断 捨 離 ブログ 50 代。 60歳までに断捨離

50代からの断捨離の効果と体験談は?かんたんなやり方は? | 老後の暮らしを変える!お金や生活を考えるブログ

断 捨 離 ブログ 50 代

「終活」という言葉が登場した頃には、「60代や70代でやるもの」というイメージを多くの人が持っていました。 しかし、今は「50代から始める」という方も増えています。 これは「終活をしていなかった親御さんの死を目の当たりにし... (最終更新日…2019年12月12日) 断捨離とは、不要な事物をことにより、人生を改善する考え方のこと。 単に「」「」という意味合いで用いられることもある。 「物」を対象にすることが多いが、近年ではあらゆる対象に用いられる。 例えば、・・・・・などである。 もともとはヨガの行法である「」に由来している。 この内容自体はでも同じ発想が古くからあり、特に・は釈迦の時代から続く仏教の重要な思想・修行であった。 そこに「離行」という言葉を、ヨガの分野から「断捨離」という造語が生み出された。 考案者は、日本のヨガの草分け的指導者として活躍したである。 沖は1976年に出版したでこの言葉を用いて以後、少なくともの書籍で「断捨離」という言葉を使用していた。 また、ヨガの世界では「断捨離は沖正弘氏の思想」としてされていた。 この言葉を主に「片付け」の分野にし、広く世間に普及させたのが、である。 やましたは2009年に『新・片づけ術「断捨離」 』を。 同書はベストセラーとなり、「断捨離」は2010年のユーキャン新語・流行語大賞にされた。 沖が提唱した断捨離は、では広く知られていたが、一般には普及していなかった。 また「片付けに応用する」という発想もメジャーではなかった。 それをに近くなるほど世に広めたのは、やましたの多大な功績である。 2019年11月12日時点で「断捨離」を含むは、7の個人・法人によって11件登録されている。 2018年に行われた2度の審決において、は断捨離を「社会に定着し、一般的に通用する語」とし「一般名詞である」という見方を示している。 「断ち・捨て・離れる」の意味 考案者の沖正弘氏は、自著で下のように説明している。 表にすると、下のようになる。 断 新たに入って来ないようにする 捨 今あるものを捨てる・消す 離 悪いもの(事物・習慣・思考)から解放される 要約すると、下のようになる。 断 インプット(を停止) 捨 アウトプット(を促進) 離 ゴール(得られる結果) 最後の「離」について「何でここだけ結果なのか?」と思うかもしれない。 実際、行いとしては「断・捨」だけで終わるため、を説いてきた。 そこに沖氏が「離」を合わせて断捨離が生まれたわけだが、極端な話「離は削ってもいい」のである(断と捨が本当にできれば、自ずと離の状態になるため)。 実際、沖氏の教えを継承されている龍村修氏が「」と説明されている(つまり、捨行までできた時点で、離行も自然にできる)。 なお、先述の沖氏の文章は下の書籍に書かれている。 断捨離の方法・やり方(コツ) 断捨離のやり方は、捨てるアイテムごとに考えると、よりわかりやすくなります。 ここでは服などのアイテム別に、断捨離のやり方を解説します(服以外のアイテムのご説明も随時追加します)。 服を捨てる5つのルール例(ライフルホームズより) 東証1部上場のライフルホームズが運営する「」で、ミニマリスト・弥生さん(イラスト)がわかりやすいルールを書かれています。 原文では「6つのポイント」となっていますが、「服の状況別」という観点で絞ると「5つのルール」になります。 表でまとめると下のとおりです。 服の状況 とるべき行動 即処分 早めに捨てる 買い替えながら捨てる 着ないなら捨てる 趣味じゃない 捨てる それぞれのルールについて「どういう意味か」を、筆者なりの解釈を交えてご紹介させていただきます。 こんな服あったんだ…即処分 これは特にわかりやすいと思います。 忘れていたということは、 ・必要もないし、 ・愛着もない ということなので、即処分でいいでしょう。 これは1つの例ですが、何かこのような「シンプルな鉄の掟」を持っておくと、作業効率が大幅に上がるはずです(鉄の掟というと少し大げさかもしれませんが…)。 最近着てない…早めに捨てる これは少し悩むかもしれません。 「以前は着ていた」ということだからです。 以前のような生活に戻る可能性もあるでしょう。 この場合「即保留」でもいいかと思います。 他のルールを実行するだけでも「何割かは片づく」ので、まずはそれで良しとする、というのもありかと思います。 