ストレス 腹痛。 腹痛からくるストレスの治し方は?つらい症状の効果的な改善策

テスト中や授業中の腹痛の対処法とストレスによる腹痛の改善法

ストレス 腹痛

腹痛とは文字通りお腹が痛くなることですが、一口に腹痛と言ってもいろいろなパターンや原因があります。 心当たりもないのにお腹が痛む日が続いている• お腹が痛いうえにまで出た。 なんの病気…?• 急に下腹が痛んで身動きが取れないほど痛い このような症状があるとき、考えられる原因にはどのようなものがあるのでしょうか。 腹痛で注意すべき病気や症状 腹痛の原因となる病気には腹部にあるすべての臓器が関係しているため、非常に幅が広いことが特徴です。 ここではその中でも比較的よくある病気や、注意が必要な病気のみを取り上げます。 しかし、症状が典型的ではなく、違う場所が痛むように感じることもあります。 また、まれに・などでも感じることがあります。 強い痛みがある場合には早期の受診を心がけましょう。 腹痛の原因となる病気 腹痛と関係のある病気はさまざまありますが、痛くなる場所によっても病気の種類は異なります。 上腹部、下腹部に分けて腹痛と関係のある病気をみていきましょう。 上腹部が痛む事が多い病気 胃潰瘍・十二指腸潰瘍 は胃の壁が、は十二指腸の壁に潰瘍という傷ができる病気です。 ヘリコバクター・ピロリ菌や非ステロイド系の鎮痛剤が主な原因と言われています。 主な症状には、上腹部の痛み、背中の痛み、、胃もたれ、吐血、黒色便、胸やけなどがあります。 その他の腸の病気 下腹部が痛くなるその他の腸の病気には、、、虚血性、などがあります。 とは、大腸にできた憩室という袋が細菌に感染することで炎症を起こす病気です。 主な症状は腹痛や発熱です。 とは、腸がふさがってしまい消化された食べ物などが肛門へと移動できない状態です。 主な症状は、腹痛、お腹の張り、便通がない、嘔吐などですが、嘔吐以外の症状は出ないこともあります。 以前おなかの手術をうけたことのある人はリスクが高く、他にはなどがしばしば原因となります。 虚血性は、大腸の粘膜に炎症や潰瘍ができる病気です。 主な症状は、左下腹部の痛み、下痢、ですが、嘔吐や発熱が出ることもあります。 しばしば便秘が原因となります。 血管系の病気 まれにお腹が痛くなる原因として、破裂や腹部大動脈解離、上腸間膜動脈血栓症など命にかかわる病気があります。 突然にお腹の強い痛みがおこり、破裂や腹部大動脈解離では背中や腰が痛んだり、ショック状態になることもあります。 上腸間膜動脈血栓症ではがみられることもあります。 いずれにせよ突然の激しい痛みは速やかに受診しましょう。 受診の目安とポイント 強い痛みは体からのサインです。 我慢せず、速やかに受診しましょう。 鈍い痛みや違和感でも、長引くようであれば早めの受診が安心です。 受診科目は原因によって異なりますが、自分で原因を判断することは難しいことも多いため、まずはかかりやすい内科などを受診するとよいでしょう。 医師に伝えるとよいポイントとしては、痛くなった時期、場所、痛みの度合い、痛み以外の症状の有無などです。 日常生活上の原因と対処法 刺激物の摂りすぎ、食べ過ぎ・飲みすぎ、便秘、ストレスなど、日常生活の中にも腹痛の原因は潜んでいます。 それぞれの原因と対処法について確認しておきましょう。 刺激物の摂りすぎ にんにくや唐辛子、カフェインなどの刺激物は胃酸の分泌を促すため、摂りすぎると胃が痛くなると言われています。 刺激物を摂りすぎたときは 胃をいたわるために、胃に負担のかかるもの(アルコール、冷たいもの、脂っこいものなど)を避けることも大切です。 の習慣がある場合には、たばこを控えるのも効果的です。 食べ過ぎ・飲みすぎ 食べ過ぎたり飲みすぎたりすると胃や膵臓に負担がかかり、痛みを感じることがあります。 食べ過ぎ・飲みすぎのときは 胃を休めるために、胃にやさしい食べ物・飲み物をとるように心がけ、よく噛んでゆっくり食べるようにしましょう。 便秘 食物繊維が不足している、ダイエットのために食事量が少ないなどの原因で便秘になると痛みを感じることがあります。 便秘がちだなと思ったら 食物繊維が豊富な食事を心がけ、水分も適度にとりましょう。 また、運動をすることで腸が刺激されるため、適度な運動も便通に効果的とされています。 ストレス ストレスがたまると自律神経が乱れ、胃酸が出すぎたり、胃のはたらきがわるくなって胃が痛んだり、もたれたりと、胃の不調につながりやすくなります。 また、腸のはたらきもわるくなり下痢になったり便秘になったりします。 ストレスを感じたら ストレスを感じたら、積極的にリラクゼーションタイムを設けましょう。 また、運動もストレス解消に効果的といわれています。 余裕があればジムなどに通うのも良いですが、いつもと違う場所を散歩するだけでも気分転換になるでしょう。 よくならないときには いつまでも腹痛がよくならない場合には、別の原因が潜んでいるかもしれません。 一度病院で相談しましょう。

