安心 アクセス。 あんしんフィルター

au携帯、未成年者に「EZ安心アクセスサービス 接続先限定コース」を原則適用へ

安心 アクセス

KDDIは1月15日、未成年者がau携帯電話でインターネットをより安心・安全に利用できるようにするためのフィルタリングサービス「EZ安心アクセスサービス」の普及促進策を発表した。 現在提供しているEZ安心アクセスサービスは、EZwebから一般サイトへのアクセスを一律規制するフィルタリングサービスで、利用料は無料。 本人か親権者からの申し込みにより、簡単に利用の申し込みができる。 一方解除はauショップでのみ受け付け、20歳未満のユーザーがEZ安心アクセスサービスを解除する場合は親権者の同意が必要になる。 今回の普及促進策では、EZ安心アクセスサービスを、「EZ安心アクセスサービス 接続先限定コース」という名称に変更し、18歳未満のユーザーに原則適用する。 また、新たにネットスターが提供するURLデータベース(ブラックリスト)のうち、特定のカテゴリに属するサイトへのアクセスを制限する「EZ安心アクセスサービス 特定カテゴリ制限コース」を設ける。 EZ安心アクセスサービス 接続先限定コースは18歳未満に原則適用 まず2月1日から、未成年の新規契約者に対して、契約申し込み時にEZwebを契約する場合、親権者にこのEZ安心アクセスサービス 接続先限定コースの利用意向を確認する。 また、3月からは成人名義の契約であっても、利用者が18歳未満であると申し出た場合は、利用しないと意思表示しない限りEZ安心アクセスサービス 接続先限定コースを適用する。 すでに契約中で、EZ安心アクセスサービスを利用していない18歳未満のユーザーに対しては、2月から請求書同封物やダイレクトメール、Eメールなどで告知を行い、EZ安心アクセスサービス 接続先限定コースを利用するための意思確認を行う予定。 成人名義の契約者に対しても、注意喚起を行い、利用者が18歳未満であると確認された場合は意思表示がない限りEZ安心アクセスサービス 接続先限定コースを適用する。 このフィルタリングサービスを適用後、閲覧不可能になるサイトに契約している場合は、自動的に解約になる。 また接続先限定コースでアクセスが可能なサイトであっても、新設する「EZ安心アクセスサービス 特定カテゴリ制限コース」でアクセスが制限されるサイトは、4月中旬以降閲覧できなくする計画だ。 特定カテゴリ制限コースで制限されるサイトに登録している場合は、ユーザー自身で解約をする必要がある。 ブラックリスト方式の「EZ安心アクセスサービス 特定カテゴリ制限コース」も新設 3月6日からは、ネットスターが提供するURLデータベースを利用したブラックリスト方式のフィルタリングサービス「EZ安心アクセスサービス 特定カテゴリ制限コース」を新設し、一般サイトへの接続は許可しつつ、特定のURLへのアクセスを制限するサービスも提供する。 こちらも利用料は無料。 特定カテゴリ制限コースで閲覧が制限されるカテゴリは以下のとおり。 不法(違法と思われる行為、違法と思われる薬物、不適切な薬物利用)• 主張(軍事・テロ・過激派、武器・兵器、誹謗・中傷、自殺・家出、主張一般)• アダルト(性行為、ヌード画像、性風俗、アダルト検索・リンク集)• セキュリティ(ハッキング、不正コード配布、公開プロキシ)• 出会い(出会い・異性紹介、結婚紹介)• ギャンブル(ギャンブル一般)• コミュニケーション(ウェブチャット、掲示板、IT掲示板)• グロテスク(グロテスク)• 成人嗜好(娯楽誌、喫煙、飲酒、アルコール製品、水着・下着・フェチ画像、文章による性的表現、コスプレ)• オカルト(オカルト) 従来のEZ安心アクセスサービスと同様、特定カテゴリ制限コースの申し込みはauお客様センターへの電話やauショップ、My KDDI、EZwebのauお客様サポートなどから行える。 