プレゼン 緊張 しない 方法。 プレゼンで緊張しないための効果的な5つの方法【あがり症】

大勢の人前で話す時に緊張しない方法1000人とかも余裕

プレゼン 緊張 しない 方法

それでは、1つずつ見ていきましょう。 「来週、結婚式でスピーチしなければならない」という気持ちで読んでいくと、理解しやすいと思いますよ。 呼吸をゆっくり B. 動きをゆっくり C. 話をゆっくり この「3つのゆっくり」を実行するだけで、緊張は大きく和らぎます。 「呼吸・動き・話」が速いと… 脳は「非常事態かも!」と思い、 緊張系のホルモンを分泌します。 また「脳の酸欠」の原因にもなります。 反対に、 「呼吸・動き・話」がゆっくりだと… 脳は「大丈夫だあ」と思い、 安心系のホルモンを分泌します。 人間の心と体はつながっていて、これを「心身相関」といいます。 つまり、すべてを「ゆっくり」にするだけで、脳をだませるのです。 「呼吸をゆっくり」のコツ 緊張をほぐすには、「腹式呼吸」が定番ですが… 腹式呼吸を意識しすぎると、難しくて、逆に緊張します。 「一回の呼吸を長く」と、ときどき意識するくらいで充分です。 「動きをゆっくり」のコツ すべての動きをスローにします。 「ゆっくり話す」のコツ 「話はゆっくり、間をたっぷり」がコツ。 なぜ緊張するのか? そのメカニズムがわかれば、「対策」もわかります。 突然ですが… 海に暮らす 「アメフラシ」をご存知ですか。 ナマコの親分みたいな生き物です。 アメフラシを指でつつくと… ギュッと体を縮めます。 これが、「緊張」。 しかし、 何度も繰り返しつついていると… やがて、体を縮めなくなります。 これが、「緊張しない」状態。 つまり、 回数を重ねて「安全を確認」できたとき、はじめて緊張しなくなるのです。 これは、人間も同じ。 細胞レベルで「安全が確認」されないかぎり、身体は勝手に緊張してしまう。 これは、「気持ち」の問題ではなく、 「神経伝達物質」の問題なのです。 ここで、結論。 「緊張」の根本的な対策は… 数をこなして、慣れる これが、唯一の方法なのです。 ここで、 「なんだ!結局そんな結論かい!」 と思われた方もいるかもしれません。 頭の中で、「本番さながらに体験」する方法です。 アスリートがイメージトレーニングを大切にするのも、 本番の緊張を適度に和らげるためです。 脳は、「現実」と「イメージ」を区別できません。 なので、 頭の中で「体験」すれば、 それが「経験」となり、 本番の緊張を和らげてくれます。 ある客室乗務員によると… スケートの羽生結弦選手は、 飛行機に乗っている数時間、ずーっとイメージトレーニングをしているそうです。 頭の中で、何度もクルクルと回転しているのでしょう。 だから、羽生選手は本番に強い。 イメージトレーニングなら、一日で100回体験することも可能です。 結婚式のスピーチであれば、 「ゆっくり歩いて、ゆっくり話す」というイメージを何度も繰り返せばいい。 それを、飽きるほど繰り返せば… 緊張することすら飽きてしまうのです。 最後に1つ、 「おまけ」の方法ですが… 「空間に挨拶する」というのもオススメです。 スピーチする会場に入ったときに、 「本日はよろしくお願いします。 ありがとうございます」 と「空間」に挨拶する。 野球選手が「グラウンドに挨拶する」のと同じことです。 かなりオカルト的な方法ですが、 ぼくの経験則では、確実に効果があります。 空間が「強い味方」になってくれる、という感じです。 「やるだけタダ」ですので、ぜひ一度お試しください。

