トヨタ ライズ 試乗。 『トヨタ ライズ試乗』 トヨタ ライズ の口コミ・評価

『クロスビー乗りが「トヨタ ライズ」を試乗!』 トヨタ ライズ の口コミ・評価

トヨタ ライズ 試乗

「新型ライズ」のエクステリア バックドアガーニッシュが艶有り塗装となっている点、ドアアウターハンドルがメッキとなっている点は質感高い印象です。 また、2トーンカラーのルーフ部(ブラックマイカメタリック)が艶のある感じになっていたため、好印象です。 そのため、質感的には廉価な印象はなく、同クラス標準的、または1クラス上と比較しても遜色ない印象です。 トヨタ「RAV4」に似ていると言われているエクステリアですが、横並べで見ると明らかにコンパクトで結構異なる印象です。 印象的だったのは、ドアの締めやすさや ドアを閉めた音が比較的上質であったことです。 ちょっと重めな音で、感覚的には1クラス上のCセグメントクラスなイメージです。 「新型ライズ」のインテリア、ラゲッジスペース 「新型ライズ」のインテリア 2019年末時点の他社コンパクトカーと比較すると、室内の質感は高めであるといえます。 コンパクトカーの中ではトップクラスの質感を誇るマツダ「MAZDA2 マツダ2 」と比較すると劣っている点もありますが、エアコンの操作パネルや中央のカップホルダー部(「ライズ」はセンターコンソールボックス)については「ライズ」の方が上質な印象です。 そして、なんと言っても車内が広い! これが「ライズ」の大きな魅力の1つでしょう。 後部座席は足元及び頭上スペースが広く、Cセグメントクラスのトヨタ「カローラ」や「RAV4」にも勝る広さです。 足元中央の凹凸が小さめだったため、後部座席の移動も比較的楽でしょう。 僅かにリクライニングできることも好印象です。 昨今、ボディサイズは大きいのに車内は狭いという新型車が多い中、「ライズ」はボディサイズは小さく車内は広いという素晴らしいクルマとなっています。 ちなみに、他車と車内の広さを比較すると以下のとおりです。 「ライズ」:室内長1,955mm、室内幅1,420mm、室内高1,250mm• 「RAV4」:室内長1,890mm、室内幅1,515mm、室内高1,230mm• 「ヴェゼル」:室内長1,930mm、室内幅1,485mm、室内高1,265mm• 「CX-3」:室内長1,810mm、室内幅1,435mm、室内高1,210mm• 「クロスビー」:室内長2,175mm、室内幅1,355mm、室内高1,280mm 比較すると、ボディサイズがさらに小さい「クロスビー」の広さにも驚きですが、「ライズ」の広さもよく分かりますね。 「新型ライズ」のラゲッジスペース 「ライズ」は、ラゲッジスペースが同クラスSUVトップレベルの広さ(369L)であることを謳っていますが、実際見てもかなり広い印象です。 特に驚いたのが、アンダーラゲッジの広さです(80L)。 かなり深くなっているため、背の高い荷物の収納に便利そうです。 ボディサイズが近い国産ライバル車と比較すると、ホンダ「ヴェゼル」が393L、マツダ「CX-3」が350L、スズキ「クロスビー」が203Lとなっていますので、「ヴェゼル」を除くと最も広いことが分かります。 「ヴェゼル」より全長が335mmも短いことを考慮すると素晴らしい広さですよね! 「新型ライズ」の加速性能、走行性能、乗り心地 「新型ライズ」の加速性能 「ライズ」のパワートレインは、直列3気筒1. 0Lターボエンジンと非力ではありますが、スペック的には1. 5L NAエンジンと同等で、1. 0t未満の車両重量には十分な印象です。 ターボ車であるため、発進時は比較的スムーズで、上り坂も2,000回転程度で登ってくれます。 そのため、街中でパワー不足を感じることはあまりないと思います。 また、パワーモードを選択するとアクセル操作のレスポンスが良くなり、加速感が向上します。 走りを楽しみたい際には良い機能だと思います。 回転数を常時高めにキープする様なモードではなかったものの燃費性能は落ちると思われますので、街中で使うことは少ないかもしれません。 パドルシフトの方が使いやすい気もしますが、シフトアップやシフトダウンが行えるシーケンシャルシフトが全車標準装備となっている点も好印象です。 ただ、急な上り坂となれば3,000回転程度にはなりますし、高速道路の追い越し時などは若干パワー不足を感じるでしょう。 加速性能とは関係ありませんが、新型ダイハツ「タント」と同じ独特なウィンカー音やウィンカーの(カチッとハマらない)操作性が少し気になりました。 「新型ライズ」の走行性能 悪路走破性などは試せていませんが、「ダイナミックトルクコントロール4WD」が採用されており、最低地上高185mmと十分なロードクリアランスとなっています。 ちなみに、他車と最低地上高を比較すると以下のとおりです。 