ちりめん じゃこ。 株式会社さかもと|ちりめんじゃこ・干しえび等塩干物の仲卸

最高のちりめんじゃこ

ちりめん じゃこ

「しらす(しらす干し)」と「ちりめんじゃこ」ってどう違うの? お客様からのお問合せで多いのが「しらす(しらす干し)」と「ちりめんじゃこ」の違いについてです。 しらすとちりめんじゃこの違いについてはインターネットでも色々な所で議論されていますが、 「同じだ!」という意見もあれば、「違う!」という意見もあり、ちりめんじゃこ・しらす好きにとっては永遠の課題のようです。 こちらのページでは専門店&釜元ならではの視点で、この問題について少しご紹介させていただきます。 呼び名の違いは「乾燥度」の違いから? 「しらす」と「ちりめんじゃこ」、どちらも共通しているのは、「鰯の稚魚を使った食材」であるということ。 鰯は主に片口鰯(カタクチイワシ)を使用しますが、季節により真鰯(マイワシ)や潤目鰯(ウルメイワシ)なども使用されます。 呼び名の違いは乾燥度の違いから、「しらす(しらす干し)」や「ちりめんじゃこ」と呼び分けられています。 呼び方は地方によって様々。 高知では全て「ちりめんじゃこ」と呼びます。 高知では「しらす」も「ちりめんじゃこ」も全て「ちりめんじゃこ」と呼びます。 乾燥度に限らず、乾燥度が軟らかめの品も硬めの品も全て「ちりめんじゃこ」と総称して呼びます。 「高知では」と付けたのには理由がありまして、「しらす(しらす干し)」と「ちりめんじゃこ」の呼び方は地方によって違うんです。 全国各地にお住まいの当店常連のお客様にアンケートをお願いしてみましたところ、 地方によって「しらす」と「ちりめんじゃこ」の使い分けは様々ですが、主に東日本で使われることの多い表現のようです。 乾燥度の低いものを「しらす」、高いものを「ちりめんじゃこ」、大きさも組み合わさって呼び名が変わる地方もあるようで、 さらに「いりこ」まで加わる地方もあるようです。 地方によってこれだけ呼び方が変わると、意見が分かれてしまうのも頷けます。 東京では「釜揚げしらす」でも、高知では「釜揚げちりめん」。 高知では全く区別せず、全て「ちりめんじゃこ」と統一して呼びますので、関東などで言う「釜揚げしらす」も高知で言うと「釜揚げちりめん」となります。 同じように、「しらす干し」も高知で言うと「ちりめんじゃこ」「おじゃこ」という表現になります。 そのため高知では「しらす(しらす干し)」という名前を目にしたり、耳にすることは滅多にありません。 例えば下の写真をご覧ください。 高知ではどちらも「ちりめんじゃこ」とひとくくりにされますが、関東地方などでは左の品を「しらす」、右の品を「ちりめんじゃこ」と使い分けます。 ちなみに地元高知のお客様は、「釜揚げしらす」などの軟らかめのものを「ちりめん」、ある程度乾燥したものを「ちりめんじゃこ」または「おじゃこ」と呼び分けています。 やわらかさ、かたさは様々。 各ページの干し具合表をご覧ください。 ちりめんじゃこ(しらす)の乾燥度については、写真だけでは判断が難しいと思いますので、当店ホームページでは目安として、干し具合を五段階に分けた表を各ちりめんじゃこページに設置しています。 高知県外での一般的な「しらす(しらす干し)」、「ちりめんじゃこ」などの呼び方で大まかに説明すると以下のようになります。 【例:釜揚げしらす】 【しらす】 【しらす〜しらす干し】 【ちりめんじゃこ】 【ちりめんじゃこ】 【ちりめんじゃこ】 ただ、これも地方によって変わってきます。 大まかな分け方ですので、各ページの写真と合わせてご覧ください。 土佐ちりめんじゃこの美味しさの秘訣とは? 県外のお客様からは、「高知のちりめんじゃこはモチモチとした食感と薄塩加減が良い」と好評です。 例えば商品一覧にあります「上干ちりめん」という名前を見ると、いかにも「カラカラに乾いている」というイメージを持たれるかもしれませんが、高知ではカチカチに乾ききった品よりも程よく歯応えの楽しめる、モチモチ食感のちりめんじゃこが好まれるため、カラカラになるほど干さず、適度に乾いた乾燥具合に仕上げます。 「海老入りちりめんじゃこ」 ちなみに上干に関わらず、これは当店のどのちりめんじゃこにも言えることです。 絶妙な天日干しで最大限に引き出された旨味と歯応えが楽しめるモチモチ食感、それに素材を邪魔しない薄塩加減、これらが土佐のちりめんじゃこの美味しさの秘訣なんです。 「しらす(しらす干し)」と「ちりめんじゃこ」の違い。 地方によって、その土地土地で呼び方が違うため明確な答えは出ませんが、どちらも美味しい日本の誇る食べ物には変わりありませんよね。

