こんにゃく 原料。 こんにゃくとグルコマンナン【糖質量や栄養成分】

コンニャク

こんにゃく 原料

概要 [ ] コンニャクを用いることにより、通常と呼称される壊れやすいゲル状の食品やではなく、弾力の強い食感が特徴の。 やを追加することもある。 食物繊維が多いコンニャクの特徴に着目したものであり、牛由来のゼラチン(感染の可能性が否定されていない)を原料としたゼリーに比べて、健康やによいと宣伝されている。 製法 [ ]• 主成分であるを水に溶解させる。 風味の調整のために、、、等を共に溶解し、必要に応じ、の調整を行う。 得られた溶解液を容器に充填する。 溶解液を冷却し凝固させる [ ]。 窒息事故 [ ] 窒息事故の可能性と各国の対応 [ ] ゼラチンのものに比べてが高く、内の温度でもしないためしやすく、咀嚼力の弱い幼児や老人が噛まずに飲み込んだ場合、最悪喉に詰まらせ死する恐れも指摘される。 容器から直接に食べるため、吸気と一緒にやにすることも、窒息事故の原因と推定されている。 実際に死亡事故も発生しているため、では2003年からゼリー菓子の材料にこんにゃくを使用することを禁止しており、やでもこれに追随する形で、販売の禁止または事実上の流通停止を行っている。 日本では、一口ずつ噛み切って食べるようにパッケージへの記載や、グルコマンナン濃度の低下など物性や形状等の工夫がはかられているが、によると、1995年から2008年までの間に22件の死亡事故が発生しているとされ 、このことが2007年から2008年にかけて報道された際には大きな社会的関心を集めた。 国会やマスメディアがこの問題を取り上げ菓子メーカーの企業責任を厳しく追及し、日本でも海外のようにこんにゃくゼリーを全面的に禁止すべきであるという意見も出され、社民党の党首と参院議員からはこんにゃくゼリーの製造・輸入・販売の即時禁止と企業への責任追及と自主回収要求する「申し入れ」が消費者行政担当大臣に要求された。 こんにゃくゼリー最大手であるマンナンライフは対策を取るために一時生産を停止し、後に生産を再開する際にも警告文を大きく表示するなどの対応を迫られたほか、同業他社も同様の対策を取ることになった。 こんにゃくゼリーの全面禁止がスムーズに進んだ世界各国とは違い、日本の世論は賛否に分かれた。 日本はこんにゃくが食品として流通する国としてこんにゃくゼリーに親しんでいる背景もあり、前述のように日本において菓子メーカーの責任が関心を集めた際には、こんにゃくゼリーの販売中止に反発するインターネット上のもまた1か月間で2万7000筆を集めるなど、菓子メーカーへのに対する反発や同情の声も寄せられた。 事故の発生件数・発生確率 [ ] 13年間で22件という死亡件数は、「」「」「」などを喉に詰まらせ窒息死する事故の件数と比較すると極めて少なく 、毎年4,000件以上にもなる食品による窒息死亡事故のうち平均1. 7人程度(0. 後に、のが特定の食品類を1億回口に入れた場合に窒息死する頻度を推計したところ、こんにゃくゼリーによる死亡リスクは0. 16〜0. 33人とされ、類(1. 0〜2. 7人)と同程度としつつも、ワースト1位の餅(6. 8〜7. 6人)と4位のパン(0. 25人)の間に位置する危険度があるという結果を発表している。 死亡事故のみならず軽症や中等症で済んだ事故を含めた統計では、こんにゃくゼリーによる事故が窒息事故全体に占める件数は更に少ないものとなるが 、それは逆に言えば、いざ喉に詰まらせた場合に軽傷で済んでいる者が少なく死亡率が高いという解釈もできる。 は、こんにゃくゼリーを喉に詰まらせた場合の重症率を85. こんにゃくゼリーの危険性が報道によって周知され対策が行われていた2008年7月にも、1歳9か月のに祖母が警告文を読まず、報道でも危険と指摘されていたこんにゃくゼリーを凍らせた状態で与え、ゼラチン原料のゼリーと同感覚にこんにゃくゼリーを噛まずに(吸い込むように)呑み込み、喉に詰まらせて閉塞によって窒息死させてしまうという事故が発生している。 ゼラチン原料の通常のゼリーでも窒息事故は発生しており、吸い込むように飲み込むのは危険である。 