膝 の 水 が たまらない 方法。 膝に水がたまる!運動は控えてストレッチや安静・アイシングを!

膝に水がたまったら?自分に合った治療方法を選ぼう!

膝 の 水 が たまらない 方法

山本さま、ご質問ありがとうございます。 波鍼灸整体院 梨本光久です。 山本さまの膝の状態をみていないので的確なおこたえができないのですが、状況から判断させていただいた対処法をお伝え致します。 >水がたまる原因は炎症らしいので 時々湿布したりしています。 冷湿布は3~4時間で、冷やす効果がなくなり湿布自体が保温するようになるので、3時間を目安にに交換してください。 体の表面はヒンヤリしますが炎症まで効果があるかは疑わしいので湿布よりもサポーターなどで関節を安定させたほうがよいと思います。 >今も痛みはまったくありませんし、腫れた状態も気づいた時と変わっておりません。 痛みがない状態なら、これ以上の進行を防ぐためにもサポーター(スポーツ用が動きやすくて関節が安定し易いので)をおすすめします。 >水がなくなり腫れが引く事はないのでしょうか。 関節の水に関しては、 を参考にしてください。 >自分でできる対処法がありましたら 教えていただけませんでしょうか。 動画で説明いたしましたので参考にしてください。 動画で紹介しました、運動のしすぎにはご注意ください。 直接返信できないので、もし何か変化がありましたら書き込んでくださいね。 波鍼灸整体院 梨本光久 膝に水が溜まった事につきましてご相談致します。 ふとした時に、膝がブヨブヨして 膨れているのに気づき、痛みはまったくありませんでしたが病院に行きました。 少量の水がたまっているとの事、水を抜いても抜かなくても、の程度との事でしたので 抜かず、何も処置はしていません。 1週間ほど前の出来事です ブヨブヨしている所は熱をもっている様子はありませんが、 水がたまる原因は炎症らしいので 時々湿布したりしています。 それが良いのか悪いのかがわかっていません。 今も痛みはまったくありませんし、腫れた状態も気づいた時と変わっておりません。 水がなくなり腫れが引く事はないのでしょうか。 自分でできる対処法がありましたら 教えていただけませんでしょうか。 宜しくお願い致します。 2 山本悦子 金曜日, 30 9月 2016 08:11.