ボロボロ…買い替えながら捨てる ボロボロということは「使い込んでいる」ということで、必要な服です。 ただ、寿命も来ているでしょう。 そのため、その使い道に支障が出ないように「新しいもの」に買い替えながら捨てていくべきです。 今の流行ではない…着ないなら残す 流行でなくても「好きなら着るべき」です。 これは「恐竜」という単語ですが、英語圏では「」という意味もあります。 今の日本でいう「ガラパゴス」のようなイメージでしょう。 そのため、このタイトルが候補にのぼった時、ドラマーの(写真)は「自虐的に聞こえる」と指摘したそうです。 それでも自分で自信を持って「これが好きだ!」と言える場合は、時代遅れでも堂々と、喜んで着るべきだと思います。 逆に、そのような気持ちになれないなら(ほとんどの人がそうだと思いますが)、その人にとって「人目は大事」なのです。 実際、ほとんどの動物は身の危険を感じたら躊躇なく安全策をとります。 プライドなど何もなく、自分より強い相手からは「すぐ逃げる」か「降参して」のです。 だから、別に人目を気にしても何も悪くないのです。 むしろ、そのような人が多数派だからこそ、なのだといえます。 そのため、時代遅れの服を好きになれても、なれなくてもどちらでもいいでしょう。 そのときの気持ちに素直になって、残す・捨てるのどちらでも「」やるのが良いかと思います。 それが本当の「自信を持つ」ということかと思います。 40代の人が捨てるべき40の物(Country Living US/ELLE) そして、それを日本の人気女性ファッション誌『ELLE』が、日本語訳しています。 その日本語版の記事では「日本人に内容が合うもの」がピックアップされています。 ここでは、それをさらに「ジャンル別」に分類して、紹介させていただきます。 ジャンルは下の通りです。 以下、それぞれのアイテムを「なぜ捨てるべきなのか」の理由を一覧にしていきます。 処分の方法や供養してもらえる全国の神社などの情報を、下の記事でまとめています。 人形やぬいぐるみ、民芸品などの処分方法は共通します。 以下の9つのやり方です。 寺社に持ち込んで供養する お焚き上げ業者・寺社に郵送する 買取業者・リサイクルショップに売る ネットオークション・フリマで売る 遺品整理・不用... 特に「怖い人形」といったら・などになるでしょうが、それらは以下の段落で、それぞれ詳しくご説明しています。 食器…3つの捨て方ルールと残すべき5種類(TABLE WEAR EAST) 食器に関しては、その道のプロである「テーブルウェアイースト」さんが、断捨離の方法をブログで解説されています。 まず、捨て方の3つのルールは下のものです。 そして、残すべき5種類のお皿は以下のものです。 その他(仕切り皿、グラス) これらが「少数精鋭」で「本当にお気に入り」のアイテムだけあれば良い、ということです。 以下、捨て方のルールを、筆者の補足も加えながら、ご紹介させていただきます。 割れ・欠け・剥げがあるもの ひび割れや欠け、絵柄の剥げがあるものは捨てましょう。 また、これらがなくても「明らかに使用感がある」という「使っていてテンションが下がる」食器は捨てるのがいいでしょう。 わかりやすい基準としては、 それをお客さんに出せるかで考えるといいかと思います。 お客さんに出せない食器なら「自分という人の気分を暗くしてしまう食器」ということです。 カレー皿 深めのスープボウル パスタ皿 シンプルな平プレート もちろん、上記は「逆パターン」でもかまいません。 似たようなものは 「どちらかを捨てる」と考えるといいでしょう。 使用頻度の少ないもの デザインなどを気に入って買ったものの「ほとんど使っていない」という食器も多いでしょう。 このような食器も、買った費用は「勉強代」と割り切って、処分するべきです。 特にブランド物の食器であれば、リサイクルショップである程度の金額で買い取ってもらえます。 大手では、以下のような会社さんがあります。 「食器だけを専門的に買い取る」というお店は少ないので「専門」にこだわる必要はあまりありません。 しかし「専門店の方が信頼できる」という方向けにご紹介すると、下記のような会社さんがあります。 断捨離して後悔したもの4選と、その理由 断捨離で捨てて「後悔した」という声が特に多いのは、以下の3つです。 なぜ後悔したのか、その理由を見れば「後悔しない断捨離」を実践しやすいでしょう。 ここでは、それぞれのアイテムの断捨離で「後悔した・する」という理由を説明します。 