次の

ストレスからくる体調不良トップ5【腹痛から自律神経失調症】

ストレス 腹痛

2006年 北里大学大学院卒 2008年 平塚共済病院内科医長を経て小田原銀座クリニックに入職、その後院長に就任 2013年 12月には当院久野銀座クリニックを開業 早期発見、早期治療を心がけ、健康で心豊かな人生を歩んでいただくことを願っており、内科・消化器内科を中心に幅広い情報の発信に努める。 そのため、ストレスを感じたときに腹痛が起こりやすいとされています。 この記事では、「ストレスによる腹痛」の原因と改善方法をご紹介します。 ストレスによって腹痛が起きるしくみ 1. 胃腸はストレスの影響を受けやすい器官! どの臓器もストレスの影響を受けますが、とくに胃腸はストレスの影響を受けやすい器官です。 そのため、緊張したりストレスを感じたりする状況になると腹痛が起こることがあります。 胃腸がストレスを受けるのは、以下のような流れがあるからです。 胃炎に注意!ストレスは胃の粘膜を荒れさせる!? ストレスからくる刺激によって、胃は必要以上の胃酸を分泌してしまいます。 すると、胃の粘膜が荒れて痛みを引き起こします。 ストレスは免疫力も低下!胃炎のリスクも高まる!? ストレスを受けている状態では、自律神経のバランスが乱れます。 そうすると脳からの信号を的確に出せなくなって、免疫バランスが低下してしまいます。 以下のような流れで、通常よりも胃炎を引き起こしやすくなります。 腹痛が起こったとき・起こる前にできること 腹痛が起きたときの対処法 深呼吸をして、できるだけ お腹を温めましょう。 リラックスすると、症状がやわらぐことがあります。 すぐトイレに行ける場所or時間を、確保しておく すぐトイレに行ける場所にいると気持ちに余裕が持てるだけでなく、急な腹痛にも対処できます。 緊張する場面や長時間の電車移動などの時は、余裕を持って行動するだけでも症状の緩和につながります。 ふだんからストレスをため込まない!適度な運動がオススメ ふだんからあまりストレスをため込まないようリフレッシュ法を持っておくことも効果的です。 とくに、適度な運動はストレス解消にもなるだけでなく、腸の動きも正常な状態に近づきます。 腸の状態が良いと、多少のストレスを感じても急な腹痛を起こしにくくなるでしょう。 生活習慣を規則正しく整えて予防しよう! 食事で気をつけたいこと 食事では暴飲暴食は避け、香辛料・冷たいもの・アルコール・コーヒーなど、胃腸に負担をかける食品はひかえましょう。 便秘の場合は、食物繊維 と水分の摂取を意識すると効果的です。 ストレスによる便秘なので、りんご、バナナ、こんにゃく、わかめなどの海藻類の 水溶性食物繊維を多く食べるのがおすすめです。 逆に、不溶性食物繊維(ごぼう、おから、玄米 等)は控えた方が良いです。 軽い運動で腸の働きを整えて 日常的に軽い運動を取り入れることは、ストレスの解消だけでなく、腸の働きを整えることができます。 先にも述べたように、腸の状態が良いと、多少のストレスを感じても急な腹痛を起こしにくくなります。 負担にならない程度の運動を楽しんでやることが大切です。 休養や睡眠をしっかりとって時間の余裕を また、しっかりと休養や睡眠をとることも改善につながります。 忙しすぎて睡眠が不足するとストレスを感じやすくなります。 時間に余裕を持っていると、ゆっくりとトイレに行く時間も確保できるので気持ちも楽になり腹痛が起きにくくなります。 ストレスによる腹痛から起こる病気って? ストレスが原因で腹痛の症状を引き起こすおもな病気は大きく分けて3つあります。 