「ライズ」:185mm• 「RAV4」:190~200mm• 「ヴェゼル」:185mm(4WD車、「TOURING」は170mm)• 「CX-3」:160mm• 「クロスビー」:180mm また、全長3,995mm、全幅1,695mmというコンパクトな5ナンバーサイズで、最小回転半径が最大でも5. 0mと小回りが良いため、非常に運転しやすい印象です。 「RAV4」と比較すると圧倒的に運転しやすいです。 「新型ライズ」の乗り心地 静粛性は比較的良く、段差による突き上げもかなり抑えられている印象です。 乗り心地は、サスペンションが優秀な「カローラ」やホンダ「シビック」などと比較すると劣るものの、1クラス上のCセグメントレベルだと感じました。 後部座席の座り心地も家族に好印象でした。 「新型ライズ」の安全性能 「ライズ」には、「タント」から搭載された次世代スマートアシストに「ブラインドスポットモニター」と「リヤクロストラフィックアラート」の2機能を追加されています。 そのため、「ライズ」の安全性能は先進的です。 「ライズ」は、「CX-3」と比較すると「レーンキープコントロール」や「サイドビューランプ」が搭載されている点で優秀ですが、夜間歩行者検知機能付の自動ブレーキや「自動防眩ルームミラー」が搭載されていない点で劣ります。 また、電動パーキングブレーキではないため、アダプティブクルーズコントロールの停止保持ができない、ブレーキホールド機能がないなどの欠点もあります。 「ライズ」は「スマートパノラマパーキングアシスト」を設定できる強みはありますが、筆者的には駐車支援機能はまだまだ発展途上で、そこまで優位性はないと考えます。 「ヴェゼル」と「クロスビー」の一部グレードではオプション設定となっているものの、カーテンエアバッグとサイドエアバッグが概ね標準装備となっている点は各車素晴らしいです。 「新型ライズ」の燃費性能、価格、おすすめグレード 「新型ライズ」の燃費性能 「ライズ」の燃費性能は、SUV(ガソリン車)の中で最も低燃費であることを謳っています。 では、ライバル車と比較してみましょう。 ・新型ライズ ・1. 排気量が同じで車両重量が類似している「クロスビー」ですが、実燃費では僅かに「ライズ」を上回っています。 「新型ライズ」の価格、おすすめグレード 「レーンキープコントロール」、「全車速追従機能付ACC」などの安全装備が最上位グレードの「Z」でないと設定できないため、 「Z」が最もおすすめです。 価格は、メーカーオプションのリヤクロストラフィックアラートやパノラミックビューパッケージ、マット、ETC程度をオプション設定した「Z」で約230万円となります。 驚きだったのが、発売して間もないにの関わらず、 値引き額が23万円もあったことです。 ちなみに「ロッキー」の値引き額も20万円だったため、値引き額の差はあまりなさそうです。 「新型ライズ」はコスパ最強のクルマ! 「ライズ」は「RAV4」より70万円も安い! ここでエクステリアが似ている2車、「ライズ」と「RAV4」の価格を比較してみましょう。 メーカーオプションのインテリジェントクリアランスソナーやリヤクロストラフィックオートブレーキ、ナビ、マット、ETC程度をオプション設定したガソリン車「X」が約300万円となります。 つまり、 「ライズ」は「RAV4」より70万円も安いことが分かります。 「ライズ」は「C-HR」より60万円以上安い! ちなみに、同トヨタの1クラス上のSUV「C-HR」とも価格を比較してみましょう。 メーカーオプションのリヤクロストラフィックオートブレーキやパノラミックビューモニター、ナビキット、マット、ETC程度をオプション設定した1. 2Lターボ車「G-T」は約290万円、1. 8Lハイブリッド車「G」は約320万円となります。 つまり、「ライズ」は「C-HR」より60万円以上安いことが分かります。 ガソリン車で比較すると、維持費(燃費性能、自動車税など)も「ライズ」の方が安いため、10年間使用した場合「ライズ」の方がさらに安くなります。 「C-HR」のハイブリッド車は燃費性能が優秀ですが、自動車税は高いため、年間走行距離が1万km程度なら10年間で20万円程度しか価格差は縮まりません。 つまり、 「ライズ」の方が圧倒的に安いということです! 「ライズ」は「C-HR」より車内の広さや一部安全性能(先進ライト、レーンキープ、駐車支援システム)でも勝っていますので、 コスパが非常に高いといえます。 新型「ライズ」はコスパ最強のクルマ! 上記より、「ライズ」はコスパ最強のクルマであることがよく分かるかと思います。 【おすすめ】新車同様の中古車なら新車より60万円以上安く買える! 車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。 しかし、 新古車・未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。 