アンテナケーブルのつなぎ方。 テレビのアンテナケーブルのつなぎ方についての質問です。

DIY 電気配線を自分でやるには(屋内配線のやり方)

アンテナケーブルのつなぎ方

アンテナ部材と同軸ケーブルの接続方法 同軸ケーブルの構造 アンテナの接続に使用する同軸ケーブルの構造は下記のようになっています。 アンテナで受信した電波は、外側の編線組部分を基準として、同軸ケーブルの芯線部分で伝わっていきます。 同軸ケーブルをアンテナ部材と接続する場合は、芯線と編線組がショートしないように、かつしっかりと接続する必要があります。 接続事例1 下記のテレビコンセントは芯線部分をネジで固定、編線部分は挟み込んで固定するタイプです 接続事例2 下記のテレビコンセントは芯線部分を挟み込み、又は巻きつけて固定し、編線部分も挟み込んで固定するタイプです。 テレビに付属しているアンテナプラグにはこのタイプが多くあります。 芯線部分でよく接触不良を起こす事があるので注意して下さい 接続事例3 下記のアンテナ部材は芯線部分を穴の部分に差込み、網線組は挟み込んで固定するタイプです 接続事例4 下記アンテナ部材は芯線部分を穴に差込み、編線組部分をネジで固定するタイプです 接続事例5 下記アンテナ部材は芯線部分、網線組部分共にネジで固定するタイプです。 接続事例6 F型接栓の接続事例です。 芯線部分は直接テレビや端子に接続し、網線組部分はF型接栓が差し込まれ、接触しリングによって固定されます。 (テレビカテゴリーの関連ページ) アンテナ工事やテレビの設置作業を依頼できる業者へのリンク集(関連リンクのカテゴリー) メーカーに修理依頼をする場合、依頼先リンク。 FAX修理依頼のダウンロードも出来る(関連リンクのカテゴリー) テレビや録画機器を販売している主なショップへのリンク集。 (関連リンクのカテゴリー) テレビや録画機器のリモコン、AVケーブルやアンテナケーブルを販売している業者へのリンク集。 (関連リンクのカテゴリー) --スポンサードリンク-- 当社に頂いたお客様の感想です この度は誠にありがとうございました。 さすがプロの仕事だと感心しました。 妻より「ヘーベル板ALCは大変そうだった」と聞き、17時までしっかりやっていただき感謝しております。 理想的な配置になっており、配管も完璧ですね。 次回、1Fの寝室に取り付ける予定がでましたら、よろしくお願いいたします。 ALC(ヘーベル)は割高料金になっていないよう期待しています(笑)。 あの厚さがメリットでもあり、価格的なデメリット+業者さん泣かせになっています? 今後、お仕事の一番忙しい時期になると思いますが、体に気をつけてがんばって下さい。 では失礼します。

