写真 面白い 加工。 髪がキレイに!無料で使えるおしゃれな写真加工アプリ人気ランキング

猫の写真を加工・アレンジするアプリ『PicsArt』が面白い!

写真 面白い 加工

「MARINE&WALK YOKOHAMA」にある「天使の羽」(エンジェルウイングス)のウォールアート 写真を審査するのは、SNSに特化したマーケティング事業を手掛けるスナップレイス(東京都品川区)の「SNS映え画像採点AI」。 TwitterやInstagramで高い評価を得た画像10万点弱を教師データとしてディープラーニングを行った。 スナップレイスによると、「TwitterとInstagramでは評価される画像の傾向が異なるため、いくつかのクラスター(集団)をピックアップして人がラベル付けを行い、計6つのパラメータを用意しました。 写真の審査では、AIがパラメータごとに評価し、100点満点で点数を出します」という。 AIによるSNS映え画像採点システムの概要 AIは完全に公平で客観的な審査を行う上、いくら審査しても疲れない。 このため応募点数に制限を加える必要もなくなった。 加工や合成もOKとしたのは、スマートフォンのカメラなどで撮影した時点で加工が施されている現状を考慮したため。 「画像加工はもう誰でもやっていること。 NGにはできません」。 「Photoshop camera」や「Luminar 4」といった大胆な加工、合成を簡単に行えるアプリもあるが、「すべてウェルカム」としている。 応募はMARINE&WALK YOKOHAMAで撮影したものが前提となるが、新型コロナウイルス感染防止のため、現地での撮影は必須条件にしなかった。 コンテストの公式サイトにはプロが撮影した公式写真素材30点を用意。 「天使の羽」(エンジェルウイングス)のウォールアートなど、人気のフォトスポットが多いMARINE&WALK YOKOHAMAならではの素材が並ぶ。 希望者はダウンロードして合成や加工を施し、コンテストに応募できる。 募集期間は7月18日から8月16日まで。 グランプリの賞品はTom Fordのサングラス(5万円相当)。 準グランプリには1万円相当の商品をプレゼントする。 関連記事• 最近、SNSやWeb広告でよく見る「Luminar 4」を買ってみたら、予想以上に面白かった。 うたい文句通り、ややこしいテクニックなしでハデハデな写真が作れるし、実用的なフォトレタッチソフトとしても使える。 アドビの「Photoshop Camera」は、初心者でも「映える」写真が簡単に作れるカメラアプリ。 しかし単なるエンターテインメントではなく、クリエイターとユーザーをつなぎ、アドビのツールを用いた映像制作の世界に誘う役割を持っている。 アドビ システムズが配信したアプリ「Photoshop Camera」の説明文がストレートすぎて面白いとTwitterで話題になっている。 同社は「皆さんの温かいリアクションに社員一同喜んでいる」とコメントした。 アドビ システムズが、スマートフォン向けカメラアプリ「Photoshop Camera」をリリースした。 基本無料で、iOS 12以上、Android 9以上に対応する。 関連リンク•

次の

AIが審査する写真コンテスト、「MARINE&WALK YOKOHAMA」で開催 加工や合成大歓迎 撮影に行く必要なし

写真 面白い 加工

遠近法を使う• スマホやものを使用する• 人と協力する• 地面と壁を利用する 遠近法を使う撮影方法 誰でも簡単にできる方法として、遠近法を使ったトリック写真です。 大きく写したいものは手前に。 小さく写したいものは奥の方に。 配置することで、このトリック写真ができます。 人や大きい建物を摘んだりする写真はどこでも撮影することができます。 よりうまく撮影したい場合は、 光の当たる方向や影に気をつけて 撮影するとよりうまくできるでしょう。 このトリック写真を取る場合、広い場所で撮影するのが望ましいです。 また、撮影するにあたって、誰かがカメラを見ながら、 手前のものと奥のものとがバランスの取れた位置を確認しながら撮影する必要があ流ので、協力者が必要です。 スマホでカメラを遠隔操作しながら撮影する方法もあります。 位置の調整が大切です。 スマホやものを使う撮影方法 スイカのドレスを着ているような写真の撮影方法。 この撮影も遠近法を利用したトリック写真ですが、手前のものと奥のものとで、 そこまでの距離が必要ありません。 なので、身近なもので簡単に撮影することが可能です。 アイデア次第でいろんな写真が撮れそうです。 人と協力して撮影する 首の離れた写真や、体が軟体のように見える写真は、 写真上では1人に見える写真ですが、 2人が協力してできています。 パートナーと楽しみながら撮影できますね。 地面と壁を使う撮影方法 地面と壁を使うトリック写真ですが、 壁を地面にし、地面を壁に見立てて撮影をしています。 撮影の方法は、壁側付近に寝転び、壁に足をつけておきます。 そして、 カメラを傾けて撮影すると、 壁が地面になり、地面が壁になる写真ができます。 この写真の撮影の中に少しの違和感を入れると面白い写真が出来上がります。 例えば、 犬を使えば、犬が壁を登っている写真ができたり、風船を使うと、風船が飛ぶ方向が変わっている写真ができます。 この写真もアイデア次第で面白いものが撮影できますね。 まとめ 写真を撮るのが楽しくなるようなトリック写真です。 友達とワイワイいながら撮影できるのもトリック写真のいいところ。 難しい編集の必要もなく、一風変わった写真ができるので、 ぜひ、トリック写真の撮影方法を使ってアイデアで面白い写真を撮影して見てはどうでしょう。 あわせて読みたい記事.