また、製造者が意図していない「凍らせる」「冷やす」といった危険性を高める要素が加わると、粘性が高まったり、粘膜に付着し易くなったりして、窒息のおりに取り出すのが更に困難となる。 ゼラチンと違い体温で柔らかくなったり溶けたりしないグルコマンナンの性質も窒息の可能性を増加させている。 国民生活センターでは「子どもや高齢者に絶対に与えない! 」という警告を発している。 消費者庁の対応 [ ] 消費者庁の見解は揺れており、2010年6月には規制の根拠が明確ではない以上、現段階での法規制は困難であるという考えを示し、法規制は行わないという意向を示している が、7月にはそれを撤回し、「法規制が必要」という見解を示しているが 、2019年3月時点でも法規制されず販売は続けている。 メーカー・業界団体の対応 [ ] マンナンライフは、窒息事故の危険性が指摘された従来の「ポーションタイプ」に対して、砕かずに呑み込むことが困難な「クラッシュタイプ」のこんにゃくゼリーを2008年に開発し販売した。 こちらでの事故は報告されておらず、また消費者庁よりの認可を得て、徐々に市場規模を拡大している。 現在、全国こんにゃく協同組合連合会、全国菓子工業組合連合会、全国菓子協会の3者では、加盟社の販売する一口タイプこんにゃく入りゼリー(ミニカップタイプ、袋物等)について「こんにゃく入りゼリー警告マーク」を記載するとともに「お子様や高齢者の方は食べないでください」という文を製品に併記している。 損害賠償請求訴訟 [ ] 前述の1歳男児の死亡事故に関して、男児の両親が、マンナンライフを相手方として、に、に基づき約6200万円の損害賠償を請求する訴訟を提起した。 しかし、2010年11月17日の第1審判決は、原告の主張した設計上の欠陥、包装袋の警告表示の欠陥、不適切な販売方法の3点いずれについても製造物責任法上の欠陥を認めず、請求を棄却した。 脚注 [ ] []• 2010年11月23日閲覧。 J-CASTニュース. 2007年5月24日. 2010年4月1日閲覧。 国民生活センター• 「こんにゃくゼリーによる窒息死事故に関する緊急申し入れ」• 国民生活センター• 2008年10月16日. の2008年10月19日時点におけるアーカイブ。 2010年1月31日閲覧。 J-CASTニュース ジェイ・キャスト. 2008年10月17日. 2010年1月31日閲覧。 2008年10月17日. 2010年1月31日閲覧。 筑波君枝 2008年10月24日. 2010年1月31日閲覧。 [ ]. 2008年11月4日. の2008年12月8日時点におけるアーカイブ。 2010年1月31日閲覧。 2010年1月31日閲覧。 2010年11月18日閲覧。 2010年1月15日. 2010年4月19日閲覧。 日経ネット. 2010年1月13日. 2010年1月31日閲覧。 小林未来 2010年1月14日. 朝日新聞 朝刊13版 : p. 29面. の2013年9月26日時点におけるアーカイブ。 2010年1月31日閲覧。 com 2010年7月3日. サーチナニュース. 2010年7月18日閲覧。 2010年7月15日時点の [ ]よりアーカイブ。 2010年7月18日閲覧。 2010年7月16日. 2011年3月22日時点の [ ]よりアーカイブ。 2010年7月18日閲覧。 asahi. com 朝日新聞社. 2010年7月1日. 2010年7月18日閲覧。 2008年9月30日. 2010年4月1日閲覧。 2010年6月15日. 2010年6月20日閲覧。 [ ]• asahi. com 朝日新聞社. 2010年7月16日. 2010年7月18日閲覧。 『2011年版 くらしの豆知識』 独立行政法人国民生活センター、2010年、250頁• [ ] Yomiuri Online・2010年11月17日• [ ] Yomiuri Online(兵庫)・2010年11月18日 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 厚生労働省(窒息事故について検討されている) PDFファイル• [ ]• 食品安全委員会• [ ] 旧内閣府国民生活局消費者安全課• [ ].

