時候 の 挨拶 7 月 上旬。 時候の挨拶6月上旬の例文と書き出しや結び!梅雨入りの時期に

7月の時候の挨拶/季節の挨拶》季節の言葉/挨拶文/季語/候/結び/上旬/中旬/下旬/初旬/ビジネス文書

時候 の 挨拶 7 月 上旬

みなさんにとって、7月はどんな季節でしょうか。 学生なら夏休みが始まり、社会人にとっては夏休みまだもう一分張り、と言ったところでしょうか。 梅雨が終わり、本格的な夏の到来を告げる季節となるのが7月です。 また、お盆に向けての挨拶や暑中見舞いを送る時期でもあり、手紙を書く機会も増えるのが7月です。 そこで気になってしまうのが時候の挨拶です。 7月にふさわしい時候の挨拶とはどんなものがあるのでしょうか。 7月にぴったりな時候の挨拶をビジネスで使えるフォーマルな挨拶、親しい相手に使えるやわらかい口語調の時候の挨拶と別けてご紹介します。 どんな言葉を選んだら良いのか、詳しく見ていきましょう。 7月上旬・初旬の時候の挨拶 7月上旬・初旬は夏とはいえまだ全国的には梅雨のシーズンです。 7日前後に相手に届くのであれば七夕と言った季節感のある言葉や、梅雨や雨と言った言葉を選ぶと良いでしょう。 フォーマルな時候の挨拶 ・梅雨の候、みぎり、折 ・梅雨晴れの候、みぎり、折 ・七夕の候、みぎり、折 ・星祭の候、みぎり、折 ・長雨の候、みぎり、折 ・小暑の候、みぎり、折 季語の後に続く言葉は、候、みぎり、折のどれでもかまいません。 口語調の時候の挨拶 ・梅雨明けが待ち遠しい季節です ・暦の上では夏ですが、本格的な暑さはもう少し先のようです ・長雨が続きますが、いかがお過ごしでしょうか ・町のあちこちに七夕飾りが揺れています ・庭の紫陽花が見ごろを迎えました 口語調の時候の挨拶は、やわらかい印象で親しい相手に手紙を書く際にぴったりです。 身近にある季節ならではの草花や行事などを季語として使いましょう。 7月中旬の時候の挨拶 7月中旬は早いところでは梅雨明けの時期ですが、地域によってはまだ梅雨が明けていない地方もあります。 「梅雨明け」と言う時候の挨拶を使うときは、しっかり確認してからにしましょう。 フォーマルな時候の挨拶 ・梅雨明けの候、みぎり、折 ・仲夏の候、みぎり、折 ・暑中の候、みぎり、折 ・驟雨 しゅうう の候、みぎり、折 驟雨とは、突然降り出す雨のことで、にわか雨のことを言います。 口語調の時候の挨拶 ・やっと梅雨の季節が終わりました ・いよいよ夏がやってきます ・もうすぐ夏休みです ・暑い日が続きます ・朝顔の季節となりました ・海が恋しい季節になりました ・ビールが美味しい季節がやってきました 夏本番、と言った時候の挨拶が7月中旬らしくておすすめです。 7月下旬の時候の挨拶 ・盛夏の候、みぎり、折 ・大暑の候、みぎり、折 ・炎暑の候、みぎり、折 ・猛暑の候、みぎり、折 ・酷暑の候、みぎり、折 ・炎夏の候、みぎり、折 いかがでしょうか。 文字を見ているだけで7月の暑さが想像できそうな言葉ばかりが並びます。 口語調の時候の挨拶 ・うだるような暑さが続きます ・寝苦しい日々が続きます ・蝉の声が響く季節になりました ・いよいよ夏本番を迎えます ・向日葵が見事な季節になりました ・例年にない厳しい暑さが続きます ・連日の真夏日ですが、体調はいかがでしょうか ・子どもたちは夏休みに入りました 夏休みや、蝉など身近で夏を連想させる時候の挨拶が、7月下旬にはぴったりです。 ビジネスでの7月の時候の挨拶の例文 ビジネスでの時候の挨拶は、今まで紹介してきたフォーマルな時候の挨拶を使いましょう。 7月上旬・中旬・下旬で時候の挨拶を使い分けてください。 時候の挨拶の後には、相手の安否を気遣う挨拶を続けるのが一般的です。 7月に使える時候の挨拶に続けて、安否の挨拶までを例文としてご紹介します。 ・盛夏の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 ・大暑の候、貴社におかれましてはますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 ・暑中お見舞い申し上げます。 ・仲夏のみぎり、みなさまにおかれましてはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。 内容別7月の時候の挨拶の例文 何かを頂いたときのお礼状や、ビジネスでお世話になったときのお礼状など、ケースごとに7月の時候の挨拶を取り入れた挨拶文をご紹介します。 商談などのお礼状 盛夏の候、貴社ますますご発展のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のご愛顧を賜り、深く感謝申し上げます。 さて、先日はわたくしどものためにお時間を頂きましたこと誠にありがとうございました。 貴社からの貴重なご意見をいただき、さらに精進していく所存です。 まずは書面にてお礼申し上げます。 面接のお礼状 大暑の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 このたびは、お忙しいところ貴重なお時間を頂きまして、誠にありがとうございました。 面接で貴社の説明を伺って、ますます貴社で活躍したいという気持ちが強くなりました。 貴社の一員となれましたら、精一杯努力する所存です。 取り急ぎ、書面にてお礼申し上げます。 物を頂いたときのお礼状 暑い日が続きますが、体調など崩していませんか。 こちらは家族一同、元気でおります。 さて、この度は結構なものを頂ましてありがとうございます。 さっそく、みんなでおいしく頂きました。 まだまだ夏はこれからですが、熱中症などにはお気をつけください。 案内状 いよいよ夏本番を迎えましたが、いかがお過ごしでしょうか。 この度、ささやかではございますが亡き父を偲ぶ会を開かせていただこうと考えております。 お忙しいとは思いますが、ご家族様一同でお越しいただければと思います。 学校 学校では保護者向けへ出す手紙と、子ども向けに出す手紙の2種類があります。 保護者向けと子ども向け、両方の7月の時候の挨拶の例文をご紹介します。 保護者向け 暑さ厳しき折、いかがお過ごしでしょうか。 保護者のみなさまには、日ごろより本校PTA活動に多大なるご協力・ご支援を賜り、心より感謝申し上げます。 ぜひご出席くださいますよう、お願い申し上げます。 学級通信 梅雨も明け夏休みが近づいてきました。 みんなが楽しみにいている夏休みですが、規則正しい生活を心がけましょう。 いつも通りに起きて、朝の涼しいうちに宿題を済ませてしまうのが先生のおすすめです。 宿題が終わったら、夏休みにしかできないことを思いっきり楽しみましょう。 夏休み明けに、みんなが成長している姿を見るのを楽しみにしています。 7月の結びの時候の挨拶 結びの挨拶とは文章を締めくくる終わりの挨拶のことです。 せっかく素敵な内容の手紙を書いても、終わり方がイマイチでは印象が良くありません。 7月ならではの素敵な結びの時候の挨拶をご紹介します。 フォーマルな結びの時候の挨拶 ・炎暑が続きますが、貴社の更なる発展を心よりお祈り申し上げます。 ・暑さ厳しき折、くれぐれもご自愛ください。 口語調の結びの時候の挨拶 ・気温が安定しない時期ですが、お体に気をつけてください。 ・本格的な夏を迎えましたが、くれぐれも体調管理にはお気をつけください。 ・暑さの厳しい日が続きますが、お互い大好きなビールで夏を乗り切りましょう。 ・夏休みにはそちらへ伺います。 会えるのを楽しみにしています。 夏本番へ向う季節感を大事にしよう.

