ネット 回線 速度 測定。 ネット回線の回線速度はどれくらいあれば快適に使えるか|やさしくねっと.

ネット回線の回線速度はどれくらいあれば快適に使えるか|やさしくねっと.

ネット 回線 速度 測定

10Mbps以上あれば動画も快適に視聴できる 前述したように、 10Mbps以上の速度が出ると、快適にネットを使用することが可能です。 速度ごとの使用状況の目安は以下のとおりです。 速度 詳細 30Mbps以上 とても快適に使える。 10~30Mbps 快適に使える。 5~10Mbps まあまあ快適だが、使い方によっては満足できないかも 1~5Mbps PCだと動画が止まる時が出てくる速度。 1Mbps以下 動画の視聴が困難。 高画質画像の表示が遅い。 こちらの表のとおり、10Mbps以下だと使い方によっては速度が遅いと感じてしまうことがあります。 大きなデータのダウンロードなどは遅く感じることがあるかもしれません。 実際出ないのにベストエフォート1Gbpsっておかしくない? というのは最もな話で、現在トラブルの多い格安SIMに関しては実測値の開示を求めるように総務省から促されています。 BNRテストで回線速度を計測しよう BNRテストとは、 回線速度を計測することができるツールです。 スピードテストができるページにアクセスし、測定開始ボタンをクリックするだけで 簡単に速度を計測することが可能です。 速度は下り(ダウンロード)と上り(アップロード)の両方で計測をすることが可能で、推定転送速度も表示されます。 スピードチェックして遅かった場合にはどうしたらいいの? 結論からいえば、回線の速度を速くしたいのであれば、 回線の乗り換えをすることをオススメします。 LANの種類を変えたり、ルーターを交換するといった方法もありますが、これらの方法ではそれが問題となっている場合を除いて根本的に回線速度を改善することにはなりません。 GMOとくとくBBのドコモ光がおすすめ GMOとくとくBBのドコモ光では現在、回線速度の向上が期待出来る次世代の通信方式、 v6プラスを提供しています。 「v6プラス」とは… 従来のフレッツ光接続方式はPPPoE接続方式ですが、GMOとくとくBB「v6プラス」では速度遅延を起こしているボトルネックを解消するIPv6 IPoEの接続方式を採用しています。 「v6プラス」なら、アクセスが集中するポイントを通らず、インターネットの世界に入っていくため、一般的に「混雑している」「遅くなる」時間帯でも快適にインターネットをご利用いただけます。 v6プラスは対応のWi-Fiルーターが必要になってきますが、GMOとくとくBBではその ルーターが無料でレンタル出来るため、現在多くの方に選ばれています。 もちろんv6プラスオプションも無料です。 ドコモ光は一番利用者数が多いんだよね。 2GbpsのNURO光がオススメ 速度が速い回線の中でも、特にオススメなのが NURO光です。 関東、東海、関西、九州、北海道の一部の地区限定の光回線なので、エリアが限られてしまうのが欠点ですが、対象エリアであれば安定性は抜群です。 NURO光は 最大2Gbpsの速度を出すことができ、他の光回線はほとんどが最大1Gbpsなので約2倍となっています。 料金も他社の光回線と比べて低価格に設定されており、 月額4,743円です。 多くの光回線は一戸建て向けのファミリータイプで 月々5,000円台が相場で、NURO光のような 4,000円台は少ないので、とてもお得だといえるでしょう。 また、NURO光ではキャッシュバックキャンペーンも行われており、 最大で45,000円のキャッシュバックが受けられます。 モバイルWi-Fi(ポケットWi-Fiの在庫について 2020年8月現在、在宅ワーク需要の急増と、機器の輸入難に伴って、各社モバイルWi-Fi(ポケットWi-Fi)の 在庫切れが多発しています。 現状で在庫があるおすすめのポケットWi-Fiは、• (一部の機器で枯渇気味)• (一部配送の遅延が起きている)• mugen Wi-Fi(在庫切れのため受付停止)• SPACE Wi-Fi(在庫切れのため受付停止)• どんなときもWi-Fi(受付終了) という状況です。 まだ残っているものでも在庫切れになってしまう可能性は十分あります。 すぐに必要な方は現状でが一番供給が安定しています。 お急ぎください。 mugen WiFiとは、WiFi端末の電源を入れるだけで、工事不要ですぐ繋がる高速インターネットサービスのことです。 実測値は10Mbps~30Mbpsほどで、ハイビジョン動画もさくさく視聴できます。 さらに、光回線に比べて以下のようなメリットがあります。 月額料金が安い• 1年以上利用すれば解約時に違約金が掛からない• 開通工事、撤去工事が不要 安くて手軽に使えて通信制限もない、メリットの多いWiFiサービスとなっています。