次の

「ちりめんじゃこ」と「しらす(しらす干し)」の違いについて 【創業八十余年の販売実績 高知の海産物専門店 中田遊亀商店】

ちりめん じゃこ

スポンサーリンク 素朴でありながら旨味たっぷりのちりめんじゃこやしらす・・美味しいですよね~。 でも本音としては、モリモリ食べたい・・。 ・・ってことで今回は、ちりめんじゃこやしらすの食べ過ぎについて徹底調査! ちりめんじゃこやしらすは、毎日食べるのは体に悪いのかや適量についても調べてみました。 ちりめんじゃこ&しらすLOVEなあなた・・要チェックですよ~。 ・コレステロールが高い ・プリン体が多い ・塩分が多い から。 ちりめんじゃこやしらすの食べ過ぎは、コレステロールだけなくプリン体や塩分も問題なってくるんです。 ひとつずつ詳しく見ていきましょう。 コレステロールが高い食べ物を食べると、体のコレステロール値が上がり脂質異常症、動脈硬化を引き起こす可能性があり、動脈硬化が進むと、脳梗塞や心筋梗塞などの血管系の病気に繋がる可能性がありますよね。 2020年度の厚生労働省の「」によると、 成人のコレステロールは、1日200 mg未満にすることが望ましいとされています。 ちりめんじゃこやしらすのコレステロール含有量を見ると、100gでこの基準値を簡単に超えてしまうんです。 とはいえ、100gってどれくらいの量なのかというと、大人の両手の平に乗るくらいの量。 ちょっとこの量は「食べ過ぎかな?」と感じる量ではありますが、半量の片手の平に乗る量だとしても120~190mgで1日の基準値ギリギリ。 コレステロールは他の食材からも摂る可能性もありますから、ちりめんじゃこやしらすの食べ過ぎは要注意! 特に、コレステロール値が高めの方は体に悪い影響を及ぼす可能性が高くなるので、食べ過ぎには注意が必要になります。 ただ! ちりめんじゃこやしらすはコレステロールが高い一方、カルシウムが含まれていてこのカルシウムにはコレステロールを減らす働きがあるんです。 また、ちりめんじゃこやしらすには不飽和脂肪酸(DHAやEPA)も含まれているのですが、こちらにもコレステロールを減らす効果がある! なので、 食べ過ぎに注意して適量(適量については次の項目で詳しく)であれば、食べてもOKとも言われています。 あと、 コレステロール値を下げる効果がある• 静岡県遠州灘産の塩分30%カットのしらすになります。 塩分がカットされている分、しらす本来の味や海の味が楽しめますよ~。 しかも! 遠州灘で獲れるしらすって、築地市場での評価が高い超一級品になるんです。 そんな一級品の塩分カットのしらすをぜひぜひご賞味くださいね。 「ちりめんじゃこやしらす+大根おろし」の組み合わせは、体に悪いとまではいかないんですがとてももったいない食べ方になるんです。 