次の

赤こんにゃくはなぜ赤い?原料から食べ方そして通販まで

こんにゃく 原料

当社では、30年以上にわたりこんにゃく製品の研究・開発を進める中で、こんにゃくの特性をつかみ、食品としての機能性を最大限に生かす方法を追究し続けてきました。 そこで得られた成果が、こんにゃくの脱アルカリ技術であり、こんにゃくへの着色(色を定着させる)技術、こんにゃくの物性を変化させる技術などです。 これらの技術で数々の特許を取得し、こんにゃくに対する既成概念を覆す「マンナンミール」を生み出しました。 脱アルカリ技術 通常のこんにゃくはph値が約11の強アルカリ性で、独特な臭みがあり、そのままではおいしくありません。 当社では、中性領域であるph7以下でも固形を保つ独自技術を開発。 下ごしらえなしですぐにおいしく食べられるこんにゃく素材「マンナンミール」を製品化しています。 着色および調味技術 こんにゃくそのものに着色や味付けを施す(色や味を定着させる)ことは、これまで非常に難しいとされてきました。 当社では様々な色と味や旨味を付けたこんにゃくを製造する技術で特許を取得。 これにより様々な食品の分野でこんにゃくの活用が広がりました。 物性を表現する技術 当社では、こんにゃくで様々な加工食品の物性を表現することができます。 麺類はもとより、肉や魚のすり身、魚卵などに近い味と食感の擬似食品を作ったり、加工食品のボディ(本体)素材に混ぜて増量することで、同じ分量を食べても摂取カロリーを減らすことが可能です。 これらの技術を基に、多くの特許・実用新案を取得しています。 こんにゃくの特性 21世紀の加工食品に求められるテーマ ~食糧需給とカロリーコントロール問題の解決へ 急激に増加の一途をたどる世界人口。 これを賄うための食品、特に加工食品の主原料となる小麦・とうもろこし・大豆など穀物の需要に対する供給不足が懸念されています。 一方で、先進国では摂取カロリーの過多による肥満や生活習慣病などの健康不安も問題視されています。 近い将来間違いなく顕在化する、食料需給のアンバランス問題。 これを解決する糸口として、当社ではこんにゃくの特性と機能性に着目し、新しい素材として加工食品への活用を提唱していきます。 例えば1kgのこんにゃく粉から、30~60㎏の製品ができます。 小麦粉・大豆粉の加水倍率は4~5倍なので、1kgからできる製品は4~5kg。 こんにゃくは、一定の原料から約10倍もの食品を生み出すことができる、効率の良さを持った素材なのです。 この特性を生かすことによって、限られた原料からより多くの人が食べるものを作り出すことができる、つまり、穀物原料の不足を補う第三の原料としての可能性を秘めています。 熱に強く物性が変わらない こんにゃくは、おでんや煮物、鍋物などに使われるように、長時間熱を加えても溶けることがありません。 また、小麦粉などからできた麺は茹でてから時間がたつと水分を吸って伸びてしまいますが、こんにゃくからできた麺は茹で伸びすることがなく、物性が安定しています。 これらの特性を生かすと、熱に弱かった食品を温めて食べたり、要冷蔵だった食品を常温で流通したり、スープに浸した状態で缶詰やレトルト化して商品化したりと、新たな活用方法が広がります。 こんにゃくはヒトの消化管ではほとんど消化されず、腸内の微生物によって一部脂肪酸に変換されて利用されると言われています。 このため、カロリーが極めて低い食品(100gあたり5~7kcal)であり、ダイエットやカロリーコントロールが必要な方に最適な食品素材として利用されています。 またグルコマンナンは代表的な食物繊維で、血糖値や血中コレステロールを下げる効果や免疫増強活性があるとも言われています。 ph11の強アルカリ領域の食品である こんにゃく芋の粉末を水と混ぜ、アルカリ(水酸化カルシウム等)を加えて凝固させたものがこんにゃくです。 したがって、通常のこんにゃくはph値が約11と、強アルカリ性領域の食べ物です。 これはヒトが美味しいと感じる食品の領域(ph3~8)を外れており、そのまま食べると美味しくありません。 食べるときは下茹でして灰汁(あく)抜きをするという手間が必要で、ご家庭でこんにゃくが敬遠されがちな理由ともなっています。