人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。 ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、 ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。 なので、中古車選びのポイントは、 車のカラー及び メーカーオプションは妥協しないようにしましょう。 中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。 さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない• 納車後、 100日以内であれば返品可能• ディーラーより長い 10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証) ガリバーによると、修復歴車の 約4割(39. 4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。 そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。 特に驚きなのが、 100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。 これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。 その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。 ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。 走行距離が何kmでも保証対象です。 また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、 まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。 さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。 期間中に対象車両の成約+【ガラスコート or メンテパック or 長期保証】の何れか購入すると現金還元されます。 還元金額は最低2万円から最大10万円となっており、還元金額は対象車両によって異なります。 ガラスコートも良いですが、筆者的には必ず必要なメンテナンス費用を先払いするメンテパックや安心の長期保証がおすすめです。 【おすすめ】車の下取り価格を30万円以上アップさせるコツ! 新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。 しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を 30万円以上高く売ることも可能です! 中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位の の 無料査定がおすすめです。 買取台数No1なのには、それだけの 高価買取実績と サービスの良さ、 信頼性があります。 買取車両の在庫期間を短くする独自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減• 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映• また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。 上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。 高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。 何れにしも、 無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。 査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。 もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。 私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーで下取りに出し「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。 私のような後悔をしないためにも で 無料査定を行い、 現在の車を 少しでも高く売って、新しい車を 安く買いましょう。

