お忙しいところ申し訳ありません 英語。 「お忙しいところ恐れ入りますが」ビジネスメールや返信の例文、類語、英語

「お忙しいところ」に関連した英語例文の一覧と使い方

お忙しいところ申し訳ありません 英語

1.「忙しい」をカジュアルとフォーマル英語で表現する 「忙しい」にもその度合いと表現方法により使う英語が異なってきます。 1-1.カジュアルな「忙しい」の英語表現 下記が主な例となります。 その他に何も出来ないというイメージです。 」という表現はネイティブもよく使います。 He is busy as a bee. He is tied up. スラング的な使い方です。 I really need some help. Could you give me a hand? また「今日一日いそがしかった!」という場合に、「I had a hectic day. 」などと表現する場合も多いです。 また、忙しい(または、忙しかった)は「疲れた」と同じように表現できますね。 『』の記事にある「疲れた」と一緒に使ってみて下さい。 1-2.フォーマルな(丁寧でビジネスライクな)「忙しい」の英語表現 「申し訳ございませんが、忙しいです」と相手に伝えたり、誘いを丁寧に断る場面もありますね。 いくつか例文をご紹介しますので、是非ご活用ください。 :~で忙しく空いていません。 」などとなります。 :今は時間がありません。 :他に取り込み中です。 」となります。 :忙しくて空いていません。 」となります。 今週の木曜日は空いていますか?(忙しいですか)は「Are you available this Thursday? 」と丁寧な質問ができます。 :次回にします。 フォーマルな場面だけではありませんが、相手が「忙しい」と言った場合は、「無理しないでね」と返す場合もありますね。 そのような返事のフレーズは、『』を参考にしてみて下さい。 2.英語で「忙しい」の「busy」の使い方 ここでは、「忙しい」として使われている単語の代表である「busy」の使い方をご紹介します。 日常会話でも色々なシチュエーションで触れる「busy」ですので、是非マスターしましょう。 2-1.「忙しい」にはならない!?英語の「busy」 「busy」は時として、「忙しい」という直訳は出来ません。 下記の2つがネイティブも良く使う表現です。 This town is busy. /この街はごちゃごちゃしている(活気がある)。 Line is busy. /(電話で)話し中です。 2-2.「~で忙しい」などを英語の「busy」で表現 「~で忙しい」や「~していて忙しい」というのは、日本語でも頻繁に使うものです。 忙しくて何かの誘いを断ったりする時、「ごめんね、~で忙しくて」など、欠かせないものです。 下記の例文を参考にすれば、今すぐにでも使えます。 /仕事で忙しい。 「with」の後に「名詞」が必要です。 /仕事をしていて(仕事が)忙しい。 どちらを使っても同じです。 ~で忙しいというは仕事だけではありませんよね? 様々な「~で(は)忙しい」の表現も見て英会話に役立ててみて下さい。 」でも構いません。 最近の「recently」でも同様です。 」もOKです。 」などでも構いません。 「月末(the end of the month)」など社会人には欠かせない表現ですね。 また、「busy」は 比較級(busier)と最上級 (busiest)の場合に、語尾が変わる形容詞ですので、その点は注意しましょう。 2-3.ビジネスやメールで使える丁寧な「忙しい」の英語表現 「忙しい」の表現を使ったフォーマルな言い方に、「お忙しいところ大変恐縮ですが」、「お忙しいところお時間ありがとうございました」などがありますが、それらはどのように表現すればいいのでしょうか? ビジネスメールや電話での会話、直接相手に伝える場面でも覚えておけば役立つフレーズがあります。 基本的に感謝の「Thank you」や「appreciate」で更に丁寧さを出せればOKです。 感謝の表現については、『』の記事をご参考下さい。 「お忙しいところご返信ありがとうございます」:Thank you very much for your reply. 「先日はお忙しいところお時間ありがとうございました」:Thank you very much for your precious time the other day. 特にビジネスメールは、これだけではなく失礼のないようにしたいものです。 『』の記事を参考にしてみて下さい。 まとめ:「忙しい」を英語で口癖のように言ってみる 英語をマスターするには繰り返すことは欠かせません。 さほど忙しくなくても、「めちゃくちゃ忙しい!」「忙しくて疲れた」など、英語の勉強と思って是非使ってみて下さい。 」と言うだけではなく、他の表現も使えるようになれるとベターですね。

