受け顔鬼滅の刃。 鬼滅の刃お館様は病気怪我?目や顔の傷は鬼舞辻無惨の呪い?

鬼滅の刃186話ネタバレ考察とあらすじ・感想!耳飾りの由来が判明

受け顔鬼滅の刃

出典: 那田蜘蛛山の父鬼と対峙する炭治郎と伊之助。 応戦する炭治郎だったが、父鬼の怪力に吹き飛ばされてしまう。 川の近くに落下した炭治郎は、姉鬼を痛めつける鬼の少年・累と出会う。 恐怖と憎悪で結ばれた関係を「家族の絆」と呼ぶ累に、炭治郎は激怒する。 累と炭治郎の戦いが始まる。 出典: 父鬼に挑む炭治郎と伊之助。 山に入ってから続く戦いで伊之助の体は傷だらけです…。 炭治郎は負けじと父親に水の呼吸を出し続けますが、父鬼により遠くに飛ばされてしまいます。 父鬼と一人で対峙することになった伊之助ピンチに! 相変わらず水のエフェクトがとても映像映えしますね。 水しぶきがとてもアニメとは思えないくらい綺麗です。 どうか山に突入した富岡さんやしのぶさんが間に合ってくれることを祈るばかりです。 出典: 炭治郎が飛ばされた先には、姉鬼に暴力を振るう弟鬼が。 すぐに弟鬼は炭治郎がいることに気づき、「見世物じゃないんだけど」と言います。 炭治郎は仲間同士ではないのか疑問に感じ、尋ねてみると「家族」と答えます。 そんな答えに炭治郎は「強い絆で結ばれている者には信頼の匂いがする!だけどお前達からは恐怖と憎しみと嫌悪の匂いしかしない!」と言うと、弟鬼の空気が変わり一気に重い空気へ。 炭治郎はそんな空気に恐怖しながらもニセモノだと唱えます。 一方、父鬼と戦い続ける伊之助です。 二刀流で自分が最強なことに気づき、活気づいたと思ったら逃げ始める父鬼。 まっすぐというかどんな時でも、深く考えないところが伊之助のいいところのひとつですね。 恐怖しながらも自分の思ったことは決して揺るがない炭治郎の姿にやられましたね! 特に炭治郎は家族のことを思いやるからこそ、偽物の家族に対して思うところがあったのかもしれません。 出典: 父鬼が伊之助の前から逃げたと思いきや、まさかの変化! 先程の父鬼とは遥かに大きくなり、流石の伊之助も「圧だけで潰される…」と恐怖。 諦めそうになるなか、伊之助の心には「死ぬな」と叫ぶ炭治郎は藤の屋敷で世話してくれたお婆ちゃんが流れ込みます。 意を決して父鬼に挑みますが刀は折れ、伊之助の体はボロボロに…。 「ごめんね…ごめんね…伊之助」と泣き続け崖に落とす母親の姿、善逸や炭治郎、お婆ちゃんの姿を思い浮かべます。 そんなときに冨岡義勇が! 富岡さんが秒殺でさっきまであれほど苦戦していた父鬼を殺していきましたね。 流石柱の一員だけありますね…! 少し伊之助の過去が明かされました。 伊之助はこれまでどうやって生きてきたのかわからないですが、母親と離れて生きてきたんですね。 「伊之助だけは生き残って…」のような言葉が母親から聞こえましたが、一体伊之助と母には何があったのでしょうか。 伊之助危機一髪でしたね!富岡さんが間に合ってよかったです。 『鬼滅の刃』第18話のTwitterでの評判・口コミ 鬼滅の刃 18話感想 柱の参戦! 2人の存在には鳥肌が立ちます しのぶさんは蝶のように舞い美しいです 善逸はまたも美女と出会いかなりの幸せ者ですね 伊之助が炭治郎らの想いに応えるべく必死に生きようと頑張る姿か今週のベストシーン! 炭治郎の剣は折れてから開花すると信じてます! — 悪魔のZ gameotolko 鬼滅の刃18話感想。 今回は伊之助、炭治郎メインですね。 伊之助が父蜘蛛に敵対してる時、炭治郎の「俺が戻ってくるまで死ぬな!!!」をしっかり守ろうとしたとこにうるっと来た。 1回諦めたとこは流石に涙腺が崩壊。 正直いってあんな弱気な伊之助初めて見ました。 でもちゃんと持ち直すとこは流石ですよ — ほしのむぎ。 しのぶさんはかわええなあ。 いのすけの走馬灯、母親のがつらい。 原作見てたらなおさら。 奴の顔が浮かんでぶち殺したくなる。 次回で那田蜘蛛山編終わりかな。 一時はどうなるかと思いましたが、伊之助に富岡さんが間に合ってよかったです。 最後、弟鬼の戦いで炭治郎の刀が折れてしまいましたが大変ですよね!?.