次の

【2020年版】光回線の速度比較ランキング!速度のはかり方も紹介

ネット 回線 速度 測定

10Mbps以上あれば動画も快適に視聴できる 前述したように、 10Mbps以上の速度が出ると、快適にネットを使用することが可能です。 速度ごとの使用状況の目安は以下のとおりです。 速度 詳細 30Mbps以上 とても快適に使える。 10~30Mbps 快適に使える。 5~10Mbps まあまあ快適だが、使い方によっては満足できないかも 1~5Mbps PCだと動画が止まる時が出てくる速度。 1Mbps以下 動画の視聴が困難。 高画質画像の表示が遅い。 こちらの表のとおり、10Mbps以下だと使い方によっては速度が遅いと感じてしまうことがあります。 大きなデータのダウンロードなどは遅く感じることがあるかもしれません。 実際出ないのにベストエフォート1Gbpsっておかしくない? というのは最もな話で、現在トラブルの多い格安SIMに関しては実測値の開示を求めるように総務省から促されています。 BNRテストで回線速度を計測しよう BNRテストとは、 回線速度を計測することができるツールです。 スピードテストができるページにアクセスし、測定開始ボタンをクリックするだけで 簡単に速度を計測することが可能です。 速度は下り(ダウンロード)と上り(アップロード)の両方で計測をすることが可能で、推定転送速度も表示されます。 スピードチェックして遅かった場合にはどうしたらいいの? 結論からいえば、回線の速度を速くしたいのであれば、 回線の乗り換えをすることをオススメします。 LANの種類を変えたり、ルーターを交換するといった方法もありますが、これらの方法ではそれが問題となっている場合を除いて根本的に回線速度を改善することにはなりません。 GMOとくとくBBのドコモ光がおすすめ GMOとくとくBBのドコモ光では現在、回線速度の向上が期待出来る次世代の通信方式、 v6プラスを提供しています。 「v6プラス」とは… 従来のフレッツ光接続方式はPPPoE接続方式ですが、GMOとくとくBB「v6プラス」では速度遅延を起こしているボトルネックを解消するIPv6 IPoEの接続方式を採用しています。 「v6プラス」なら、アクセスが集中するポイントを通らず、インターネットの世界に入っていくため、一般的に「混雑している」「遅くなる」時間帯でも快適にインターネットをご利用いただけます。 v6プラスは対応のWi-Fiルーターが必要になってきますが、GMOとくとくBBではその ルーターが無料でレンタル出来るため、現在多くの方に選ばれています。 もちろんv6プラスオプションも無料です。 ドコモ光は一番利用者数が多いんだよね。 2GbpsのNURO光がオススメ 速度が速い回線の中でも、特にオススメなのが NURO光です。 関東、東海、関西、九州の一部の地区限定の光回線なので、エリアが限られてしまうのが欠点ですが、対象エリアであれば安定性は抜群です。 NURO光は 最大2Gbpsの速度を出すことができ、他の光回線はほとんどが最大1Gbpsなので約2倍となっています。 料金も他社の光回線と比べて低価格に設定されており、 月額4,743円です。 多くの光回線は一戸建て向けのファミリータイプで 月々5,000円台が相場で、NURO光のような 4,000円台は少ないので、とてもお得だといえるでしょう。 また、NURO光ではキャッシュバックキャンペーンも行われており、 最大で35,000円のキャッシュバックが受けられます。 モバイルWi-Fi(ポケットWi-Fiの在庫について 2020年6月現在、在宅ワーク需要の急増と、機器の輸入難に伴って、各社モバイルWi-Fi(ポケットWi-Fi)の 在庫切れが多発しています。 現状で在庫があるおすすめのポケットWi-Fiは、• (一部の機器で枯渇気味)• (一部配送の遅延が起きている)• mugen Wi-Fi(在庫切れのため受付停止)• SPACE Wi-Fi(在庫切れのため受付停止)• どんなときもWi-Fi(受付終了) という状況です。 まだ残っているものでも在庫切れになってしまう可能性は十分あります。 すぐに必要な方は現状でが一番供給が安定しています。 お急ぎください。 mugen WiFiとは、WiFi端末の電源を入れるだけで、工事不要ですぐ繋がる高速インターネットサービスのことです。 実測値は10Mbps~30Mbpsほどで、ハイビジョン動画もさくさく視聴できます。 さらに、光回線に比べて以下のようなメリットがあります。 月額料金が安い• 1年以上利用すれば解約時に違約金が掛からない• 開通工事、撤去工事が不要 安くて手軽に使えて通信制限もない、メリットの多いWiFiサービスとなっています。