契約者が未成年の場合は、親権者からの申し込みも受け付け、未成年の契約者がフィルタリングサービスのコース変更や解除を行う場合は親権者の同意が必要になる。 これでEZwebのフィルタリングサービスは、• EZ安心アクセスサービス 接続先限定コース:アクセスをau公式コンテンツに限定• EZ安心アクセスサービス 特定カテゴリ制限コース:EZweb、PCサイトビューアーで出会い系サイトなど特定カテゴリへのアクセスを制限• EZweb利用制限:「料金照会」や「Eメール設定」など限られたサイトのみアクセス可能 の3種類が提供されることになる。 なおKDDIでは、こうしたフィルタリングサービスの拡充などと合わせて、ユーザーが携帯電話やインターネットをより安全・安心に利用できるように開催している「ケータイ教室」の対象を拡大する。 従来は小学生向けに開催していたが、今後は中学生や高校生向けのケータイ教室も実施し、KDDIグループの社員なども講師として講義するという。 関連記事• ソフトバンクモバイルは、18歳未満の利用者については基本的にWebフィルタリングサービスを設定するという施策を発表した。 携帯を通じて未成年の子供が犯罪に巻き込まれるケースが後を絶たないことから、総務省が「有害サイトアクセス制限」に対する取り組み強化を各キャリアに要請している。 KDDIの小野寺社長は未成年の契約について「フィルタサービスをデフォルトにすることを検討している」と述べた。 総務省は、携帯による有害サイトアクセス制限サービスへの取り組みをさらに強化するよう携帯・PHS各キャリアとTCAに要請。 対して携帯各社とTCAは、今後、より効果的な周知・啓発を図るとし、フィルタリングサービスの利用者数を定期的に公表する旨の発表を行った。 文科省は、携帯電話の使い方について家庭でのルール作りに役立ててもらうため、利用実態の調査や指針の作成に乗り出す。 子どもが携帯電話の犯罪被害に遭うのを防ぐのが狙いだ。 モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)は、「健全な携帯電話向けサイト」を認定する第三者機関を来春に設立する。 「有害サイト」から未成年を保護しつつ、携帯コンテンツの発展につなげるとしている。 KDDIは、有害サイトへの青少年のアクセスを制限するフィルタリングサービスの周知と利用促進を図るため、「EZ安心アクセスサービス」の運用を厳格化し、対象年齢も引き上げる。 TCAとNTTドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアは、青少年の利用が禁止されている出会い系サイトや有害サイトへのアクセスを制限する「有害サイトアクセス制限サービス」の取り組みを強化すると発表した。 NTTドコモは、有害サイトアクセス制限サービス(フィルタリングサービス)の普及促進に向け、新規契約者すべてにアクセス制限サービスの利用意向の確認や、無料の専用コールセンター「ドコモあんしんホットライン」の開設などを行う。 ウィルコムは10月4日から、青少年の利用が禁止されている有害情報サイトの利用を制限する「有害サイトアクセス制限サービス」を開始する。 料金は無料。 関連リンク•

