五月雨 を あつめ て 早 し 最 上川 意味。 「五月雨式に申し訳ございません」ビジネスメールでの例文と意味

【五月雨を集めてはやし最上川】俳句の季語や意味・表現技法・作者など徹底解説!!

五月雨 を あつめ て 早 し 最 上川 意味

「五月雨」とは「5月の雨」ではなかった 本来、「五月雨(さみだれ)」とは 「5月の雨」ではなく、「梅雨の雨」を指します。 俳句などでは 夏の季語として扱われます。 辞書の記述を確認してみましょう。 さつきあめ。 《季 夏》2 断続的にいつまでもだらだらと続くことのたとえ。 (出典:デジタル大辞泉(小学館)) このように、「五月雨」夏の季語ですので俳句では5月の句の中で使うのは適当ではありません。 旧暦で皐月と呼ばれていた時期は、現在で言う6月上旬~7月上旬の、ちょうど梅雨にあたります。 その皐月の「さ」と、「水垂れ(みだれ)」を組み合わせて「さみだれ」と発音し、「五月雨」という文字を当てたんですね。 転じて梅雨の雨のようにダラダラと続く様子を表すようになりました。 ところで、「五月雨」を季語にした俳句に、松尾芭蕉のあの有名な句がありますよね。 あの句にはちょっと面白い話があるってご存知でしたか? 有名な芭蕉のあの句の裏話 五月雨を あつめて 涼し 最上川 (意味:五月雨を集めてきたように、最上川の涼しく風流なことよ) 個人的には元々の句の方が「季語=五月雨=夏」という雰囲気に合っているかな、という気もします。 しかし推敲の結果、今は有名になっている上の形にしたと伝えられています。 芭蕉さん、最上川のそばの集落で行われた句会で、一旦は下の形の句を詠みました。 しかしその後、最上川を下る舟に乗せてもらってビックリ!水量も水の速さもすごく豪快に流れているではありませんか。 「そうか、最上川とはこういう川だったんだな」と思い直し、元々の風流な雰囲気の漂う形から現在よく知られている形に詠み直してしまったそうです。 よほど最上川の水勢が強烈な印象だったんでしょうね。 一旦詠んだ句を変えてしまうなんて、なんだかちょっとズルい気もします。 でも言葉を一つ入れ替えるだけでこんなに雰囲気の違う句にしてしまうあたり、さすが大天才だけありますね。 季語つながりでこちらの記事もお薦めです。 季節は正反対ですが有名な句も紹介していますよ。 それでは五月雨が梅雨の合間の雨となると、「五月晴れ」はいつの晴れ間なんでしょうか? 五月晴れは「5月の晴れ間」で間違いではない 「五月晴れ(さつきばれ)」は現在は「5月の晴れ間」で正しいことになっています。 やはり辞書で確認してみましょう。 2 陰暦5月の、梅雨の合間の晴天のこと。 《季 夏》 (出典:デジタル大辞泉(小学館)) 同じデジタル大辞泉でも、「五月雨」とは違いこちらは1番に「5月の晴天」とはっきり書かれています。 おそらくは2番が本来の用法だったのが変容してきて、現在では1番の用法がメインになっているのでしょう。 ただし、2番にあるように 俳句等では夏の季語として扱われます。 やはり私が中学生の時に詠んだ句は間違いでした!恥ずかしい…。 同じように誤解を生じやすい言葉に「小春日和」「野分」「朝顔」などがあります。 これらの言葉はいつの季語か?有名な句のエピソードなども紹介して楽しい記事になってますのでぜひご覧下さいね! 皐月の別名• 早苗月(さなえづき)=田植えを始める頃だから• 橘月(たちばなづき)=橘の花が咲く頃だから• 月不見月(つきふみづき)=梅雨のため月が見られないから• 菖蒲月(あやめづき)=菖蒲の咲く頃だから• 雨月(うげつ)=雨がよく降る月だから どれもその季節の特徴や人の営みをよく表していて興味深いですね。 蛇足ですが「雨月」は 上田秋成の「雨月物語」とは関係がありません。 こちらは雨が上がって月が朦朧と出ている夜に書いたから「雨月物語」という題名にしたそうです。 まとめ いかがでしたか?「五月雨」「五月晴れ」が現在の5月とは関係がないなんて、ちょっと意外じゃないですか?以下にまとめておきます。