次の

緊張しても失敗しない!8つのプレゼンテクニック│オフィス×IT 株式会社ISID

プレゼン 緊張 しない 方法

新卒の時に電話に出るのも緊張して手汗が凄かったうさもふですが、大勢の前のプレゼンで話すくらいの仕事をするようになった時に近況しないようになった方法を教えます。 なぜ人前で話す時に緊張するのか 人の前で話す時に普通に話す時も緊張する仕事じゃなくても怖い。 そう思うのにはいくつか理由があります。 それぞれの理由と対処を見てみましょう。 初めて慣れてないことは緊張すると受け入れる 当たり前ですが、初めてやることは誰でも緊張します。 失敗したらどうしよう。 成功するのかな?って思いますよね。 どんなに準備をしていても初めての一歩は緊張します。 これは仕方がありません。 誰にでも初めてはあります。 小学校や中学の入学式や失敗ができない高校受験や大学受験、就職の面接などが誰にでも当てはまると思います。 初めて緊張するのは仕方ありません。 まず緊張することを受け入れましょう。 緊張してはいけないと思うと余計に焦ります。 逆に、この場面は自分以外のみんなも緊張するからむしろ緊張しないほうがおかしい!ほらみんな緊張してるんだろ! そう思うと緊張が、少し落ち着きます。 これを繰り返して行って慣れてないことは、少しずつ慣れていけばいいんです。 人前で話す時に緊張しないために準備が大事カンペも大事 仕事のプレゼンや新入社員として入社の挨拶をする時に緊張しないようにするには準備ができているかどうかです。 うさもふが人前でプレゼンする時は資料を作ってから、スピーチの練習をします。 口に出してブツブツ言いながらプレゼンの練習をすると、ダメなところ足りないところなどに気がつきます。 そうやって資料を修正し、自分の喋り方や癖などにそった資料になっているか直していきます。 どんなにいい資料でも自分に合っていなければ喋りにくいですからね! そして、プレゼン資料はコピーしてカンペとして準備しておくことが大事です。 あと3分間スピーチとか入社の挨拶とかもみんなが暗記しているとしても、カンペを持って行きましょう。 頭が真っ白になって喋れなくなるよりも資料が手元にあれば安心して話をすることができます。 絶対に効果があるお守りみたいなもんです。 人前に立った時は視野が狭い話す前に深呼吸 自分のスピーチやプレゼンテーションの番になった時に焦ってすぐに話し出す人も多いと思います。 これはパニクったまま話を始めてしまうことになるのでミスがミスを呼ぶのでどんどん緊張の渦に巻き込まれていきます。 人前に立ったらまずは深呼吸して、全体をよく見ることが大事です。 緊張している時は手元ぐらいしか見えてません。 みんなが自分を見ているように思えます。 一番前の席の人は自分のことを見ているかもしれませんが、全体を見回してみると以外と寝てる人とかスマホいじってる人とか雑談してる人がいます。 全体の雰囲気とみんながどんな風に過ごしているかを見るとこで視野が広がり落ち着きます。 社内のプレゼンの場合はサボってる人いるかな?とかどうせあの同僚は聞いていないだろうとか探してみると気が楽になります。 全く知らない人たちの前で話す時はイケメンや美人を探しましょう。 自分の好みのタイプでも探してテンションをあげちゃいましょう! こうやって落ち着くことも大事なことです。 緊張して声が震えるからさらに緊張する人前で大きな声で話す 話していてどんどん緊張していく経験したことありませんか? 準備も完璧、内容もスラスラ言えるでも緊張していく。 実はそれはあなたの声が震えているからです。 自分の声が震えていると、自分でその声を聞き、自分緊張していると感じて悪循環してしまうからです。 逆にはっきりと大きな声で話せば、自分は自信があると思うことができるののです。 そのために何をするか、発声練習やボイトレなどに通ったりするのがいいんです。 ボイストレーニングの本は安く売ってますのでそれだけでも十分効果があります。 歌が好きな人ならボイストレーニングに通って、ボイストレーニングの教室主催のライブに参加して人前に立つことに慣れるのもありですよ。 歌詞は覚えなきゃいけないし、間違った時の対処法とかも覚えられるし。 普通のプレゼンなんかよりよっぽど条件はハードになりますしね。 まとめ大勢の前で緊張話す時に緊張しない方法 しっかり話す内容を準備して、練習しましょう。 そして本番ではいきなり話し出すのではなく、周りを見渡して視野を広げましょう。 まず緊張をほぐすんです。 誰でも緊張します。 発表前に緊張したらリラックスすればいいんです。 あとは大きな声ではっきりと話すことを意識しましょう。 これで自信を持って発表できます。