もとは一緒ということですよね~。 ただ! ちりめんじゃこは水分が少ない分、栄養がギュッと詰まっているんです。 同じ100gの中でも、ちりめんじゃこは水分が抜けているので栄養量やカロリーなどが多い。 スポンサーリンク ちりめんじゃことしらすの栄養や効能は? 食べ過ぎてしまうと体に悪い影響を与えることもあるちりめんじゃこやしらすですが、実は体に嬉しい栄養や効能がいっぱい! まず、先にお知らせしたいのは、 ちりめんじゃこやしらすって、あんなに小さな体なのにとても高たんぱくな食品なんです。 たんぱく質といえば、三大栄養素(たんぱく質&脂質&炭水化物ネ)のひとつになる大切な成分。 筋肉や血液、臓器、ホルモンなどを作る大切な栄養素になりますよね。 不足すると免疫力ダウン、老化促進、お子さんの場合は成長障害を起こしてしまう可能性も! そんな大切な栄養たんぱく質が、ちりめじゃこやしらすにはたっぷり含まれているんです。 ちりめんじゃこやしらすって、ほんとにすごい食品なんですよ~・・ってことで、その他の栄養や効能を健康面と美容面に分けて見ていきましょう。 ちりめんじゃこやしらすの健康面の栄養と効能は? ちりめんじゃこやしらすには、カルシウム、DHA、EPA、ビタミンD、タウリンなどが含まれています。 それぞれの効能を紹介しますと・・ ・ちりめんじゃこ:520mg(牛乳200mlの2.5本分!!) ・しらす干し:210mg のカルシウムが含まれています。 成人1日あたりのカルシウム摂取目安量は500mgとされていますから、ちりめんじゃこ100gでまかなえちゃう(食べ過ぎになっちゃうけどネ) しかも、 カルシウムの吸収を促進させるビタミンDが入っているのもステキなところ(牛乳には入ってないからね) 成長期のお子さんには、ちりめんじゃこ&しらすを食べてもらって、カルシウムを効果的に摂取しちゃいましょう! ちりめんじゃこやしらすの美容面の栄養や効能は? ちりめんじゃこやしらすには美容面に嬉しい効能もたっぷり!(もちろんこれらは、健康面の効能にも繋がりますよ) 具体的にはメチオニン、エラスチン、コラーゲンなどで、それぞれの効能は ・ メチオニン:ケラチンの形成(美肌効果に)、デトックス効果、抜け毛予防 ・ エラスチン:コラーゲンと共に肌のハリ&弾力をサポート(美肌効果に) ・ コラーゲン:肌の真皮の弾力や潤いをサポート、シワ予防、骨の強化、筋肉量アップ、抜け毛予防 ちりめんじゃこやしらすに、女子が大好きなコラーゲンが入っているとは驚きですよね。 そういえば以前、日本テレビの「世界一受けたい授業SP」で「ちりめんじゃこを22g食べると、1日に必要なコラーゲン5gがまかなえる」と伝えていました。