次の

鬼滅の刃ネタバレ【第201話】最新話の感想も紹介!炭治郎が目覚める!

受け顔鬼滅の刃

剣士や柱達から尊敬されるカリスマ的存在ですが、初登場の際はその容姿に驚かれた方も多かったかと思います。 顔には「 火傷のようなただれ」が広がっており、目には「 黒目が無い」という状態です。 目は見えていない? お館様の目ですが、黒目が無い状態というのが特徴的ですよね。 目は見えているのか、それとも失明している…? 炭治郎が初めてお館様に出会った柱合会議の時は、子どもたちに手を引かれて登場していました。 また、「空は青いのかな?」と問うシーンがあるため、天気を視覚的に判断することができないこともわかります。 したがって、その時点で 目はほとんど見えておらず、失明しかけている状態だったと推察されます。 目が不自由な中、鬼殺隊のトップとして君臨し続けられるというのは、彼の人望あってこそですね! また、「 何としても鬼を倒す」という強い意志の表れともいえるでしょう。 病気は進行性? お館様の病気が進行性のものであるか検討するため、回想シーンなど過去の状態と比較してみたいと思います。 以下、音柱の宇随天元との過去のやりとりの際のお館様の様子です。 炭治郎と出会った頃は、すでにお館様の目は白く、顔の病変は額から目の下の頬にまで広がっていました。 感想 お館様ーー!! CV:保志総一朗 お父さん似でも鬼舞辻似でもなかった!。 怪我か病気か分からないけど、視力が悪そうに見える。 — ぐんぐにる 盾……?剣だッ!プレイ中 Gungnir3228 ということは、 お館様の病気は進行性のものということになりますね! 昔の顔立ちをみると、かなりのイケメンだったことがうかがえます。。 漫画「鬼滅の刃」お館様の目や顔の傷は鬼舞辻無惨の呪い? [鬼滅の刃 137話 週刊ジャンプ ] 『鬼滅の刃』は名作。 今週は特に傑作で震えがくる。 鬼殺隊本部へと乗り込んできた鬼舞辻と対峙する産屋敷。 鬼無辻の主観を中心に物語が進む。 淡々とした会話。 読者は自然と敵である鬼無辻に感情移入して共に産屋敷に圧倒されるという変則的な演出。 「鬼舞辻無惨は、 我が一族唯一の汚点」!! 平安時代の鬼舞辻無惨に謎の薬を処方して鬼に変えてしまった医者の名前、「産屋敷」というのでは? — ほあし hoasissimo 我が一族とは、 産屋敷家のことを指しています。 つまり、 鬼舞辻無惨は産屋敷一族の人間だったのです! この事実には、本当に驚きました。。 また、普段は温和なお館様が、鬼舞辻無惨に対しては「 お前は必ず私たちの代で倒す」と敵意をむき出しにするほど憎んでいるとは、意外ですよね。 さらに、産屋敷一族が代々短命である理由について神主に聞いたところ、「 同じ血筋から鬼が出ているからその者を倒すために心血を注ぐように」という助言を受けています。 産屋敷一族が短命になってしまったのは「 鬼舞辻無惨という鬼を一族から出してしまったことによる呪い」だったんですね。。 一族を絶やさないようにするためには、責任を持って鬼舞辻討伐を果たさなければなりません。 そのために、お館様を含め産屋敷一族は鬼殺隊の中心的立場を担っているというわけです。 代々神職の妻をもらうようになったものの、寿命は30年に満たないというのは、なんとも悲しい運命ですよね。。 (泣) 鬼舞辻無惨を何としても倒し、一族の呪いから解放されることを願います! 鬼舞辻無惨が鬼になった理由は? 鬼舞辻無惨が鬼になってしまった理由は、どうやら本人が自ら望んだからではないようです。 もともと体が弱く寝たきり状態だった鬼舞辻は、20歳まで生きることは難しいと言われていました。 そんな彼の境遇を不憫に思った医者が、ある特別な薬を処方し、その 薬により鬼になってしまったのです! 鬼に変えられてしまったことにより、病気で死ぬことは無くなったものの、二度と陽の光に当たることはできなくなってしまいました。 元はお館様と同じ人格者の一族、最後はどうか改心してほしいなと思います。 >> >> >> 漫画「鬼滅の刃」お館様は病気怪我?まとめ 産屋敷一族の呪いは自分で作り出した毒説。 毒によって寿命が減る代わりに毒が脳🧠に作用して勘が冴えるのかも。 お館様の目の異常や顔の傷のようなものは、怪我ではなく病気だったということがわかりましたね。 すでに目はほとんど見えない状態で、病気が進行性だなんて…とても悲しいです。