次の

「お忙しいところすみません」の使い方・例文・返事の仕方|電話

お忙しいところ申し訳ありません 英語

日本人同士なら「申し訳ありませんが・・・」と言えば、その言葉があらゆる状況に対応してくれますが、英語になるとは少し事情が変わってきます。 直訳して「I am sorry」を連呼してしまうと、相手に意味が通じないばかりか、あなたにとって不利な状況になることも。 英語を話す機会があるなら、おかしな文章にならないよう、ぜひとも違いをわきまえておくことが大切です。 「申し訳ない・・・」を使った英語の例文をご紹介します。 「返信が遅くなり申し訳ありません」などを英文で 「迷惑をかけて」「忙しいのに」申し訳ありません、など 申し訳ありませんが、ご理解いただければと存じます。 I apologise for any inconveniences and thank you for your understanding. 申し訳ありませんがご了承ください。 I am sorry for the inconveniences and thank you very much for your understanding. 大変申し訳ありませんがよろしくお願いします Thank you for handling this situation. (この件を解決してくれて) 申し訳ありませんがもうしばらくお待ちください。 ・Thank you for your patience. Please wait for a few more minutes. 申し訳ありませんが日付を変更していただけませんか? ・I would like to change the date of my reservation. ・Could you please change my reservation from A to B? (AからBへ) 申し訳ないのですが予約をキャンセルしていただけますか? I am sorry but I would like to cancel my reservation. 何度も催促して申し訳ないですが、今日中に書類を送っていただけますか? I am sorry I have asked you multiple times, but please can you send me the document today? 何度も連絡してしまって申し訳ありません。 ・I am sorry to have contacted you many times. 母に多くの不便を強いてしまって申し訳なく感じた。 ・I felt guilty for worrying my mother many times. ・I felt bad I troubled my mother many times. せっかく姉を訪ねていただいたのに申し訳ないです。 ・I am so sorry that you had to come all this way to see my sister. ・I appreciate you came all this way for my sister. こちらこそ申し訳ないことをしました。 ・It was me who caused the problem. (問題を起こしたのは私です) ・It was my fault, really. (実際、私のせいです) この度は再印刷した資料の納期が遅れてしまい申し訳ありませんでした。 We apologize for the delay in sending you the printed documents so late. 納期を急がせてしまって申し訳ないです。 I am sorry I pushed the delivery date forward. 申し訳ありませんができません。 ・I am afraid I am not able to do it. ・I am terribly sorry, but it is impossible to do. 昨日、家族に迷惑をかけてしまい申し訳ないと思う。 I feel guilty(またはbad) for troubling my family yesterday. 混乱してしまって申し訳ありません。 ・I am so sorry but I am confused. お忙しいところご面倒をかけてしまい申し訳ありません。 I am terribly sorry for having troubled you despite your busy schedule. お忙しいのに取り計らっていただいて申し訳ないです。 Thank you for arranging this with your busy schedule. こちらの説明不足でした。 申し訳ありません。 この度は息子がご迷惑をおかけしてしまい申し訳ありません。 We are very sorry that our son has caused trouble. お手数をかけてしまい、申し訳ありません。 I am terribly sorry to have troubled you so much. 返信が遅くなり申し訳ありません。 I am sorry for the delay in replying to your email. I hope you will forgive me for the late reply. お詫びにこちらで手配いたします。 We are very sorry what has happened. Please let us arrange it for you.