次の

UQ mobileから、安心、安全、快適なオプションサービスが登場

安心 アクセス

KDDIは1月15日、未成年者がau携帯電話でインターネットをより安心・安全に利用できるようにするためのフィルタリングサービス「EZ安心アクセスサービス」の普及促進策を発表した。 現在提供しているEZ安心アクセスサービスは、EZwebから一般サイトへのアクセスを一律規制するフィルタリングサービスで、利用料は無料。 本人か親権者からの申し込みにより、簡単に利用の申し込みができる。 一方解除はauショップでのみ受け付け、20歳未満のユーザーがEZ安心アクセスサービスを解除する場合は親権者の同意が必要になる。 今回の普及促進策では、EZ安心アクセスサービスを、「EZ安心アクセスサービス 接続先限定コース」という名称に変更し、18歳未満のユーザーに原則適用する。 また、新たにネットスターが提供するURLデータベース(ブラックリスト)のうち、特定のカテゴリに属するサイトへのアクセスを制限する「EZ安心アクセスサービス 特定カテゴリ制限コース」を設ける。 EZ安心アクセスサービス 接続先限定コースは18歳未満に原則適用 まず2月1日から、未成年の新規契約者に対して、契約申し込み時にEZwebを契約する場合、親権者にこのEZ安心アクセスサービス 接続先限定コースの利用意向を確認する。 また、3月からは成人名義の契約であっても、利用者が18歳未満であると申し出た場合は、利用しないと意思表示しない限りEZ安心アクセスサービス 接続先限定コースを適用する。 すでに契約中で、EZ安心アクセスサービスを利用していない18歳未満のユーザーに対しては、2月から請求書同封物やダイレクトメール、Eメールなどで告知を行い、EZ安心アクセスサービス 接続先限定コースを利用するための意思確認を行う予定。 成人名義の契約者に対しても、注意喚起を行い、利用者が18歳未満であると確認された場合は意思表示がない限りEZ安心アクセスサービス 接続先限定コースを適用する。 このフィルタリングサービスを適用後、閲覧不可能になるサイトに契約している場合は、自動的に解約になる。 また接続先限定コースでアクセスが可能なサイトであっても、新設する「EZ安心アクセスサービス 特定カテゴリ制限コース」でアクセスが制限されるサイトは、4月中旬以降閲覧できなくする計画だ。 特定カテゴリ制限コースで制限されるサイトに登録している場合は、ユーザー自身で解約をする必要がある。 ブラックリスト方式の「EZ安心アクセスサービス 特定カテゴリ制限コース」も新設 3月6日からは、ネットスターが提供するURLデータベースを利用したブラックリスト方式のフィルタリングサービス「EZ安心アクセスサービス 特定カテゴリ制限コース」を新設し、一般サイトへの接続は許可しつつ、特定のURLへのアクセスを制限するサービスも提供する。 こちらも利用料は無料。 特定カテゴリ制限コースで閲覧が制限されるカテゴリは以下のとおり。 不法(違法と思われる行為、違法と思われる薬物、不適切な薬物利用)• 主張(軍事・テロ・過激派、武器・兵器、誹謗・中傷、自殺・家出、主張一般)• アダルト(性行為、ヌード画像、性風俗、アダルト検索・リンク集)• セキュリティ(ハッキング、不正コード配布、公開プロキシ)• 出会い(出会い・異性紹介、結婚紹介)• ギャンブル(ギャンブル一般)• コミュニケーション(ウェブチャット、掲示板、IT掲示板)• グロテスク(グロテスク)• 成人嗜好(娯楽誌、喫煙、飲酒、アルコール製品、水着・下着・フェチ画像、文章による性的表現、コスプレ)• オカルト(オカルト) 従来のEZ安心アクセスサービスと同様、特定カテゴリ制限コースの申し込みはauお客様センターへの電話やauショップ、My KDDI、EZwebのauお客様サポートなどから行える。 契約者が未成年の場合は、親権者からの申し込みも受け付け、未成年の契約者がフィルタリングサービスのコース変更や解除を行う場合は親権者の同意が必要になる。 これでEZwebのフィルタリングサービスは、• EZ安心アクセスサービス 接続先限定コース:アクセスをau公式コンテンツに限定• EZ安心アクセスサービス 特定カテゴリ制限コース:EZweb、PCサイトビューアーで出会い系サイトなど特定カテゴリへのアクセスを制限• EZweb利用制限:「料金照会」や「Eメール設定」など限られたサイトのみアクセス可能 の3種類が提供されることになる。 なおKDDIでは、こうしたフィルタリングサービスの拡充などと合わせて、ユーザーが携帯電話やインターネットをより安全・安心に利用できるように開催している「ケータイ教室」の対象を拡大する。 従来は小学生向けに開催していたが、今後は中学生や高校生向けのケータイ教室も実施し、KDDIグループの社員なども講師として講義するという。 関連記事• ソフトバンクモバイルは、18歳未満の利用者については基本的にWebフィルタリングサービスを設定するという施策を発表した。 携帯を通じて未成年の子供が犯罪に巻き込まれるケースが後を絶たないことから、総務省が「有害サイトアクセス制限」に対する取り組み強化を各キャリアに要請している。 KDDIの小野寺社長は未成年の契約について「フィルタサービスをデフォルトにすることを検討している」と述べた。 総務省は、携帯による有害サイトアクセス制限サービスへの取り組みをさらに強化するよう携帯・PHS各キャリアとTCAに要請。 対して携帯各社とTCAは、今後、より効果的な周知・啓発を図るとし、フィルタリングサービスの利用者数を定期的に公表する旨の発表を行った。 文科省は、携帯電話の使い方について家庭でのルール作りに役立ててもらうため、利用実態の調査や指針の作成に乗り出す。 子どもが携帯電話の犯罪被害に遭うのを防ぐのが狙いだ。 モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)は、「健全な携帯電話向けサイト」を認定する第三者機関を来春に設立する。 「有害サイト」から未成年を保護しつつ、携帯コンテンツの発展につなげるとしている。 KDDIは、有害サイトへの青少年のアクセスを制限するフィルタリングサービスの周知と利用促進を図るため、「EZ安心アクセスサービス」の運用を厳格化し、対象年齢も引き上げる。 TCAとNTTドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアは、青少年の利用が禁止されている出会い系サイトや有害サイトへのアクセスを制限する「有害サイトアクセス制限サービス」の取り組みを強化すると発表した。 NTTドコモは、有害サイトアクセス制限サービス(フィルタリングサービス)の普及促進に向け、新規契約者すべてにアクセス制限サービスの利用意向の確認や、無料の専用コールセンター「ドコモあんしんホットライン」の開設などを行う。 ウィルコムは10月4日から、青少年の利用が禁止されている有害情報サイトの利用を制限する「有害サイトアクセス制限サービス」を開始する。 料金は無料。 関連リンク•

