俺ガイル クロス ss。 【俺ガイル】比企谷八幡「奉仕部を辞めることにするわ」【葉山】

【完結】 TYPE

俺ガイル クロス ss

・ 転生アレルギーの私でも楽しく読めた傑作。 遠野志貴に転生した主人公は「」によって原作知識をもたらされます。 ヒロインは琥珀さんなのでファンの方は必見です。 ・ 個人的 STAY NIGHT SS最高傑作。 全編を通して暗い雰囲気で描写もキツイものが多いので注意が必要かも。 オリジナルキャラの代羽が魅力的。 型月名物の殺し愛もあります。 ・ 凛ルート後を描いた作品の中で最高傑作と評される名作です。 士郎、凛、セイバーの三人組はやっぱり安心しますね。 ・ 第三次聖杯戦争を扱った良作。 stay nightやhollow ataracia で断片的にでた情報を元に構成されているので矛盾がないことは月厨的には嬉しい。 遠坂家の4代目が主人公。 ・ 原作の雰囲気が好きな人にはたまらない作品。 締めも原作リスペクトを感じる。 ・ これはUBWより繋がる新たな物語。 第五次聖杯戦争の後、聖杯は完全に破壊され、もう二度と聖杯戦争は起こらない筈だ。 士朗と凛の二人はそう信じていた。 聖杯戦争を二度と起こしてはならないという機運が魔術協会にあったのは事実だ。 だが誰もがそれに賛同する筈がない。 だから、この帰着も当然あり得ることであった。 あの戦いが再び始まる。 血で血を洗い、各々の正義を掲げ、全ての敵を粉砕する戦い。 この戦いは過去のものとは全く違う。 運命留まる夜は、次の舞台へと移ったのだ。 魔術師・八海山 澪は士朗と凛と出会い、新たな聖杯戦争に巻き込まれる。 さあ、長い夜が始まるのだ。 UBW後なので士郎が最初から活躍できているのが嬉しい。 またこの作品のオリジナルサーヴァントがみな魅力的なのも好感度抜群です。 ・ stay nightとzeroのサーヴァントを入れ替えた物語。 ソラウがランサーに惚れなかったり、バーサーカーが一瞬で退場したりとzeroとは展開が大きく異なり、大変面白かったです。 ニコニコに続編の動画があるので続きが気になった方はぜひ見て下さい。 ・ タイトル通り、アストルフォがヒロインです。 珍しく子ギルがラスボスをやってます。 アストルフォかわいいよアストルフォ。 ・ 俺ガイルの主人公、比企谷八幡がキャスターと共に聖杯戦争を戦い抜く物語。 俺ガイルのクロスは警戒されやすいですが、これは文句なしの名作。 キャスターはキャス子に若返っています。 ケイローンの代わりにアーチャーが召喚されます。 原作の不満点が解消された傑作なので、Apocryphaをあまり好きでない人も楽しんで読めるはずです。 ・ ひょんなことから遠坂凛が召喚してしまったのは、赤い外套の偉丈夫ではなく、平凡な黒髪の青年だった。 首から下が役立たずと称された彼には、腕力がない、神秘もない、知名度もない。 ないない尽くしのない尽くしで、絶望的な聖杯戦争が幕を開ける。 数あるクロスオーバー作品の中で1,2を争う傑作。 凛がヤン・ウェンリーを召喚する物語。 ヤンの再現度がかなり高く、原作ファンの私も大満足の出来でした。 独自の視点から聖杯戦争を攻略していきます。 かなりの長編です。 ・ アルトリアがセイバーとアーチャーのクラスで召喚された第五次聖杯戦争。 セイバーが聖杯戦争後に転生して、再び救国の英雄になっていく過程が聖杯戦争と交互に描かれています。 転生編の逼迫した感じが素晴らしいです。 ・ 第四次聖杯戦争再編 魔術師殺しは騎士王ではなく赤き騎士を召喚し、些細な違いが異なる結末を描き出す。 一部オリジナル要素あり。 切嗣とアーチャーのコンビは相手からしたら悪夢ですね。 ・ 群青色はすぐ近くにあった。 群青色はすぐ近くで踊っていた。 群青色はすぐ近くで死んでいった。 夢を見ているみたいだと言われた。 夢を見ているみたいだと思った。 夢を見てみたいなと言った。 そうして私は、あの子と再会した。 空の境界ss。 主人公は式とは違う形でモノの死を見ることができるオリキャラ。 原作の雰囲気を忠実に再現した良作です。 10話前後とやや短めです。