次の

プレゼンで緊張しないコツ! 気持ちをほぐす6つの方法

プレゼン 緊張 しない 方法

人前に立ち、滑らかな語り口で人を惹きつけるような話し方をできる人は、仕事やプライベートを問わず、周囲の人に好かれますが、筆者は以前も今も、残念ながら人前で話をするときに緊張してしまい、特に大勢の人前で話をすることは、大の苦手です。 しかし、仕事柄、大勢の人前で話さざるを得ないことも多く、何とかあがり症を克服しようと、様々なことを試してきました。 筆者が実際にトライしたことと言えば、本を読んだり、DVDを観たり、インターネットで調べたり、あとは、セミナーなどに出るといったものです。 それらの中で紹介された緊張をほぐす方法には、重複している方法もありましたし、ユニークな方法もありましたが、筆者がプレゼンやスピーチなどで実際の現場で実践して、さらに筆者が効果を実感できたものとそうでないものがありました。 筆者の独断ですが、人前で話すときに緊張をするポイントが人それぞれ違うのだと思います。 今回は、筆者が知り得た方法に加えて、筆者独自に編み出した方法の中から、「すぐに実践できる簡単な方法!」を厳選して紹介していきたいと思います。 姿勢を良くする 姿勢については、筆者はかなり気をつけています。 意識的に胸を張り、背筋を伸ばすように心がけています。 それは、立って話すときも、座って話すときも同様です。 猫背気味ですと、どうしても自分の視野も狭くなりがちで、話を聞いている側に対して、自信を持って話せないばかりか、緊張が緊張を生んでしまいがちです。 また、これは次の「声を届ける」にもつながってくるのですが、姿勢を良くして話すのと、 姿勢を崩して話すのでは、声の通りが全然、異なってきます。 これは、ボイストレーニングを経験された方であれば、よくご存じのはずです。 筆者は姿勢を良くするだけで、随分と緊張することが軽減できています。 声を届ける 緊張すると、声が震える・・・。 緊張すると、どもってしまう・・・噛んでしまう・・・。 筆者も何度も経験していますが、人前で話すときに緊張してしまう人は少なからず、同じような思いをした人がいるのではないでしょうか。 口だけで話すということについては、カラオケをイメージして頂ければ、分かりやすいかと思います。 カラオケの上手い人は、口だけで歌うのではなく、喉やお腹を上手く使って、声量や声色を変幻自在に操っています。 きっと、かなり緊張感が和らぎます。 姿勢を良くして、お腹から喉、そして、口へと発声し、聞き手に声を届ける。 この2つだけでも、かなり自信を持って話せるようになり、緊張感が拭えるようになると思います。 深呼吸+息をゆっくり吐く 昔から緊張したときは、一息入れて、ゆっくりと深呼吸した方がいいと言われますし、筆者も実際にスピーチの前などは深呼吸をしたりします。 筆者はまるで潜水しているかのように、1分や2分といった時間をかけて、少しづつ息を吐いたりしています。 息を吐くことに集中することで、「失敗したら・・・」といった雑念に気を取られないで済んだりします。 何より、 静かに長く息を吐いているので、周囲に気づかれずにできるというのがいいところだと思います。 「あ・い・う・え・お」をおおげさに 緊張をすると、顔がこわばったり、口に力が入ったり・・・ガクガクしたり・・・そんな経験がある人も少なくないのではないでしょうか。 そんな時に、緊張をほぐすのに物理的におススメなストレッチが、「あ・い・う・え・お」を思いっきり口を広げて行うことです。 もちろん、人前でこれをするのは、恥ずかしいかもしれないので、スピーチやプレゼンの前に、人目のつかないところなどで、この 顔面と口のストレッチを行うだけで、かなり緊張感がほぐれます。 筆者は、緊張が取れないときは、「あ・い・う・え・お」だけでなく、「か・き・く・け・こ」や「さ・し・す・せ・そ」などもやったりします。 ガムをかむ、梅干しを食べる 筆者は極度の緊張のときは、ひどく口の中が乾燥して、口の中も喉もカラカラになります。 そこで、筆者が考えたのが、 強制的に口の中に水分を発生させるために、ガムをかんだり、梅干しを食べたりするというものです。 