次の

回線速度を計測する│接続・設定方法|eoユーザーサポート

ネット 回線 速度 測定

ドコモ光の回線速度測定に必要な基礎知識 ドコモ光のインターネット接続速度(スピード)を測定する速度測定方法をご紹介する前に、まず回線速度測定に必要な単位や考え方などを初心者の人でも解りやすくご紹介します。 知ってるよっていう人は読み飛ばしても結構です。 速度「下り」「上り」の違いについて ドコモ光に限らず速度測定する際に必ず出てくる「下り」「上り」という言葉があります。 「下り」は英語でダウンロード(DOWNLOAD)、「上り」英語でアップロード(UPLOAD)です。 一体、「下り」「上り」は速度の何を示す言葉なのでしょうか? 下りと上りの速度の意味とは ホームページを閲覧する場合はインターネット上にあるホームページのデータをダウンロードしています。 また、音楽を聞いたり、動画など映画を見たりする場合にもインターネット上にあるデータをダウンロードしています。 このように ホームページ閲覧、音楽や動画の視聴などをする速度を示す言葉が「下り」です。 一方、メールを送信したり、FacebookやTwitterなどSNSで写真などを公開する際には、そのデータをインターネット上へアップロードしています。 このようにデータを インターネット上に公開・送信する速度を示す言葉が「上り」です。 Webサイトを閲覧したり音楽や動画を視聴する機会の方が多いため、回線速度測定する場合に重視すべき速度は「上り」でなく「下り」ですね。 速度で使う単位「Gpbs」「Mpbs」 ドコモ光をはじめとする光回線などインターネットの速度で使われる単位で「Gbps」「Mpbs」を見かける事がありますよね。 回線速度測定する際にもこれらの単位が使われます。 一体、「Gbps」「Mpbs」は速度の単位の違いは何なのでしょうか? まず、読み方ですが「Gbps」はギガビット、「Mpbs」はメガビットです。 下り 最大1Gpbs 上り 最大1Gpbs ドコモ光の最大速度は下り上り共に1Gbpsです。 1GbpsはMpbsの単位に変換すると 1000Mbpsです。 1Gbpsという事になりますね。 ドコモ光の回線速度はベストエフォート型 上記でご紹介したようにドコモ光の回線速度は下り上り共に最大1Gbps(1000Mbps)です。 ドコモ光を利用している人が速度測定した口コミを見ると「1Gbps(1000Mbps)も出ないじゃないか!」と怒っている人がたまにいます。 この怒りは大間違いです。 ドコモ光のインターネット接続サービスは ベストエフォート型です。 速度を保証しないネット接続サービスをベストエフォート型と言います。 ドコモ光の場合、技術規格上は最大1Gbpsの速度です。 しかし、実際は回線の混雑や利用する機器、建物などにより 速度は必ず低下します。 その為、ドコモ光は回線速度を保証しないベストエフォート型なのです。 出典: ちなみにドコモ光以外の光回線のインターネットサービスのほとんどがベストエフォート型です。 ドコモ光の回線速度測定する方法とは 上記ではドコモ光の回線速度測定に欠かせない基礎知識をご紹介しました。 ここからは実際にドコモ光のインターネットの速度測定をする方法をご紹介していきたいと思います。 速度測定する方法は測定サイトを使う ドコモ光やドコモ光以外でもインターネットのスピードを 速度測定するには 測定サイトを利用します。 測定サイトはスピードテストサイトとも呼ばれ、インターネットに接続する機器で速度がどのくらい出ているのかをMbpsなどの単位で速度測定してくれるサイトです。 もちろん、無料で測定する事ができます。 おすすめの速度測定サイト 測定サイトは「」や「」などが有名ですがFlash Playerを利用するためスマートフォンなどでは速度測定出来ません。 そこで、 おすすめの測定サイトは「」「」です。 この2つの速度測定サイトをおすすめする理由は、Flash Playerを利用することなく測定出来ますので スマートフォンなどでもスピード測定が可能だからです。 下り速度のみの測定ならfast. com ホームページ閲覧や音楽、動画の視聴などはデータをインターネット上からダウンロードしているので速度測定は「下り」です。 