あんしん 保証 パック with applecare services。 iPhoneの故障保証に入るのと入らないのはどちらがお得?

ソフトバンクの「あんしん保証パック with AppleCare Services」は必要か?|iLaboo

あんしん 保証 パック with applecare services

iPhone 7、7 Plus:750円(税抜)• Androidスマートフォンの場合は「あんしん保証パックプラス」という「i」のないバージョンとなりますが、内容は全く同じです。 保証の内容• 修理費還元• 配送交換• 電池消耗• 全損、盗難、紛失• メモリーデータ復旧サポート• ケータイなんでもサポート それぞれを見て行きましょう。 修理費還元 概要 保証期間外の故障や水漏れなどの際に支払った修理代金(税抜)の80%以上を月々の利用料金から割引することができます。 端末が故障してしまった際の基本的な流れとしては以下の通りです。 修理依頼• お近くのApple Store、Apple正規サービスプロバイダに修理を依頼する。 ソフトバンク表参道、ソフトバンクグランフロント大阪でも修理受付が可能です。 持ち込み修理(店舗に直接持っていく)か、配送修理(オンラインか電話にて受付可能)のどちらかで対応• 「請求書」又は「修理(作業)完了報告書」の受取• 修理完了時に「請求書」又は「修理(作業)完了報告書」を必ず受け取るようにする。 修理代金(税抜)、シリアルナンバー、修理完了日、の3点が記載されていることを確認する。 領収書やレシートでは受付不可能なので要注意!!• 修理代金の還元申請• 「My Softbank」、又は「ソフトバンクショップ」にて修理費の還元申し込みを行う。 その場で修理費用の一部を還元される訳ではないので注意!!• 現金でもらえるわけではなく、割引額が増えるというイメージ。 修理代金の還元• 機種代金を除く月月割り適用後の料金から割引が可能• 「利用料金」から「月月割」を引く• その後で「還元分の割引」を適用する• 「利用料金<月月割+還元分の割引」となる場合、利用料金を超えた分は消滅• 修理代金から実質ご負担額を除いた金額を一括還元• 要するにご自身でお持ちの「ソフトバンクカード」にポイントが付与されるイメージ• 配送交換 自宅にいながら、故障端末を新品同等の交換機を手に入れることが出来ます。 会員価格にて1~2日を目安にご指定の場所へ届けてもらえます。 このサービスを利用する際の流れは以下の通りです。 配送交換申し込み• 「My Softbank」「窓口への電話」「ソフトバンクショップ」のいずれかで申し込みが出来ます。 窓口への電話番号:0800-919-0113(ソフトバンク携帯からは113)• 交換機配送&代金の支払い• 指定の日時、及び住所に新品同党の交換機を届けてもらえます。 代金の支払いは交換機が来た際に支払います。 交換代金は下記の通り。 iPhone 7 シリーズ:30,000円• iPhone 6s シリーズ、6 シリーズ、SE:20,000円• 故障機を返送• 交換機受領から2週間以内に返送してください(されない場合は40,000円の違約金が発生)• 故障機では、事前にデータのバックアップと端末の初期化を行っておきましょう。 交換機が届いたら、バックアップデータを読み込んで復元、iPhoneの初期設定を行いましょう。 電池消耗 電池交換代金を還元してもらうことが出来ます。 こちらについても、交換代金(税抜)の80%以上を月々の利用料金から割引することができます。 全損・盗難・紛失 ご希望機種を会員価格で機種変更することが出来ます。 でも、結局iPhoneシリーズは価格が高めなので痛い出費となりそうです…。 メモリーデータ復旧サポート 水漏れや破損によるメモリーデータ復旧を無償で利用することが可能です。 詳細はをご参照下さい。 ケータイなんでもサポート スマートフォンや携帯電話に関連する周辺機器のあらゆる「困った」という場面を解決するためのサポートをしてもらえます。 ただ、正直なところ、インターネットで検索してしまえば大抵のことは解決できるので、あまりメリットはないかもしれません。 注意点 修理依頼は「Apple Store」か「Apple正規サービスプロバイダ」へ 基本的にiPhoneやiPadの故障は、 ソフトバンクショップでは修理受付をしてもらえません。 Apple StoreかApple正規サービスプロバイダへ行って修理してもらいましょう。 お近くのApp StoreとApple正規サービスプロバイダは、から検索できます。 上記以外のショップで修理した場合は「保証適用外」になります 巷には「iPhoneの画面修理」を受付してくれる店舗がいくつかあります。 ですが、上記のApple Store、Apple正規サービスプロバイダ以外での修理には、 あんしん保証パック i プラスを適用させることが出来ません。 この点は要注意です。 あんしん保証パック i プラスは「後からの還元」 あんしん保証パック i プラスに加入している場合、修理費用が「後から還元」されます。 ですので、まずは修理費用を負担する必要があります。 何度もお伝えしますが、 ソフトバンクショップでは修理対応を受付していません(一部除く)。 Apple StoreかApple正規サービスプロバイダに持っていくようにしましょう。 画面の損傷:3,400円(税抜)• その他の損傷:11,800円(税抜) 保証の内容• ワンストップでのテクニカルサポート• チャット、又は電話によるAppleの専任スペシャリストへのダイレクトアクセス• ピックアップ&デリバリー修理、又は持ち込み修理対応• エクスプレス交換サービス• iPhone本体、バッテリー、付属のイヤフォンやアクセサリ等のハードウェア製品保証• 過失や事故による損傷に対する修理等のサービス• iOS、iCloud、Apple純正アプリケーションのソフトウェアサポート• その場で割り引かれた金額が請求されるので、手間もかからず安心感がありますね。 あんしん保証パック i プラスは、修理代金を「後から還元」• 共通点としては、 故障してしまったらApple StoreかApple正規サービスプロバイダに持っていく点です。 なお、ワタクシ個人的には、 『保証サービスに入らずに保護フィルムとケースを購入する』ことをオススメ致します。 保護フィルムとケースをつけていれば壊れることがない• 保護フィルムとケースを購入する方がコストパフォーマンスが良い 理由は単純です。 トータルコストを考えると、携帯電話を購入した時に保護フィルムとケースを一緒に買ってしまった方が安く済ませることが出来ます。 詳しくは下記の記事に書いておりますので、ご参照下さい!.

