金木犀の香りが薄れていくように 歌詞。 【神はサイコロを振らない/夜永唄】歌詞の意味を徹底解釈!冷めた彼女を慈しむ痛々しい失恋ソング。

金木犀(キンモクセイ)のモイストポプリの作り方について、よ...

金木犀の香りが薄れていくように 歌詞

「切ない」「泣ける」として今話題になっている楽曲がある。 「神はサイコロを振らない」という名前を冠したバンドのバラード「夜永唄」だ。 ショート動画アプリ「TikTok」で多く使用されたことで注目を集め、配信チャートでも上位にランクイン。 「YouTube」で公開中のLyric Videoは900万再生に迫ろうとしている。 恋人との別れを描いた楽曲だが、新型コロナウイルス禍の外出自粛期間中で大切な人と会えない寂しさに思いを投影する人も増えているという。 「聴いていると急に涙が出てくる。 忘れたくても忘れられない人」 「この曲聴きながら皆のコメントを見ていたら心が締めつけられた」 Lyric Videoが公開されているYouTubeに書き込まれた、あるユーザーの声だ。 この楽曲を聴き、淡い青春時代や過去の出来事に思いを馳せる人の声がコメント欄に溢れている。 そのコメント数は3600件にものぼる。 楽曲の始まりは無音で、やがて音が静かにフェードインする。 ただ、それも過去にタイムスリップさせるかのような逆再生音だ。 そして、一拍の休符を挟み、ピアノによる伴奏のもとでAメロが始まる。 柔らかいブレッシーな歌声に乗って耳元に届く言葉はなんとも切ない。 <どうして心ごと奪われてでもまだ> <冷たいあなたを抱き寄せたいよ> <金木犀の香りが薄れていくように> <秋が終わり消えていったあなた> 時を刻むようなピアノの和音は、逆再生に飲み込まれ消える。 Aメロが終わり、間奏をストリングスが結ぶ。 再びAメロが始まるがピアノに加え、クラップ音、ノイズ音が鳴る。 繊細な心の動き、あるいは乱れをこうした音で表現しているかのように思える。 <沈黙さえも二人を繋ぎ止めていた> <時を止めてこのまま溶け合う> 一番はBメロがなく、サビを迎える。 <あなたに逢えば二人はもう> <友達に戻れないと分かっていた> ギターやベース、ドラムのバンドサウンドが加わる。 物語の情景が目の前に浮かんできそうなサビは、それまで抑えていた感情が一気に溢れるかのようだ。 この楽曲は全体的な構成として「過去」と「今」を行き来している、例えば、高校時代の自分と社会人になった今の自分が登場するかのように。 映画では映像をもって表現できるその境目を逆再生音が担っているよう。 そして、楽曲の二番に出てくるBメロにはストリングスと逆再生音が使われていて、過去の自分を振り返っている。 そして、この曲をこう結ぶ。 <何度願っても触れる事さえ叶わない> <枯れ果てたはずの涙がまた零れて> 神はサイコロを振らない 「TikTok」で多く使用されているフレーズは導入部のAメロで、大切な人との思い出を収めた動画を重ねて使用するケースが多くみられる。 それはまさに映画のワンシーンのようだ。 あるユーザーは、笑顔を見せる恋人の動画に楽曲を重ねた。 そこに乗るのは<どうして心ごと奪われてでもまだ><冷たいあなたを抱き寄せたいよ>。 笑顔と対照的な歌詞に心が摘ままれる思いだ。 逆に「YouTube」ではコメント欄に、過去に思いを寄せる書き込みが多い。 楽曲を聴きながらその書き込みを読んで感動したとの声も多くあった。 「TikTok」は映画のように、「YouTube」では小説のような、二次的な使われた方をしている。 それを可能にさせているのは、何かに寄り添うことが出来るシンプルな音構成と、そうでありながらもしっかりと楽曲に力を与えている歌詞とボーカルの力のように思える。 当初は恋人を思い聴く人が多かったが、新型コロナウイルス禍での外出自粛で、会いたくても会えない大切な人に思いを馳せて聴く人も増えてきている。 それはSNSなどの書き込みからもうかがえる。 決して背中を押すような楽曲ではないが、現実をありのままに描いたこの世界観に心が救われる人は多い。 耐えしのぶだけでなく、時には弱気になって涙を流してもいいのだと。 ちなみにバンド名の「神はサイコロを振らない」は、物理学者アルベルト・アインシュタインの発言で、「物理学上では、偶然は存在せず、全て法則に則っている」という意図があるが、彼は、人生は偶然ばかりであると捉え「偶然ばかりの不安定な中に生きる人達の心の奥底に、確実に届く音楽・ライブしかしない」という活動指針を名前に込めたという。 その思いがこの楽曲にも表れている。

次の

きのこ帝国「金木犀の夜」歌詞の意味とは?その花言葉に注目!

