと最新評価【スマブラスイッチ】|ゲームエイト

スマブラ sp 即死 コンボ

2018年12月7日に任天堂Switchから『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』が発売されました。 今作は今までの歴代のキャラクターが全て参戦すると共に、新しいキャラクターも多く増えましたね。 今作には前作品と同様に『 ルイージ』が参戦しています! さて、今作のルイージですが既に『 即死コンボ』が発見されたと話題になっています!しかも、この即死コンボはズラしても抜けられないそうで、一部では「修正が必要だ!」とまで言われています。 この記事では『 ルイージの 即死コンボとやり方』についてまとめておこうと思います。 これからのアップデートで修正される可能性がありますが、ルイージ使いの人は必見の内容となっています。 ルイージの即死コンボ 空中でスティックをニュートラルの位置でAボタンの略になります。 ニュートラルの位置というのはスティックを動かしていない状態のことですね。 簡単にやっているかのように見えますが、なかなか忙しいです。 それにタイミングを合わせる必要があるので難しいです。 確実に練習が必要になると思います。 また現状ではこのコンボを使用することができますが、アップデートで出来なくなる可能性は十分にあります。 仮に習得する場合は、いつ出来なくなってもいい覚悟を持ちましょう。 ルイージの即死コンボ対策 ・最初の掴みの時に、左右にベクトルを変更して逃げる ・ディレイをかけるタイミングの相手のミスで回避やガードで割り込む ・空中下Aをくらうタイミングで受け身やガードを割り込める時がある ・即死コンボが発動できないキャラクターを使う 現状での対策は上記で以上となります。 しかし、最近は話題になりすぎてきているので、早いうちに更新データの修正で即死コンボが行えないようになると思われます。 やるのは今うちかもしれませんが、やられた相手はあまり良い気分ではないので程々にしておきましょう! まとめ ルイージの即死コンボについてまとめました。 しかし『即死コンボ』というのはアクションゲームには付き物です。 昔はゲームを販売してから修正などできなかったですが、現在では更新データなどで修正できます。 特に今作のスマッシュブラザーズはキャラクターの公平さを特に重要視していると感じていますので、すぐに修正される気がします。 また、この記事で紹介したルイージの即死コンボはとても難しいです。 Twitterで2時間練習中というツイートも見かけたほどです。 無理に即死コンボを行う必要はないと思います。 とにかくゲームを楽しみましょう!この記事が少しでも多くの人の役に立てればと思っています!.

次の

【スマブラSP】実用性最高のファルコンの即死コンボを教えます【無名】

スマブラ sp 即死 コンボ

みなさん!待ちに待ったスマブラSPはお楽しみ中でしょうか! ネット上にはいろんなキャラのいろんな情報が出回っていますね。 確定即死コンボ!なんて動画がいっぱい出回っていますが、このゲームにはベクトル変更とずらしがあるので、 そんなもの存在しないと思うので惑わされないでくださいね! それでは、今回は前作も持ちキャラであったメタナイトについて、スマブラSPではどう変化したのか、その変化によってどう立ち回りが変わったのか。 また、前作メタナイトの特徴でもあった即死コンボはスマブラSPではどうなのかを解説していきたいと思います。 0時点 スマブラSPでの変更点 データ上の変更と体感で変わったなあ、と思うところをまとめていきます! 前作もメタナイトを使っていた人はこれらはまず押さえた上で使うと良いです。 また、着地隙も大幅に減少しているので、ステージ上での立ち回りで気軽にふれるようになりました。 また、範囲が広がったおかげで復帰阻止も容易になった感じがします。 DA(ダッシュ攻撃)弱体化 個人的にDAは相対的に弱体化されていると思っています。 理由は以下の3つです。 DAからのコンボがあまり確定しない• 持続当てですら次につながらない• 全キャラのステップ強化により相手の引き行動に差し込む難易度が上がった 竜巻の仕様変更 ジョリジョリ系からベイブレードになりました。 当たった相手を真横に吹き飛ばすので復帰阻止や、外向き空上連の締めに使えます。 これ掴めないの!?ってタイミングが非常に多いです。 なので、前作では反撃にガードキャンセル掴みを多く使っていましたが、今作では、ガードキャンセルジャンプ 空中下or空中Nor空中後 を多く使うことでしょう。 立ち回りとコンボ、即死コンボ解説 相手のパーセントによって狙う技は大きく変わってきます。 それでは段階別に立ち回りとコンボについて解説していきます。 その後の相手は空中にいる場合が多く、さらに空中ジャンプをすでにしている場合が多いでしょう。 ターンを取ったあとは、着地狩りに以降です。 中盤に繋げていきます。 小さい相手の場合や、コンボに自信のない場合はこちらのコンボを選択しましょう。 上強の後につながらない場合は安いコンボになってしまいますね。 相手を横に飛ばすことができるので、崖外に追いやりたいときに使うと良いでしょう。 ただ、こちらはガードされると反撃をもらうのでリスクを伴います。 相手がぴょんぴょんしていて、DAなどがすかされる場合の選択肢です。 空中前は1段当てからもコンボを繋げることができます。 序盤でDAや掴みが通らないと感じた場合は空中技からコンボにつなげます。 早く落とせるコンボは積極的に狙います。 少しでも相手に余裕を与えると回避されてしまうので適切な技を選択します。 今度動画でもまとめようと思います。 ここから復帰阻止の展開に持っていきます。 ここから復帰阻止の展開に持っていきます。 また、無理にDAや掴みを通してもバレていることが多いのと、コンボが繋がらないため リスクとリターンが噛み合っていません。 中盤は空中攻撃をヒットさせ、コンボを狙い、相手を崖外に追いやりましょう。 今作は着地隙がまあ少ないので相手が対応できていないうちはぶんぶん振っていっていいと思っています。 その場合は空中上がほとんど確定しないので上Bで締めましょう。 また、下強はステップやダッシュからだせるので、差し込みとして非常に優秀です。 ここでしっかりと相手を落とせるか落とせないかでメタナイトの強さが大きく変わってくると思います。 よくあるのは倒しきれずに相手のホカホカ補正で一瞬で壊されるパターンですね。。。 インクリングのローラーなどに超ぶっ刺さります。 小ジャンプかジャンプかは相手の飛びを見て選択しましょう。 また、受け身を取られたとしても読み合い(反応早ければ見てからいける?)で上Bや横スマを当てることもできます。 タメ動作後は4F(0. 06秒くらい)で技が出るのと、相手にガードされてもガード硬直のおかげでほぼ後隙がないので 適当に引きながら横スマして良いと思います。 自分は多用しています。 まとめ 常に意識することは相手を崖外に追いやり、復帰阻止の展開にもっていくことです。 メタナイトの復帰阻止は非常に強力ですので、ステージ上で待ってないでさっさと倒しに飛び出ておっかけましょう。 非常に難しく、ヒット後の確認や操作精度が求められますが、決まれば爆アドバンテージです。 即死コンボを実戦で決めるには、トレーニングモードで相手キャラごとの吹っ飛びの感覚を身につけること、また実戦で相手のずらしを見る、読むことが非常に重要です。 自分もまだまだ練習が必要ですが、、、 また、よく出てくる 空中前1段当て などのイメージがつかない人はこちらの動画をご覧ください。

次の