次の

ソフトバンク「あんしん保証パック」は必要?with AppleCare Servicesとの違いと料金を解説

あんしん 保証 パック with applecare services

目次-必要な所だけクリックして見て下さい-• 保護フィルムとケースをつけておけば保証サービスは不要! 結論から申し上げますと、 『保証サービス』は必要ありません。 不要です。 理由は2つあります。 理由1. 保護フィルムとケースをつけておけば壊れない 理由の一つ目は単純明快、 保護フィルムとケースを付けておけば壊れないからです。 画像は私が以前使用していた 「強化ガラスフィルム」です。 うっかりとiPhoneを高さ1m50cmくらいの所から落としてしまった際に出来た傷です。 強化ガラスフィルムは画像のように割れてしまいましたが、 本体は無傷でした。 ケースもつけておけば外装がはがれることもありませんので、 保証サービスは必要ないのです。 ただし、 保護フィルムとケースをつけていても画面が割れる時は割れます。 どうしても画面割れが心配な方は、下記で紹介する保証パックの項目を参照の上、保証パックへの加入を検討してください。 ですが、 画面割れを完全に防止できる訳ではありませんので、どうしても心配な方は保証パックへの加入を強くおすすめ致します。 理由2. 保証サービスは料金が高すぎる 理由の二つ目が主な理由ですが、 単純に保証サービスは料金が高いです。 iPhone 11の場合 トータルコスト 保護フィルム+ケース 約5,000円程度 あんしん保証パック with AppleCare Services 1か月:890円 2年間:21,360円 簡単に比較するとこんな感じになります。 購入したiPhoneを2年間使用することを想定すると、金額がここまで変わってきます。 初期費用として保護フィルムとケースを購入しておけばトータルコストを安く抑えられます。 しかも保護フィルムとケースをつけておけば壊れることがないのですから、 安く済む方がお得ですよね。 それでも保証サービスが気になる方は下記をご参照ください 私は携帯電話の代理店営業を運営する会社の法人営業部に所属していました。 ぶっちゃけた話、 売る側からすると保証サービスに入ってもらった方が売り上げ(インセンティブ)が良いのです。 だから、お店でも保証サービスのゴリ押しが凄いんです。 でも、私は不要なサービスをつけて販売するよりもお客さんの 実際の利便性やお得な内容を優先したかったんです。 なので、保証サービスをオススメすることはありませんでした。 保護フィルムとケースをつけておけば壊れない• あんしん保証パック with AppleCare Servicesは月額料金が高すぎる この2点の理由を説明すると、大抵のお客さんは納得して保護フィルムとケースを選択されますね。 ですが、 それでも『保証サービス』に加入しておきたい方が多いことも承知しております。 ここから下は、保証サービスに加入したいという方向けにまとめました。 必要な箇所だけご覧いただければと思います。 あんしん保証パック i プラス…SoftBank提供の保証サービス• それが 『あんしん保証パック with AppleCare Services』です。 2020年4月現在、新しくiPhoneを購入する場合の保証サービスは 『あんしん保証パック with AppleCare Services』しかありません。 すでに「あんしん保証パック i プラス」に加入中であれば継続可能ですが、機種変更を行う場合は新しい保証サービスに入り直す形になります。 サービス内容• 自然故障:自然故障や電池消耗の際は無料で修理に出せる• 物損:お客様過失や事故による破損を特別価格にて修理可能• 画面割れ:3,400円• その他修理:11,800円• 配送交換:故障や紛失、盗難時に新品同等の交換機を1~2日を目安に届けてくれる(11,800円)• 全損・盗難・紛失:ご希望機種を会員価格で購入可能• メモリーデータ復旧サポート:水濡れや破損によるデータ復旧を無料で出来る• ケータイなんでもサポート:オペレーターからのサポートや出張サポートを受けられる• 修理受付終了機種割引:修理サポートがすでに終わっている機種が故障した際、特別価格にてSoftBank指定機種への機種変更が可能 いままでの保証サービスは「最大で〇〇割を負担」という内容でしたが、今回の「あんしん保証パック with AppleCare Services」から 決まった金額の保証となりました。 