ガムの種類も最近は色々な種類のものがありますが、甘くて、フーセンガムができそうなぐらい柔らかくてボリュームのあるタイプを選びます。 それは、口の中を少しでも多く、潤わせたいからです。 また、乾燥させた梅干しも効果的です。 人間は物理的に酸っぱいものを口の中に入れると、水分が分泌されますので、ガム同様、強制的に口の乾燥を防ぐことで、緊張感をほぐすことができます。 とは言いましても、 スピーチやプレゼンの最中にガムを噛むのは、日本ではあまりいい印象は与えることができないと思いますので、直前までという形がいいと思います。 筆者は実は長年の経験から、話すのに邪魔にならないように、まるで口の中にガムがあるとは思えないように、口のなかにガムを残す方法を会得しておりまして、これを実践できますと、口の中の乾燥はかなり抑え込むができますので、緊張感はかなり低減できます。 身なりを整える 「人はその制服通りの人間になる」と語ったのは、あのナポレオンですが、筆者もそれは同意です。 筆者がまだ社会人駆け出しのころは、あまり身なりの重要性を認識していませんでしたが、あるときに、たまたま知人の好意で、高級ブランドのスーツを仕立ててもらえる機会に恵まれまして、その高級スーツを実際に身に纏ってからは、周囲からの目や自分への意識が変わったのを明らかに実感しました。 勝負服というとやや大げさですが、自信を持って人前に出るために服や髪型など身なりを整えることは、緊張感をほぐすのに、かなり有効な方法の一つです。 ちなみに筆者はそれ以降、スーツはすべて、オーダーメイドで作っています。 手汗を止める 冒頭で筆者は今でも人前で話すのが苦手であるということを説明しましたが、その理由の一つに 緊張すると「手汗がひどい・・」という体質があります。 大事なプレゼンのときに、紙の資料を他の参加者に渡すときなどは、ハンドタオルで何度も何度も手を拭かなくてはいけないほどです・・。 そこで、筆者は手汗を止めるために様々な制汗剤を試したり、自分でミョウバン制汗水を作ったりしましたが 効果は期待あるものの手間がかかりすぎるのが欠点・・ 、無着色・無香料で人気を博している手汗専用の制汗剤 で、何とか手汗を止めることに成功しています。 緊張すると手汗が出て困る・・・という方は、 手汗を止めることができれば、それだけでもかなり緊張感が和らぐことを実感できるはずです。 人の好き嫌いや人の相性ではなく、話題や議題に集中 これまでは、どちらかという身体的な方法や物理的な方法が中心でしたが、最後に一つだけ精神的な方法を挙げたいと思います。 そんなこと分かってるよ・・・と思われるかもしれませんが、実はここが重要で、聞き手はもちろん非常に大切な存在なのですが、緊張しないためには、 聞き手からさらに一歩踏み込んで、話題や議題に集中するということが大切です。 あの人はいつも批判的なことばかり言う人だから、今回の提案も突っ込みを入れられるのが嫌だなぁとか、あの人は何かと自分の話に横やりを入れてくる人だし・・・、今日の相手は、偉い人だから・・・大好きなあの人に嫌われるのだけは絶対に避けたい・・・などなど、聞き手のことを思うあまり、話題や議題に集中できずに、緊張してしまってるという人はきっと少なくないと思います。 そんなときには、自分が伝えることに集中するということが、緊張感を和らげる方法の一つになったりします。 【まとめ】 筆者は、緊張しないための方法としてよくあげられる、イメージトレーニングや事前の練習などは、緊張感をほぐす方法としては、ほとんど効果をあげることができませんでした。 これは、筆者の性格や人間性に原因があると考えられます。 筆者自身の経験では、姿勢を良くしたり、発声を良くしたり、ガムを噛んだり 笑 、ちょっといいスーツを着たり、手汗を止めたりといったことの方が、効果を実感できています。 こうした方法がどんな人にも、効果があるかどうかは正直、微妙だと思います。 ただ、メンタル的な方法だけでなく、身体的、物理的な方法で緊張感を和らげる方法があるんだということを知って頂ければと思い、記事にしました。 人前で話をするときにいつも緊張をして困っている・・・という人に、少しでもお役に立てていただければ幸いです! スポンサーリンク.

次の