次の

「ちりめんじゃこ」と「しらす」の違いについて|東野水産

ちりめん じゃこ

「しらす(しらす干し)」と「ちりめんじゃこ」ってどう違うの? お客様からのお問合せで多いのが「しらす(しらす干し)」と「ちりめんじゃこ」の違いについてです。 しらすとちりめんじゃこの違いについてはインターネットでも色々な所で議論されていますが、 「同じだ!」という意見もあれば、「違う!」という意見もあり、ちりめんじゃこ・しらす好きにとっては永遠の課題のようです。 こちらのページでは専門店&釜元ならではの視点で、この問題について少しご紹介させていただきます。 呼び名の違いは「乾燥度」の違いから? 「しらす」と「ちりめんじゃこ」、どちらも共通しているのは、「鰯の稚魚を使った食材」であるということ。 鰯は主に片口鰯(カタクチイワシ)を使用しますが、季節により真鰯(マイワシ)や潤目鰯(ウルメイワシ)なども使用されます。 呼び名の違いは乾燥度の違いから、「しらす(しらす干し)」や「ちりめんじゃこ」と呼び分けられています。 呼び方は地方によって様々。 高知では全て「ちりめんじゃこ」と呼びます。 高知では「しらす」も「ちりめんじゃこ」も全て「ちりめんじゃこ」と呼びます。 乾燥度に限らず、乾燥度が軟らかめの品も硬めの品も全て「ちりめんじゃこ」と総称して呼びます。 「高知では」と付けたのには理由がありまして、「しらす(しらす干し)」と「ちりめんじゃこ」の呼び方は地方によって違うんです。 全国各地にお住まいの当店常連のお客様にアンケートをお願いしてみましたところ、 地方によって「しらす」と「ちりめんじゃこ」の使い分けは様々ですが、主に東日本で使われることの多い表現のようです。 乾燥度の低いものを「しらす」、高いものを「ちりめんじゃこ」、大きさも組み合わさって呼び名が変わる地方もあるようで、 さらに「いりこ」まで加わる地方もあるようです。 地方によってこれだけ呼び方が変わると、意見が分かれてしまうのも頷けます。 東京では「釜揚げしらす」でも、高知では「釜揚げちりめん」。 高知では全く区別せず、全て「ちりめんじゃこ」と統一して呼びますので、関東などで言う「釜揚げしらす」も高知で言うと「釜揚げちりめん」となります。 同じように、「しらす干し」も高知で言うと「ちりめんじゃこ」「おじゃこ」という表現になります。 そのため高知では「しらす(しらす干し)」という名前を目にしたり、耳にすることは滅多にありません。 例えば下の写真をご覧ください。 高知ではどちらも「ちりめんじゃこ」とひとくくりにされますが、関東地方などでは左の品を「しらす」、右の品を「ちりめんじゃこ」と使い分けます。 ちなみに地元高知のお客様は、「釜揚げしらす」などの軟らかめのものを「ちりめん」、ある程度乾燥したものを「ちりめんじゃこ」または「おじゃこ」と呼び分けています。 やわらかさ、かたさは様々。 各ページの干し具合表をご覧ください。 ちりめんじゃこ(しらす)の乾燥度については、写真だけでは判断が難しいと思いますので、当店ホームページでは目安として、干し具合を五段階に分けた表を各ちりめんじゃこページに設置しています。 高知県外での一般的な「しらす(しらす干し)」、「ちりめんじゃこ」などの呼び方で大まかに説明すると以下のようになります。 【例:釜揚げしらす】 【しらす】 【しらす〜しらす干し】 【ちりめんじゃこ】 【ちりめんじゃこ】 【ちりめんじゃこ】 ただ、これも地方によって変わってきます。 大まかな分け方ですので、各ページの写真と合わせてご覧ください。 土佐ちりめんじゃこの美味しさの秘訣とは? 県外のお客様からは、「高知のちりめんじゃこはモチモチとした食感と薄塩加減が良い」と好評です。 例えば商品一覧にあります「上干ちりめん」という名前を見ると、いかにも「カラカラに乾いている」というイメージを持たれるかもしれませんが、高知ではカチカチに乾ききった品よりも程よく歯応えの楽しめる、モチモチ食感のちりめんじゃこが好まれるため、カラカラになるほど干さず、適度に乾いた乾燥具合に仕上げます。 「海老入りちりめんじゃこ」 ちなみに上干に関わらず、これは当店のどのちりめんじゃこにも言えることです。 絶妙な天日干しで最大限に引き出された旨味と歯応えが楽しめるモチモチ食感、それに素材を邪魔しない薄塩加減、これらが土佐のちりめんじゃこの美味しさの秘訣なんです。 「しらす(しらす干し)」と「ちりめんじゃこ」の違い。 地方によって、その土地土地で呼び方が違うため明確な答えは出ませんが、どちらも美味しい日本の誇る食べ物には変わりありませんよね。

次の