次の

【俺ガイルSS】八幡「彼女ができた」雪乃「」結衣「」

俺ガイル クロス ss

好きな主人公を第一位が八幡になっている凡夫です。 この記事では俺ガイルの主人公、比企谷八幡のおすすめSS・二次小説作品を紹介していきます。 ・・・・・・この画像を黒髪から白髪にして目の色を赤くすると一方通行になるのではなかろうか。 そう考える人はやはりいるようで、八幡が一方通行だったらというクロスオーバー作品がありました。。 学園都市の第六位として活躍するみたいな二次小説があっていいと思います。 誰か書いてくれ。 八幡をメインに描いている作品というと、そりゃあ主人公なんだからほとんどのSSがそうだよとなります。 ・・・・・・本当にどうしよう? 既に俺ガイルSS記事は書いているのでそこともろかぶりしそうな記事ではありますが、凡夫の独断と偏見で八幡が活躍しているSS・二次小説を選んでみました。 Contents• 八幡のSS・二次小説 おすすめランキング 八幡が登場する作品をおすすめ順にランキング形式で発表します。 八幡 SS・二次小説 おすすめクロスオーバー作品 八幡が活躍するおすすめクロスオーバー作品を紹介していきます。 八幡が1年間限定で渋谷凛のプロデューサーになるというクロスオーバーSSです。 名作です。 このSSの素晴らしいところは最初は原作八幡なのですが、アイドルをプロデュースしていくことで八幡自身が成長し変わっていく様子を丁寧に描いているので違和感なくこのSSの八幡を楽しむことができました。 このSSの八幡は屈指のリア充で成長した男前です。 ちょっと赤羽根Pに匹敵するプロデューサー力なんだけど。 そういえば八幡はメガネをかけるとイケメンになるというSSがよくあるのですが実際どうなんだろう。 誰か描いてくれないだろうか。 絶対カッコイイと思うんだ。 具体的に言うとペルソナ4に登場できるくらいハイカラになるはず。 俺こと比企谷八幡はISを動かしてしまい、渋々IS学園に入学する事になった。 伝えられなかった想い。 伝えたかった事実。 叶えたかった日常。 叶えられなかった夢。 もう、関わることのないはずの二つが交わる時、物語は始まりを告げる。 俺ガイルキャラも数人ですが、大きく話に関わってきます。 メインヒロインはラウラを予定しています。 メインヒロインはラウラなのか。 でもラウラ登場すらしてなくね? IS学園とのクロスオーバー作品は俺ガイルヒロイン勢が登場しづらいのが難点だな。 さきさきがISを乗り回すとかありだと思います。 脳みそ溶けちゃえ!とか弾けろブリタニア!とかパリィパリィてか!?とか戦闘ボイスが素敵だとわっちは思いんす。 妹がみやになっているのは小町的にポイント低いですが仕方ないね。 それと全ヒロインを描いているわけではないのが残念。 絢辻さんは裏表のない素敵な人ですとか八幡向きなヒロインだと思うのに残念。 八幡「壁ドン?」 短編 完結 八幡がヒロインに壁ドンしていく作品だと思った? 残念! 壁ドンされる作品でした! 俺ガイルのヒロインは八幡であることがこれで証明されましたね。 真面目な話、一番攻略難易度の高い登場人物が主人公ってどうなんだろう。 いや、ある意味、鈍感難聴系は難易度高いといえば高いけれど、自意識高い系は本当にめんどくさいな! そこがいいんだけど。 八幡が何を言ってるかわからない件 短編 完結 八幡と誰かがひたすらイチャイチャするだけの話 壁をご用意してお読みください 八幡がただひたすらイチャイチャするのは原作では貴重なのでSS・二次小説では思う存分にイチャイチャしてもらいたい。 割と本気でそう考えています。 俺ガイル関連記事•