金木犀の香りが薄れていくように 歌詞

めっきり肌寒くなってきた今日この頃。 通勤途中にふんわりと香る甘い香りに、今年も大好きな季節が来たことを知る。 そう、金木犀の季節だ。 わさこは生まれてから30年近く北海道にいたため『金木犀』という名を知ってはいたけれど、どんな花でどの季節にどんな香りなのか、全く無知だった。 初めて金木犀を体感したのは岡山は倉敷でのこと。 秋口に現地の友人らと美観地区を散歩していた時に、ふと風に乗って鼻をくすぐる金木犀の香りをかいだ。 この香りは何か友人に訪ねると金木犀だよ、と香りの元まで案内してくれたのだ。 小さなオレンジ色の可愛らしい花と、芳しい香りにうっとりしたのが金木犀との初めての出会いだった。 それからというもの、秋の金木犀の香りはわさこの大好物になったのだ。 なんて素敵な香りなんだろう。 少し寂しく、でも何かドラマティックなことが起こりそうな独特な雰囲気の『秋』という季節を彩るのにぴったりの香りだ。 そんな大好きな金木犀。 今回は金木犀に関わるあらゆる事を調べてまとめてみます。 金木犀という植物について 金木犀の英語名、中国名 金木犀は英語で学名が osmanthus、通称がfragrant olive、fragrant orange-colored oliveというらしい。 フレグラントオリーブとは直訳で香るオリーブ。 名前から芳しさが伝わってきますね。 日本の金木犀は江戸時代に中国から伝わってきたらしく中国名だと丹桂。 どんな香りがするんだろう?飲んでみたい! 金木犀の花言葉 花言葉…謙虚謙遜、気高い人、真実、真実の愛、初恋、陶酔 この花言葉を見ると可憐な少女のようなイメージですね。 わさこは個人的に、白いワンピースを着た色白で髪の長い少女を連想します。 金木犀の開花時期や栽培北限、栽培南限は? 地域や環境によって異なりますが、9月中旬から10月下旬に咲きます。 金木犀前線っていうのもあるそうで桜とは逆に北から南に南下していくそう。 冒頭に言いました通り、北海道には金木犀はないのです。 文献には関東までと記述されているものもあるようですが、実際に咲いている土地の北限はどこなのか?というと北関東から東北地方南部までのようです。 宮城、山形、福島では金木犀が咲いているようです。 ネットで調べた限りでは栽培南限は鹿児島県のようでした。 金木犀を楽しめる観光地、名所 三嶋大社…静岡県三島市大宮町にある神社。 樹齢1200年を越える金木犀は国の天然記念物にも指定されているそう。 行ってみたい!! 都内にもたくさん金木犀の香りが楽しめるスポットがあるようです。 日比谷公園 千代田区 、代々木公園 渋谷区 、善福寺川緑地 杉並区 、光が丘公園 練馬区 、神代植物公園 調布市 、小金井公園 小金井市 、昭和記念公園 立川市・昭島市 などなど。 金木犀の香りの香水 金木犀の香りが好きでいつでも甘い香りを楽しみたい!と思っている人は多いはず。 金木犀の香りの香水を集めてみました! この練り香水は本物の金木犀の芳香にとても近いらしくおすすめの商品。 香りは長続きしないがかすかに香らせるのにとても重宝する一品。 自然な香りで香水にはもちろんルームフレグランスとして使う人もいるそう。 金木犀がタイトルに含まれる曲 ドラマティックな秋の象徴の金木犀はたくさんの歌手によって歌われているようです。 『金木犀』を含むタイトルの曲を集めてみました。 お願い、興味なくてもこのPV見てみてほしい!! その他「金木犀」というタイトルの曲を歌っているアーティスト 超飛行少年…2008年4月リリースのアルバム「エクスキューズ」に含まれる一曲。 音源探せず。 ALvino…元ラクリマクリスティのKOJIと元ピエロの潤率いるバンドの一曲。 音源探せず。 伍代夏子…演歌きました!!一年待てば三年待てる。 三年待てば七年待てる。 七年待てば一生待てる。 待つねーーー!!! LUNKHEAD…音源見つからず。 閃光という曲がかっこよかった。 arp…情報があまり出てこなかったけど、2. 5次元アーティストの一曲。 KEYTALK…若者バンド。 音源探せず。 切ない。 こちらも読まれています• ドッキリが嫌い、見れない人は共感性羞恥という現象が起こっている。 わさこも昔からドッキリが嫌いで、テレ... 突然のカミングアウトで申し訳ないが、わさこはハトが苦手だ。 あのサイコな目が嫌だし、首を前後ろに動かしながら歩... 平凡な毎日に飽き飽きしていて、そんな毎日から抜け出したい!!!と思っている人って実はけっこう多いんじゃないだ... 寒い季節、玄関からのすきま風をどうにかしたいと思いながら何年も我慢している、なんてことないでしょうか。 先日久しぶりに図書館に行ったので、直感に任せ本を選び積み上げていったところ、貸出数を5冊もオーバーしていて本棚...