次の

「お忙しいところ恐れ入りますが」ビジネスメールや返信の例文、類語、英語

お忙しいところ申し訳ありません 英語

英語で催促メールを送る際は、「簡潔に」「丁寧に」を心がける• 紹介する英語のフレーズを利用して、正確にニュアンスを伝えよう 英語で催促メールを送る際のポイント ただでさえ緊張する催促メール。 そのうえ普段書きなれない英語で、催促メールを送るのは難しいですよね。 今回は特に大切な2つのポイントを抑えて、相手を不快にさせない催促メールを送りましょう。 ポイント1.主張を簡潔に伝える 英語には日本語のような遠回しの表現がないため、メールを書く際には 内容を簡潔にする必要があります。 遠回しな伝え方では、相手には伝わりません。 何が問題で、相手にどうして欲しいのかを考えメールの要件を1度書き出してから文章にしてみるといいでしょう。 ポイント2.丁寧な表現を使う ビジネシーンでは、基本的に「丁寧な表現」を使うことを心がけましょう。 例えば「Can/Will you〜?」の代わりに「 Could/Would you〜?」を使うのが一般的です。 英語には敬語表現がないと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、丁寧な表現やビジネスで使われる表現は決まっています。 ビジネスで使用するときには、オフィシャルな場にふさわしい言葉遣いなのか確認するようにしましょう。 Hi[Hello], Mr. [Mrs. 「こんにちは、~さん。 Dear Mr. [Mrs. 「~さんへ。 」 催促メールの文末で使える「返事を下さい」という英語表現 相手がなかなか返信をくれない場合に、メールの返信を催促することもあるでしょう。 次は、メールの返信を催促するシーンで役立つ英語表現を紹介していきます。 英語のビジネスメールには「 シンプルに、わかりやすく丁寧に」という暗黙のルールがあります。 要件が不要に長くならないように気をつけましょう。 返信先を指定する場合の英語表現は? 催促メールに限らず、返信するメールアドレスを指定する場合には以下のような表現を使ってみましょう。 I am still expecting your response regarding ~. 「~についての返信をまだ待っています」• This is a reminder that I have yet to receive a reply from you on the e-mail below. 「念のため、下記メールについてのご返信をいただいていないことを再連絡いたします(以前送った文面を添付)」• I was wondering if you have had chance to look at the e-mail below. 「下記メールをお読みいただけたでしょうか?」• I was wondering if you have had checked the email below. 「下記メールをお読みいただけたでしょうか?」• Just(I was)wondering if you have received my previous message. 「前回のメールは届いていますか?」• Would you kindly give your reply, as your response is very important to us?「とても重要な件ですので、何卒ご返信をお願いします」• If you have not already, please take a moment to check the message below. 「まだであれば、下記のメールをご確認ください」• I would appreciate it if you could give your response. 「ご返信いただけると幸いです」• Since we are in a big hurry, please get back to us as soon as possible. 「急いでいるので、できるだけ早めの返信をお願いします」• I was wondering if you have received the email I sent on January 25th. 「1月25日に送りましたメールは届いていますか?」• Your immediate response is highly appreciated. 「早めにご返信いただけると幸いです」 納期に間に合わせるために使える催促メールの英語表現 取引先に対して、現状ペースでは納期に間に合わないなどの催促メールを送ることもあるでしょう。 その際は下記フレーズを参考に、催促メールの文面を作成してみてください。 (I am)Sorry to bother you, but ~. 「お忙しいところすみませんが、~」• I apologize for the urgency, but ~. 「お急ぎ立てしてすみませんが、~」• Sorry for the rush, but ~. 「急かしてすみませんが、~」• Recognizing your very busy schedule, ~. 「とても忙しいのは重々承知ですが、~」• I understand that you have a heavy schedule, but ~. 「とても忙しいのは理解していますが、~」 これら例文の後には、 急を要する理由や要件を書きましょう。 しかし、場合によっては嫌味に思えてしまうなど、かえって悪い印象を与えたりする場合もあります。 その前置きが本当に必要かどうか、十分に考えた上で送るようにしましょう。 例文を参考に英語で催促メールを送ろう.

次の