ふるさと チョイス 災害 支援。 ふるさと納税で地域支援をアップデート。新型コロナで広がる新たな応援のカタチとは

「ふるさとチョイス 災害支援」、台風19号・21号で被災した111自治体への寄附総額5億円突破 |株式会社トラストバンクのプレスリリース

ふるさと チョイス 災害 支援

ふるさと納税 は、2008年に創設された「自分が応援したい、任意の自治体に寄付することができる」という制度です。 しだいに、自治体間の 返礼品競争 が激しさを増し、本来の ふるさと納税 の趣旨から遠ざかってしまいました。 もういちど、 「 ふるさと納税が、 自分が応援したい、任意の自治体に寄付することができる制度」 であるということを思い出して下さい。 そのうえで… 2018年は、各地で、地震、大雨、台風など、多くの災害が発生し、多くの被害が出てしまいした。 復旧作業が、現在も続いている地域も数多くあります。 今回は、「 ふるさと納税を利用して、被災地の自治体への災害支援ができる」ということをお伝えしたいと思います。 ふるさと納税 とは ふるさと納税 とは、2008年に創設された「自分が応援したい、任意の自治体に寄付することができる」という制度です。 ふるさと納税 がどういう制度なのかについては、別の記事に書いていますので、ここでは省略します。 ふるさと納税 については、制度の見直しも検討されています。 今回は、 ふるさと納税 で災害支援について、紹介します。 ふるさと納税 で災害支援 とは ふるさと納税 で災害支援とは、 「ふるさと納税が、 自分が応援したい、任意の自治体に寄付することができる制度」 であることを利用して、「 災害支援したい自治体に寄付」をすることができるというものです。 もちろん、ふるさと納税 ですので、一定額の「寄付金控除」を受けることもできます。 「ふるさとチョイス」という、ふるさと納税 のポータルサイトの中に、動画でわかりやすく解説されているものがありました。 出典:ふるさとチョイス ふるさと納税 で災害支援 のメリット 最近では、返礼品目当ての寄付だけでなく、災害支援のために ふるさと納税 を利用して、寄付をする人が増えてきました。 ふるさと納税 を利用すれば、寄付をする側とされる側、その両方にメリットがあります。 ふるさと納税 による「災害支援寄付」について、 募金などにはないメリットを3つ紹介します。 寄付金がダイレクトに自治体へ届く 災害が発生した際の募金は、主に「義援金」や「支援金」という名目で使用されます。 一般的に「義援金」は、被災者への見舞金として送られ、「支援金」は、主に被災地で復旧活動や、支援活動にあたる機関や団体などに送られます。 それに対し、 出典:Yahoo 控除限度額は、各ふるさと納税サイトなどで、シュミレーションすることができます。 出典:ふるさとチョイス サイトによっては、寄付できる自治体が限られている場合もありますが、手続き方法としては、通常の ふるさと納税 の場合と一緒です。 大きな災害が発生した後などに、ふるさと納税のポータルサイトをのぞいてみると、寄付を必要としている自治体や、現在、集まっている寄付金の合計などを見ることができると思います。 たとえば、2018年(平成30年)9月6日に北海道で発生した、震度7の地震の直後から、各ふるさと納税 のポータルサイトでは、以下のように、支援の受付を開始しています。 出典:さとふる 代理寄付受付 被災した自治体では、ふるさと納税 の処理業務を行っている余裕がない場合もあります。 そのような場合に、 被災した自治体のの負担を減らすための「代理寄付受付」という制度もあります。 被災した自治体に、災害支援寄付をする場合、返礼品はもらえないケースが一般的です。 しかし、「寄附金受領証明書」の発行・発送といった作業が、必ず発生します。 つまり、寄付が集まれば集まるほど、被災している自治体の事務作業の負担は、増えてしまうのです。 そこで、このような負担を少しでも減らそうという目的で、一部の自治体では「代理寄付受付」を始めています。