次の

金木犀(キンモクセイ)のモイストポプリの作り方について、よ...

金木犀の香りが薄れていくように 歌詞

「秋」と聞いて何を思い浮かべるだろうか。 我々凡人はおそらく紅葉、秋刀魚、コオロギなどを挙げてしまうだろう。 しかし志村正彦は 金木犀で秋を表現しようと考えた。 その時点で彼はやはり普通とは違っていた。 金木犀の花はその 強烈な匂いで有名だ。 毎年九月の終わり頃になるとどこからか漂ってくる香り。 不安を掻き立てるようなその香りを、誰もが一度は嗅いだことがあるはずだ。 匂いは記憶を呼び起こす。 嗅覚ほど記憶と密接に結びついている感覚はない。 もちろん視覚や聴覚がきっかけとなって蘇る思い出もある。 しかし懐かしい匂いを嗅いだ時に蘇る思い出は、それらよりもずっと色鮮やかで生々しい。 金木犀の香りは秋の記憶を呼び起こす。 一年前この香りを嗅いでいた頃は何をしていたっけ、その前の年の今頃は何をしていたんだろう、と過去へ遡っていく。 そんな思索を志村正彦はこう綴った。 フジファブリックの「赤黄色の金木犀」 もしも過ぎ去りしあなたに 全て伝えられるのならば それは叶えられないとしても 心の中準備をしていた 金木犀の香りに触発されて記憶を辿るうちに、思い出す人がいたのだろう。 会わなくなって久しい人と、もしまた会ったら何を話すか。 昔のことを思い出していると、そんなどうでもいいことを考えてしまう。 そしてサビへ続く。 短い歌詞に込められた感情の揺らぎ 赤黄色の金木犀の香りがしてたまらなくなって 何故か無駄に胸が騒いでしまう帰り道 過去の自分の姿が蘇り、その言動を懐かしく思ったり、恥ずかしく思ったりする。 そんな気分の浮き沈みが、少ない言葉で見事に表現されている。 「胸が騒いでしまう帰り道」を経験しても、我々凡人はすぐにそれを忘れてしまう。 次々に生まれては消える感情を留めておけない。 しかし志村正彦はそんな些細な情緒も見逃さなかった。 感情の揺らぎを切り取って歌詞にした。 そのおかげで我々は、忘れかけていた胸のざわつきを思い出すことができる。 そしておそらく志村正彦自身も、この曲を聴いて何かを思い出していたのだろう。 志村正彦の天才的なセンスを感じる「赤黄色の金木犀」 胸のざわつきは、歌詞だけでなく音によっても表現されている。 最も印象的なのはサビに入る直前のコード(=和音)だ。 なんとも不安定で複雑な響きをしている。 あえて一度緊張を走らせた後にそれを緩和して、聴く人を惹きつける。

次の