コロナ ナウシカ。 コロナウイルスは腐海なのかもしれないよね|すーの裏表紙|note

ナウシカの世界と、現実の世界の交錯点|しらも|note

コロナ ナウシカ

可愛らしいかどうかは疑問に思わないでねー。 当時、結構なアニメヲタクでした。 ヲタクなんて言葉もまだ無い時代でしたけれどね。 今でも大名作だと思っている「ザンボット3」や「海のトリトン」、ガンダムシリーズを監督した富野由悠季さん、「宝島」「ガンバの冒険」等を監督した出崎統さんなどの作品が好きだったのですが、もちろん宮崎駿さんの作品も大ファン。 「アルプスの少女ハイジ」や、現在NHKで再放送中の「未来少年コナン」など、夢中になって観ていましたし、「太陽の王子 ホルスの大冒険」もテレビ放映される度に観ていました。 以下は、イタリア語の勉強をしていた時に、イタリアで買い集めたDVDコレクション。 (日本語の音声・字幕も選べる) 左から2番目だけちょっとわかりにくいですが、「もののけ姫」ですよん。 しかーし! こんなにも宮崎作品が好きなのに、一番大好きな「風の谷のナウシカ」だけは、映画館では観たことがなーい! 不覚……。 一生の不覚……。 と、ずーーーーーっと後悔していました。 「風の谷のナウシカ」もジブリ作品とされていますが、公開当時まだ同スタジオは設立されていなかったので、正確にはジブリ作品ではありません。 「天空の城ラピュタ」が第一作目の作品です。 しかーし! Twitterで「#一生に一度は映画館でジブリを」と題した企画が始まるという情報をゲト。 ナント、ナウシカも上映されるではありませんかっ!!! 「一生に一度は、映画館でジブリを。 」 6月26日(金)より、全国372館の劇場で『風の谷のナウシカ』『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』『ゲド戦記』を上映します。 詳細は、東宝シアターリストをご確認ください。 — 三鷹の森ジブリ美術館 GhibliML ぬぉぉぉぉーーーーー!!!! これは行くしかないーーーーーー!!!! Contents• 「風の谷のナウシカ」との出会い。 「風の谷のナウシカ」を初めて観たのは、たぶんなのですがテレビで初めて放送された1985年4月6日のことだったと思います。 とにかく感動。 涙が止まらず。 しばらく放心状態になったことを、今でもはっきり覚えています。 ストーリーに感動したのはもちろんのこと、宮崎作品の特徴である飛翔シーンの迫力と美しさに心が踊り、王蟲や動物たちや植物などの造形の素晴らしさに心を奪われ、ナウシカのカッコよさに心をわしづかみにされたのでした。 50年以上の私の映画鑑賞史上、ずっとベスト5に入っています。 実は20代の頃、一度だけですが「ナウシカに似ているね」と言われたことがあります。 若い頃、秋吉久美子さん~故・今いくよさん(痩せている方)まで、いろいろな有名人に似ていると言われたことがあるのですが、ナウシカが一番嬉しかったっけ。 尚、当時は今では面影が無いほどガリガリに痩せていて少女漫画体形でしたし、あくまでも「似ている」と言った人の個人の感想です。 