わたし 定時 で 帰り ます 二 次 小説。 「わたし、定時で帰ります」で目覚めよ、おっさん

ピンクの電話・清水の「高い声」に驚く世代も 「わた定」出演で反応真っ二つ: J

わたし 定時 で 帰り ます 二 次 小説

絶対に残業しないがモットーの結衣。 しかし、無茶な仕事を振ってくる上司が現れて、巻き込まれていく……。 果たして結衣は定時帰宅を貫けるのか!? という感じの話です。 という世情を反映したお仕事小説でした。 どんなときも定時帰宅する結衣がカッコいいです。 冒頭から定時5分前に「有給なんて取るべきじゃない」と話しかけてきた同僚をあしらい、定時後に仕事を振ってきた上司に「私はこれ以上、頑張りません」と颯爽と帰宅(笑)。 かといって結衣は仕事をさぼっているわけではなく、時間内に集中して仕上げているわけです。 休まず働くべき。 仕事は残業してやるのが偉い。 倒れてでも、死ね気でやれ。 そんな昭和な根性論で働くのが嫌いな結衣に、ほんとほんとと相槌打ちたくなりました。 でも、残業しないと仕事が終わらない、仕事をしていないと他人に見捨てられるんじゃないかと不安になる…そんな人たちの気持ちもわからなくもない…。 だから、結衣が言った言葉にじんわり来ました。 最初はイラストの表紙から軽い読み物かなと思っていたのですが、読み始めると、社会問題を深く洞察して描いた作品だなと思いました。 その働き方、女性の働き方、過労死、といった社会的な問題を乗り越えていくという話と並行して、結衣のも楽しめました。 仕事はどうなるんだろ、結衣の結婚はどうなるんだ、と気になって、一気読みしちゃいました(笑)。

次の

#2 社内恋愛

わたし 定時 で 帰り ます 二 次 小説

絶対に残業しないがモットーの結衣。 しかし、無茶な仕事を振ってくる上司が現れて、巻き込まれていく……。 果たして結衣は定時帰宅を貫けるのか!? という感じの話です。 という世情を反映したお仕事小説でした。 どんなときも定時帰宅する結衣がカッコいいです。 冒頭から定時5分前に「有給なんて取るべきじゃない」と話しかけてきた同僚をあしらい、定時後に仕事を振ってきた上司に「私はこれ以上、頑張りません」と颯爽と帰宅(笑)。 かといって結衣は仕事をさぼっているわけではなく、時間内に集中して仕上げているわけです。 休まず働くべき。 仕事は残業してやるのが偉い。 倒れてでも、死ね気でやれ。 そんな昭和な根性論で働くのが嫌いな結衣に、ほんとほんとと相槌打ちたくなりました。 でも、残業しないと仕事が終わらない、仕事をしていないと他人に見捨てられるんじゃないかと不安になる…そんな人たちの気持ちもわからなくもない…。 だから、結衣が言った言葉にじんわり来ました。 最初はイラストの表紙から軽い読み物かなと思っていたのですが、読み始めると、社会問題を深く洞察して描いた作品だなと思いました。 その働き方、女性の働き方、過労死、といった社会的な問題を乗り越えていくという話と並行して、結衣のも楽しめました。 仕事はどうなるんだろ、結衣の結婚はどうなるんだ、と気になって、一気読みしちゃいました(笑)。

次の

定時で帰る主義?! お仕事小説の新しいヒロイン像 『わたし、定時で帰ります。』

わたし 定時 で 帰り ます 二 次 小説

恋人の母親役で登場 東山が自宅前で見たのは、東山の自宅前で手持無沙汰な雰囲気を醸し出しながら立ち尽くす恋人・諏訪(中丸雄一さん=35)の母親。 突然の訪問に驚く東山が諏訪に電話で問い合わせると、諏訪は「え? メッセージ、届いてない?」と、すでに連絡をしていたと言わんばかりの要領を得ない回答。 加え、急な会議が入ったとしつつ、「悪いけど、母さんの相手してもらっていい?」と東山に母親の相手役を「丸投げ」してしまう。 急な訪問とはいえ夕食を用意して諏訪の母親をもてなす東山だったが、その際の会話に注目が集まった。 諏訪の母親を演じていたのは、お笑いコンビ「ピンクの電話」でボケ担当の清水よし子さん(60)。 我が子の交際相手である東山に対し、結婚後も仕事を続けるか否かについての質問や、自らの時代は専業主婦が当たり前だったことなどを滔々と話すなど、東山の世代とは価値観が違う世界で生きていたことを説明する重要なシーンだったが、一部の視聴者からは「義母さんの声気になって(ドラマの内容が)入ってこない」など、その重要さに反してコミカルな印象になっていたとする声が相次いだ。 「年取っても、声って変わらないんだー」 それもそのはず、清水さんといえば、相方でツッコミの竹内都子さん(57)とのコントの最中はもちろん、普段からその甲高い声で注目を浴びていたことで有名。 昭和末期となる1986年のデビューから平成初期にかけて多数のテレビ出演をこなしていたベテランお笑い芸人だ。 そのため、当時を知る視聴者からは「よっちゃんの声(笑) 年取っても、声って変わらないんだー」といった、当時を懐かしみつつ当該シーンを楽しむツイートが続々。 「お母さん、いい話してるのにこの声に肩が震える」「相変わらず凄まじい声で早送りしてるのかと....... 」と突っ込む声もあった。 ただ、そのことを世代的に知らない視聴者もいたようで、これらの声に交じって「なんでそんなに声高いんだよ... 」「どこから声出てるんやろこの人」といった、清水さんのことを知らないと思われるツイートも噴出。 清水さんの地声が高いということを知らないため、真面目なシーンが台無しになっていると判断してしまったようだ。 清水さんを知っているか否かで見え方が全く違ってしまった当該シーンは、前述の通り、主人公とそれより上のジェネレーションギャップを映し出すシーンだったが、その見え方についてもジェネレーションギャップがクッキリと出ていたと言えるだろう。 (J-CASTニュース編集部 坂下朋永).

次の