次の

加工食品品質表示基準改正(原料原産地表示等)に関するQ&A

こんにゃく 原料

rivieri• rivieri var. konjac コンニャク コンニャク(蒟蒻、菎蒻、: Amorphophallus konjac)は、の、あるいはそのから製造されるである。 古くからコンニャクを食用としてきた主な地域は、、、、などのアジア各国であるが、ブームとともに低のとして欧米にも広がりつつある。 特に、「しらたき」が健康的なとしてで流行した。 コンニャクの原料となるコンニャクイモの度(30年度)の日本での収穫量は55,900t。 主産地は 93. 未加工のコンニャクイモでは、であるの含有量が、やなどとは比べ物にならないほど多い。 従って、下茹でしてシュウ酸カルシウムを流失させる必要がある。 未加工のコンニャクイモの断面に直接触れると激しい痒みや痛みを生じる危険があり、生食は一切不可である。 植物としてのコンニャク [ ] サトイモ科の夏緑多年草植物で、学名は Amorphophallus konjac。 英名はelephant footあるいはdevil's tongueとも言う。 地下茎は コンニャクイモ(蒟蒻芋)と呼ばれる。 原産地はまたは(付近)とされ、大陸部に広く分布している。 扁平な円形の地下茎があって地上には葉だけを出す。 茎(実は葉柄)は高さ1mほどに伸び、先端は平らに開いて鳥足状に小葉をつける。 小葉は柔らかくて、つやがあり、楕円形。 株は次第に大きくなるが、ある程度大きくならないと花はつかない。 栽培下では5-6年で開花する。 開花する時には葉は出ず、また開花後に株は枯れる。 花は全体の高さが2mほどにもなる。 いわゆるの付属体は円錐形で高くまっすぐに伸び上がり、仏縁苞は上向きにラッパ状に開き、舷部(伸び出した部分)は背面に反り返る。 花全体は黒っぽい紫。 独特の臭いを放つ。 生のコンニャクイモはのエグ味が強く、食用とするためには茹でるなどの下処理を行う。 やの採食試験の結果からコンニャクイモは野生獣にとって嗜好性が低い植物とされている。 なお、近縁種のヤマコンニャク( A. kiusianusまたは A. hirtus var. kiusianus)が、日本の南部から、、に自生している。 食品としてのコンニャク [ ] 板こんにゃく、生いもこんにゃく 100 gあたりの栄養価 29 kJ 6. 9 kcal 糸こんにゃくを入れた鍋料理 通常、コンニャクと呼ばれる食品はコンニャクイモに含まれるというをし、液(通常は水溶液が用いられる。 かつてはを水で溶いた汁を使った)を用いて凝固させたもので、ぷにぷにとした独特の食感を持つ。 一旦凝固させたコンニャクは水溶性を持たず、強い弾力を示す。 通常、ビニール袋やプラスチック製のパック詰めで販売されているが、などで販売されているものもある。 独特の臭みがあり、調理に際しては一旦煮込んで灰汁抜きをするが、今日では灰汁抜きが不要な製品も多く見られる。 コンニャクのカロリーは300 g(1枚)で21 キロカロリーと、非常に低い。 四つ切りのコンニャクに2gの練りをつけて食す場合、つけた練り辛子のほうがカロリーが高い(辛子6キロカロリー、コンニャク5キロカロリー)ほどである。 