手帳…昔の友達の連絡先や思い出が消えてしまった 「手帳を捨てて後悔した」、あるいは「捨てると後悔するから捨てない」という理由は、このようなものがあります。 古い友だちの連絡先は、手帳にしかなかった()• 日記的に使っていたので、日記と同じく「昔の思い出」を捨ててしまった気がする()• 今は年金生活だが、仕事をしていた頃の出張・飲み会の参加者など思い出のかたまりなので捨てない() 一言でいうと「思い出」といえます。 昔の友だちの連絡先も、ある意味「思い出」でしょう。 もちろん「昔一緒に仕事をした人の連絡先」は別です。 ただ、それで困ったという声はあまり見られませんでした(仕事で本当に必要な人なら、もう遥か昔からメールでもやり取りしているためでしょう)。 逆に、手帳を捨てて後悔しなかった人 人気ブログ「」を運営されているmarimoさん。 marimoさんはフルタイムでお仕事をされているワーキングマザーの女性です。 お仕事のためにずっと手帳を使われていましたが、とのこと。 理由のキーワードは「共有」といえます。 家庭 携帯アプリで、旦那さんと予定を共有する方が効率的 仕事 すでに部署のシステムで、全員が予定を共有している 確かに紙の手帳では「共有」をできません。 これは「手帳を捨てるかどうか」を考えるとき、重要な発想のひとつといえるでしょう。 なお、marimoさんはアイリスオーヤマの公式サイト(アイリスプラザ)にも登場されるなど、実績のあるブロガーさんです。 扇風機…冬に捨てて夏・梅雨に後悔した 扇風機を捨てて後悔したという理由は、このようなものが多くあります。 冬に捨てて夏に後悔する• 会社が暑かったとき「USBの卓上扇風機を捨てなければ」と少し思い出した• 梅雨時に空気の循環をさせたくなった やはり「夏、もしくは梅雨」に皆さん後悔されるようです。 なお、「USB~」のブロガーさん()は「少し思い出した」というだけで、後悔されたわけではありません。 消耗品…すぐ消費するので捨てるまでもなかった 消耗品を捨てて後悔する(した)理由は、このようなものがあります。 すぐ消費するので、捨てるまでもなかった• 賞味期限が切れていなければ、そのうち食べる• ペンは使い切るまで捨てにくい 消耗品については「後悔した人は少ない」という印象です。 というのは、• 消耗品なので後悔する「回数」は多い• しかし、安いので「ダメージ」は小さい という理由です。 後悔することがあっても「すぐ修正できる」ので、深い後悔にはならないということでしょう(逆に思い出系は「お金では買えない」ので、ダメージが残ることもあります)。 消耗品は「捨てるべき」という声が多い たとえば、断捨離の分野で有名なさんは、「消耗品のストックやあまりものなど難易度が低いものから捨てましょう」と発言されています。 また、作家・ブロガーとして著名なさんは、消耗品の使用を「1捨」にカウントすることを提案されています。 これだと「断捨離するぞ!」と身構える必要がないので、誰でも気軽に始めやすいでしょう。 本…心の支えになる本、プレミア本は捨ててはいけない 本については、捨てて後悔「した」という体験談より、捨てると後悔「する」という警告が多くありました。 本は他のものより「精神的に捨てにくい」ためだと思われます。 「後悔する」という理由では、このようなものが指摘されていました。 買った当時の熱意ややる気を失いかねない• 絶版で希少価値のある本は残すべき• 人生を変えてくれた(くれる)本は残す• 本を捨てようとしたとき、なぜか断捨離が止まってしまった まとめると、以下のような本は「捨ててはいけない」といえます。 分類 内容 精神面 自分の心を奮い立たせてくれる(くれた)本 読書面 絶版の本(読みたくなっても手に入らない) 経済面 プレミア価値のある本(高く売れる) 体験談の最後の方(発言小町でのnicoさん)の回答は興味深いものです。 服・食器などは次々断捨離できたのに「本を捨てようとした瞬間、なぜか止まってしまった」とのこと。 「物理的には必要なくても、精神的に必要なもの」があり、nicoさんにとってはそれが「本」なのでしょう(ご本人が書かれているとおり)。 思えば、歴代の宗教家たちも「本」を大切にしていました。 キリスト教徒 聖書 仏教徒 経典 イスラム教徒 コーラン 儒教家 論語 道教家(タオイスト) なし 最後の道教だけ例外です。 道教は「無為自然」を説く宗教だからです。 断捨離との共通点も多くあります。 どうも、本を捨てるかどうかの境目は 「自分は、人間なのか動物なのか」という点にも鍵があるように思えます。