そんな 下り速度だけを測定しないのであれば「fast. com」がおすすめです。 ・ fast. comへ アクセスすると同時に下り速度測定が開始されます。 fast. comで速度測定した結果画面 上記の画像は、実際にfast. comでドコモ光の速度測定を実施した画面です。 私の場合、ドコモ光の下り速度は61Mbpsという結果でした。 ちなみに、61Mbpsって遅い!って思った人がいるかも知れません。 しかし、下り速度が60Mbpsもあればyoutubeなどのデータ通信量が多い動画や映画なども問題なく十分視聴できるレベルです。 下りも上りも速度測定したいならSpeedtest. net 上記のfast. comの回線速度測定は下り速度のみでした。 しかし、 下り速度も上り速度も測定したい人は「Speedtest. net」がおすすめです。 Speedtest. comにアクセスすると、 パソコンからはそのまま速度測定出来ます。 しかし、 スマートフォンやタブレットなどで速度測定する場合は アプリをダウンロードしなければ速度測定出来ません。 ・ パソコンでSpeedtest. netにアクセス、またはスマホなどでアクセスしてアプリをダウンロードしてアプリを起動させると以下のような画面になります。 「GO」や「スタート」を押す パソコンで測定する場合は「GO」をクリック、 スマホなどアプリで測定する場合は「スタート」をタップすると速度測定が開始されます。 速度測定は15秒程で終わります。 実際にドコモ光のインターネットの速度測定をした結果が以下の画像です。 パソコンから速度測定した結果画面 上記はパソコンからドコモ光の速度測定を実施した結果の画面です。 DOWLOAD(下り速度)が80. 83Mbps、UPLOAD(上り速度)が96. 27Mbpsという速度測定結果です。 十分な速度が出ています。 アプリから速度測定した結果画面 続いて、上記はスマートフォンにアプリをダウンロードしてドコモ光の速度測定した結果の画面です。 ダウンロード(下り速度)が59. 9Mbps、アップロード(上り速度)が95. 3Mbpsという結果でした。 これも十分な速度が出ていますね。 以上、ドコモ光の速度測定に必要な基礎知識と実際に速度測定する方法のご紹介でした。 ドコモ光は速度制限され速度が低下する? 上記でご紹介したドコモ光の回線速度測定に関連する「速度制限」についてもご紹介しておきたいと思います。 スマートフォンなど4G LTE回線(電波)でインターネットをする際に速度制限を気を付けている人も多くなっています。 回線速度制限されるとインターネットの速度が著しく遅くなってしまいます。 スマホなど4G回線で速度制限される理由 スマートフォンや携帯電話などでもインターネットに接続してWebサイトの閲覧が出来たり、音楽をダウンロードしたり、youtubeなど動画が視聴出来ますよね。 その為、大規模で大量のデータ通信をした人に対して速度を落とす速度制限が実施されるのです。 ドコモ光は速度制限されない 長々と回線速度制限についてご説明してきましたがここから本題です。 では、ドコモ光で大規模で大量のデータを通信しなければならない動画などを視聴し続けた場合には速度制限されるのでしょうか? 答えは、ドコモ光では 速度制限される事は一切ありません。 「速度制限されてドコモ光の速度が遅くなった?」と思っている人は間違いです。 もしドコモ光の速度が遅くなった場合は速度制限ではなく、インターネットをする人が多くなって混雑している時、利用する機器や周辺機器の不具合、回線障害など他の理由が考えられます。 まとめ この記事ではドコモ光でインターネットをする際の速度を測定できる方法を中心にご紹介してきましたがいかがだったでしょうか? 速度測定する前に知っていた方が良い「下り・上り」という言葉の違い、「Gbps・Mpbs」の単位の違い、「ベストエフォート型」など基礎知識もご理解いただけたと思います。 また、実際にドコモ光の速度測定する方法としておすすめの速度測定サイトもご紹介しました。 また、関連する情報として速度制限についてもご説明しました。 ドコモ光を利用している人、またこれから契約する人も定期的に速度測定をする事をおすすめします。

次の