次の

ライズ

トヨタ ライズ 試乗

この記事の目次• ライズの世間の評判をSNSで調査 ライズの世の中の声をSNSで調査してみました。 ツイッターなどでライズについて検索すると、反響の大きさがすぐにわかります。 トヨタのライズかっこいい!欲しい!欲しい!!!!サンタさん!!!! — Avechi qrFW8H8lxs4npG3 ライズかっこいいよね!! これ絶対ヒットするぞ!! — 漆黒のデスペラード《ZIGGY 釧路ライブ楽しかった!!》 SkylinerR154 トヨタのライズめっちゃいいやん。 安いし。 五人乗り出し、燃費もいいぞ。 あれ、ジムニーシエラ五人乗りが出る前に全部その辺のお客さん取られちゃうぞ — 青空 竜之介 クロマニヨンズ stussydragon 否定的な意見も多少はあるものの、ライズの評判はやはり良いようです。 SNSで 『トヨタ ライズ』と検索すると肯定的な意見がほとんどでした。 ライズは幅広く愛されるクルマのようです。 ライズは広い?せまい? ? ライズは全長4m以下の短いクルマです。 ちなみに4mを以下の他の車種を挙げると ヴィッツや アクアといった見るからにコンパクトなクルマ。 コンパクトとわかっていても、やはり広々と使えるにこしたことはないですよね。 そこでライズの室内空間や使い勝手を調査してみました。 フロントシートの広さ 身長175cmの筆者が運転席に座ってみました。 天井が高いので、全く圧迫感を感じません。 広々としていて開放感を感じました!! 180cmくらいの方でも、頭上の余裕、開放感を感じるという感想が多かったです。 ディスプレイオーディオや ナビゲーションがダッシュボードより上にはみ出しますが、運転に支障は全くなく、視界は良好とは言えませんが悪く感じることはありませんでした。 ライズは5ナンバーサイズながらセンターコンソールが標準装備。 良いポイントの反面、ウォークスルーのクルマからの乗り換えなどの場合、もしかしたら横に圧迫感を感じるかもしれません。 セカンドシートの広さ 膝元のスペースがとても広く、非常に快適でした。 4m以下の短いクルマとは思えないくらい空間を上手に使っている印象です。 これならロングドライブでもストレスにならなそうです。 ライズは天井の高さが、フロントシートとセカンドシートでほぼ変わりませんので 後席も開放感のある広い天井となっています。 同じトヨタ車だと、 『C-HR』は後席の天井が低く圧迫感があるというレビューが非常に多かったです。 天井の高さは想像以上に車内の広さを印象付けます。 さすがに、5ナンバーサイズということもあり、後席に大人3人だとギューギューでした。 笑 リクライニングは上の写真のように2段階の設定があります。 でも数センチしか倒れないので、倒れてるのか起こしているのかわからない程でした。 笑 ラゲージルームの広さ ライズの気になるラゲージルームの広さを調べました。 以下の写真をご覧下さい。 コンパクトながら十分な積載量を確保しています。 荷室の幅は1m、奥行きは75、5cm。 さらに、デッキボードが二段構えとなっていて用途に合わせて使いわけられます。 ちなみに上の写真が上段利用時です。 デッキボードを下段にすると、さらに広々と使えます。 5cmに。 積載できる荷物のレパートリーが広がりますね。 セカンドシートを前に倒すこともできますので、より大きな物でも積むことが可能です。 写真ではデッキボードを下段にしていますが、上段を利用すればシートとの段差も小さくなります。 ライズを試乗した感想やレビューのまとめ 実際にライズに乗った方の声をまとめてみました。 ご覧下さい。 ナビ、ディスプレイオーディオは9インチでも、ダッシュボード上のハミ出しは少なく運転に支障はなかった。 