次の

鬼滅の刃がブリーチ超えそうなの許せないんだが

受け顔鬼滅の刃

剣士や柱達から尊敬されるカリスマ的存在ですが、初登場の際はその容姿に驚かれた方も多かったかと思います。 顔には「 火傷のようなただれ」が広がっており、目には「 黒目が無い」という状態です。 目は見えていない? お館様の目ですが、黒目が無い状態というのが特徴的ですよね。 目は見えているのか、それとも失明している…? 炭治郎が初めてお館様に出会った柱合会議の時は、子どもたちに手を引かれて登場していました。 また、「空は青いのかな?」と問うシーンがあるため、天気を視覚的に判断することができないこともわかります。 したがって、その時点で 目はほとんど見えておらず、失明しかけている状態だったと推察されます。 目が不自由な中、鬼殺隊のトップとして君臨し続けられるというのは、彼の人望あってこそですね! また、「 何としても鬼を倒す」という強い意志の表れともいえるでしょう。 病気は進行性? お館様の病気が進行性のものであるか検討するため、回想シーンなど過去の状態と比較してみたいと思います。 以下、音柱の宇随天元との過去のやりとりの際のお館様の様子です。 炭治郎と出会った頃は、すでにお館様の目は白く、顔の病変は額から目の下の頬にまで広がっていました。 感想 お館様ーー!! CV:保志総一朗 お父さん似でも鬼舞辻似でもなかった!。 怪我か病気か分からないけど、視力が悪そうに見える。 — ぐんぐにる 盾……?剣だッ!プレイ中 Gungnir3228 ということは、 お館様の病気は進行性のものということになりますね! 昔の顔立ちをみると、かなりのイケメンだったことがうかがえます。。 漫画「鬼滅の刃」お館様の目や顔の傷は鬼舞辻無惨の呪い? [鬼滅の刃 137話 週刊ジャンプ ] 『鬼滅の刃』は名作。 今週は特に傑作で震えがくる。 鬼殺隊本部へと乗り込んできた鬼舞辻と対峙する産屋敷。 鬼無辻の主観を中心に物語が進む。 淡々とした会話。 読者は自然と敵である鬼無辻に感情移入して共に産屋敷に圧倒されるという変則的な演出。 「鬼舞辻無惨は、 我が一族唯一の汚点」!! 平安時代の鬼舞辻無惨に謎の薬を処方して鬼に変えてしまった医者の名前、「産屋敷」というのでは? — ほあし hoasissimo 我が一族とは、 産屋敷家のことを指しています。 つまり、 鬼舞辻無惨は産屋敷一族の人間だったのです! この事実には、本当に驚きました。。 また、普段は温和なお館様が、鬼舞辻無惨に対しては「 お前は必ず私たちの代で倒す」と敵意をむき出しにするほど憎んでいるとは、意外ですよね。 さらに、産屋敷一族が代々短命である理由について神主に聞いたところ、「 同じ血筋から鬼が出ているからその者を倒すために心血を注ぐように」という助言を受けています。 産屋敷一族が短命になってしまったのは「 鬼舞辻無惨という鬼を一族から出してしまったことによる呪い」だったんですね。。 一族を絶やさないようにするためには、責任を持って鬼舞辻討伐を果たさなければなりません。 そのために、お館様を含め産屋敷一族は鬼殺隊の中心的立場を担っているというわけです。 代々神職の妻をもらうようになったものの、寿命は30年に満たないというのは、なんとも悲しい運命ですよね。。 (泣) 鬼舞辻無惨を何としても倒し、一族の呪いから解放されることを願います! 鬼舞辻無惨が鬼になった理由は? 鬼舞辻無惨が鬼になってしまった理由は、どうやら本人が自ら望んだからではないようです。 もともと体が弱く寝たきり状態だった鬼舞辻は、20歳まで生きることは難しいと言われていました。 そんな彼の境遇を不憫に思った医者が、ある特別な薬を処方し、その 薬により鬼になってしまったのです! 鬼に変えられてしまったことにより、病気で死ぬことは無くなったものの、二度と陽の光に当たることはできなくなってしまいました。 元はお館様と同じ人格者の一族、最後はどうか改心してほしいなと思います。 >> >> >> 漫画「鬼滅の刃」お館様は病気怪我?まとめ 産屋敷一族の呪いは自分で作り出した毒説。 毒によって寿命が減る代わりに毒が脳🧠に作用して勘が冴えるのかも。 お館様の目の異常や顔の傷のようなものは、怪我ではなく病気だったということがわかりましたね。 すでに目はほとんど見えない状態で、病気が進行性だなんて…とても悲しいです。

次の