が豊富なこともあり、食品()としても人気がある。 しかし、メッケル憩室保有者 や胃切除を行った人はを起こしやすいとする報告 がある。 日本への伝来時期には諸説あり、に医薬として と共に伝来した 、あるいは縄文時代にサトイモと共に伝来した とも言われ、その後、の時代に本格的に中国から輸入されたと言われる。 その目的は「砂払い(整腸)」の薬効であったが、までに食品として確立し、に用いられるようになった。 しかし庶民に広まったのは、の年間の頃である。 中国では、や、など少数民族が多い地域でよく食され、それらの地では「魔芋」という名称のほうが一般的である。 日本と似たようなやのような調理が多いが、これらの地方のでは、コンニャクをのように焼いた料理に、や、がたっぷり効かされている。 グルコマンナンはとが2:3-1:2の比率で重合した多糖類の一種で、「コンニャクマンナン」とも呼ばれる。 の消化管ではほとんど消化されず、により一部に変換されて利用される。 このため、が極めて低い食品(100gあたり5-7キロカロリー)の1つとされ、摂取カロリーを制限する必要のある場合の食品素材としてよく利用される。 グルコマンナンとを同時に摂取した場合、グルコマンナンには上昇抑制効果があった。 グルコマンナンの粘性によるグルコースの拡散抑制が影響した可能性があるが、やでは効果が認められなかった。 なお、プルランは粘性が高いものの人体の消化酵素で消化されてしまう。 製造法 [ ] 球茎を粉状(実際には単に球茎を粉砕した 荒粉とマンナンを精製した 精粉に分かれ、コンニャク製造の際は双方を混合して用いる)にしてとともにこねた後に乳(を少量の水で懸濁したもの。 水酸化カルシウム水溶液)、炭酸ソーダ(炭酸ナトリウム)水溶液、または草木の灰を水に溶いたものを混ぜてして固める。 生のコンニャク芋から作る場合• 芋をすりおろし、後は同様に作る。 純粋なコンニャクは白灰色をしているため、彩りのために細かく砕いたなどのを固める際に入れて黒くしたものが最も一般的なコンニャクである。 四角形の板状のものは 板こんにゃくといい、つきのような「コンニャク突き」と呼ぶ刃物の付いた道具を使用するなどして加工する。 包丁などで細長く切ったものを 糸ゴンニャク (糸コンニャク とも) と呼ぶ。 製法の起源 [ ] 江戸時代中期の(5年)、山方村の、後にを許された中島藤右衛門(なかじま とうえもん)(1745年-1825年)が乾燥した球茎が腐らないことにヒントを得て、粉状にすることを思いついたとされる。 添加物 [ ] コンニャクになどで色をつけるのは、昔は皮ごとすり下ろした芋を使っていた名残である。 江戸時代に製粉法が開発されて白いコンニャクを作ることが可能になったがコンニャクらしくないと評判が悪かったため、意図的に色をつけるようになった。 にはを加え、赤色に加工した「赤こんにゃく」がある。 なお、コンニャクイモにはが含まれるため、加工には細心の注意が必要である(ゴム手袋を使うのが理想的)。 しらたき・糸こんにゃく [ ] 関東では材料を細い穴から押し出してから凝固させて作る 細い糸状のこんにゃくを「しらたき(白滝)」と呼んでいた。 これに対して、では板こんにゃくを細く切って糸状にした物を糸こんにゃくと呼んでおり、製法の違いもあって両者は別物と言われていたが、現在は糸こんにゃくも細い穴を通す製法になったために両者を区別する方法はなくなったとされる。 このように細い糸状のこんにゃくを、主に関東地方ではしらたき、関西地方では糸こんにゃくと呼んでいる。 なお、近年は東西問わず、白い「しらたき」や、おでん用に機械で巻かれた(結ばれた)ものが普及しているため、白いものを「しらたき」、こんにゃく色のものを「糸こんにゃく」と呼ぶことが一般的である。 