急性胃腸炎 急性胃腸炎は、短時間で腹痛を起こし、嘔吐や下痢などを急に発症するのが特徴です。 症状がひどい場合には、口から血を吐く(吐血)、肛門から血が出てくる(下血)、発熱などの症状が出ることもあります。 ストレス以外にも、アルコールや薬剤などが原因で発症することもあるでしょう。 ストレス性胃炎 症状が出ていても、検査ではわかりにくい病気!? ストレス性胃炎は、吐き気やみぞおちの痛み、胃酸の逆流などの症状があらわれます。 胃の働きが弱くなっているので、消化力も弱まり消化不良や膨満感などもあるでしょう。 しかし、胃の検査を行っても炎症などの異常が確認されないことが多い病気です。 ストレスや精神的な疲労をため込みすぎることで発症 日常的なストレスや精神的疲労をため続けると、胸やけ・お腹の上のほうがつっぱるような不快感・吐き気などの症状があらわれます。 気分が落ち込みやすくなったり、傷つきやすくなったりすると発症しやすくなります。 過敏性腸症候群(IBS) ストレスによって症状が悪化!検査では異常なし!? 過敏性腸症候群は、腹痛や不快感に下痢や便秘をともなう病気です。 ストレスにより症状が悪化することが特徴で、内視鏡検査や血液検査では異常が見つからないことが多いでしょう。 男性は下痢型・女性は便秘型が多い! 下痢型と便秘型があり、男性は腹痛や不快感を伴う 下痢型が多いです。 女性はもともと便秘の方も多いので、 便秘型の過敏性腸症候群は女性が多い 傾向です。 また、ホルモンの影響が大きく関与していると考えられています。 女性ホルモンは腸管の知覚や運動に影響するため、女性は 混合型も多くいます。 重大な病気というほどではなくても、電車などトイレのないところに長時間いられないなど生活に支障をきたすこともあります。 病院で受ける治療について 1. 何科を受診したらいい?ストレスが原因だとわかったら? まずは内科へ!検査をおこないましょう 病院で治療を受ける場合はまずは内科を受診します。 腹痛の原因がストレスによるものなのか、ほかの病気ではないかを確認するため、検査をおこないます。 検査で異常がない場合は、心療内科か精神科へ 血液検査や内視鏡による検査をしてもとくに異常が見つからない場合は、ストレスが原因と考えられます。 そうなった場合は、心療内科や精神科を受診しストレスの原因を探る必要があるでしょう。 病院での治療法について 治療法には食事療法、運動療法、薬物療法の3つがあります。 食事療法 胃腸に負担のかかる香辛料やアルコール、コーヒーなどの刺激物を避け、食生活を整える指導を受けます。 運動療法 気分転換、ストレス解消を目的として適度な運動をすることで、腸の働きを整えていきます。 薬物療法 上のふたつで改善できない場合は、薬物療法も取り入れていきます。 胃酸の分泌を抑える薬・胃酸を中和する薬・胃の粘膜を保護する薬が処方されるでしょう。 最近では、『過敏性腸症候群』専用の薬も開発され、症状に合わせて処方されるようになってきました。 必ず、医師の指示に従って服用しましょう。 まとめ ストレスによる腹痛は、命にかかわる重大な疾患ではないものの、日常生活に支障をきたすこともあります。 便秘や下痢に悩まされたり、腹痛を気にしたりするまでになると、つらいものです。 しかし、規則正しい生活を心掛け、ストレスをため込みすぎないようリフレッシュすることで改善もできる病気です。 あまりにも症状がひどい場合は、無理をせずに病院を受診し医師に相談しましょう。

