ミシン うわ 糸。 【ミシンの使い方】糸が切れる トラブルにおけるよくある質問と回答

ミシンの使い方は基本をおさえて失敗知らず

ミシン うわ 糸

もくじ• 上の糸を確認する 糸を全部ミシンからはずして一旦巻き取ってください。 糸が古くなっていないか確認する 糸は劣化すると切れやすくなります。 もらった糸の場合、いつのものかわからないものも多いです。 両手で糸を張ってはじいたときに簡単に切れたら、糸切れの原因は糸の劣化です。 ニット糸の場合抵抗をかけてあげる ニット糸は高速で縫うとねじれが起こって切れることがあります。 そういう時はミカンのネットや、ストッキング、余ったニットやストレッチ素材のはぎれで輪をつくり糸コマにかぶせると切れにくくなります。 糸に節などがないか見る 糸に節(部分的に膨らんでいる)があったりする糸は切れやすいです。 よく針の穴のそばで糸がぐじゅぐじゅになっている場合は糸に原因があることも。 糸をかけなおす 糸かけが間違っていると糸が切れたりします。 上の糸が糸立て棒(上糸のミシン糸をセットする所)に絡まっている事がよくあります。 キャップで押えているので気づかずに見逃してしまいがちなので、外してかけなおしてみてください。 糸の掛け方自体を確認する また糸を掛けなければいけないところにかかってなかったりと、糸かけ自体を間違っていることがあります。 下糸を巻く為のところに糸を掛けている人をよく見かけました。 現在はミシンメーカーの公式サイトで説明書を見ることが出来たり、ミシンやさんがミシンの使い方動画などをyoutubeに上げてくださっているのでそちらを参考にするといいと思います。 糸ゴマ(ミシン糸を巻いてある土台)のツメを確認する 糸ゴマの、糸をしまうときの切り込みは、糸立て棒が縦向きの場合は下、横向きの場合は右側にくるようにセットしてください。 糸が進む方向に切り込みがあるとに引っかかって切れることがあります。 下糸を確認する ボビンの巻きが悪い 綺麗に糸が巻けていないと糸がスムーズに引き出せずに糸調子が狂ったり糸が切れたりします。 この場合は巻きなおしてください。 ボビンケースのあるミシンの場合は、ちゃんとボビンをセットする。 ボビンケースの取っ手のところに糸を挟み込んでセットすると、縫えなかったり糸が切れたりします。 ボビンケースの場合は写真の方向に糸を巻いた状態でボビンに入れてください 針を確認する 針の穴やすじがいびつ 高速で上下する針の間を糸がすり抜けていくため、少しでも針の穴がいびつだったり、針の縦筋がゆがんでいたりすると摩擦で糸が切れたりします。 この場合針を変えてください。 ミシン針は消耗品です。 1着で何本も交換することもないですし 価格も1本60円くらいなのでケチらず交換しましょう 伸びる生地に伸びない糸を使っている 伸びない糸を引っ張れば糸は当然切れるので伸びる糸を使う。 伸びる糸と言っても伸縮率が決まっているので三重縫い(伸縮強化縫い)等と組み合わせて縫うとより伸び率が上がります。

次の

ミシンの縫い目の上が直線になって糸がまっすぐに出てしまいま...