次の

膝に水がたまっているときは運動はしない方がよいか

膝 の 水 が たまらない 方法

発売1日でAmazonでベストセラー!売れ筋ランキング1位を記録した、著書「薬に頼らず中性脂肪・コレステロールの下げる方法」をまだ読んでいない人は必読です! 膝に水がたまって、張れていたり、痛みがあるときは、気持ちも暗く沈みがちです。 この先、良くなるのだろうかと不安も頭をよぎるかもしれません。 そうなってくると、だんだん家から出て活動することも、おっくうになることでしょう。 そして暇にしてじっと家にいると、ついつい余計なものを食べてしまいがちです。 そうすると太り気味の方はますます太ってしまい、その増えた体重でより膝に負担をかけてしまうことになリかねません。 このように膝に水がたまった時は、安静にして運動をしない方がよいでしょうか? 膝の運動はしないにしても、他の運動はしたほうが良いです。 なぜなら運動不足になると、新陳代謝が悪くなり、回復が遅れてしまう可能性が出てくるからです。 このような、悪循環にならないよう、膝には負担のかからない運動をご紹介いたします。 炎症の起こっている部分は休める 膝に水がたまるということは何らかの炎症が起こっている可能性があります。 炎症が起こっている部分は、無理に動かす必要はありません。 そこの部分を治そうとして、炎症が起こっていると捉えるとよいでしょう。 そこは戦っているので、そっとしておいて、その他の部分を動かして、全身の血流を良くしましょう。 全身の血液循環をよくして新陳代謝をよくしておくことは大事だからです。 炎症の起こっているところにも、栄養や酸素がいき渡る必要があります。 そして、二酸化炭素や老廃物を回収しなければなりません。 中から治す力を高めるのです。 運動は激しくなくて良いのです。 ゆっくりで充分です。 全身がポカポカ温まるような事をしてみましょう。 そうすると、気持ちも前向きになってきます。 じっとしていると、治りが悪いのは血流が悪くなり、気持ちまでも落ち込んでしまいます。 血流が良くなれば、頭もすっきりして、脳の働きも良くなります。 悪いところばかり気にして、ストレスになってしまっているかもしれません。 膝は休めて、別の個所を運動して、血流を良くしましょう。 膝以外の運動をする 膝は動かさなくてもいろいろ運動できます。 呼吸 呼吸もとても良い運動です。 呼吸が浅くなると新陳代謝も悪くなります。 そして、呼吸が浅い時は、猫背になっていたり、姿勢も悪くなっています。 ゆっくり気持ちよく呼吸をしましょう。 寝ていて、膝を立てて、ゆっくり気持ちよく腹式呼吸もお勧めです。 内臓をマッサージしているような感じで、腰のあたりも楽になってきます。 膝や足の方まで、全身に行き渡るようなにイメージしてみるとよいでしょう。 同じ姿勢ではなく小さく動かす 長い間同じ姿勢をしても、血流が悪くなってしまいます。 立つのが大変なら、坐っていても、上体だけ右に体重を移動してみたり、左に移動してみたり変えてみましょう。 そうやって、小さな動きを観察することも大事です。 こうすると痛いな、とかこうすると楽だとわかってきます。 身体の声を聴くということを多くの方は忘れてしまっているかもしれません。 脇を伸ばす 脇もゆっくり伸ばすと気持ちよいです。 膝の調子が悪い時は、全体に体がこわばっていることが多いです。 脇伸ばしを気持ちよく行ってみましょう。 この時も呼吸も一緒に意識すると、より脇が伸びます。 伸ばすときに、ゆっくり息を吐いてみましょう。 腰をゆっくり回す 椅子に座ったまま、ゆっくり腰を回してみましょう。 膝の調子が悪い時は、膝をかばって、腰にも負担がかかっていることが多いです。 腰が前後左右と動きますでしょうか。 動かしてないと、いろいろこわばっていきます。 腰をゆっくり回していると、足腰もポカポカしてきます。 その結果、足腰の血流も良くなってきます。 最後に 膝に水がたまってしまうと、その部分だけが気になります。 困ったなあ、どうしよう! と膝ばかり、気にしても解決策は出てきません。 もっと全体に目を向けてみましょう。 膝の調子を良くするヒントは膝だけにあるのではないのです。 身体の司令塔は、脳にたくさん集まっています。 頭が疲れてないでしょうか。 マイナス面だけを捉えてないでしょうか。 あなたの膝の調子がよくなるように、自己管理しましょう。 生活習慣を見直してみると、気になるところはありませんか。 甘いものを摂り過ぎていた! 夜遅くまで、食べていた! そして運動は、症状のある膝は動かさないで行うとよいのです。 運動は、膝は動かさなくても、全身に連動できる運動はあります。 また、小さい動きでもよいのです。 大きく動かすことだけが運動ではありません。 この機会に、身体の声を聴く習慣をつけることをお勧めします。 そうすると普段気が付かなかったことにも目が行くようになります。 膝の痛い理由がわかってくるかもしれません。 そのようにして、膝の調子が悪いからとがっかりしないで、動かせるところから、血流を良くすることに取り組んでみましょう。

次の

【膝の水が抜けた】足首ストレッチで膝に水がたまらなくなる方法とは?

膝 の 水 が たまらない 方法

膝の水を抜く・引かせる方法 詳細を見ていく前にもう一度。 あまりにも痛みや腫れがヒドい場合は、 整形外科を受診しましょう。 自力で何とかしようと思って トレーニングやストレッチをした結果、 かえって症状が悪化した〜 なんてことになる可能性もあります。 決してムリはしないように。 痛みや腫れが引いたら、 自力で治す方法を実践してみましょう。 仰向けで自転車こぎ 仰向けになって自転車をこぐ動作を 25回以上行うという方法です。 2日以内(48時間以内)で 効果を実感出来た人もいるくらいです。 自宅で簡単にできる方法なので、 実践してみる価値は大いにあります。 参照>> ツボ押し(指圧) 右膝が痛む場合は「左肘」 左膝が痛む場合は「右肘」 痛む膝と反対側の肘の ツボを押すという方法です。 参照>> 安静・アイシング・圧迫 最もシンプルな方法ですが、 簡単かつ効果も高いです。 私もこの方法を継続していたら、 膝の腫れがひいてきましたので。 参照>> 最後に いかがだったでしょうか? 膝に水がたまる!痛みや腫れを 自分で治すことはできる? という内容をお届けしてきました。 繰り返しにはなりますが、 決してムリはしないように。 膝の痛みや腫れがヒドい場合は、 一度整形外科を受診しましょう。 特に 症状が1週間以上続いている場合は、 自分で治す方法を試すよりも先に 整形外科を受診するように。 それでは、 最後までお読みいただき、 ありがとうございました^^.

次の