あばら骨 の 痛み。 左わき腹(肋骨の下辺り)が痛い・・!?

あばらが痛い原因は?病気や対処方法を紹介!

あばら骨 の 痛み

今回の流れ• あばら骨を押すと痛い原因について 普段の生活の中で、くしゃみや咳をしたときに、あばら骨に違和感がある方は多いと思います。 まずは、あばら骨を押すと痛みがある時の原因について解説していきます。 筋肉痛が原因の場合もある 普段行っていない運動を急に行ったりすることで、普段使用することがなかった筋肉を使われて、筋肉痛が起きます。 それが、あばら骨の周囲であると、あばら骨周囲の筋肉が筋肉痛になってしまうことがあります。 そのことがきっかけで、あばら骨を押すと痛むようになることも。 筋肉痛であれば数 日経過すると痛みは軽減してくるので、心配しなくても大丈夫です。 あばら骨にひび入っている場合もある 少しの動作であばら骨に違和感があり、あばら骨を押したときに痛みを感じたのであれば、あばら骨にひびが入っていることも考えられます。 階段から落ちたときや、転倒が原因の場合だとあばら骨にひびが入っている場合があります。 あばら骨が骨折している場合もある あばら骨を少し押すだけで痛みを感じる程度であれば、筋肉痛などが考えられますが、あばら骨を押したときにとても痛みが強い場合は、骨折などが考えられます。 場合によっては少しの刺激で骨折してしまう可能性もあるので、注意が必要になってきます。 あばら骨の右側が痛いときの原因について あばら骨は、内臓を囲い込んでいる骨であるので、あばら骨の骨折などが原因でないこともあります。 その時に、あばら骨の右側が痛いと言ったときに考えられる原因について解説していきます。 肋間神経痛が原因 肋間神経とは、背骨から出来る神経であり、 なんらかの刺激が加わって神経の痛みが生じてしまうことがあります。 右側は、肋骨があり神経が多くあるので、肋間神経痛が起きやすいのです。 胸膜炎(きょうまくえん)が原因 胸膜炎になってしまうと、主に胸が痛みます。 しかし、あばら骨にも痛みを感じることがあるので、右のあばら骨に痛みがあるときは胸膜炎を疑ってみても良いかもしれません。 さらに痛みと同時に 血痰や息切れなどの症状もあるときは、胸膜炎が原因の場合が多いです。 あばら骨の左が痛いときの原因について 痛みのある部分が左側であると、あばら骨以外の部分が原因となっていることもあります。 左には、心臓や胃などの臓器があるので、臓器に異常がある場合、左側のあばら骨に痛みを感じることがあります。 胃潰瘍が原因 ストレスなどが原因で、胃潰瘍になってしまうことがあります。 しかし、胃潰瘍が原因で 左のあばら骨に痛みが起きてしまうことがあります。 胃の痛みでありますが、あばら骨で覆われているために、あばら骨を少し抑えたりすることでより痛みを感じたりすることがあります。 狭心症が原因 狭心症の場合、 胸が締め付けられるような痛みを感じます。 しかし、心臓は左側にある為、あばら骨に痛みを感じることもあります。 心筋梗塞が原因 心筋梗塞の場合は、胸に激しい痛みが30分ほど出ます。 