次の

「五月雨を あつめてはやし 最上川」について

五月雨 を あつめ て 早 し 最 上川 意味

「五月雨」とは「5月の雨」ではなかった 本来、「五月雨(さみだれ)」とは 「5月の雨」ではなく、「梅雨の雨」を指します。 俳句などでは 夏の季語として扱われます。 辞書の記述を確認してみましょう。 さつきあめ。 《季 夏》2 断続的にいつまでもだらだらと続くことのたとえ。 (出典:デジタル大辞泉(小学館)) このように、「五月雨」夏の季語ですので俳句では5月の句の中で使うのは適当ではありません。 旧暦で皐月と呼ばれていた時期は、現在で言う6月上旬~7月上旬の、ちょうど梅雨にあたります。 その皐月の「さ」と、「水垂れ(みだれ)」を組み合わせて「さみだれ」と発音し、「五月雨」という文字を当てたんですね。 転じて梅雨の雨のようにダラダラと続く様子を表すようになりました。 ところで、「五月雨」を季語にした俳句に、松尾芭蕉のあの有名な句がありますよね。 あの句にはちょっと面白い話があるってご存知でしたか? 有名な芭蕉のあの句の裏話 五月雨を あつめて 涼し 最上川 (意味:五月雨を集めてきたように、最上川の涼しく風流なことよ) 個人的には元々の句の方が「季語=五月雨=夏」という雰囲気に合っているかな、という気もします。 しかし推敲の結果、今は有名になっている上の形にしたと伝えられています。 芭蕉さん、最上川のそばの集落で行われた句会で、一旦は下の形の句を詠みました。 しかしその後、最上川を下る舟に乗せてもらってビックリ!水量も水の速さもすごく豪快に流れているではありませんか。 「そうか、最上川とはこういう川だったんだな」と思い直し、元々の風流な雰囲気の漂う形から現在よく知られている形に詠み直してしまったそうです。 よほど最上川の水勢が強烈な印象だったんでしょうね。 一旦詠んだ句を変えてしまうなんて、なんだかちょっとズルい気もします。 でも言葉を一つ入れ替えるだけでこんなに雰囲気の違う句にしてしまうあたり、さすが大天才だけありますね。 季語つながりでこちらの記事もお薦めです。 季節は正反対ですが有名な句も紹介していますよ。 それでは五月雨が梅雨の合間の雨となると、「五月晴れ」はいつの晴れ間なんでしょうか? 五月晴れは「5月の晴れ間」で間違いではない 「五月晴れ(さつきばれ)」は現在は「5月の晴れ間」で正しいことになっています。 やはり辞書で確認してみましょう。 2 陰暦5月の、梅雨の合間の晴天のこと。 《季 夏》 (出典:デジタル大辞泉(小学館)) 同じデジタル大辞泉でも、「五月雨」とは違いこちらは1番に「5月の晴天」とはっきり書かれています。 おそらくは2番が本来の用法だったのが変容してきて、現在では1番の用法がメインになっているのでしょう。 ただし、2番にあるように 俳句等では夏の季語として扱われます。 やはり私が中学生の時に詠んだ句は間違いでした!恥ずかしい…。 同じように誤解を生じやすい言葉に「小春日和」「野分」「朝顔」などがあります。 これらの言葉はいつの季語か?有名な句のエピソードなども紹介して楽しい記事になってますのでぜひご覧下さいね! 皐月の別名• 早苗月(さなえづき)=田植えを始める頃だから• 橘月(たちばなづき)=橘の花が咲く頃だから• 月不見月(つきふみづき)=梅雨のため月が見られないから• 菖蒲月(あやめづき)=菖蒲の咲く頃だから• 雨月(うげつ)=雨がよく降る月だから どれもその季節の特徴や人の営みをよく表していて興味深いですね。 蛇足ですが「雨月」は 上田秋成の「雨月物語」とは関係がありません。 こちらは雨が上がって月が朦朧と出ている夜に書いたから「雨月物語」という題名にしたそうです。 まとめ いかがでしたか?「五月雨」「五月晴れ」が現在の5月とは関係がないなんて、ちょっと意外じゃないですか?以下にまとめておきます。