次の

ふるさとチョイス 災害支援において、北海道夕張市が「平成30年7月豪雨」の代理寄附受付フォームを開設|株式会社トラストバンクのプレスリリース

ふるさと チョイス 災害 支援

新型コロナウイルス感染症の拡大により、事業の休業やイベントの中止をはじめ、学校の休業、保育、介護サービスの縮小など、様々な分野で大きな影響が生じています。 米原市では、市民のくらしの不安を少しでも解消できるよう、事業者の事業継続への支援や子育て世帯への応援金をはじめ、高齢者や障がい者世帯への支援、ひとり親世帯や収入が減収した世帯、学生がいる世帯など影響を受けた方それぞれの不安に寄り添いながら、様々な支援に取り組んでいます。 5月14日に滋賀県の緊急事態宣言は解除されたものの、第2波に備えた施策として、本プロジェクトでは環境整備や医療体制の拡充を図るための支援を募ります。 米原市GCFページ 寄付金は、学校での1人1台PC端末の整備や医療機関での診療体制の強化、事業者や市民への支援金など、第2波への備えや市民のくらしを守り、日常を取り戻すための経費として活用します。 また、本プロジェクトのお礼の品として、感染症の影響により売り上げが大きく減少している事業者の品や、パラグライダーや座禅・写経などのふるさと体験(ウイルス収束後に利用可能)の品を用意しています。 米原市は本プロジェクトのお礼の品を通じて感染症の影響を受ける事業者を支援します。 自治体は地域課題と解決策を広く発信し、共感を得ることで寄付を集めます。 一方、寄付者は地域支援の想いで寄付をするため、交流・関係人口にもつながる仕組みとして注目されています。 プロジェクト数も年々増えており、2019年6月の法改正でGCFへの関心はさらに高まっています。 米原市長 平尾 道雄市長のコメント 「私たちは今、『新型コロナウイルス感染症』という、これまで経験したことのない、見えない相手との戦いに臨んでいます。 その闘いの中で、苦しんでいる人、困っている人がいます。 そして、そうした人々を救おう、助けようとする人が生まれ、その輪が着実に広がっています。 このプロジェクトも本市の取り組みを応援したいとの声が寄せられたことがきっかけで開設しました。 ぜひとも皆さまの応援をお願いいたします。 市内には伊吹山のお花畑、特別天然記念物に指定される長岡のゲンジボタル、醒井の梅花藻など美しい自然や貴重な動植物を有し、また、伊吹山と醒井の居醒の清水を舞台にしたヤマトタケル伝説や、戦国時代を代表する豊臣秀吉、石田三成が活躍するなど歴史の舞台にも度々登場し、数多くの史跡も残っています。 米原市のふるさと納税では近江牛やシュラフ、グランピングやパラグライダーなど、雄大な伊吹山と名水が育んだ自慢の特産品や米原ならではの体験メニューを取り揃えています。 ガバメントクラウドファンディング GCF とは 2013年9月にトラストバンクが提供したクラウドファンディング型でふるさと納税を募る仕組み。 自治体がプロジェクトオーナーとなり、 地域課題に対する具体的な解決策、 必要な寄付金と使い道、 寄付金を集める期間などを提示して広く資金を調達する。 寄付者は自らの意思で寄付金の使い道を選ぶことができる2020年6月時点で寄付総額76億円を突破し、約770プロジェクトが実施された。 「2019年度グッドデザイン賞」を受賞。 同年9月ふるさと納税総合サイト『ふるさとチョイス』を開設。 月間最大2億PV超(2019年12月)、契約自治体1,560団体超(2020年6月)、お礼の品登録数27万点超(2020年6月)を有する国内最大のふるさと納税総合サイトに成長。 2014年9月「災害支援」の仕組みを立ち上げ、全国自治体に無償でサービスを提供。 2020年3月、新型コロナに伴う支援プロジェクトを開始。

次の

トラストバンク、「ふるさとチョイス 災害支援」で 台風19号の被災自治体のふるさと納税寄附受け付けを開始

ふるさと チョイス 災害 支援

ポイント• ふるさと納税の利用率は約2割(2019年2月トラストバンク調べ)。 一方、「税控除があるから」は3. ふるさと納税による災害支援は、寄附金の目的(使い道)への意識が明確であることが読み取れる。 <その他(自由回答)>• ・必要としているところへきちんと使われるから。 ・使い道に意味を見出せるから。 ・現地に行かなくても災害支援ができ、税控除もあり、win-winだから。 ・必ず被災地に寄附金が届くという安心感があるから 2017年トラストバンク実施の「災害支援に関する意識調査」 調査対象:20代以上の男女1,111名 調査期間:2017年8月8日~8月15日 調査方法:インターネット調査• 11月7日14時現在、計107被災自治体が寄附金を受け付けています。 被災自治体の寄附受付業務を他自治体が代行する「代理寄附」を計21被災自治体が利用しています。 「ふるさとチョイス 災害支援」とは 2014年9月に開始。 ふるさと納税を活用して、災害時に被災自治体の復旧・復興のための寄附金を募る仕組み。 全国1,788の自治体にプラットフォームを無償提供している。 自治体はサイトで被災状況や寄附金の活用事例を報告でき、寄附者は被災地へ寄附金と一緒に応援メッセージを送ることができる。 平成28年熊本地震では約19億円、平成30年7月豪雨では約16億円、平成30年北海道胆振東部地震では約4億6千万円を集めた。 これまでの寄附総額は約64億円に上る(2019年11月7日時点)。 熊本地震で、被災地とは別の自治体が寄附金受付業務を代行する「代理寄附」の仕組みを構築。 被災自治体は業務負担を軽減でき、住民の安全確保などに人員を充てることが可能になる。

次の