次の

50代からの断捨離の効果と体験談は?かんたんなやり方は? | 老後の暮らしを変える!お金や生活を考えるブログ

断 捨 離 ブログ 50 代

2019. 14 友達 smilepawa 50代で友達の断捨離が必要な理由とは?複雑な女性の友達関係! 50代で友達を断捨離しようと考えた事はありますか? 私はあります 笑 断捨離というと、いらないものを捨てるといいうイメージがありますが、断捨離の意味を理解すると、友達の断捨離もすんなりできるかもしれません。 家の中のものを断捨離することはよくありますよね。 その時、気持ちはすっきりします。 でも友達を断捨離するとなると、そうすんなりと気持ちよく、すっきりさっぱりいかないこともあります。 でも50代の友達の断捨離は時には必要な事だと感じる今日この頃です! スポンサードリンク 断捨離とは 断捨離というのは今は普通に使われていますが、登録商標されている言葉だそうです。 そういえば最近よく耳にします。 『断』は入ってくる不要なものを断つ 『捨』は不要なものを捨てる 『離』は モノへの執着から離れる という意味です。 もちろん家の中の不要なものなら、そこまで感情を揺さぶられないのかもしれません。 もちろん断捨離後は、家の中も、心の中も綺麗さっぱりということになるはずです。 ただ、断捨離は単なる片付けとは少し違っていて、 心の重荷からも解放される!!といった深い意味もあるようです。 友達の断捨離で言えば、気に入らない友達をどんどん切ってしまう。。 ということではないのです。 スポンサードリンク 友達との断捨離はどんな時に必要なのか? 物なら簡単に捨てる事ができても、友達を簡単に切り捨てる、つまり断捨離するなんてなかなか難しいものだし、そう何度もあるものではないと思います。 でもその友達の存在が心にものすごく大きな負担になっていて、気持ちがすぐれないとか、どう付き合っても自分と考え方が明らかに違っていて、それがストレスになるくらい受け入れられなかったり、、、 50代ともなると、自分の考え方や物の見方、まして生き方など、そうそう簡単に変えられるものではありません。 そんな人に腹を立てたり、ストレスを感じる事は、自分にとっても何の得にもならないと思いませんか? それについて 「どうして?」 「なんでそうなの?」 と考えたり、悩んだりすることがそもそも間違っているのです。 お互いがお互いを理解できないなら、それはもはや友達とは言えないでしょう! 時には自分が悪いのでは?と自分を責めてしまうことも 私の場合、人の縁とか繋がりは必然的なものだと考えていて、全ての繋がりには意味があると思ってしまうタイプ。 だから友達とは感情で付き合ってしまうんです。 というか感情で付き合いたいと思っています。 でも中にはそうではない人がいる事も、経験上わかりました。 今はそんな風に割り切ることができるようになりましたが、そんな場面に遭遇した時は、友達付き合いがうまくできない自分を責めたり、責任は自分にあるんじゃないか?と卑下したり・・ 精神的にもかなりきついと感じる事もありました。 でも本当に大切な存在で、その関係を続けていきたいと思う人以外は、その執着を捨てる事で、気持ちが前に向く事もわかりました。 いい経験と思い次に進む でもどちらか一方が嫌な思いをしているわけではないのです。 又、どちらかが悪いという話でもないのです。 友達関係とはそんなものだと割り切ることが大切です。 悪いと感じる事があればそれはそれで反省することも必要かもしれませんが、 そう深く引きずってはいけません。 そんな時は きっぱりとその友達を断捨離する!! そんなに落ち込む事でも、深く考える事でもありません。 それが人間関係というものです。 そう 割り切る事で友達の断捨離もすんなりできるようになります。 悩んでいるのは自分だけではない 実はこんな風に友達との関係で悩んでいる人は少なくないのです。 みんな同じような経験をしているようです。 自分だけが友達との関係がうまくいかないとか、自分だけが友達の事で悩んでいるとか、私もそう思っていましたが、そんなことはないのです。 人と関われば、それなりに悩みも出てきます。 それをどうやって乗り越えていくのか?対処していくのか?ですよね。 自分自身で、心地よい友達との関係を見つければいいのだと思います。 ある程度のわがままは必要なのかもしれません。 断捨離することで自分が成長できる 断捨離とは心に隙間を作ることです。 物の場合スペースを作ることになります。 心に隙間ができると、大きく深呼吸ができるようになります。 酸素の巡りも血も巡りもよくなり、心がどんどん健康になっていきます。 心が健康になると、体も健康になっていきます。 よく眠れたり、食欲が出たり、顔色が良くなって元気が出ます。 そうすればそんなあなたを見て、元気な友達がまた引き寄せられます。 それが人の縁や繋がりだと感じます。 断捨離とは後ろ向きな意味ではなく、とても前向きで、自分自身が成長できるものなのです。