次の

[Photoshop] 画像加工は簡単! 気が狂うほど写真加工して行き着いた最も簡単な方法

写真 面白い 加工

いかがですか? ショートカットを一切使わずにやってもこれぐらいの時間で完成します。 私はいつもショートカットをバンバン使うので、メニューから探すのにモタついている場面がチラホラあっても 40秒でできています。 では、 フォトショップを使って楽に画像加工する具体的なやり方を以下で紹介します!! 写真を開く 好きな画像を開いて下さい。 もちろん 元写真が綺麗であればあるほど良いです。 トリミングする トリミングします。 トリミングして下さい。 もう自由に、思うがままに。 サイズをネット用に 普通に デジカメとかスマホで撮った写真のサイズは、ネット用にしては大きすぎますので、ご自分のサイト用のサイズにしてください。 横幅を入れるとそれに合わせて縦幅も調整してくれます。 原寸表示にする ちょっとひと休みです。 見やすいように原寸サイズ(ここでは650ピクセル)で画像が見えるようにしましょう。 1表示が小さくなる たぶん、全体表示になっていたと思うので、小さいサイズになると画面表示がこんなことになります。 小さっ。 画像の表示が小さくなっています。 2表示を「原寸サイズ」に これでは見づらいので、 表示を原寸表示にします。 もうこれはショートカットで覚えましょう。 原寸表示にします。 シャープをかける 画像は 小さくするとモヤッとしますので、それを キリッとさせます。 擬態語ばっかですみませんw。 まぁ、ボヤけるのでそれを 見やすくさせるということです。 左: シャープ無し 右: シャープ有り いかがですか? 右側の方がキリっとしていませんか? 尚、シャープは何度もかけられますが1回で十分だと思います。 でも一度、シャープを5回ぐらいかけてみて下さい。 面白いですよ。 調整レイヤーの「トーンカーブ」 ここが肝心です! それは「 トーンカーブ」。 実はこれさえマスターすれば ほとんどの色補正が出来ると言われるぐらい奥深いのですが、ここではシンプルな使い方のみ紹介です。 もしくは、 F7でも表示されます。 2色調補正ウインドウが出る するとこんな色調補正ウィンドウが出てきます。 こんなグラフみたいなのが出ます。 ちなみにショートカットはありません。 3スポイトのアイコンをクリック スポイトのアイコンをクリックします。 3つ縦に並んでいますが、一番下のをクリックします。 色調補正ウインドウの中にあるスポイト(3つのうち一番下)をクリック 4真っ白にしたい色を選ぶ そして、これが一番重要です。 この写真画像の中で「ここを真っ白にしたい! 」という部分をクリックします。 「真っ白」にしたい部分でクリック この写真で言うと、 うどんのハイライト(テカリ)がその部分です。 ここをクリックするとこの部分の色が 文字通り真っ白になります。 ここで言う「真っ白」とは、青も黄色も、赤も、まったくほかの色が混じっていないまさに「真っ白」という意味です。 5トーンカーブ前とトーンカーブ後の比較 いかがでしょうか? トーンカーブをかける前は「これ白やん」と思っていた部分も、トーンカーブ後と比較すると、 意外と濁ってたことがわかると思います。 左: トーンカーブ無し 右: トーンカーブ有り ちなみに、先ほどのスポイトアイコンの一番上にあったスポイトは、「 真っ黒を選ぶスポイト」です。 黒をもっと本当の真っ黒にしたいときは、使ってみて下さい。 真ん中は「グレイを選ぶスポイト」です。

次の