ウッウ育成。 【ポケモン剣盾】ウッウが強くて面白い!うのミサイルで相手を掻き回せ【種族値と育成論】

【ポケモン剣盾】ウッウの育成論と対策【ソードシールド】

ウッウ育成

7月からのシーズンのレギュレーションが発表! 鎧の孤島の情報をチェック! ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド におけるウッウの育成論と対策について掲載しています。 ウッウのおすすめ技や性格、もちものについてなども記載しているので参考にしてください。 対戦お役立ち関連記事 関連リンク 目次• ウッウの特徴 個性的な特性うのミサイル 特性うのミサイルは「なみのり」か「ダイビング」を使うと水中から獲物を咥えます。 さらに、サシカマスを咥えている「うのみのすがた」の場合は反撃時に相手の防御を 1段階下げる効果を、ピカチュウを咥えている「まるのみのすがた」の場合は反撃時にまひをさせる効果を相手に与えます。 「うのみのすがた」には HPが半分以上の時に、「まるのみのすがた」には HPが半分以下の時に「なみのり」か「ダイビング」を使用するとフォルムチェンジします。 性格は火力を重視したいならひかえめ、相手をまひさせた時も含めて素早さで上を取れる範囲を増やしたい場合はおくびょうを好みで選択してください。 ウッウのおすすめ技考察 おすすめ技と詳細一覧 わざ 考察 なみのり ・で習得 ・一致みず技として ・うのミサイル発動用 エアスラッシュ ・で習得 ・一致ひこう技 ・まひるみ戦法も可能 れいとうビーム ・で習得 ・命中安定のこおり技として こごえるかぜ ・で習得 ・威力は劣るが素早さダウン効果付き こらえる ・で習得 ・うのミサイルの発動回数を増やすため ウッウのおすすめもちもの おすすめもちもの一覧 もちもの 考察 ・耐久が低いため採用 ウッウの対策 注意点 特性うのミサイルを自由に発動させてしまうとエースのポケモンがダメージを受けすぎてしまったり、麻痺して機能が停止してしまう可能性があるので注意が必要です。 また、マタドガスの特性かがくへんかガスでウッウの特性うのミサイルは無効化されない点にも注意してください。 対策方法 でんきタイプのポケモンで対策する ウッウはみず・ひこうタイプなので、でんき技が 4倍弱点となり、また「まるのみのすがた」のまひ効果を受けないため、でんきタイプのポケモンが対策として有効です。 特にウォッシュロトムはタイプ的にウッウ側に有効打がなく、素早さでも上を取っているため大きく有利を取れます。 スリップダメージで対策 ウッウに対してすなあらし等の天候ダメージや、どく・やけどのような状態異常でスリップダメージを与えることで、きあいのタスキやこらえるで残ったHP1を削りきることができ、特性うのミサイルの発動を防止する対策として有効です。 型によって厳選する性格や特性が異なる場合がありますので、上記の育成論の型ごとの表を目安の一つにしてください。 個体値に関して、理想は攻撃を除く5V。 複数ステータスがVの個体は比較的入手しやすく、厳選のハードルは以前と比較してもかなり低めとなりますので、理想個体を目指して孵化厳選を進めましょう。

次の

ウッウの育成論・パーティ・対策を究める。「ポケモン剣盾(ソードシールド)」

ウッウ育成

特殊技• 無効タイプ無し• 草・格闘・虫タイプに抜群• ・にタイプ一致等倍• に対してダメージ量が多い• 怯みを狙える ダメ計 ックス時ならダメージ半分 H92・B156・D84振り 珠の滝昇り 大 ・眼鏡水のを93. 2~95. 0~58. 9~137. 7~43. 3~86. 1~31. 6~59. 4~47.

次の

ウッウの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ウッウ育成

もくじ• マンタインは耐久型ですが、 ウッウは特性を活かした害悪型として活躍できます 笑 特性の仕様上、特攻に努力値を振るのは当然と言えますね。 「うのミサイル」は、 どんな相手にも麻痺をばら撒いたり、ただでは倒されずに爪痕を必ず残せる厄介な特性です。 使う方はいいですが、使われる方はなかなか対処が難しいですよ! ウッウの育成論 特性 【うのミサイル】 自分が技『なみのり』か『ダイビング』を使った時、HPが最大HPの半分以上の時は『うのみのすがた』に、半分以下の時は『まるのみのすがた」にフォルムチェンジする。 弱点 「4倍」でんき 「2倍」いわ 耐性 「0. 最速にすることで、先手で「なみのり」を発動させやすくし、特性「うのミサイル」を確実に発動します。 なみのりで特性「うのミサイル」を発動• 相手の攻撃を受ける• こらえる 最後のこらえるは、相手が自分より速い場合に有効です。 こらえるが無い場合は、相手が速いときは「倒されるor相打ち」になります。 ただし、 「こらえる」があれば、ピカチュウを咥えている場合は相手が麻痺し、ほぼ確実に上を取ることができます。 この状態で「なみのり」を使えば、 相手を倒した上で、再度ピカチュウを咥えて次のポケモンにも確定で麻痺を入れられます。 この麻痺はタイプや特性の影響を受けないため、特性「ちくでん」やじめんタイプでも関係ありません。 持ち物に「ヤタピのみ」を採用することで、上を取った際により倒しやすくなります。 まぁ、 「なみのり」の際に特性「ちょすい」のポケモンが来る可能性は頭に入れた方が良いですね。 残りは、弱点を突けるポケモンを突破する用の「れいとうビーム、エアスラッシュ」を入れます。 特攻もそこまで悪くはないので、普通にアタッカーとしても機能しますよ! まとめ かなり嫌がらせに特化した特性ですが、これが自分で使てみると本当に楽しい! 今ではお気に入りのポケモンとなり、かなりの頻度で使っていますね。

次の