次の

一つのアンテナから2台のテレビにつなぐ時

アンテナケーブルのつなぎ方

まずはどんな種類があるのかを見てみましょう。 なので分波器で地上波とBS・CSのケーブルを分けて接続します。 BS・CSをテレビに接続するには屋外に設置してあるBSアンテナとケーブルでつなぎます。 ・直付端子 同軸ケーブルを直接ターミナルに固定するタイプです。 ・フィーダー端子 フィーダー線を直接接続するタイプです。 このタイプはデジタル放送に対応していないので交換することをオススメします。 テレビのアンテナケーブルの接続方法 自分の家の端子がどのタイプか分かったら、テレビアンテナとケーブルの接続方法を見てみましょう。 壁のアンテナ端子の地上波アンテナ端子とテレビ背面にある地上波アンテナ入力をアンテナケーブルで接続します。 地上波とBS・110度CSを受信する場合には「アンテナケーブル2本」が必要です。 地上波端子は上記と同じ手順で接続します。 そして、BS・CSアンテナ端子とテレビ背面にあるBS・CSアンテナ入力をケーブルで接続します。 お部屋の壁のアンテナ端子の地上波のアンテナ端子とテレビ背面にある地上波のアンテナ入力をアンテナケーブルで接続します。 お部屋の壁のアンテナ端子の地上波のアンテナ端子とテレビ背面にある地上波のアンテナ入力をアンテナケーブルで接続します。 地上波とBS・110度CSを受信する場合には「アンテナケーブル1本」と「BS・CSアンテナ」が必要です。 地上波端子は上記と同じ手順で接続します。 BS・CSは屋外に設置したBSアンテナとテレビ背面のBS・CSのアンテナ入力に接続します。 直付端子 地上波のみを受信する場合には「直付端子用未加工アンテナケーブル1本」と「テレビプラグ」が必要です。 お部屋の壁のアンテナ端子にケーブルを接続し、テレビに接続する側にテレビプラグを接続して地上波アンテナ入力に接続します。 地上波とBS・110度CSを受信する場合には「直付端子用未加工アンテナケーブル1本」と「テレビプラグ」と「BS・CSアンテナ」が必要です。 地上波端子は上記と同じ手順で接続します。 BS・CSは屋外に設置したBSアンテナとテレビ背面のBS・CSのアンテナ入力に接続します。 フィーダー端子 地上波のみを受信する場合には「アンテナケーブル1本」と「整合器」が必要です。 お部屋の壁のアンテナ端子に整合器とアンテナケーブルを接続し、テレビ背面にある地上波のアンテナ入力と接続します。 地上波とBS・110度CSを受信する場合には「アンテナケーブル1本」と「整合器」と「BS・CSアンテナ」が必要です。 地上波端子は上記と同じ手順で接続します。 BS・CSは屋外に設置したBSアンテナとテレビ背面のBS・CSのアンテナ入力に接続します。 ここまでの作業に不安があるなら これらは自分でもできる作業ではありますが、配線や端子の接続など、不安を感じている場合はアンテナ業者に依頼する方法が確実です。 失敗のリスクや手間を減らしたいのであれば、見ているだけですべて解決してくれる業者にお任せしてもよいでしょう。 費用が不安、という方はまずは相談も兼ねて、見積りを取っておきましょう。 アンテナやケーブル関連の作業は条件次第で費用には大きな差が出るので、依頼前に見積り金額をしっかり確認しておくことをオススメします。 当サイト・生活110番では、そんなアンテナ業者をお住まいのエリアに沿って、すぐにご紹介。 場合によっては最短即日、業者が対応いたします。 作業前には必ず見積り、それ以降の追加料金は、確認なしにはかかりませんのでご安心ください。 無料電話窓口は24時間・365日受付対応中です。 アンテナやケーブルのことでお困りの方は、いつでもお気軽にご相談ください。 その場合に使用するのが「分配器」です。 分配器は電波を分けることが出来る装置です。 アンテナ端子が一つしかなくてもケーブルで地上波の電波とBS・CSの電波に分けてテレビに接続することができます。 分配器を使ったテレビアンテナとケーブルの接続方法 必要なものは「アンテナケーブル1本」と「分配器」です。 お部屋の壁のアンテナ端子と分配器をアンテナケーブルで接続します。 そして分配器をテレビ背面の地上波・BS・CSのアンテナ入力にそれぞれ接続します。 それでも映らないならアンテナに原因があるかも 上記で紹介したテレビアンテナとケーブル接続の方法を確認してもテレビが映らない場合はアンテナに原因があるかもしれません。 その場合はアンテナレベルの確認をしてみましょう。 アンテナレベルは受信する電波の強度を表したもので、50以上のレベルであれば安定して視聴することが可能です。 (ちなみに最大レベルは72です。 ) 接続不良以外でアンテナレベルが下がってしまう原因としては、まず周辺の住宅環境の変化が考えられます。 家の近くに新しい住宅が建ったり、高層の建物が建設されたりすると、電波の妨害になる可能性があります。 また、他の原因としては台風などの強い風などでアンテナの方向が変わってしまったことなどもあげられます。 テレビが映らない原因はさまざまなことが考えられるため、原因が特定できないときは業者にみてもらい、原因を特定してもらうことも選択肢のひとつとしておすすめです。 まずはトラブルの原因を突き止めれば、その後の対処もしやすくなるでしょう。 まとめ 今回はテレビアンテナとケーブルの接続方法について詳しくみていきました。 自分の家の端子のタイプが分かれば、接続は意外に簡単にできるのが分かっていただけたかと思います。 テレビが映らなくなった場合もまずは端子の接続を確認してみましょう。 それでもテレビが映らない場合は、アンテナに問題がおきているおそれがあります。 自分では対応できないトラブルかもしれないため、業者に相談してみるとよいでしょう。 業者であれば、原因を正しく特定し、対応することができます。 弊社では状況に合わせて対応できるよう、現地調査・見積りが可能な業者ももちろんご紹介しております。 ご依頼前のご相談ももちろん受け付けておりますので、アンテナについてお困りの方はお気軽にご電話ください。 【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】 (この記事は2020年04月17日に加筆・修正しています) アンテナ工事を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。

次の

テレビアンテナにブースターは必要?選び方は?詳しく解説します!