次の

挨拶文【7月】書き出し・結びの例文!上旬・中旬・下旬の季語と時候

時候 の 挨拶 7 月 上旬

時候の挨拶 6月下旬 夏至の候、梅雨の候、短夜の候 *それぞれの時候の言葉に続けて「~の候」「~の折」「~のみぎり」というように続けて表現する。 漢語調の時候の挨拶を使うと、礼儀正しくかしこまった挨拶になります。 時候の挨拶の季節感のズレ 時候の挨拶に使う言葉は旧暦に基づいているので、今の季節感とは違いを感じるところもあると思います。 例えば「厳寒の候」「酷寒の候」などは主に1月に使います。 本当なら2月が季節的に一番寒い時期なので、2月にも 「厳寒の候」とか使えそうですが、二十四節気の 「大寒」が1月にあるため2月中旬や下旬では使いません。 そして2月は「立春」があるので暦の上では「春」となります。 例えば、北海道と沖縄の気候が全く違うように、どの地域にも送る文章が同じというのはありえません。 その年によって暖冬や冷夏の年もありますし、空梅雨なのに「長雨でうっとおしい日が続きますが~」などはおかしい文になりますよね。 日々のニュースや地域の情報などもチェックしながら考え、文章を選んでいけばいいと思います。 時候の挨拶6月の上旬~中旬にかけて また二十四節気に加えて 「七十二候」と呼ばれる、気象の動きや動植物の変化を表したものも参考にできます。 時候の挨拶の6月の上旬~中旬にあたる 芒種の時期には 初候(6月5日頃) 蟷螂生(かまきりしょうず) かまきりが生まれるころを言います。 次候(6月10日頃) 腐草為螢(くされたるくさほたるとなる) 蛍の光が草むらから見え始めるころを言います。 (*昔は腐った草が蛍になると考えられていたようです。 ) 末候(6月15日頃) 梅子黄(うめのみきばむ) 梅の実が黄色くなって熟す頃を言います。 時候の挨拶6月の中旬~下旬にかけて そして、 時候の挨拶の6月の中旬~下旬にあたる 夏至の時期の七十二候には、 初候(6月20日頃) 乃東枯(なつかれくさかるる) 夏枯草の花が枯れたように見える頃を言います。 「夏枯草」 かごそう はうつぼ草の異名で、他の花は開く時期なのに、冬に芽を出したうつぼ草が枯れていくことを惜しんだ言葉です。 次候(6月25日頃) 菖蒲華(あやめはなさく) あやめの花が咲き始める頃で、梅雨到来といわれていました。 末候(6月30日頃) 半夏生(はんげしょうず) 半夏 からすびじゃく が生え始める頃で、田植えの時期の目安とされました。 雑節として半夏生があり、この時期に各地方で振る舞われた食べ物などもあります。 というようにつながっていきます。 例えば、 【漢語調】 青葉の候、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 【和文調】 梅雨寒の日が続きますが、お変わりございませんか。 などというような感じですね。 基本はこういった形を頭に置きながら、アレンジも加えたりして6月の時候の挨拶の書き出し文として使っていってもらえればと思います。 そこに、先ほどの二十四節気の時期なども考えながら、文章を作成していって下さい。 では、 時候の挨拶で6月の上旬・中旬・下旬と参考になる 書き出しの例文をまとめました。 時候の挨拶6月上旬の書き出し例文• 衣替えの季節となりましたが、お元気でお過ごしのことと存じます。 向暑の候、皆様にはご健勝のこととお喜び申し上げます。 くちなしの花が香る季節ですね。 皆様お元気ですか。 初夏の候、お変わりなくご活躍のこと、お喜び申し上げます。 梅雨入りを感じさせる天気が続きますが、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 時候の挨拶6月中旬の書き出し例文• 長雨が続きますが、皆様お健やかにおすごしでしょうか。 薄暑の候、ご壮健でお過ごしのことと存じます。 今年もすでに半年を過ぎてしまいましたが、時が経つのは早いものですね。 芒種の候、皆様いかがお過ごしでしょうか。 今年は空梅雨で暑い日が続いております。 皆様お健やかにお過ごしでいらっしゃいますか。 時候の挨拶6月下旬の書き出し例文• カエルの鳴き声が盛んになる季節、いかがお過ごしでしょうか。 夏至の候、ご清栄のこととお喜び申し上げます。 今年も庭先に梅がたくさん実る季節となりました。 そちらはいかがですか。 梅雨の候、お元気でお過ごしのことと存じます。 梅雨明けが待たれる毎日ですが、体調万全でお過ごしですか。 