ナウシカファンのみなさま、どうか石を投げたりしないでー。 猫を我家に迎えて名前をつける時も、色合いが似ていたので「テト」を最終候補にしていました。 ナウシカとテトのコンビニなるじゃーん、って思ったのですが、世間から叱られそうなので結局違う名前にしました。 どきどきしながらチケット購入。 最初に情報を見た時は、この企画が何日くらい続くのか、どこの映画館でどの程度の規模で公開されるのかわからなかったので、チケットがとれるかどうかドキドキでした。 でも、全国372館もの映画館、いつも利用しているTOHOシネマズは2館を除いて全館という大規模なイベントだと知り、ほっと安心。 その後も何度かTOHOシネマズのアプリをチェックしたのですが、なかなか詳細がUPされず。 そして公開初日6月26日(金)の3日前、24日(水)の午前0時過ぎにアプリを覗いたらチケット予約が開始されていたので、早速購入! 初日に観に行けることが決まったのでした。 しかもかなりの大スクリーン。 う、う、う、嬉し過ぎる……。 映画館へ!感動した! 朝目覚めるなり「今日はナウシカ!」と思ったほど、朝からワクワクが止まらず。 いそいそと映画館に行き、その時を待ちました。 オープニングから既に涙が出そうに……。 テレビでは何度観たかわからない、ナウシカ、ユパ様、テト、メーヴェ、王蟲、虫たち、腐海の森、ガンシップ、巨神兵らが大画面に映っている……。 特に、メーヴェとガンシップが大空を飛び回るシーン、王蟲が大挙して襲って来るシーン、巨神兵が火を吐くシーンなどは、大画面ならではの大迫力。 画面が大きいと、ナウシカの強さまでが倍増しているように見えるから不思議。 そして、ラストのナウシカと王蟲たちのシーンが尊過ぎて眩しい……。 感無量。 ひとつだけ注意点を書いておくと、デジタルリマスター版ではないので画質は昭和のアニメな感じだし、立体音響ではないから後ろから音が飛んできたりはしないので、デジタル画像や音響レベルの迫力を期待していくと、肩透かしをくらうかも知れません。 それでも、王蟲の足の1本1本、ガンシップの隅々までがすごく丁寧に描かれていることが大画面だからこそ伝わってきて、違う意味の迫力を十分に感じることができます。 映画館で風の谷のナウシカを観た!30年以上前からの念願が叶った!大空を縦横無尽に飛び回るメーヴェ、大迫力の王蟲たち、何度観ても泣ける厳しくも優しい物語…。 感無量。 — はやしりえ hitorideclub 本当に本当におすすめなので、ひとりでも多くの人に映画館で観て欲しいのであります。 まとめ。 30年間ずっとずっと「どうして映画館に観に行かなかったんだろうか」と後悔していたのですが、やっと念願が成就しました。 「風の谷のナウシカ」のほか、「もののけ姫」、「千と千尋の神隠し」、「ゲド戦記」も全国372の映画館で上映されています。 コレを書いている6月26日時点では、少なくとも7月2日(木)までは上映されているようなので、是非とも大きなスクリーンでジブリ作品を観てみてくださいね。