その為、あばら骨に痛みを感じてしまうことがあります。 しかし、 心筋梗塞の痛みは我慢できないことも多いので、痛みが出た場合は、すぐに受診してもらうことが望ましいです。 内臓の腫れが原因! 他の疾患で、内臓が腫れてしまったりしてしまった時に、神経が圧迫されてしまって、左側のあばら骨に痛みを感じやすくなってしまいます。 あばら骨が痛いときの対処法について あばら骨が痛いときは、骨折などが考えられれば、すぐに受診を行うことが難しいのですが、すぐに受診を行うことが出来ない場合もあります。 その時に、痛みを緩和することが出来る対処法を解説していきます。 コルセットなどで固定する あばら骨に痛みを感じたときには、 あばら骨にひびや骨折が生じていることがあります。 その時は、むやみに動かさないで固定をするようにして下さい。 痛み止めを服用する あばら骨にひびが入っていたり骨折していたりすると、ちょっとしたことで痛みが生じます。 その為、鎮痛薬を服用して痛みを緩和させることも必要になってきます。 スポンサーリンク あばら骨の右側が痛いときの対処法について 左側のあばら骨に痛みを感じたときには、とても不安になってしまいます。 しかし、原因が分かればしっかりと対処法を行うことができるので、それぞれの疾患にあった対処法を解説していきます。 肋骨神経の対処法について 肋骨神経痛の原因は、 疲労やストレスが原因の場合がとても多いです。 その為、日常生活の中で、自分にあったストレス解消法を見つけて、ストレスを溜めないようにするようにして下さいね。 また、疲れを感じたときは、休むことを忘れないで体を養ってあげるようにすると、肋骨神経が軽減されることもあります。 胸膜炎の対処法について 胸膜炎が原因の場合は、しっかりと医療機関を受診して治療を行うことが必要になってきます。 右のあばら骨の痛みと同時に、血痰や息切れなどの症状がある場合は、1度内科を受診してみて下さいね。 あばら骨の左が痛いときの対処法について 次はあばら骨の左が痛いときの原因別の対処法について解説していきます。 胃潰瘍が原因の時の対処法について 胃潰瘍は、ストレスなどが原因で起きてしまう疾患です。 胃潰瘍の場合は、 自然治癒が少し難しくなるので、消化器内科を受診してきちんと対処を行うことが大切です。 狭心症が原因の時の対処法について 狭心症の場合は、痛みがすぐに治まるので安心してしまうことがあるとは思いますが、そのまま放置しておくには、少し不安です。 その為には、循環器内科を受診して治療を行うことが必要になってきます。 心筋梗塞が原因の時の対処法について 心筋梗塞の場合は、本当に強い痛みを胸に感じます。 激しい痛みの時は、心筋梗塞が原因の場合があります。 命にも関わってくるので、放置せずに必ず医療機関を受診して診断してもらいましょう。 内臓の腫れが原因の時の対処法について 内臓の腫れは、自分で診断することはとても難しくなっています。 その為、痛みを感じたときは、医療機関を受診して診断してもらうことが大切です。 スポンサーリンク.