あらたまった相手に出す時は、時候の挨拶でも丁寧な言葉を使いたいです。 ただ、親しい相手に送る場合は、身の回りのことや行事のことも言葉に選んで、親近感のある楽しい感じのお手紙にされてもいいと思います。 【6月上旬】 梅雨入りも間近ですが、体調を崩されませんようお気をつけください。 【6月中旬】 梅雨空が続きますが、くれぐれも健康にはお気をつけ下さい。 【6月下旬】 梅雨明けも今しばらくの辛抱です。 風邪など引かれませんように。 これも結びの例文の一つですし、その年の気候や地域によっても中旬と下旬で言葉のチョイスが変わったりすることもありますが、大まかにはこのような感じだと捉えてもらえればいいと思います。 では、その 時候の挨拶で6月の上旬・中旬・下旬と参考になる 結びの例文をまとめました。 時候の挨拶6月上旬の結び例文• 天候不順の日が続きますが、お体には十分お気をつけ下さい。 梅雨入りも近づいてきましたが、お体おいとい下さい• 衣替えをして気分も一新!嫌な梅雨も元気に乗り切っていきましょう。 雨模様の中にも初夏の気配を感じます。 お互い体に気をつけましょう。 当分は雨続きになりそうですが、体調にはお気をつけ下さい。 時候の挨拶6月中旬の結び例文• 梅雨明けには今しばらくかかりそうですが、くれぐれもお体に気を付けて。 長雨が続いております。 体調を崩されませんようお気をつけください。 蒸し暑い日が続きますが、心が滅入らないよう祈っております。 うっとおしい梅雨ではありますが、紫陽花やくちなしなどこの季節だけの楽しみもあるので堪能したいですね。 心をふさぐような梅雨空が続きますが、くれぐれもご自愛ください。 時候の挨拶6月下旬の結び例文• 梅雨寒の日が続きますが、くれぐれもご自愛ください。 梅雨明けももう間近です。 また夏は一緒に海へ行ってみましょうね。 空梅雨で雨も少ない気候ですが、健康にはぜひともご留意くださいませ。 あと数日もすれば梅雨明けのようでございます。 ますますのご活躍をお祈り申し上げます。 楽しい夏ももうすぐですので、梅雨に負けずがんばりましょう。 こちらも書き出し分と同様に、あらたまった相手には、時候の挨拶でも丁寧な言葉を使いたいです。 スポンサードリンク 6月の時候の挨拶に入れる季語 6月の時候の挨拶の書き出しと結びに入れる言葉には、この時期の 「風物詩」や 「気候」、 「自然」などを取り入れて春夏秋冬の季節感を出します。 これから順番にいくつか紹介していきますが、文章づくりの参考にして下さい。 では、まずは6月の風物詩について紹介しますね。 時候の挨拶に6月の風物詩を入れる 時候の挨拶の中に6月の季語になる風物詩を入れて、具体的な話を手紙に書くこともできます。 そんな6月の風物詩ですが、例えばどのようなものがあるかピックアップしてみました。 【風物詩】 衣替え、田植え、麦刈り、てるてる坊主、鮎解禁、父の日、ジューンブライド、夏のボーナス、梅干し、さくらんぼ、あんず、ざくろ 【気候】 夏至、半夏生、梅雨、入梅、梅雨寒、長雨、蒸し暑さ、湿気 【自然】 カタツムリ、カエル、ホトトギス、ホタル、さつき、あやめ、紫陽花、アマリリス、くちなし、芍薬、花菖蒲 これらの行事や自然の植物、気候などを手紙の文章に入れると季節感もでます。 機会があれば使っていき文章を作っていきましょう。 6月は夏至や梅雨の時期 6月は1年で最も昼の時間が長い夏至が6月21日頃にやってきます。 また、その夏至から11日後を半夏生とよび、田植えの時期としていました。 そんな夏至には様々な面白いことや、世界各国の夏至のお祭りなどもあります。 まずはこちらのページで、夏至の意味って何なのかを見てもらうとわかりやすくなると思います。 参考ページ その年によって変化はありますが、だいたいの目安にもなるので、ぜひこちらも一度読んでみてくださいね。 あとがき 時候の挨拶で6月の上旬・中旬・下旬でのそれぞれの言葉について。 そして6月の時候の挨拶の書き出しと結びの言葉や季語となる風物詩。 また夏至や梅雨など、6月ならではの特徴についても触れてまとめましたがいかがでしたか。 漢語調では礼儀正しい感じになるし、和文調の時候の挨拶ではやわらかい言い回しにも礼儀正しい挨拶にも出来るので便利です。 うまく風物詩や七十二候などの季語の言葉も織り交ぜながら、6月の時候の挨拶の参考にしてください。 その他の月の時候の挨拶についても別ページでまとめてあるので、こちらもぜひ参考にしてくださいね。