なお、こんにゃく突きなどの道具を用い5 - 10mm角程度の太さにしたものは突きこんにゃくと呼ばれ、主に炒め物や煮物に使われる。 原板を細くするところは糸こんにゃくと同じだが糸こんにゃくとは別に扱われる。 2010年代に入った辺りから、では低カロリーで調理時間が短くて済むの代用品などとして、しらたきが比較的利用されるようになった (も参照)。 調理法 [ ] コンニャクはおもに、、、など汁物やの具に使われる。 また、串を刺しての素材としても用いられる。 たこ焼きなどに味付けした物を小さく切って入れる物もある。 「しらたき」はやおでんなどに使用される。 他に炒め物やこんにゃくステーキなども存在するなど使用法は幅広い。 板こんにゃくは味がしみ込みやすいように表面に浅い切れ目を入れたり、手でちぎって調理されることもある。 ただし調理の際に酸の強い調味料を使うと結合力が低下して軟化したり溶解してしまう場合があるので注意が要る。 玉コンニャク [ ] 玉こんにゃく 玉状のコンニャクを3個か4個程度ずつに刺していき、大鍋の中で醤油ベースの汁で煮込んだもの。 玉こんにゃくを煮るときは、を使用しを入れると美味しくできる。 食べる時はをつけることが多い。 山形県では、観光地・祭り・学園祭などで必ずといっていいほど売られている。 また、東京などにある山形のを売り物にする居酒屋でメニューに載せられていることもある。 略して「玉こん」と呼称することがあるが、これは株式会社平野屋(山形県)のである(商標登録番号 第762418号)。 山形県内陸部で玉こんにゃくが浸透した理由として、地域的に貧しくやが満足に手に入らなかった江戸時代に、筋のにおいて、の代わりとして供されたのが始まりとする説がある。 刺身こんにゃく [ ] コンニャクのなかでも精粉から作ったものはが少ないため、生のままにして食べることもできる。 角型に成型されたものを薄く切って食べることもできるほか、刺身専用に作られたものも市販されている。 刺身こんにゃく用に作られたものは食感のためか表面をやや粗くしてある、風味や外観を変えるためや、などで着色してあるなどの特徴がある。 またコンニャクは味が淡白なため、刺身こんにゃくに生姜醤油やを付けて食べる。 生食の規制強化に伴い、代替としてレバ刺し風味のコンニャクも出回っている。 手綱こんにゃく [ ] 手綱こんにゃく 薄く切ったこんにゃくの中央部に切れ込みを入れ、切れ込みの部分をひねりねじったもの。 見た目の面白さに加え、表面積が大きくなるため煮物にすれば味の染み込みが良くなる利点がある。 凍みこんにゃく、氷コンニャク [ ] コンニャクの凍結と解凍を繰り返すと、中の水分が抜けて、見かけが灰色から白っぽく変わる。 こうしたに似た加工を「凍みこんにゃく」と呼ぶ。 農閑期である冬場の田圃にを敷いて、夜間の寒さによる凍結と、日中の天日による解凍を利用する。 現代では北部の一部地域(など)のみで作られている。 などに入れる食材としてのほか、洗顔にも使われる。 冷凍したコンニャクを解凍すると、繊維質が残ってスポンジ状になり元の食感が失われる性質を利用して、凍らせたコンニャクを肉代わりに利用する現代的な調理法もある。 冷凍する前に目的のレシピに合わせ、コンニャクをカットしてから冷凍することが重要。 での解凍は食感を悪くするため、凍らせたコンニャクは必ず自然解凍または熱湯をかけて解凍する。 赤こんにゃく [ ] 製造過程でを混入して着色した、華やかな赤色のこんにゃく。 の地域でのみ長年流通してきたもので、むしろこの地方では赤こんにゃくしか製造流通していなかった。 