保証してもらえる金額が決まっているのは安心ですね。 月額料金 『あんしん保証パック with AppleCare Services』は、iPhoneのシリーズによって価格が異なります。 iPhone11ProMax、11Pro、XsMax、Xs、X:1,190円• ですが、SoftBankで購入したiPhoneでも、 購入した日から30日以内にAppleStoreかAppleコールセンターに電話すると加入することが可能です。 サービス内容• オンラインで購入する• お客様自身によるシリアル番号の確認とリモート診断が必要です• 直営店のApple Storeで購入する• iPhoneの点検と購入証明書の提示が必要です• 0120-27753-5に電話して購入する• ここで確認方法についても記載しておきます。 ホーム画面から「設定」アプリをタップ(押す)する• 「一般」をタップ(押す)する• 「情報」をタップ(押す)する• 下の方にスクロールすると「シリアル番号」という項目がある これでシリアルナンバーを確認することが出来ます。 下記は一応の図解です。 ホーム画面から「設定」アプリをタップ(押す)する まずはホーム画面から「設定」を押しましょう。 「一般」をタップ(押す)する 続いて、画像の中間部にある「一般」を押します。 「情報」をタップ(押す)する 画像内の一番上にある「情報」を押します。 下の方にスクロールすると「シリアル番号」という項目がある 「情報」を押したら下に画面をスクロールさせましょう。 そうすると「シリアル番号」というアルファベットと数字が混ざったコードがあります。 その番号をメモしておけばシリアルコードの確認はOKです。 では、 果たしてどちらを選択した方がお得に使えるのでしょうか? 簡単な比較をまとめましたのでご参照下さい。 ソフトバンクショップ• Apple Store• Apple正規サービスプロバイダ 料金だけを比較すると「あんしん保証パック with AppleCare Services」の方が若干安いことがわかります。 ただし、ソフトバンクショップでしか受付ができない点にはご注意ください。 場合によってはソフトバンクショップよりも身近にある場合もあるので、Apple公式サイトの「」から店舗を検索してみてください。 関連記事• なので、保証サービスを選ぶ際は下記のポイントで選ぶのが良いかもしれません。 「モバイル保険」ならiPhoneの画面割れが実質無料で修理可能! ここまでソフトバンクの保証サービス「あんしん保証パック with AppleCare Services」について解説してきました。 ところで、携帯キャリア以外にもiPhoneやAndroid端末の補償をしてくれるサービスがあることをご存知でしょうか? それが「 」というサービスです。 モバイル保険は月額700円で、3台までの端末それぞれで最大10万円分の補償が受けられるサービスです。 モバイル保険対象店舗• ソフトバンクショップ• Apple Store• 「モバイル保険」の特徴は、提携先修理店舗ならiPhoneの画面割れを無料で修理することができる点です。 モバイル保険について詳しく解説した記事は以下からご覧いただけるので、スマホの保証サービスに入ろうと思っている方はぜひ一度お確かめください。 関連記事: まとめ• 保証サービスに入るよりも保護フィルムとケースを購入した方が安く済む• iPhoneの画面割れが多いなら最大10万円まで保証される『モバイル保険』が本当におすすめ! 元代理店営業マンである私がおすすめするのは 『保護フィルム+ケース』の組み合わせです。 私はこれまで約5年間、iPhoneを使い続けていて、必ず保護フィルムとケースをつけています。 この組み合わせで携帯電話が壊れたことがないというのが大きな理由です。 あと、 保証サービスは料金が高すぎます。 若者であればいざ知らず、30代から50代の方であれば落としてしまうことは少ないでしょう。 それならば、 初期費用として保護フィルムとケースを買ってしまった方がトータルで安く済みますのでオススメです!.