次の

時候の挨拶「7月」上旬・中旬・下旬で使える例文と手紙の形とは?

時候 の 挨拶 7 月 上旬

季語とは、簡単に説明すると「季節を表わす言葉」のことです。 俳句では、季節を表わすために季語を使うことが大切な決まり事とされていますが、手紙や挨拶文で必ず使わなけばいけないという決まり事はありません。 しかし、手紙や挨拶文の中に季節を感じることができる文章があることで相手に丁寧で心が込もった文章だと良い印象を持たれることもあります。 難しく考える必要はなく自分や相手が同じ季節を連想できる言葉であれば季語になります。 7月は、梅雨が終わりを告げ本格的な暑さをが訪れる時期です。 季語も、夏のうだるような暑さ、冷たい飲み物や食べ物など気温の暑さや日差しの強さを連想させる言葉が多いのが特徴です。 7月の季語をまとめていますので、手紙や挨拶文を書く際の参考にしてください。 7月の季語 暦・行事 祇園祭、朝顔市、ほおずき市、山開き、海開き、半夏生、七月 食べ物 麦茶、心太、胡瓜、トマト、ラムネ、アイスクリーム、ビール、水羊羹、冷奴 生き物 夏の虫、甲虫、天道虫、蝉、黄金虫、毛虫、玉虫 天気 梅雨明、返り梅雨、炎天、夏の空、夕立、スコール 植物 向日葵、青林檎、早桃、バナナ、夕顔、ダリア、日日草、麻、月下美人、月見草 地理 夏の雲、雲の峰、夏の星 生活 キャンプ、帰省、林間学校、夏風邪、寝冷、暑気あたり 人事 花火、風鈴、日傘、暑中見舞い、浴衣、夏帽子、団扇、サンダル 7月の季語で気をつけること 地域によっての違いに注意 時候の挨拶を使うときの手紙の書き出しは、「季節の挨拶」+「相手に対して安否を尋ねる挨拶」という形式が基本です。 これさえ覚えておけば相手の立場が変わっても手紙の書き出しに悩むことはありません。 7月上旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶や手紙の書き出しで、上司や先輩、仕事関係の方、目上の方などへの改まった手紙の例文をご紹介します。 送り先の方へ礼儀正しい印象を与えたいときの手紙を書くときにも使えます。 7月上旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶、手紙の書き出し(上司や先輩、目上の方への改まった文章)• 小暑の候、貴社いよいよご清栄のこととお慶び申し上げます。 向暑のみぎり、皆様におかれましてはお元気でお過ごしのことと存じます。 七夕の折、ご家族の皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。 次に、7月上旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶や手紙の書き出しで、友人など親しい人に書く際に使うことができる手紙の例文をご紹介します。 7月上旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶、手紙の書き出し(友人など親しい方へプライベートで送る文章)• 梅雨明けの暑さがひとしおですが、皆さんいかがお過ごしですか。 海開きの季節を迎え暑さも本格的になってまいりましたが、お元気にお過ごしですか。 睡蓮が花咲かせる今日この頃、その後お変わりないですか。 【上旬】7月の時候の挨拶を使った季節の挨拶・手紙の結び 7月上旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶や手紙の結びで、上司や先輩、仕事関係の方、目上の方などへの改まった手紙の例文をご紹介します。 7月上旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶、手紙の結び(上司や先輩、目上の方への改まった文章)• 梅雨明けの暑さひとしおでございます。 ご自愛の上、ご活躍ください。 暑さが増す時期でございます、ご自愛のほどお祈り申し上げます。 次に、7月上旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶や手紙の結びで、友人などの親しい間柄の人にあてる際に使うことができる手紙の例文をご紹介します。 7月上旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶、手紙の結び(友人など親しい方へのプライベートで送る文章)• 本格的な夏の到来です、お体に気を付けて元気に暑さを乗り切りましょう。 夏休みにご家族の皆さんに会えるのを心待ちにしています。 こちらでは、7月上旬の時候の挨拶をご紹介しましたが、6月になるとまた違った時候の挨拶になりますので、下記の記事をご参考にして違いを見て下さい。 7月中旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶や手紙の書き出しで、上司や先輩、仕事関係の方、目上の方などへの改まった手紙の例文をご紹介します。 改まった文章の中にも季語や相手を気遣う言葉を使える大人のマナーで好印象を与えることができます。 7月中旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶、手紙の書き出し(上司や先輩、目上の方への改まった文章)• 仲夏の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。 盛夏のみぎり、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。 炎熱の候、貴社にはますますご清栄ことと拝察いたしております。 次に、7月中旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶や手紙の結びで、友人などの親しい間柄の人にあてる文章で使うことができる手紙の例文をご紹介します。 7月中旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶、手紙の書き出し(友人など親しい方へプライベートで送る文章)• 暑さが厳しい折ですが、皆さまお変わりなくお過ごしでしょうか。 