このため、60代以上の世代の人の中には赤以外のこんにゃくがあることをつい最近まで知らなかったという人もいるほど。 近年は方面でも流通し始めている。 コンニャクゼリー [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年9月) 耐水性高分子素材 [ ] 布や紙等の防水・気密加工には軟質のやなどが利用される。 しかし当時の日本では方面のゴム資源が得られにくくなっており、合成樹脂の大量生産は技術的にも経済的にも確立されていなかった。 そのため煮溶かして塗り付けると・を発揮するコンニャクが防水加工素材の代用品として盛んに利用された。 耐久性こそゴムに劣るものではあったが、国内調達が可能なことが大きな強みであった。 元々はなどで「コンニャク糊」として利用されていたものの応用だが、果てはのような兵器にまで利用された。 今日見られるなどの気密にはコンニャク芋原料の高分子素材ではないが、環境に配慮して生分解性のある素材が選択されている。 お化け屋敷の小道具 [ ] やにおける恐怖演出のとして、コンニャクが利用されることもある。 糸などでコンニャクをぶら下げ、通りかかる人の顔や首筋を狙ってぶつける。 すると冷やっとしたコンニャク独特の質感で何とも言いがたい気色悪さを与えることになる。 ただ今日では、このような用法は学園祭などのような「素人芸能」的な活動以外ではほぼ見られない。 食品であることから、として忌避されたり、衛生上の問題があるためである。 代用としては、や濡れふきんなども利用される。 温熱療法 [ ] 民間療法として、こんにゃくを茹でて、熱々のものを布(タオル)で何重にもくるんで、布(タオル)表面が人肌よりやや熱いくらいにして、内臓など患部の上にのせて長時間ゆっくりと温める、一種の保温材としても使われる。 こんにゃくは温め直せば何度でも再利用が可能。 鮮度や衛生に問題がなければ使用後に食べてもよい。 その他 [ ] において、手術の際の材として氷コンニャクが用いられる事がある。 人肌に温めたコンニャクが男性の自慰行為に使われることがある。 言葉・イメージ [ ]• コンニャクはぷよぷよして柔らかい、柔軟性と弾力性を兼ね備えたもの、とのイメージがある。 たとえばにおけるの「コンニャク打法」やの「コンニャク投法」、また『』の「コンニャク戦法」などの使われ方もある。 内では威張りかえり、外では弱気な者を指す「内弁慶」と同義の「こんにゃく閻魔」という表現がある。 はコンニャクを好むといい、東京都の寺院・には「こんにゃく閻魔」と称される閻魔像がある。 この像に好物のコンニャクを供えて祈願すれば眼病に霊験があるという。 意味不明でかみ合わない問答をという。 寺の和尚に化けたコンニャク屋が、禅僧と問答するの演目から。 ぐにゃぐにゃ、ぶるぶるしている様子を、コンニャクがとなった姿にたとえて「 こんにゃくの幽霊」ともいう。 「とコンニャクは田舎がよい」といわれる。 これは田舎の黒いコンニャクが、混ぜ物を多く含む都会の白いコンニャクより優れるとされるように、仏僧も余計な世間知のない純朴な人物のほうがふさわしいということである。 政治家の隠語で、100万円の札束を指す。 『』ではというひみつ道具が登場し、これを食べるとその自国の人たちの言葉を理解する道具として登場する。 『』においては石川五ェ門が所持するでは切れない物の一つとして良くメディアなどで掲げられている。 こんにゃくと政治 [ ] 国内生産者保護のため、こんにゃく芋はの対象とされ、安価な輸入こんにゃく芋には国内産より高コストとなるように、高額の関税が課されている。 には、こんにゃく農家の保護・育成のために活動する「こんにゃく対策議員連盟」があり、群馬県を地盤とするも会長を務めていた。 