昨今のクルマは、運転中の視線移動をできるだけ減らすため、ナビがダッシュボードの上にくるデザインが主流になりつつあります。 その為、視界が狭くなるケースもありますが、ライズの場合、運転中気になる程ではないようです。 ウインカーが使いづらい ライズのウインカーは、ウインカーを上下に動かした後、手を話した瞬間に元の真ん中の位置に戻ります。 通常のウインカーだと、例えば右折しようとしてウインカーを下ろすと、右折しおわるまでウインカーは下に固定されたままですよね。 はじめて使う方はその感覚に慣れないようです。 また、ちょっとハンドルを動かしただけでウインカーが消えるので使いづらく感じる方が多いようです。 サスペンションが柔らかすぎて、フワフワして酔ってしまったり、カーブではロールが大きく不安定に感じる。 人が乗り降りするだけで、大きく浮き沈みするくらい、ライズのサスペンションはかなり柔らかい設計をしています。 ちょっとした凸凹でも大きく揺れて酔ってしまう方もいるとか。 高速道路のカーブなどではかなり大きくアウト側が沈み、不安定に感じるという声が多かったです。 このような意見もありましたが以下のように乗り心地が良いという意見も多くみられました。 ちょっとした段差や、凸凹でも突き上げ感が少ないし、静寂性が高く乗り心地がよかった。 サスペンションの柔らかさは、ロールが大きくなるデメリットだけでなく、突き上げ感が少ない、柔らかい乗り心地などメリットも多数あります。 また、1リッターのエンジンは回転数が高めになるので、エンジン音が気になる場合が多いのですが、 『エンジン音が静か』という声や、 『ロードノイズが気にならない』など 静寂性に関して満足度が高いようです。 排気量以上のパワーを感じる!! ライズは1リッターのエンジンですが、ターボがついている点や車輌重量が1000キロ前後の軽いボディのためか、パワー不足という評判は少なかったです。 『大人の2人なら全く問題なかった』というレビューが多く見られました。 大人4人だとパワーが少し厳しいようです。 ライズはRAV4に似ている? ? RAV4に似ているという声が、SNSをはじめ、ネットニュースなどでも話題になっているようです。 車名は「ロッキー」となる予定です(トヨタ版は「ライズ」)。 楽しみ。 — ベストカーWeb編集部 bestcarmagazine ベストカーさんの公式ツイッターでも、 RAV4と絡めてちょっとギャグっぽくツイートされていました。 笑 上がライズ、下がRAV4です。 こうして見比べると、確かにめちゃくちゃ似ていますね! 笑 ライズの欠点は? ? かっこいい。 コンパクトなのに広い。 評判もいい。 よいところだらけのライズですが、 『さすがに欠点くらいあるだろう!! 』ということで頑張って探してみました。 笑 値引きが少ない ライズはまだ発表から間もないこともあり、値引きが非常に少ないです。 値引きが5万円以下なんていうこともザラ。 安く買うためには、やことが必要です。 ・本革巻きハンドル ・ シーケンシャルターンランプ(流れるウインカー) ・全車速追従機能付ACC ・レーンキープコントロール 最上級グレードにしかつかない装備で代表的なものをあげてみました。 全車速追従機能付ACC(いわゆる自動運転のような機能)や 流れるウインカーなどは、最上級グレード以外を選んだ場合にもオプションで選びたい人も多いと思います。 本革巻きハンドルも、 『上位2グレードくらいはあってもいいのでは? ?』なんていう意見が目立ちました。 まとめ ライズの評判やレビューなどをまとめてみました!! コンパクトなのに広く、リーズナブルでかっこいい!! また、1台よいクルマが登場しましたね!! この記事では引き続き調査を行い、情報を更新していきます!! 購入を検討されている方は是非こちらもご覧下さい!!