ミシン うわ 糸

ミシンの修理をお預かりするとき、よく感じることがあります。 私たちスタッフが「あたりまえ」「常識」と、思っているミシンの使い方も、ミシン初心者の方にとっては大問題。 それを知らずに困っているお客様が意外と多いということです。 そこで、これからミシンの使い方の基本を気づいたことから少しずつ、ミシン初心者のためにご紹介していこうと思います。 ミシンの使い方「上糸のかけ方」 「縫っていたら下糸がぐちゃぐちゃになって裏に出てくる。 」「縫っていたら糸が生地の裏にいっぱい出てきて絡まってしまう」こんなご相談がよくあります。 こんなご相談の時には、にやりと笑ってお客様の目の前でそのミシンを試し縫いしてみます。 するとほとんどの場合はきれいに縫え、お客様は「どうしてー、昨日は全然縫えなかったのに」とびっくりされます。 ミシンの故障ではなく、原因はミシンの使い方にあったからです。 ミシンに上糸をかけるときは、押さえ金を上げてから糸をかけましょう。 ミシンにとって押さえ金が下りているときは縫うとき、押さえ金が上がっているときは糸かけをするときです。 ミシンの心臓部である糸調子の部品は、押さえ金が上がると糸が通るように開き、押さえ金が下がると糸を挟んで糸調子をとろうとします。 押さえ金を下げて糸をかけると糸調子がきかず、写真のようになり先ほどのご相談に繋がります。 もっとも、「縫っていたら下糸がぐちゃぐちゃになって裏に出てくる。 」について。 正しくは下糸ではなく、糸調子のきいていない上糸が下糸に引っ張られて布の裏に出てきているのですが。 たぶんほとんどの方は、「そんなのあたりまえでしょ!」と思って見えると思いますが、ミシン初心者には大問題。 ミシンは「使いこなせてナンボ」の道具。 こんなところが普通の電化製品とは違うところです。 ミシンの使い方をマスターすることが大切です。 これからも時々、ミシン初心者のためにミシンの使い方のご案内をしていきたいと思います。

