ファイナル ファンタジー vii。 ファイナルファンタジーVII:神羅カンパニーのパーカ、バッグ クラウドたちのスタンプも グッズ続々

『ファイナルファンタジーVII リメイク』開発陣はどのようにして古典的名作を新しく作り直したのか:インタビュー(IGN JAPAN)

ファイナル ファンタジー vii

ネタバレ注意! この記事では具体的なストーリーの詳細には 触れていないが、『ファイナルファンタジーVII リメイク』がオリジナルと比べてどこで終わるのかに言及している。 何年も待ち望んだ『ファイナルファンタジーVII リメイク』がついに発売された。 しかし、ストーリーは完結にはほぼ遠い。 リメイク版にはフルゲームの何割が含まれていて、いつになったら残りをプレイできるようになるのだろうか? FF7のどれくらいが残っているのか? 『ファイナルファンタジーVII』のリメイクは、1作目はオリジナルのストーリーの一部しかカバーしていない。 だからと言って、本作がフルボリュームのゲームではないわけではなく、IGN USのスタッフはクリアまで大体30〜40時間かかった。 つまり、リメイク版では1997年のオリジナル作品の一部が大幅に拡張されているということだ。 ここから、残りの作品について考えてみよう。 『ファイナルファンタジーVII リメイク』は、ミッドガル編の終わりで終了する。 全40〜50時間のオリジナル作品のうち、ミッドガル編は5〜6時間程度だ。 つまり、リメイク版は全体の10〜15%しかカバーしていないことになる。 単純計算すると、オリジナル作品のストーリーをカバーするためには少なくとも、あと5本のゲームが必要になる。 しかし、それほど長く待たなくて良いと考える理由はたくさんある。 『ファイナルファンタジーVII リメイク』はオリジナルの大体10〜15%をカバーしている。 FF7は何パートに分かれるのか? スクウェア・エニックスはリメイクが何作に分かれるのか明かしていないが、6本はおそらく多すぎると見て良いだろう。 また、ミッドガル編は、FF7のなかでもリニアなセクションなので、引き伸ばすことで得られるものが多かった。 一方、ミッドガル編を出た後は、全く異なるスケールのオープンワールドがプレイヤーを待っている。 リメイクの1作目でオープンワールドのセクションにたどり着いた今、残りのリメイクは1作目とはかなり違った作品になると思われる。 『ファイナルファンタジーXV』のような自由度の高い構造になるかもしれない。 ゲーム全体をミッドガルだけで展開させなければならなかった1作目とは違い、スクウェア・エニックスは残りの作品でオリジナルの大量にあるオープンワールドのコンテンツを引用できるので、新しいシーンを追加してボリュームを増やす必要性は減る。 これはただの推測だが、構造の違いにより、残りの部分は1本か、2本のゲームで描かれるのではないだろうか。 35〜45時間分のストーリーが残っているが、ゲームの構造を考えると、ミッドガル編のように残りのパートが300時間に引き伸ばされるとは考えにくい。 また、リメイクではオリジナルのプロットに大きな変更も一部加えられているので、残りのプロットも我々の知っているものから離れていくかもしれない。 それでは続編をいつになったらプレイできるのか? 断言することはできないが、今作と同じようなサイズの作品になるとしたら、クラウドにもう一度会えるまでに少なくとも2年はかかるのではないだろうか。 新作を待つ間、、をチェックしよう。

次の

ファイナルファンタジー7/FF7 完全攻略(インターナショナル/for PC版対応)