アンテナケーブルのつなぎ方

こんにちは!みんなのアンテナ工事屋さんスタッフ川村です。 あなたはこんな疑問を抱えていませんか? 「テレビアンテナにブースターを付けると、テレビ映りがよくなるって本当?」 「ブースターが必要みたいだけど、どうやって選べばいいの?」 あまりなじみがないブースター。 そもそもの必要性や選び方、設置の仕方などわからないことだらけですよね。 実はブースターをはじめとする周辺機器は、 選び方や設置の仕方にかなり注意が必要なんです。 よくわからないまま選ぶと、テレビ映りが悪化したり、思わぬトラブルが起こる可能性も…! 「ブースターをつけたらテレビが見れると思っていたのに…(泣)」なんてことになったら嫌ですよね。 今回はブースターでお悩みのあなたがトラブルにあわないために、次の内容を紹介します。 ブースターの基礎知識• ブースターの選び方• ブースター設置で起こるトラブル ブースターの基礎知識や選び方を知って、 トラブルなくテレビを楽しみましょう! それではまいります! 知っておきたい!ブースターの基礎知識 「そもそもブースターってなに?」 ブースターとは、アンテナで受信した電波を強くする機器です。 アンテナの直下に設置されることが多く、四角い箱のようなかたちをしています。 設置する前に、ブースターの 基礎知識を知っておくことがトラブルを防ぐコツ! ということで、ここでは次の2つを紹介します!• ブースターが必要なとき• ブースターの設置場所 ブースターが必要なのはどんなとき? 「具体的にどんな時にブースターを設置すればいいのかよくわからない…。 」 なんとなく必要な気はしていても、詳しくはわからないという方がほとんどだと思います。 ブースターが必要になるのは、 アンテナで受信した電波が弱くなったときです。 「電波が弱いときって…?」 「どういう時に電波が弱くなるの?」 電波が弱くなるときにも、大きく3つのパターンがあります!• 住んでいる地域の電波が弱いとき• 複数台でテレビを見るとき• アンテナからテレビまでの距離が長いとき 1つずつ見ていきましょう! 電波が弱い地域に住んでいる 私たちは、近くの電波塔から送られる電波をアンテナで受信してテレビを見ています。 しかし、 電波塔との距離、周りの建物などの障害物が関係して、届く 電波の強さが地域によって異なります。 電波が弱い地域に住んでいると、受信感度が高い八木式アンテナであってもうまく電波をキャッチできないことが多いです。 そこで活躍するのがブースター。 ブースターを通じて電波を増幅させることで、電波が弱い地域でも安定してテレビを楽しむことができるようになります! 複数台でテレビを見るとき 「複数台でテレビを見るのとブースターはどう関係しているの?」 複数台でテレビを見るときには、 分配器という周辺機器が必要になります。 分配器とは文字通り、アンテナで 受信した電波をそれぞれのテレビや部屋に分配する機器です。 この分配器を使って電波を分けると、テレビ1台1台に届く電波がどうしても弱くなってしまいます…。 その弱くなった電波を取り戻すために、ブースターを使って電波を増幅させるというわけなんです。 アンテナからテレビまでの距離が長い アンテナで受信した電波は、ケーブルが長くなればなるほど電波が弱まります。 そのため、映りが悪くて悩んでいる方で 「テレビまで届かないから長いケーブルを使っている」 「模様替えをしたらケーブルが届かなくなったので延長した!」 という場合は、ブースターの設置をすることで映りがよくなる可能性があります。 「ケーブルを延長してからテレビの調子が悪い…」というときは、「」をチェック! ブースター以外の解決策を詳しく紹介しています。 ブースターはこう選ぶ!チェックすべきポイント5つ お待たせしました! ここでは、ブースターを選ぶ時にチェックしてほしいポイントを5つ紹介します! その5つとはこちらです。 ブースターの種類• 見たい番組に対応しているかどうか• 定格出力• 雑音指数 「うーん…。 なんか難しい言葉だなぁ…。 」 それぞれがどんなものかも詳しく紹介していくので、ご安心ください! どのブースターを選べばいいのか迷ったときは、ぜひ参考にしてくださいね。 屋内型か屋外型か ブースターは大きくわけると、 屋内型と屋外型の2つの種類に分けられます。 