次の

ミシンの使い方は基本をおさえて失敗知らず

ミシン うわ 糸

当店へメールでの不具合相談で久しぶりに使用したら針が全く上下しないとの事でお送りいただきました。 早速、中釜から分解、内部に劣化したミシン糸の固着があります。 針板を外した送り歯です。 長年のゴミが送り歯の隙間に詰まっている状態です。 下軸部です。 全体的には錆、ゴミは少ないようです。 メインモーターも含め外装部を分解します。 上糸調子部です。 全て分解し、クリーニングします。 モーターベルトです。 上が新品、下が劣化したベルトです。 劣化したベルトは触るとボロボロと粉状になりますので定期的に交換します。 押さえ金と針板です。 針板の針落ち穴に針傷がありますので研磨します。 下糸巻きのゴム輪交換後、自動停止位置調整をします。 各部点検、縫いテストをして終了です。 今回の不具合は中釜部の糸絡みが原因でした。 30年以上前のモデルとしては錆や腐食も無く、今後についても定期的にメンテナンスを行えば何十年も使えると思います。 今回、初めてブラザーミシンの最新モデル コンパル900、700シリーズの技術講習会に参加しました。 目的としては特約店限定で個人経営のブラザーショップや大手特約店でのアフターサービス力の向上と最新モデルでの正確な調整方法などマスターすることです。 早速初めます。 使用したミシンは新商品のコンパル900です。 まずは、補助テーブル・フリーアームカバー・面板を外すところから始まります。 こちらは背面から見たものです。 底板を外した後は倒して作業します。 分解作業を行った後、お昼休みを挟んで、午後からは再び元の状態にするために、組立と調整を行いました 結束バンドをリッパーで切った箇所は結束バンドで再び結び、リード線を正確に元あった電子基板に付け直して、分解の手順とは逆に面板・メインフレーム&カバーなどをはめ込んでいきます。 ミシンを正常に動作させるために、針棒や針穴糸通しの高さ、また針隙左右差の調整、送り歯の高さ調整などを行った後、元の状態に戻し試運転をして、終了となりました。 今回は最新モデル、ブラザーコンパル900の分解手順を習いましたが配給された分解用のサービスマニュアルを見て復習したいと思います。 当店は50年以上前の足踏みミシンから最新モデルまで正確かつ丁寧な修理ができます。 お客様からの電話相談でミシンを購入されて30年以上経過、現在も順調に縫えていますが今後も大切に使いたいとのご希望が有り、オーバーホールのため当店へお送りいただきました。 ボディーをオールクリーニング完了 当時の基板には無数の電子部品が付いていて複雑な構造です。 エアーで隙間のほこりを除去します。 タイミングベルトとモーターベルトです。 大きな劣化も無く、このまま使用できました。 モーターベルトがトランスを避けるような三角的ベルトレイアウトになっています。 注油、グリスアップします。 針釜隙間調整・・・低速や高速回転をさせてベストな針釜の隙間調整をします。 ブロード地2枚重ねでの試縫いです。 縫い目は良好。 電球、ボビンケースを交換しましたが機械的には現役で十分使用できるミシンでした。 1980年前後から1999年位までのモデルは耐久性があるモデルが多く発売されていました。 押し入れや物置に保管してあるミシンは1度、オーバーホール(総点検)をしましょう。 これから定期的にブログ更新しますので見てください。 お客様からの修理相談でミシンを使おうとしたら糸立て棒がミシン本体から引っ張り出せなとの故障でお送りいただきました。 早速、拝見します。 標準より1cm位は下糸巻軸が陥没して手で引っ張っても引き抜けない状態です。 外装を外します。 画像はぼけていますが糸立て棒が内部のプラスチック製の壁部に棒先が刺さっていましたので落下が原因の可能性も考えられます。 ペンチで曲がった糸立て棒を外し新しい部品に交換します。 正常な状態に直した糸立て棒の長さです。 正常だと2㎝です。 当店の保証期間中でしたので今回は無償修理で対応致しました。 糸立て棒に強い力で物が当たったり、ミシンの落下等、かなりの衝撃が無いとこのような状態にはならないと思います。 糸立て棒が曲がっている可能性がある場合には無理に引っ張ろうとするとミシン本体の破損に繋がることもございますので、専門店での回復修理をお勧めします。 何らかの原因で天びんシャッターがボディーに引っ掛かり、押さえレバーを下げても、 スタートボタンが赤色で点灯し、天びんシャッターが閉じないとの問い合わせ、修理依頼があります。 下記、症状でしたらご自身で解消可能なので症状を確認してみてください。 天びんシャッター付きタイプの正常な状態 押さえが上がっている場合・・・スタートボタンの色は赤色で天びんシャッターが 開いている状態 押さえが下がっている場合・・・スタートボタンの色は緑色で天びんシャッターが 閉じている状態 天びんシャッター付きタイプの不正常な状態 この様に天びんシャッターがボディーに引っ掛かり、押さえレバーを下げても スタートボタンは赤色が点灯する場合があります。 押さえが下がっているのにスタートボタンの色は赤色で天びんシャッターが 開いている状態ですと液晶画面に押さえを下げて下さいの表示やピピピと音が鳴ったりします 解消方法 ミシン本体、右裏側の+ネジをドライバーでゆるめる。 次にカバーを少し開ければ天びんシャッターは勝手に戻り完了です。 簡単です!! ボディーとシャッターの隙間が少ないのが原因なのかは不明ですが何件は 電話にて説明しましたが営業時間内のみの対応となる為 写真掲載しました。 2010 12 20 ミシンの修理金額(目安) 最近、ミシンの修理に関するお問い合わせが増えています。 ・ 買ったお店が潰れてしまった ・ ミシンの修理で法外な請求をされた ・ 引っ越しで、懇意にしていたミシン屋に頼めなくなった …等、別のお店で買われたミシンの修理をご希望される方も多いです。 弊社の修理センターは、お客様へのアフターサービスの一環として稼働させているものなので、本来はそういったミシンの修理をお受けできないのですが、ありがたい事に弊社のお客様のご紹介や、人づてで多くのお問い合わせを頂いております。 また、今後弊社とお付き合いのきっかけになればとも考えて、社外修理も受け付ける事にしました。 2008 11 05 裾上げ 今回は、ジーンズやチノパンの裾上げをご紹介します。 お店で買ったときに裾上げのサービスをしてくれる場合もありますが、 持ち帰って一度洗うと、お店で測ったときよりも丈が短い!なんていう 経験はないでしょうか。 既製品の洋服は、一度洗うと目が詰まって縮みます。 多いときでは5mm~1cmも縮んでしまうことがあります。 そのような時は、買ったその場で裾上げをしてもらうよりも、 一度洗ってから裾上げしたほうがいいですよね。 コツを知っていれば、ご家庭でもカンタンにできますので、 是非やってみてください。 ミシンの購入を考えているお客様から、 「このミシンは裾上げができますか?」という質問を 多く受けますが、 実は、 裾上げはミシンのパワーや機能というより、 やり方次第です。 2008 05 31.

次の