次の

ストレスによる腹痛の対処法は?お腹を温めて!病院での治療について

ストレス 腹痛

「過敏性腸症候群」は簡単に言うと、ストレスが原因で 便異常が繰り返し起こる 疾患です。 仕方のない事なんですが、トイレに駆け込むのは スマートじゃないですし、相手があると 何度も席をはずすのは気がひけます。 仕事や生活に 支障があるのは大変つらい事です。 体質だからとあきらめずに 対処法を知って 改善に向かって進んでいきましょう。 今回は、そんな 下痢型の過敏性腸症候群にお悩みの方に、その 仕組みと対処法についてご紹介したいと思います。 過敏性腸症候群のタイプ• 軟便、水様便がみられる「下痢型」• 水分の少ない硬い便やコロコロとした便がみられる「便秘型」• 下痢型と便秘型がみられる「混合型」 日本人の5~10人に一人は当てはまるだろうといわれており、誰でもなりうる疾患です。 不安が強くなると、 お腹の調子が気になって、自由にトイレに行けない場所を避けるようになったり、食事をとるのが億劫になったりと、 日常生活に 支障をきたす場合もあります。 仕事や レジャーに十分集中できない、楽しめないとなると、 生活の質も下がり、ますますストレス過多に陥ってしまいます。 スポンサーリンク 下痢型過敏性腸症候群の下痢になる仕組み 消化器官と ストレスは深いかかわりがあることは広く知られていることですね。 しかしなぜ、ストレスが 胃腸の調子を悪くし、 便異常をも起こしてしまうのか、その 仕組みはどんなものでしょう。 その メカニズムを知って原因を撃退しましょう。 下痢の正体は「セロトニン」の増加 下痢性過敏性腸症候群の憎き 下痢症状 の原因、元を辿ればそれは ストレスです。 しかし、ストレスがどうして 腹痛や 下痢につながるのか。 それは、ストレスによって分泌される脳の 神経伝達物質 「セロトニン」の働きにあります。 セロトニンはドーパミンやノルアドレナリンと並び 「三大神経伝達物質」と呼ばれておりドーパミンやノルアドレナリンの働きを コントロールして精神を安定させる働きがあります。 セロトニンと聞くと精神疾患で良く耳にする言葉だと思う方は多いのではないでしょうか? 実はセロトニンの約90%は腸で分泌されているのです。 ストレスと腸の深いかかわりは、こういったことから生じるのですね。 ストレスによって分泌されたセロトニンは腸内で セロトニン受容体と結合します。 そして、 腸のぜん動運動を必要以上に活発にさせ、それが 下痢となってしまうのです。 下痢型過敏性腸症候群の対処法は? 下痢がおこる仕組みはご理解いただけたでしょうか。 そう、セロトニンを増やしすぎなければ 異常なぜん動運動を防げるのです。 しかし、 セロトニンを増やしているのは、ストレス です。 ストレスの 原因を取り除くといっても環境や生活習慣を変えることは、なかなか容易ではありません。 セロトニンを抑える薬ラモセトロン そこで、 対処法として服薬があります。 セロトニンを遮断する薬 「ラモセトロン」です。 ラモセトロンはセロトニン受容体を 選択的に阻害することにより、消化器官の異常から起きる下痢や便異常を改善してくれます。 また、セロトニンの仕業で 脳に 痛みが伝達されるので、腹痛の痛みや内臓の痛みに 敏感になっているのを緩和できます。 ストレスが 下痢になり、 下痢がまたストレスになる・・・というような、症状と不安の 悪循環に陥ってしまったら 専門の医師に相談して服薬を考えてみるのも 一つの方法です。 ストレスを解消をする 服薬で改善は望めますが、いつまでも薬に頼りたくはないですよね。 そもそもの原因である ストレスを撃退しなければ 完治は難しくなります。 生活習慣 の改善や ストレス発散は意識して行いたいものです。 ストレスをコントロールするのに不可欠なのは 規則正しい生活習慣です。 睡眠や 適度な運動は体の免疫力を高め、またストレス発散にも効果があります。 心がリフレッシュすることで ストレスに強い体になっていきます。 毎日忙しいと、趣味に没頭する時間を確保するのも一苦労ですが、意識して自分の時間も大切にして 気分転換をしていきましょう。 ラモセトロンの服用• 規則正しい生活習慣• 運動や趣味などの適度な気分転換 対処の要はセロトニン ストレスが原因でなる 腹痛と 下痢の 仕組みとその 対処法についてご紹介しました。 対処の 要はセロトニンです。 セロトニンを正常に分泌し 健康を保つにはストレスは大敵です。 規則正しい生活習慣と気分転換は心と身体を リセットしてストレスに強くします。 上手にストレスと向き合えるよう生活習慣を見直してみましょう。 それでも 不安と 緊張から抜け出せないときは 服用をきっかけとして改善していくことが必要な場合があります。 専門の医師のアドバイスをうけて処方してもらいましょう。 日常生活の クオリティーを保つためにも、早くこの辛い症状を 改善したいものですね。

次の