次の

肋骨が痛い:医師が考える原因と受診の目安|症状辞典

あばら骨 の 痛み

右肋骨の下に痛みを感じる原因 深呼吸をすると痛みを感じる場合 肋間神経痛• 深呼吸• しゃっくり• 大声を出す などをしたときに右肋骨の下あたりに痛みを感じる場合は肋間神経痛である可能性が高いです。 肋間神経痛とは、背骨から出ている肋間神経という神経が刺激されることによって痛みを感じます。 肋間神経の近くにある筋肉や骨などに圧迫されたときに痛みを感じると言われているのです。 このような肋間神経痛が起こる原因はさまざまあるのですが、• ストレスや疲労• 猫背 が一番よくある原因としてあげられます。 日ごろからストレスがたまっていると、無意識的に体が緊張していることが多いです。 例えば、ストレスがたまっていたり、イライラしていると貧乏ゆすりをしてしまうことがありますよね。 緊張して体がこわばってしまうと、肋間神経の圧迫につながり肋間神経痛が起こりやすくなってしまうのです。 また、デスクワークなどをしているときにいつも背中が曲がっていたり、普段から猫背気味の方は肋間神経痛を起こしやすいと言われています。 背中が曲がっている猫背の状態は肋間神経を圧迫しやすい状態になっているのです。 この結果、深呼吸や咳などの刺激で右肋骨の下あたりに痛みを感じることがあるのです。 また、肋間神経痛では押しても痛みを感じることがあります。 肋間神経痛の場合は、慢性的に痛みが続くことはありませんので1~2日できるだけ安静にしていると気づいたら治っていることが多いです。 ただ、肋骨の痛みには他の重篤な病気が隠れている可能性もありますので、痛みが強かったり、痛みがずっとひかない場合は必ず内科などに受診するようにしましょう。 押すと痛みを感じる場合 ひび・骨折・打撲 右側の胸あたりを押したときに痛みを感じる場合は、肋骨にひびが入っていたり、骨が折れていたり、あるいは打撲になっていることが考えられます。 また、笑ったり、寝返りをしたときに痛みを感じる場合も肋骨にひびが入っている可能性があります。 他にもひびや骨折である場合は、押したときだけでなく咳などの突然の刺激でも痛みを感じることが多いです。 肋骨のひびは他の部位の骨がひび入っているときより痛みが少なく分かりにくいことが多いので注意しなければなりません。 こちらで症状や治療などについて詳しくお伝えしていますのでぜひご覧ください。 参考: 筋肉痛 単純に、右肋骨あたりの筋肉痛ということも考えられます。 日ごろから運動をしている方は、なにか過剰な運動をしていない限り右胸が筋肉痛になることは考えにくいですが、運動不足の方だと少しの負荷で筋肉痛になってしまうことも考えられます。 例えば、何か重い荷物を抱えて持ったりしただけで翌日筋肉痛になってしまっていることもあるのです。 何もしなくても痛みを感じる場合 帯状疱疹 帯状疱疹とは、 体に赤い湿疹や水ぶくれが出ることが特徴的です。 このような皮膚にあらわれる症状の他にも体の片側に神経痛が出るという特徴があります。 このチクチクとした神経痛は湿疹が現れる前に起こります。 なので、右肋骨が痛くなった後に湿疹などが体に現れた場合は帯状疱疹である可能性が高いです。 帯状疱疹の初期症状についてはこちらの記事でお伝えしていますのでぜひチェックしておきましょう。 参考: 内臓の病気 右側のあばら骨の下には、肝臓や胆のうといった臓器が存在します。 特に肝臓は臓器の中で一番大きいですが、「静かなる臓器」といわれ肝臓が悪くても症状がかなり表れにくいのです。 他にも胃の痛みが右肋骨の下あたりの痛みとして感じることもあります。 このように肝臓の下あたりにズキズキとした鈍い痛みがある場合は、どこか内臓に異常がある可能性もありますので内科などで診察してもらうことをおすすめします。 まとめ 右側の肋骨の下あたりに痛みを感じる原因についてお伝えしました。 症状別に分けるとさまざまな原因が考えられ、内臓も近くにあるので重篤な病気の前兆である可能性もゼロではありません。 痛みの原因としては肋間神経痛である場合が一番多いと感じますが、少しでも「なんかおかしいな」と感じたら病院に行くなど柔軟な対応をしていきたいです。 また、左側の肋骨あたりに痛みを感じる場合についてはこちらの記事で詳しくお伝えしていますので併せてご覧ください。 参考:.

次の

右肋骨の下が痛い5つの原因!違和感がしたらぜひチェック!

あばら骨 の 痛み

肋骨骨折時の症状 肋骨骨折直後 とにかく肋骨骨折直後は苦しいですね。 そして激痛を伴います。 一時安静にしていると落ち着いてきました。 実はその時は肋骨骨折に気付かずにそのままバイクに乗っていました。 やはりアドレナリンが出ていたんでしょうね。 肋骨骨折から翌日の症状 肋骨骨折初日よりも2日目の方が痛みが大きいように感じました。 歩くだけでも脇腹に痛みが出ます。 横になっても背中に痛みを感じます。 肋骨骨折から1週間後 痛みの程度は骨折当初から変わりません。 仕事はオペレーターなので大丈夫でしたが…現場作業員の方は仕事になりませんね。 咳をするだけでも激痛がはしります。 とにかく風邪をひかないようにしっかり睡眠をとっていました。 とはいえ痛みから熟睡はできませんが….

次の