次の

宮崎駿は新型コロナを予言していた!?ナウシカと2020年があまりにも類似している件

コロナ ナウシカ

spring song 2分の1の魔法 プラド美術館 驚異のコレクション 劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン キングスマン ファースト・エージェント 朝が来る ブラック・ウィドウ 007 ノー・タイム・トゥ・ダイ ソウルフル・ワールド トップガン マーヴェリック 映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者 映画プリキュアミラクルリープ みんなとの不思議な1日 映画 きかんしゃトーマス チャオ!とんでうたってディスカバリー!! 26 2020. 26 2020. 26 2020. 24 2020. 24 2020. 23 2020. 21 2020. 19 2020. 12 2020. 12 2020. 08 2020. 05 2020. 28 2020. 22 2020. 22 2020. 22 2020. 22 2020. 19 2020. 27 2020. 10 2020. 09 2020. 01 2020. 09 2020. 28 2019. 19 2019. 06 2019. 01 2019. 23 2019. 14 2019. 12 2019. 01 2018. 31 2018. 11 2018. 09 2017. 24 2016. 01 2016. 04 2015. 30 2015. 26 2015. 01 2013. 15 2010. 01 2010.

次の

新型コロナウィルスの原因は5G!?両者の驚くべき関係性に迫る【都市伝説】

コロナ ナウシカ

まぁコロナとかぶるんですわ!! 別に宮崎駿さんが「未来が見えていた!」とか「予言だ」とか言いたいわけでもなくて、結局のところ 自然と共存していくというのは普遍的なテーマなんだろうと知らされるわけです。 瘴気(しょうき)とコロナ そもそもナウシカに登場する 「瘴気(しょうき)」とはなんなのか?? アニメでは 「なんかすっげぇ毒」くらいにしか描かれていませんが、実はあれは毒ではなくて、逆に 世界を浄化するシステムなんです(マンガの後半で謎が解けます)。 もう、ナウシカたちは必ずマスクをしています。 これは 腐海の瘴気を少しでも吸うと生きていけないからです。 (コロナじゃん!!) もうこの時点で コロナ問題とかぶりますよね!! そして、ナウシカはアニメの冒頭で 腐海と呼ばれる森に瘴気を出す植物の胞子を取りに行っています。 またまた複雑ですが、腐海とは 蟲 なんかマジで気持ち悪い巨大なやつ 達以外は生きていけない毒ガスだらけの森です。 そこに一国の長たるナウシカ ナウシカは風の谷の姫様です が、危険をかえりみず、胞子を集めて調査しているのです。 ちなみに、東京の長たる小池百合子 百合子は東京の姫様です は、危険をかえりみず人を集めて会見しているのです。 ごめんなさい、ブラックジョークです。 コロナは世界を浄化している?? さて、コロナを瘴気に例えると、 コロナは世界を浄化するシステムになぞらえることができるんですね。 そもそも瘴気は旧世界の人間が作り出した 「システム」なんです。 そこで 「詩と音楽を愛する平和な思想を持った者だけ」を保存する技術を使い封印します(感覚的にはコールドスリープみたいな感じ) そして、自分たちが眠っている間に、巨神兵を使って 全てを焼き払い、汚れ切った世界を腐海(瘴気)という 浄化システムを使ってキレイにしているんです。 説明が長くなりましたが、コロナは人混みを好みますよね。 (好むというか飛沫感染だから媒体が多いだけですけど)。 まるで、 汚染の原因を襲うように仕組まれた腐海(瘴気)と同じですよね。 嘘か本当か海外諸国でロックダウンがなされたあと、地球の汚染にストップがかかったそうです。 (僕はこの考え方嫌いです。 だって僕は人間だし、実際に苦しんでる人たくさんいるから) とは言え僕はたまに見かける 「世界にとってウィルスはコロナではなく人間のほうなのだ!!」みたいな考察はあまり好きではありませんのであしからず。 瘴気もコロナも、そこに意志はなく人混みに集まる習性があるだけで、人は人混みになるような生き方をしてきただけで、シンプルにコロナの生きやすい空間をせっせと作っていたにすぎないというところです(神様とか迷信めいたものではなくね)。 伝説ではこうある。 風の谷のナウシカでは、オームと言う蟲がいます。 あのオームも 腐海の中でしか生きていけないのですが、たまに森を飛び出しています。 一匹でも大問題になるのに、稀に すげー数のオームが襲ってくることがあります。 それを 大海嘯(だいかいしょう)と言います。 そして、大量の オームの死骸が腐海になっていくのです。 では、なぜオームは自分では生きていけない腐海の外に飛び出して大海嘯を起こしたのでしょうか・・・・ 風の谷の姫のナウシカは 大海嘯をこのように止めました。 ちなみに、東京都の姫の百合子は 大海嘯をこのように止めようとしています。 そう、コロナも人を介さなければ生きていけない存在です。 今のパンデミックはまるで 大海嘯のようですね・・・ そして、それを鎮める人が現れるのです。 伝説ではこうあります・・ その者青き衣をまといて金色の野に降り立つべし 皆さんも ご存知のあのシーンですよね。 青い衣を着て ラン・ラン・ララ・ラン・ララーンのシーンですね。 我らが姫様が青き衣をまとっているシーンですね すいませんブラックジョークです。 続き書いて欲しい?? ところで「 その者青き衣をまといて金色の野に降り立つべし」には続きがあって 失われし大地との絆を結び、ついに人々を青き清浄の地に導かん・・・ というフレーズがありまず。 その意味もめちゃくちゃ深いこと知ってますか?? で、残念なことにこのブログはここで終わります。 今回は書く前から 3000文字以内でやめるって決めてたのです。 続きのご要望があれば全部を書くことにします。 おそらく全部書いたら 15000字位になると思います。

次の