それぞれの特徴や選ぶときの目安はこちらです。 屋内型 屋外型 設置場所 テレビの近く 増幅部:アンテナの近く (屋根上、ベランダなど) 電源部:テレビの近く (据え置き、壁など) 増幅効果 屋外型よりも増幅効果が低い 増幅効果が高い 選ぶときの目安 テレビの台数を増やした少し映りが悪い程度 電波が弱い地域に住んでいるテレビをつけてもほとんど映らない 屋内型はブースターの電源部と増幅部が一緒になっていることが多いです。 価格:5,,897円(2019年12月19日17:00時点での情報です)• 4K8K対応• 利得切替可能 一般的には、 テレビがほとんど映らないくらい電波が弱い地域に住んでいるときは、建物全体をカバーするような 屋外型ブースターの設置がおすすめです。 分配器を使っていたり、 少し映りが悪い程度であれば、 屋内型ブースターでもテレビ映りが解決することがあります。 お客様の状況によってどちらがベストか?というのは変わってくるので、 「どっちを選べばいのか分からない!」という時はしてみましょう。 購入する前に、使用するブースターが見たい番組に対応しているかどうかチェックしましょう。 4K8K対応のテレビやアンテナを使っている方は、ブースターも4K8Kに対応しているものを選んでくださいね! 利得(ゲイン)の大きさ 「利得ってなに…?」 初めて聞く言葉で戸惑う方も多いかもしれません。 利得はそのブースターが どれくらい電波を増幅できるのかを表す指標で、dB(デシベル)で表記されます。 ゲインと呼ばれることもあります。 迷ったときは、 できるだけ利得が大きいものを選びましょう。 ブースターの定格出力の範囲を超えると、テレビの映りが悪くなったり受信できなくなったりすることがあります! そうならないためにも、迷った時は 定格出力ができるだけ大きいものを選んだほうが安心です。 調整機能があるものを選ぶとさらにいいでしょう。 雑音指数の低さ 雑音指数とは、受信した電波がどれくらいノイズの影響を受けているのかを表すものです。 NFと表記されることもあります。 迷ったときは、 できるだけ雑音指数が低いものを選ぶのがベター。 数値が低いほど、受信した電波の質を落とすことなくテレビまで届けることができます! 1にできるだけ近い値のものを目安にして選んでみましょう。 ブースターの設置手順は? 「ブースターはどうやって設置するの?」 という方のために、ここでは屋外用ブースターの設置手順をかんたんに紹介します。 1アンテナの支柱(マスト)にブースターの増幅部を取り付ける 2テレビの裏などの室内に電源部を取り付ける 3同軸ケーブルに防水キャップやコネクターを付ける 4ブースターに同軸ケーブルを接続する 5ブースターを調整する 屋外型のブースターの場合、アンテナの直下に設置するのがもっとも効果的。 ただし、アンテナ本体と1m以上の間隔をあけるようにしましょう。 また、分配器など雑音の原因となる機器の近くに設置しないのもポイントです。 とはいえ、ブースターは設置場所や配線方法を間違ってしまうとテレビ映りは改善しません…。 さらに、ブースター障害を引き起こす可能性があるので注意が必要です。 また、屋外用ブースターの設置は、屋根上での作業になります。 落下してケガをする危険性があるので、プロの業者に設置をおまかせしたほうが安心です。 設置の前にチェック!ブースター設置のトラブル2つ ブースターを選ぶときにチェックすべきポイントは次の5つでしたよね!• 屋内型か屋外型か• 見たい番組に対応しているかどうか• 利得が大きいもの• 定格出力が大きいもの• 雑音指数が低いもの とはいえ、ご自分でブースターを選んで設置すると思わぬトラブルが起こる可能性があるんです! トラブルなくテレビを楽しむためにも、設置の前にチェックしていきましょう。 トラブル1:ブースターを設置しても映らない! 私たちのもとには、お客様からこんな声がよく届きます。 「ブースターを設置したのに、余計に映りが悪くなった気がする…。 」 ブースターを設置しても変化がないどころか状況が悪化したときは、次の2つが原因のことが多いです。 アンテナレベルが低い状態で設置した• 電波が強すぎた アンテナレベルが低い状態で設置した アンテナレベルとは、 アンテナで受信した電波の品質を表すものです。 