次の

1.0L直列3気筒ターボでも走りは元気いっぱい!! 4WDの選択肢はアリか?【ダイハツ・ロッキー/トヨタ・ライズ試乗記】

トヨタ ライズ 試乗

ダイハツがつくり、トヨタでも売るのが1リッターのコンパクトSUV、「ダイハツ・ロッキー」とトヨタ・ライズである。 フロントグリルなどの意匠は異なるが、いちばん違うのが月販目標台数だ。 ロッキーの2000台に対して、ライズは倍以上の4100台を掲げる。 トヨタがそれだけ売ってくれるからこそ、製造メーカーとしてはすっかり軽専門になっていたダイハツも安心してつくれたともいえる。 2019年の師走に入ってすぐ、トヨタの広報車デポに試乗車を取りに行く。 FFの最上級モデル「Z」(206万円)。 隣には「センチュリー」が黒い巨体を休めていた。 この日は朝から妙に暖かく湿気があり、激しい雨が降っていた。 かつてユーミンが歌った『12月の雨』とは違うゲリラ豪雨みたいな降りかただ。 白ナンバーの車としてはちょっと軽っぽいなと思った。 3気筒サウンドのせいもあるし、フロアまわりの剛性感を含む乗り心地も「RAV4」のようにはしっかりしていない。 しかし、あらためてスペックを見て驚いた。 このクルマ、980kgしかないのだ。 以前試乗した「ダイハツ・タントカスタムRS」より60kg重いだけ。 1t以下だから、重量税は白ナンバー最安。 押し出しのきくマスクと彫りの深いサイドパネルのおかげで、けっこう大きく見えるが、全長はぎり4m以下。 佐渡や桜島のフェリーなら軽自動車と同じ運賃ですむ。 走り進むうちに、ライズの印象は右肩上がりによくなった。 まずこのパワートレインがいい。 98PSのエンジンはトヨタ製996cc 3気筒ターボをブラッシュアップしたもの。 変速機はタント初出の「D-CVT」。 ベルト駆動のCVTにギア駆動を組み合わせたハイブリッド変速機で、ワイドレシオ化による高速域でのエンジン回転低減など、これまでのCVTにあった弱点をカバーしたとされる。 加速は軽快だ。 最初のひと踏みが気持ちよく速い。 ターボらしい伸びも味わえる。 7段のステップがきられているので、高回転にずっと張りつくラバーバンド現象もない。 そのため、回しても不当にうるさくなることはない。 ハンドル右スポークの「PWR(パワー)」ボタンを押すと、アクセル踏み込みに対する実入りが大きくなる。 使いやすいところにあるので、一定スロットルの巡航中に押すと、ツーッと余計に加速する。 ハンドスロットルとして使えておもしろい。 デジタルメーターの表示はデフォルトの円盤型を含めて4種類あるが、どれを選んでもタコメーターのアピール度が高い。 いまどきタコそんな見ますか? という気もするが、見てもらいたいというなら、パドルシフトを用意してもいいのではと思う。 ロッキー/ライズは、タントで初採用された、DNGAに基づく新世代プラットフォームの小型車用で構築されている。 前述したとおり、荒れ気味の舗装路や高速道路の継ぎ目などでときにタイヤのドタバタ感を伝えるなど、乗り心地はもうひとつだ。 だが、雨上がりのワインディングロードを走ってみると、そんなネガは帳消しになった。 そういうところでSUVに乗って珍しく楽しいと思った。 ノーズは軽いし、バカヂカラはないものの、パワートレインはレスポンシブで意のまま感にあふれる。 なんといってもライザップに行ったような軽量がきいているのだ。 完全無欠ではないけれど、走ると楽しいキャラクターはどこかコンパクトフィアットっぽいなあと思った。 よく見ると、リアドアとリアクオーターパネルのチリ(パネルギャップ)が合っていない、なんてところも含めて。 約270kmを走って、燃費は13. 考えてみると、全長4mの1リッターSUVというコンセプトが新しい。 ただのハッチバックよりカロリーが高そうなSUVでも、軽いからキビキビ走るし、コンパクトな外寸は狭い町なかでの取り回しで実感する。 そのくせ室内、とくにリアシートはギャッと驚くほど広い。 1リッターだが4. 2mある「アウディQ2」なんかハダシで逃げ出す。 フルサイズのファミリーセダンとして使えるクルマだ。 この全長の、しかもノーズの長い2ボックスボディーでこれだけ広い後席がつくれたのは、やはり基礎から新しいプラットフォームのおかげかもしれない。 後席を畳んでフル荷室にすると、大きなMTBも意外と積みやすかった。 テールゲートの開口部や荷室側壁に出っ張りが少ないため、車体を寝かせたまま出し入れするときも苦労しない。 正味で広く使えるのだ。 FF車には全部で4グレードあるが、唯一17インチタイヤを履く「Z」以外は200万円をきるという価格設定も魅力だ。 (文=下野康史<かばたやすし>/写真=向後一宏/編集=藤沢 勝).

次の