次の

[B! クロスSS][俺ガイル] popoiのブックマーク

俺ガイル クロス ss

好きな主人公を第一位が八幡になっている凡夫です。 この記事では俺ガイルの主人公、比企谷八幡のおすすめSS・二次小説作品を紹介していきます。 ・・・・・・この画像を黒髪から白髪にして目の色を赤くすると一方通行になるのではなかろうか。 そう考える人はやはりいるようで、八幡が一方通行だったらというクロスオーバー作品がありました。。 学園都市の第六位として活躍するみたいな二次小説があっていいと思います。 誰か書いてくれ。 八幡をメインに描いている作品というと、そりゃあ主人公なんだからほとんどのSSがそうだよとなります。 ・・・・・・本当にどうしよう? 既に俺ガイルSS記事は書いているのでそこともろかぶりしそうな記事ではありますが、凡夫の独断と偏見で八幡が活躍しているSS・二次小説を選んでみました。 Contents• 八幡のSS・二次小説 おすすめランキング 八幡が登場する作品をおすすめ順にランキング形式で発表します。 八幡 SS・二次小説 おすすめクロスオーバー作品 八幡が活躍するおすすめクロスオーバー作品を紹介していきます。 八幡が1年間限定で渋谷凛のプロデューサーになるというクロスオーバーSSです。 名作です。 このSSの素晴らしいところは最初は原作八幡なのですが、アイドルをプロデュースしていくことで八幡自身が成長し変わっていく様子を丁寧に描いているので違和感なくこのSSの八幡を楽しむことができました。 このSSの八幡は屈指のリア充で成長した男前です。 ちょっと赤羽根Pに匹敵するプロデューサー力なんだけど。 そういえば八幡はメガネをかけるとイケメンになるというSSがよくあるのですが実際どうなんだろう。 誰か描いてくれないだろうか。 絶対カッコイイと思うんだ。 具体的に言うとペルソナ4に登場できるくらいハイカラになるはず。 俺こと比企谷八幡はISを動かしてしまい、渋々IS学園に入学する事になった。 伝えられなかった想い。 伝えたかった事実。 叶えたかった日常。 叶えられなかった夢。 もう、関わることのないはずの二つが交わる時、物語は始まりを告げる。 俺ガイルキャラも数人ですが、大きく話に関わってきます。 メインヒロインはラウラを予定しています。 メインヒロインはラウラなのか。 でもラウラ登場すらしてなくね? IS学園とのクロスオーバー作品は俺ガイルヒロイン勢が登場しづらいのが難点だな。 さきさきがISを乗り回すとかありだと思います。 脳みそ溶けちゃえ!とか弾けろブリタニア!とかパリィパリィてか!?とか戦闘ボイスが素敵だとわっちは思いんす。 妹がみやになっているのは小町的にポイント低いですが仕方ないね。 それと全ヒロインを描いているわけではないのが残念。 絢辻さんは裏表のない素敵な人ですとか八幡向きなヒロインだと思うのに残念。 八幡「壁ドン?」 短編 完結 八幡がヒロインに壁ドンしていく作品だと思った? 残念! 壁ドンされる作品でした! 俺ガイルのヒロインは八幡であることがこれで証明されましたね。 真面目な話、一番攻略難易度の高い登場人物が主人公ってどうなんだろう。 いや、ある意味、鈍感難聴系は難易度高いといえば高いけれど、自意識高い系は本当にめんどくさいな! そこがいいんだけど。 八幡が何を言ってるかわからない件 短編 完結 八幡と誰かがひたすらイチャイチャするだけの話 壁をご用意してお読みください 八幡がただひたすらイチャイチャするのは原作では貴重なのでSS・二次小説では思う存分にイチャイチャしてもらいたい。 割と本気でそう考えています。 俺ガイル関連記事•

次の