このアンテナレベル、ブースターの設置では改善できません…。 というのも、アンテナレベルが低いときは、アンテナの設置場所や方向のズレなど アンテナ本体に問題があることが多いからです。 アンテナレベルが低い状態でブースターを使うと、 質の悪い電波を増幅させることになります。 そのため、アンテナレベルがさらに下がったり、余計に映りが悪くなったりしてしまうんです…。 「テレビ映りが悪くて、アンテナレベルを確認したら低かった!」という場合は、アンテナの設置場所や方向を調整してアンテナレベルを回復させましょう! そうすることでキレイな映像のテレビを楽しむことができますよ。 「アッテネーター…?また難しい言葉だ…。 」 アッテネーターは ブースターと反対の役割をする機器と思っていただければOKです! 強すぎる電波を弱めて、安定してテレビを楽しめるように調整します。 しかし、ブースターやアッテネーターを適切な数値に調整するのは、一般の方にはなかなか難しい作業です。 私たち作業員も、かなり細かく色々な数値を測りながら、お客様がキレイな映像でテレビを楽しめるように調整しています。 よほど知識がない限り、ご自分での設置や調整には時間がかかったり、失敗がともないます。 実際に 「自分でやってみたけどうまくいかなかった…。 」というお客様からのご依頼も多いです。 「とにかく早くキレイな映像でテレビが見たい…!」という方は、ぜひ私たち みんなのアンテナ工事屋さんにご相談ください。 最短30分で、テレビ映りに悩むあなたのもとへ駆けつけます! トラブル2:ブースターの異常発振 異常発振とは、ブースターの出力側にある電波が入力側の電波に逆戻りすることで起きる現象です。 スピーカーにマイクを近付けると、「キーン」という大きな音が鳴るハウリングが起こりますよね。 これも発振の一種です。 異常発振が起こると 妨害電波が発信され、テレビの映りが悪くなったり、画面が真っ黒になるといった 障害が広い範囲に発生します。 1台の発振が、携帯電話など他の機器に影響を与えたり、数百〜数千世帯のテレビに影響を及ぼすなんてことも…! 「え、妨害電波ってそんなに大変なんだ…。 」 心配になると思いますが、正しく設置すれば異常発振が起こることはありません! 異常発振が起こるのは次のような場合です。 ブースターの劣化・故障• 設置・接続の不良• 利得の調整ミス• ケーブルの束ね、ねじれ 一般の方が設置するときはどうしても上記のことが起きやすいです。 「キレイなテレビを見たかっただけなのに、他の家に迷惑をかけてしまった…!」なんてことにならないためにも、ブースターの設置は 専門業者に依頼するのがオススメです。 私たちみんなのアンテナ工事屋さんでは、 ブースターの交換も行っております。 「ブースターを設置してから結構な年数たっているけど大丈夫かな?」 「自分でブースター設置してトラブルにあったら嫌だな…」 という方は 電話やメールでの無料相談も行っていますので、どうぞくださいね!! まとめ 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 ここで、この記事のポイントをおさらいします!• ブースタは電波の強さを増幅する機器• ブースターは見たい番組、利得・定格出力の大きさ、雑音指数の低さで選ぶ• 間違った設置はテレビ映りの悪化や電波妨害を引き起こす ブースターをはじめとしたアンテナの周辺機器は、 よほどの知識がないとご自分での選定や設置が難しいのが正直なところ。 実際に 「自分で設置してみたら余計に映りが悪くなってしまった…。 」というお客様からのご相談も多いのです。 ご自分でやりたい!というお気持ちも分かりますが、ご自分でのブースター設置にはトラブルがつきもの。 トラブルにあわないためにも、 知識と経験豊富な業者に依頼しましょう。 私たちみんなのアンテナ工事屋さんでは、みなさんが 快適なテレビライフをおくれるように全力でサポートいたします! お電話やメールでの ご相談やお見積りはもちろん無料です。 ささいな疑問や不安でもかまいませんので、お気軽にご相談くださいね! 24時間365日対応の無料相談窓口はこちらの番号から。 以上、みんなのアンテナ工事屋さんスタッフ川村でした!.

次の