夏休みを間近に控えた今日この頃、いかがお過ごしですか。 本格的な夏を迎え、大好きなビールの季節がやってきました、そちらにお変わりありませんか。 【中旬】7月の時候の挨拶を使った季節の挨拶・手紙の結び 7月中旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶や手紙の結びで、上司や先輩、仕事関係の方、目上の方などへの改まった手紙の例文をご紹介します。 結びの挨拶は、手紙を締めくくる大切な箇所です。 仕事の取引先の繁栄、友人の健康や幸せを祈る気持ちを言葉に込めて書くことで良い印象の文章が出来上がります。 7月中旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶、手紙の結び(上司や先輩、目上の方への改まった文章)• 暑さ厳しき折柄、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。 これから益々厳しい暑さとなります、皆様のご健勝と貴社のご繁栄をお祈り申し上げます。 夏風邪などお召しになりませぬようご自愛くださいませ。 次に、7月中旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶や手紙の結びで、友人などの親しい間柄の人にあてる際に使うことができる手紙の例文をご紹介します。 7月中旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶、手紙の結び(友人など親しい方へプライベートで送る文章)• 今年は、冷夏で過ごしやすい日々が続いていますが夏風邪にはお気を付けください。 夏休みにご家族の皆さまに会えることを楽しみにしています。 健康に注意し、お互い元気に夏の暑さを乗り切りましょう。 【下旬編】7月の季語・時候の挨拶・書き出し・結び 【下旬】7月の季語 7月下旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶や手紙の書き出しで、上司や先輩、仕事関係の方、目上の方などへの改まった手紙の例文をご紹介します。 改まった文章の中に相手を思いやり気遣う丁寧な言葉を選び文章にすることで相手に好印象を与えることができます。 7月下旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶、手紙の書き出し(上司や先輩、目上の方への改まった文章)• 大暑の候、貴社におかれましてはますますご清祥のことと存じます。 酷暑のみぎり、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 灼熱の折、皆様には夏風邪など召されずお元気にお過ごしでしょうか。 次に、7月下旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶や手紙の書きだしで、友人などの身近な親しい人にあてる文章で使うことができる手紙の例文をご紹介します。 7月下旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶、手紙の書き出し(友人など親しい方へプライベートで送る文章)• うだるような暑さが続いておりますが、〇〇様はいかがお過ごしですか。 連日寝苦しい夜が続いていますが、皆さまお変わりございませんか。 例年以上の厳しい暑さの中、お元気にお過ごしですか。 【下旬】7月の時候の挨拶を使った季節の挨拶・手紙の結び 7月下旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶や手紙の結びで、上司や先輩、仕事関係の方、目上の方などへの改まった丁寧な手紙の例文をご紹介します。 7月下旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶、手紙の結び(上司や先輩、目上の方への改まった文章)• 連日の暑さでお疲れでしょうが、くれぐれも御身体大切にご配慮ください。 まだまだ熱帯夜の日々が続きます、くれぐれもご自愛ください。 ますますの酷暑に御身体を壊されませぬよう、どうぞご自愛くださいませ。 次に、7月下旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶や手紙の結びで、友人などの身近な親しい人にあてる文章で使うことができる手紙の例文をご紹介します。 7月下旬の時候の挨拶を使った季節の挨拶、手紙の結び(友人など親しい方へプライベートで送る文章)• 寝苦しい熱帯夜が続きますが、お体に気をつけて夏を満喫してください。 身体にこたえる極暑がまだまだ続きますが、夏バテなどされませんように。 炎天下の毎日ですが、ご家族皆さんお体に気をつけて夏を満喫してください。 暑中お見舞いやお中元を贈る季節でなにかと手紙やお礼状を書く機会が多くなる7月と同様に、1年の終わりの挨拶やお歳暮を贈る12月の時候の挨拶を下記で紹介していますのでぜひ、ご参考にしてください。 RELATED ARTICLE 7月の時候の挨拶を知って上手な手紙を書きましょう! まさに夏真っ盛りの7月、待ちに待った梅雨明けと暑い夏の訪れ、連日の日差しの強さと厳しい暑さが体にこたえる季節です。 時候の挨拶は、「季節の挨拶」+「相手に対して安否を尋ねる挨拶」を組み合わせて成り立つ挨拶の文章です。 季語や時候の挨拶を上旬、中旬、下旬に分けて改まった場面とプライベートそれぞれをご紹介しましたが、必ずこの挨拶を使わなければならないという決まりごとはありません。 手紙を送る相手の趣味嗜好や住んでいる環境に合わせてあなたなりの感性で言葉を選んでください。 相手が自分にとってどのような立場であっても手紙で伝えたい思いに変わりはありません。 以下の記事も参考に、お世話になったあの方へ久しぶりに手紙を書いてみませんか。

次の