次の

「五月雨式に申し訳ございません」ビジネスメールでの例文と意味

五月雨 を あつめ て 早 し 最 上川 意味

梅雨の雨が、最上川にあつまって、猛烈な勢いで流れている という意味です。 さて、コレだけ聞くと「雨で増水した川の様子ね~」と、ずいぶんサラッと読み流してしまいそうですね。 ですが〜この句のポイントは、 作者の松尾芭蕉自身が、実際に雨で増水した急流を川下りした! という 自らの強烈な経験が元ネタになっている、というトコロにあります。 梅雨の豪雨で増水した川なんて、近寄ってはイケナイと、小学生でもわかるもの。 それを松尾芭蕉ともあろう人が、なぜそんな無茶なことをしたのか… この理由は良く分かっていないのですが、実際にカナリ命懸けだったようです。 そんな、おそらく死を覚悟するような経験の中でも 「五月雨をあつめて…」と俳句のインスピレーションが沸くのが、さすが俳聖! 季語は「五月雨」、ココがポイント! 五月雨をあつめて早し最上川。 この句の季語は 「五月雨」です。 「五月」という表記からも、これはかなり判別しやすい季語ですね。 た だ し、 コレ、問題なのは「5月といえば春でしょ」と、 春の季語と間違われやすい! 先述のとおり、五月雨とは「梅雨の雨」の意味。 そう、この五月とは旧暦でのことであり、現代でいう 6月にあたるんです。 ですから、 これは夏の季語というワケ! ココを間違えると、意味の分からない解釈をしてしまうので要注意! 「暑い7月に、梅雨を集めたような、最上川からくる風がとても涼しい」 といった意味。 この経験を経て、おそらくですが、 「風が涼しい~なんて、そんな悠長な川ではない! なんという流れの早さだッ!」 というような、感情の変化があったのでしょうね。 その後、「五月雨をあつめて早し最上川…」と、句の内容を変更したようです(笑) いちど詠んだ句を変えるって、そんなのアリ?と思いたくなりますが、これはよくある事みたいです。 俳句というと本番一発などの即興で出来るイメージが強めですが、実際には小説や芸術作品と同じでかなり推敲し、変更することも多かったようですよ。 速し?早し?どっちが正解!? 「川の流れがはやい」という表現は、 「早い」じゃなくて「速い」では?と思った方がいるかもしれません。 「さみだれや大河を前に家二軒」 「五月雨が降り続いて勢いを増した川が流れている。 そのほとりに家が二軒、ぽつりと建っているなぁ」という意味の句です。 この二つの句には、 芭蕉と蕪村の資質の違いがとっても出ています。 芭蕉は舟に乗って激流に乗り出し、川と一体になっています。 その結果、句には自らの経験による 躍動感があふれているワケです。 一方、蕪村は川の岸辺から、川と二軒の家を眺めています。 梅雨の大河を詠んでいますが、それはあくまで、 静かな一枚の絵のようです。 芭蕉の句と蕪村の句、それぞれ、「動」と「静」と言ってもいいかもしれませんね。 蕪村は芭蕉の句をハッキリと意識して、この句を詠んでいるようです。 「芭蕉はと詠んでいるが、 私は、五月雨の大河といったらこの句だ!」 という感じでしょうか。 蕪村の本業は画家ですので、やはりそういう資質があふれた句になった、という見方もできるかも。 まとめ• 五月雨は【梅雨時の降り続ける雨】。 最上川は【山形県にある急流で知られる川】のこと• 季語は「五月雨」。 夏の季語であり、現代でいう6月にあたる• 「五月雨を集めてきたように流れが早いなぁ、最上川は」という意味の句である• もともとは「五月雨をあつめて涼し最上川」という句であったが、のちに「早し」に変更された• 「五月雨や大河を前に家二軒」という蕪村の句は、この俳句を意識して詠まれた 「梅雨で増水した川を下る」なんて、現実問題としては現代ではまず無理で、 経験したことがある人は少ないと思いますが、 それでも、とても印象深く、芭蕉が見たであろう景色や記憶をありありとイメージさせるこの俳句。 長雨の時期には、たまにはこんな日本の歴史と文化を紐解いてみるのも、粋な過ごし方ではないでしょうか。 注目の関連記事はこちらです。 ブクマ登録で最新記事やTOPでピックアップ記事がすぐにチェックできるので気軽にご利用くださいませー.

次の