アンデス メロン 食べ頃。 メロンの食べ頃を見抜く3つの方法!見分け方はつる&音で!

アンデスメロンの収穫日数は受粉後何日ぐらいが適正なのでしょうか?

アンデス メロン 食べ頃

子供の頃は大好きなフルーツ、今は料理でも重宝する「メロン」。 最近では、縁あって故郷である茨城県の鉾田市から「鉾田メロン特命大使」にも任命され、今まで以上に「メロン」を気にするようになっています。 仕事で色々な県に出向いてその土地の野菜やフルーツを食べる機会がありますが、地域ごとに農産物の特徴があることを実感しています。 もちろんメロンも同じように、香りや甘さ、果肉や色などの違いを感じることができます。 ちなみに、茨城県は日本一の生産・出荷量を誇るメロンの大産地です。 「オトメメロン」、「アンデスメロン」、「クインシーメロン」、など品種も豊富にあります。 その中でも、産地の鉾田市以外ではなかなか味わうことができないメロンがあります。 それが今回ご紹介する、JA茨城旭村の「プレミアムメロン」です。 なんと全国のブランドメロンをワンコイン(500円)で食べ比べできたり、有名店が作ったこの日限定のオリジナルメロン・スイーツが味わえたりします。 もちろん私自身やお店もこのイベントに出演・出店をしていますので、ぜひ遊びにきていただきたいですね。 漁師の祖父、イタリアンシェフの父のもと、幼少時から食材の大切さを身につける。 子供たちにさまざまな思いを伝えることのできる教師への道を一度は目指すが、父の影響を受け、料理人になることに。 辻調理師専門学校を卒業後、銀座「ベルフランス」を経てフランスやイタリアで数々のグランメゾンでの修行を積み、2002年帰国。 株式会社ひらまつに入社、丸の内「サンス・エ・サヴール」のオープニングスタッフとして活躍。 2005年浦安「ホテルエミオン東京ベイ」に副料理長として入社後、洋食総料理長に就任。 2009年「Restaurant I」を立ち上げ総料理長を務め、江戸野菜を初めてフレンチに取り入れたことで注目を集める。 2010年6月には自身の「HATAKE AOYAMA」を立ち上げ総料理長を務める。 大きな取り組みとして、近隣小学校にて神保流の食育授業を行い、特別講師としても活躍中。 現在では3校の特別講師として活躍している、また、2011年の大震災後も風評被害を受けた生産者を支える活動や復興支援などを自ら行い、幅広い活動を積極的に行い、食のコンサルトも数多く手がけている。

次の

市場にはほとんど出回らない幻のメロン、JA茨城旭村の「プレミアムメロン」

アンデス メロン 食べ頃

ネット系メロンの場合は、網目が均一に入り、お尻を押した時に少し弾力を感じるものを選んでください。 また、網目が細かい方が香りや甘味が強い傾向にあります。 香りも大切なチェックポイントです。 みずみずしいメロンの香りが出ているか確かめましょう。 まだ固く香りが弱い物は冷蔵庫に入れないでください。 低温下では追熟せず傷みを早めてしまいます。 お尻を押してみて少し弾力を感じるようになるまでは冷暗所に置いておきましょう。 ノーネット系のプリンスメロン、キンショーメロン、ハネデュメロンなどは、おしりの部分を少し強めに強してみて弾力を感じるぐらいが食べごろです。 食べ頃になった物は冷蔵庫に入れ、美味しい間の2日か3日以内に食べるようにしましょう。 もちろん、生の物より風味は落ちますが、使いようによっては十分楽しめるでしょう。 冷凍する場合は、皮から果肉だけをナイフで切り、一口大の大きさに切った物をラップを敷いたバットなどに並べ再度ラップを被せて冷凍し、凍ったらジップロックなど密封できる袋に移して冷凍しておきます。 食べる際は、そのまま氷菓としてでも食べられますが、ミキサーにかけジュースやピューレとして使います。 丸くくり抜いてケーキのトッピングなどにも使います。

次の

メロンの種まき〜収穫までの育て方!栽培時期や摘芯の方法などもご紹介!|育て方Labo(育て方ラボ)

アンデス メロン 食べ頃

アムスメロンの特徴 「アムス」メロンはネット系青肉メロンです。 ほかのネットメロンと比べて果皮の緑色が少し濃く、網目模様がやや粗め。 そして大きな特徴は、濃い緑色の縦ライン(条溝)が果皮に入ることです。 この縦じま模様があることで、ほかのメロンとの区別がすぐにつきます。 園芸植物育種研究所が育成した品種で、1974年(昭和49年)に発表されました。 花粉親がオランダ系のメロンなので、オランダの地名「アムステルダム」にちなんでアムスメロンと名付けられました。 熟したアムスメロンは甘味があって香りがよく果汁も豊富。 皮の近くまで果肉がやわらかくなるため可食部が多いのも特徴です。 食味に優れ、比較的日持ちもよく品質が安定しています。 アムスメロンの選び方(見分け方) アムスメロンはネット模様がやや粗めの品種ですが、なるべく網目が細かいものがおすすめです。 また持ったときに重量感のあるものを選びましょう。 メロン特有の甘い香りがするものや、お尻をやさしく押して弾力を感じるものは食べ頃になっています。 全体にやわらかさを感じるものは熟し過ぎの可能性があるので避けたほうがよいでしょう。 アムスメロンの食べ方 冷蔵庫で2~3時間ほど冷やし、まずは半分にカット。 少し面倒ですが、皮と果肉を切り離してひと口サイズにカットすれば、食べるときに楽です。 アムさん(つがりあんメロン)/ユウカ 青森県には「アムさん」という皮が黄色いメロンがあります。 これは青森県津軽地方のオリジナルブランド「つがりあんメロン」の1つで、アムさんという名前がアムスメロンを連想させますが、じつは「ユウカ」という品種。 ユウカは親に「アムス」や「デリシイ」などが使われていることから、親のアムスメロンにちなんでアムさんと名付けられたようです。 アムさん(ユウカ)は熟すと果皮が黄色くなるネットメロンで、果肉は黄緑色。 完熟状態で収穫されるので日持ちはよくありませんが、糖度が高くて果汁が多く、食味と香りに優れています。 アムスメロンの旬(出回り時期) アムスメロンの旬は5月頃から7月頃まで。 6月頃が出荷の最盛期です。

次の