次の

ソフトバンクのあんしん保証パックwith applecare servicesは必要か?

あんしん 保証 パック with applecare services

ソフトバンクのiPhoneを守る保証サービスは以下になります。 また、加入期間中であればサポートが継続されます。 リンク: まとめ ソフトバンクの「あんしん保証パック with AppleCare Services」は、とりあえず自分でAppleが認めている場所で修理し、その後自分でソフトバンクに申請し修理代金を還元してもらう保証になります。 また、あんしん保証パック with AppleCare Servicesは加入していれば永続的に保証を受けられます。 盗難・紛失後に手続きを行えば、新品同等の交換機を指定の場所にお届けしてくれます。 盗難・紛失されたiPhoneは強制ロック&データ削除してくれるので情報漏洩の心配もありません。 [関連記事] 保証サービスに加入していない場合はこちら ・ docomo・auの保証サービスはこちら ・ ・ [リンク] ソフトバンクの「ケータイ補償サービス」の詳細はこちら ・ 【番外編】「モバイル保険」なら年間で10万円まで何度でも補償 小額短期保険株式会社の「」は年間で10万円まで何度でも補償してくる保険で、月額保険料は700円(非課税)です。 この保険の凄いところは、同一契約でスマホやタブレット、ノートパソコン、スマートウォッチ、モバイル音楽プレーヤー、携帯ゲーム機、モバイルルーターなどWi-Fiにつながるモバイル通信端末を最大3端末まで補償端末登録が可能な点です。 実際に加入して補償を利用したわけではないので何とも言えませんが、なかなか面白い内容の保険だと思いますので、興味のある人はチェックしてみてください。 Apple Storeでは購入日から30日間以内。 Apple Storeでは購入日から30日間以内。 iPhone 5、iPhone 4s(8GB除く)、iPhone 4、iPhone 3GS だと1回につき4,400円(税込)のサービス料で修理を受けることが出来ます。 「あんしん保証パック(i)」と「あんしん保証パック(i)プラス」の違いはなに? あんしん保証パック i の新規受付は2015年8月31日(月)をもって終了したとのことです。 あんしん保証パック i プラスのみが現在受け付けされているソフトバンクの保証となります。 違いはスタッフが電話サポート、遠隔サポート、出張サポートで応えてくれる「ケータイなんでもサポート」が付いているかいないかです。 料金も毎月150円の差があります。 電話サポートなどが不要という人は「あんしん保証パック(i)」でいいと思います。 なので実質3,000円~で修理できることになります。 ただ、一度は修理代金を全額支払う必要があり、その後自分で「請求書」または「修理(作業)完了報告書」を持参してソフトバンクショップに申請する必要があります。 修理もAppleが行っているピックアップ&デリバリー修理サービス、Apple Store、およびアップル正規サービスプロバイダーでの修理以外だと還元対象外なので注意して下さい。 修理代金の割引上限額も設定されています。 ソフトバンクの公式HPには 全損、または盗難や紛失のあった場合、会員価格で同一機種か指定機種に機種変更できます。 と記載されていますがこの「会員価格」というのが5,000円ぐらいしか割引されないみたいなので定価で再度購入しているのと変わりません… ソフトバンクでiPhoneを購入したらとくに紛失・盗難にはマジで注意した方がいいですよ。 ほぼ定価で再購入する事になります。

次の