2011年、当時の政権の外務大臣は、こんにゃく芋に高関税が設定されていることについて、こんにゃく芋の大産地であるから出た、自民党のが多いからだと発言した。 なお、こんにゃく製品の輸入は自由化されており、関税率は20. 脚注 [ ]• 米倉浩司・梶田忠 2003-. 2012年7月2日閲覧。 [ ]• 2012年7月2日閲覧。 [ ]• ・オンライン. 2015年12月11日. (YOMIURI ONLINE). 2015年12月26日. の2016年1月5日時点におけるアーカイブ。 株式会社関越物産. 2018年8月28日時点のよりアーカイブ。 2019年3月15日閲覧。 農林水産省. 2019年10月10日閲覧。 2016年10月15日閲覧。 山本博崇, 本間陽一郎, 浜野孝、 『日本腹部救急医学会雑誌』 Vol. 30 2010 No. 1 P81-84, :• 中尾照逸、大尾充剛、内田寿博 ほか、「コンニャクによる食餌性イレウスをきたした Meckel 憩室の1例」『近畿大学医学雑誌』 29 1 , 17-19, 2004-04-25,• 高見元敞、木村正治、竹内直司 ほか、 『腹部救急診療の進歩』 Vol. 7 1987 No. 4 P855-860, :• 大辻英吾、菊岡範一、辻本洋行 ほか、 『日本臨床外科医学会雑誌』 1993年 54巻 4号 p. 991-994, :• 宮崎正勝『知っておきたい「食」の日本史』70P 角川ソフィア文庫• 関谷友彦、神戸良治、大河原順次朗、 日本地質学会第118年学術大会・日本鉱物科学会2011年年会合同学術大会(水戸大会) セッションID: T20-P-4, :• マンナンライフ• 宮崎正勝『知っておきたい「食」の日本史』70P 角川ソフィア文庫• 奥恒行, 藤田温彦, 細谷憲政、「」 『日本栄養・食糧学会誌』1983年 36巻 4号 p. 301-303, :• 『』第6版、新村出編、岩波書店、2008年、、広辞苑では糸蒟蒻の読みは「イトゴンニャク」のみ。 尚学図書編集、林巨樹監修、『現代国語例解辞典』、小学館、1985年、、小学館では糸ゴンニャクを糸コンニャクと濁らずに読む場合ありと記載• 『』では糸コンニャク(または糸ゴンニャク)となっている。 『大辞林』第3版、松村明、2006年、三省堂、• 「日本語の使い方」、年齢が低いほど、糸コンニャクと濁らずに呼称する傾向にある。 ジャストシステム• 2009年3月31日時点の [ ]よりアーカイブ。 2009年4月17日閲覧。 2009年4月17日閲覧。 2009年4月17日閲覧。 佐藤清一 『食の郷土史』1973年、 p. 茨城県庁ホームページ(2019年2月4日閲覧)。 「凍って解けて 美味ギュッと」『』夕刊2019年1月31日(10面)。 - ネット・2012年8月1日• - ガジェット通信・2016年4月25日• 埼玉新聞. 2007年10月20日時点のよりアーカイブ。 2007年10月20日閲覧。 大人の食いモン力. - テーエムマツイ。 2019年2月21日閲覧。 北原保雄他編『』5、、2001年、1216頁。 宮崎正勝『知っておきたい「食」の日本史』71P 角川ソフィア文庫• 関税暫定措置法第7条の3• [ ]• 参考文献 [ ]• 武内孝夫『こんにゃくの中の日本史』〈〉。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 (死体花)• 多糖類の水溶性繊維質であり、柔らかい食感、血糖値を下げる効果からダイエット食品として注目されるなど、類似点が多い。 - 変形する砂岩で、こんにゃく石とも呼ばれる。 外部リンク [ ]• 2013年3月13日閲覧。

次の