次の

携帯フィルタリングのカスタマイズ機能に関して(Twitterの許可方法)|よくある質問|ネットスター株式会社

安心 アクセス

Windows 10では、パソコンの使用履歴や入力記録などの情報がMicrosoftに送信されるしくみになっています。 また、使用するアプリ(現在のところ「Windowsユニバーサルアプリ」のみ)によっては、位置情報や連絡先などの情報にアクセスすることもあります。 これらの機能により、よく入力されているキーワードに関する情報を優先的に表示してくれたり、現在地などの情報をスムーズに読み込んでアプリで利用できたりなど、ユーザーの利用傾向にあった使い方ができます。 大変便利な機能ですが、 自分の意図しない範囲の情報が収集されるのは避けたいときもあるでしょう。 そんなとき 「プライバシー」設定を行うと、個人情報の送信やアクセスを細かく制御できます。 各項目の設定をオンにするとプライバシー情報を利用して利便性を向上でき、オフにすると意図しない情報の収集を防止できます。 ちなみにWindows 8. 1では、プライバシー設定の項目が5種類ありましたが、 Windows 10では16種類に増えて、よりきめ細かい設定が可能となりました。 プライバシー設定には、全部で16個の項目が用意されています。 ここでは各項目でどんな設定ができるのかひと通りご紹介します。 位置情報などのように、オフにしてしまうと関連するアプリ(「マップ」など)が使えない設定項目もありますので注意しましょう。 アプリごとに必要かどうか慎重に考えて、情報にアクセスされたくない場合はオフにしておきましょう。 例えば「マップ」アプリを使って地図を表示する場合、位置情報をオンにすると正確な現在地を表示できますが、オフにすると情報を利用されなくなる代わりに大まかな現在地しか表示されません。 連絡先の情報は「メール」や「カレンダー」アプリがアクセスして、スムーズにメールの送信などができます。 また、初期状態では「Xbox」や「マップ」アプリなども連絡先にアクセスできるようになっています。 直接的に連絡先を利用するケースがないようなら、これらのアプリに関しては設定をオフにしましょう。 これからWindows 10搭載のパソコンを購入したいという方には、富士通直販サイト「富士通 WEB MART」がオススメです。 最上級の使い心地にこだわったプレミアムノート「AH」シリーズ、高速・堅牢・長時間使用できるタッチ対応モバイルノート「SH」シリーズなど、多彩なラインナップのパソコンを販売しています。 また、パソコンに搭載するOSやメモリ、ストレージなどをお好みで変更できるカスタムメイドモデルもあります。 さらに、延長保証・ワイド保証サービス、延長電話サポート、リカバリディスク作成サービスなど、直販サイトならではのサービスも用意しています。 他にも、梱包箱に微小なキズがついてしまった未使用・未開封のパソコンや、クーリングオフ等で返品されたパソコンを特別価格で販売しています。 自分の予算や用途に合ったパソコンがきっと見つかります。 パソコンの購入を検討している方は、「富士通 WEB MART」をぜひチェックしてみましょう。

次の