ファイナル ファンタジー vii

ビデオゲームをリメイクするのはただでさえ難しい。 数々のゲーマーに愛され、隅々まで分析し尽くされたタイトルを完全に新しく作り直し、システムを入れ替えるというのは、もはや不可能に思える。 オリジナルの『ファイナルファンタジーVII』が初代PlayStationで発売されてから23年(と3カ月)、多くの期待を背負ってリリースされた『ファイナルファンタジーVII リメイク』は凄まじい批評的・商業的成功を収めた。 熱狂が落ち着いた今、我々はいくつかの疑問に直面している。 スクウェア・エニックスによる壮大なリメイク・プロジェクトの30時間超えのオープニングチャプターをプレイした者ならば、『ファイナルファンタジーVII リメイク』にはとてつもない量の新しいコンテンツが含まれていることがわかっただろう。 脇役だったキャラクターはファンの心に残るようなキャラクターへと進化し、新しいキャラクターとエリアが追加されたことで、1997年には達成しようもなかった華々しいまでのリアリティと活力がミッドガルにもたらされている。 そして、それでいながらオリジナル作品の精神と深いレベルでの繋がりを維持しているのだ。 開発陣はこのような絶妙なバランスをどのようにして実現したのだろうか? ジェシーに何が起きたのか? その答えを探すべく、IGNはプロデューサーの北瀬佳範氏、共同ディレクターの浜口直樹氏、シナリオライターの野島一成氏にインタビューし、『ファイナルファンタジーVII リメイク』(少なくとも1作目!)の制作を振り返ってもらった。 IGN:『ファイナルファンタジーVII リメイク』へのアプローチは、過去の『ファイナルファンタジーVII』コンピレーション作品と比べてどういった部分で異なりますか? また、これらの作品はリメイクにどれくらい影響を与えているのでしょうか。 北瀬プロデューサー(以下、北瀬):リメイクプロジェクトでの我々のアプローチは、新・旧両方のファンにこれらのキャラクターと世界観を改めて紹介し直すことでした。 最新の技術とストーリーテリングを駆使して原作の世界とキャラクターを現代のゲーマーにお届けすることを目指しました。 原作をよりリアルに、没入感を重視して再創造しましたので、原作のワクワク感を単純に過去の作品を新しくしたものではなく、新しく、驚きのある、革新的な作品として感じられるようにしました。 コンピレーション作品はこれらのキャラクターや世界にすでに馴染みがあることを前提にしていますが、リメイクでは全く新しいプレイヤーでも本作の世界に飛び込み、必要な情報はゲームを通して知るようにしてあります。 ただし、コンピレーション作品のストーリーテリングを切り離すことはしたくなかったのでコンピレーション作品で追加、補強されたキャラや世界観の設定はリメイクの設定にも還元されて組み込まれています。 IGN:本作はどちらかと言うと原作を再創造した作品と言った方が正確かと思いますが、原作をよりストレートにリメイクしたものを期待していたファンに対して一言いただけるとすれば、どんなことを伝えますか? 北瀬:私たち開発スタッフもファンの皆さんも世界の情勢も、23年間変化し続けてきています。 本プロジェクトを通して、原作当時と同様のドキドキを持って迎えられると思います。 IGN:開発段階で レッドXIIIを操作可能なキャラクターにしようと思った瞬間はありましたか? イエスでもノーでも、その理由を教えてください。 浜口共同ディレクター(以下、浜口):ノーです。 特に原作に馴染みのある人であれば、操作可能にできることを求めるユーザーは多くいるとは思っていましたが、登場がゲームの終盤になってしまうことから、もっと早い段階で登場するほかの主人公たちと同様の扱いにしてしまうことでゲームのテンポが悪くなってしまうことに注意していました。 また、新しいプレイヤーにとっては、本作の終盤に登場するキャラクターが操作可能になることに違和感を覚えるかもしれないと感じたし、とはいえ彼をもっと早い段階で登場させることは無理だったということもあります。

次の

4Kブラビアが『ファイナルファンタジーVII リメイク』の世界をリアルに伝える ゲームをするならブラビア

ファイナル ファンタジー vii

ネタバレ注意! この記事では具体的なストーリーの詳細には 触れていないが、『ファイナルファンタジーVII リメイク』がオリジナルと比べてどこで終わるのかに言及している。 何年も待ち望んだ『ファイナルファンタジーVII リメイク』がついに発売された。 しかし、ストーリーは完結にはほぼ遠い。 リメイク版にはフルゲームの何割が含まれていて、いつになったら残りをプレイできるようになるのだろうか? FF7のどれくらいが残っているのか? 『ファイナルファンタジーVII』のリメイクは、1作目はオリジナルのストーリーの一部しかカバーしていない。 だからと言って、本作がフルボリュームのゲームではないわけではなく、IGN USのスタッフはクリアまで大体30〜40時間かかった。 つまり、リメイク版では1997年のオリジナル作品の一部が大幅に拡張されているということだ。 ここから、残りの作品について考えてみよう。 『ファイナルファンタジーVII リメイク』は、ミッドガル編の終わりで終了する。 全40〜50時間のオリジナル作品のうち、ミッドガル編は5〜6時間程度だ。 つまり、リメイク版は全体の10〜15%しかカバーしていないことになる。 単純計算すると、オリジナル作品のストーリーをカバーするためには少なくとも、あと5本のゲームが必要になる。 しかし、それほど長く待たなくて良いと考える理由はたくさんある。 『ファイナルファンタジーVII リメイク』はオリジナルの大体10〜15%をカバーしている。 FF7は何パートに分かれるのか? スクウェア・エニックスはリメイクが何作に分かれるのか明かしていないが、6本はおそらく多すぎると見て良いだろう。 また、ミッドガル編は、FF7のなかでもリニアなセクションなので、引き伸ばすことで得られるものが多かった。 一方、ミッドガル編を出た後は、全く異なるスケールのオープンワールドがプレイヤーを待っている。 リメイクの1作目でオープンワールドのセクションにたどり着いた今、残りのリメイクは1作目とはかなり違った作品になると思われる。 『ファイナルファンタジーXV』のような自由度の高い構造になるかもしれない。 ゲーム全体をミッドガルだけで展開させなければならなかった1作目とは違い、スクウェア・エニックスは残りの作品でオリジナルの大量にあるオープンワールドのコンテンツを引用できるので、新しいシーンを追加してボリュームを増やす必要性は減る。 これはただの推測だが、構造の違いにより、残りの部分は1本か、2本のゲームで描かれるのではないだろうか。 35〜45時間分のストーリーが残っているが、ゲームの構造を考えると、ミッドガル編のように残りのパートが300時間に引き伸ばされるとは考えにくい。 また、リメイクではオリジナルのプロットに大きな変更も一部加えられているので、残りのプロットも我々の知っているものから離れていくかもしれない。 それでは続編をいつになったらプレイできるのか? 断言することはできないが、今作と同じようなサイズの作品になるとしたら、クラウドにもう一度会えるまでに少なくとも2年はかかるのではないだろうか。 新作を待つ間、、をチェックしよう。

次の