次の

断捨離2年後の効果|変わる方法・捨てた後悔・本と服を整理するコツ

断 捨 離 ブログ 50 代

私は、50代になればそろそろ少しずつ 人間関係を 断捨離していってもいいと考えています。 そのことに 罪悪感を感じる方も多いかもしれませんが、その必要はないと思います。 今日はそのお話をさせていただきますね。 人間関係の断捨離について 先日、少し年上の友人と電話で話をしていて、人間関係について考えさせられました。 その友人は60代前半ですが、人間関係について私と大変意見が似ています。 その友人も私もしがらみがだいぶ減ってきて、本当に気の合う人とだけつき合いたいと考えていたんですね。 これから歳を重ねるにつれて、今まで気が合わなくても付き合わざるを得なかった人間関係を手放しやすくなります。 50代と言えば、定年退職したり子供が独立したり親の介護が始まったりと、ライフスタイルが大きく変化しやすい世代です。 これまで仕事や子育てなどでがんばってきたのですから、残りの人生は楽しく過ごすことを考えてもバチは当たらないでしょう。 私は自分にとって居心地が悪い人間関係は、手放していってもいいのではないかと考えています。 突然縁を切るわけではない 人間関係の断捨離と言うと、気が合わない人と突然縁を切るイメージがあるかもしれません。 私はそのような過激な事をしようと言っているわけではないんですね。 以前、年賀状を断捨離する記事にも書きましたが、こちらから絶縁宣言をする、などという事をするつもりは全くありません。 年賀状の断捨離記事はよろしかったらこちらをご覧ください。 そうではなくて、ゆるやかに人間関係が推移していけば良いと考えています。 そもそも本当に気が合う人とならば、めったに会わなくてもご縁は切れないと思います。 現に、前述の友人とは 20年ほど会っていませんが、いまだに年に数回電話で話す間柄です。 たまにしか連絡を取り合わなくても、お互いに相手のことを忘れない。 そういった人間関係だけが残っていけば良いのではないでしょうか。 もちろん、ひんぱんに会って楽しいと思える友人もいたらありがたいですよね。 人生も半ばを過ぎて、我慢しなければいけない人間関係はできるだけ手放しませんか。 それが身内となると話は別ですが、それでも気の合わない身内とは法事など必要最低限しか会わないようにすればいいですよね。 私は50代になれば、そろそろ自分で付き合う人を選んでも構わないのではないかと思っています。 何があっても受け入れる 以前、人間関係の断捨離記事にも書きましたが、相手から離れていくこともよくあります。 その記事もよろしかったらこちらをご覧ください。 相手が離れていったとしても、それは潔く受け入れようと思っています。 「来るものは拒まず、去るものは追わず」 私は今、この言葉を信条にしています。 時には、離れたくない相手が離れていくこともあり、辛く悲しい思いもします。 私が離れていくよりも、その方が多かったかもしれません。 それでも、相手に執着することはやめたいんですね。 いつでもそうできるわけではありませんが、そのつもりでいるだけでかなり気が楽になります。 また、自分から離れる時は申し訳ないと感じることもあるでしょう。 そういう気持ちもしっかり認めて感じればいいと思います。 罪悪感を感じたくないから付き合いをやめないのは本末転倒なので、辛くても自分の気持ちに正直になることをおすすめします。 私の場合は昨年、60代前半の夫を急病で亡くしたので、いやでも残りの人生について考えざるをえませんでした。 夫の話はよろしかったらこちらをご覧ください。 人はいつ死ぬかわかりません。 もし今日が人生最後の日ならどう過ごしたいか考えると、付き合いたくない人と一緒にいる選択肢はありませんよね。 残りの人生を充実したものにするためにも、必要以上に気を遣う人間関係は少しずつ手放していきたいと思います。 自分にとってあまり必要でないと思う人間関係は、少しずつゆっくり手放していきたいですね。 もちろん離れても、それまでご縁があったわけですから、相手の方には心の中で感謝します。 人間関係について皆様はどうお考えでしょうか。 この記事が少しでも皆様のお役に立てばうれしいです。 ohitorisamazanmai.

次の