ポケモン剣盾 ルカリオ 育成。 【ポケモン剣盾】ルカリオ

【ポケモン剣盾】リオル・ルカリオの入手・出現場所・進化条件まとめ

ポケモン剣盾 ルカリオ 育成

ルカリオ はどうポケモン ガラルNo. 299 ぜんこくNo. 448 高さ 1. 2m 重さ• 0kg• けたぐり威力80 タイプ• 英語名• Lucario タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• 相手の技で『ひるみ』状態にならない。 なお、技『きあいパンチ』には影響しない。 第8世代からは、相手の特性『いかく』の効果も受けない。 連続で使うと失敗しやすくなる。 特性『ちょすい』『よびみず』の味方は特性が発動するため、この技の効果は無効。 この技は『ダイウォール』の効果も受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 自分の技も対象となる。 最後の技がダイマックス技の場合、元となった技が使われる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 相手が技『まもる』『みきり』『たたみがえし』『トーチカ』『キングシールド』『ニードルガード』『ブロッキング』『ファストガード』『ワイドガード』をしている場合は、その効果を解除して攻撃できる 使用していない場合は通常攻撃。 『ダイウォール』は解除はできないが、貫通する。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 相手の『とくぼう』ランクを2段階下げる。 特性の効果による先制攻撃も受けない。 ダブルバトルで味方に使うと良い Lv. 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 必ず後攻になる 優先度:-4。 投げつけた道具はなくなる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 威力は20〜200 レコ. そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 連続で使うと失敗しやすくなる。 第8世代からは、音系の技。 この技は『ダイウォール』の効果も受けない。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 攻撃後、相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 ダイマックスしている相手には追加効果は無効。 3倍の効果もさらに加わる。 『グラスフィールド』の時は『くさ』タイプ、『ミストフィールド』の時は『フェアリー』タイプ、『エレキフィールド』の時は『でんき』タイプ、『サイコフィールド』の時は『エスパー』タイプの技となる。 この技は『ダイウォール』の効果も受けない。 『まもる』などで技が防がれた場合も、自分のHPは減る。 相手が『ゴースト』タイプの時、『ノーマル』『かくとう』タイプの技が当たるようになる。 [Lv. 19 BW2 ,Lv. 5倍にする。 後攻になった場合や、相手の技が変化技や第7世代のZワザの場合は失敗する。 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダイマックスしている相手には無効。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 最大102。 最大102。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 そのターンの相手の技をすべて自分が受ける。 ただし、全体技には効果がない。 ダブルバトル用。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 攻撃が外れたり連続で使用しないと元に戻る。 ただし、『ふしぎなまもり』など一部の固有な特性はコピーできない。

次の

剣盾でもルカリオと勝ちたいランクマッチ考察

ポケモン剣盾 ルカリオ 育成

今回から剣盾のランクマッチで使っていたパーティを公開しようと思います。 そのときのパーティの使用感や改善点を淡々と出していくのでそれでもよければ見ていってください。 文字に起こすと様々な点が明確になって頭の中が整理しやすいんですよね。 では剣盾1期生を紹介します! 最初ということで相性補完チェッカーで 相性補完100%の構築にしました ? 基本は積みサイクルを意識してます。 ・ AS252 B4 様々な戦場で共に戦ってきた相棒枠。 基本的にを軸としてPTを考えることが多いです。 を剥奪されて火力とSを奪われたがこの環境で戦っていけるか正直不安しかありませんでしたが、やの選出を抑制したり、オーロンゲを狩りにきた 主にフェアリー・はがねなど を逆に狩ったり、で相手を縛ったりと予想よりもかなり使いやすかったです! の耐久の低さには正直慣れましたが、 タイプ一致や不一致ばつぐんを耐えないのはやっぱりしんどいです… disる訳じゃないんですけど、両刀で耐久低めかつ中速ってかなりきついんですよね。 両刀ということは裏を返せば物理か特殊に特化するだけで無駄になってしまう部分が多くなってしまうのです。 そんなを相棒として第一線で活躍させるのが僕の使命だと勝手に思ってます。 なにより一番好きなですからね! 特殊型も模索したんですが、ックスとの相性が悪くて却下しました。 最初にの型を決めるにあたって「」にするか「かみなりパンチ」にするかめっちゃ悩みましたが、一長一短なので、構築によって変える必要がありそうです。 ・ CS252 H4 との相性補完が良いので採用。 と比べて抜き性能が低くあまり採用しませんでした。 環境では流行ったらしいのですが 自分にはは使いこなせなかったので入れ替え候補その1です。 絶対使い方下手なだけ ・ AS252 B4 ほのおの一貫切りとが重いので採用。 めっちゃ強い。 こいつのおかげで来ません。 積んでからのックスでBD上げながら殴り続けるのマジで強いです。 ラムのみなので状態異常でも止まりません! どうやって通すかを重視して、が倒すのに苦労しそうな相手をとオーロンゲで処理する場面が多かったです。 圧倒的残留マン。 ・ストリンダー CS252 H4 使ってみたかった枠。 選出率最下位。 技範囲が主にドラパルトやなどのメジャーポケに通らない。 のどスプレーが使いずらい。 耐久がなくてギンジ積めないと上から叩かれる。 上手く戦わせられなくてごめん。 特性も相まって強いとは思うけど環境が悪かった。 とりあえず次は抜こうと思います。 両刀の方が使いやすいかも? ・オーロンゲ HB252 S4 起点作りその1。 で壁貼れるのほんと強い。 サマをタイプ一致で打てるのも強い。 前作のみたいな選出誘導力があるので、基本は裏から展開してました。 メジャーな故に相手がなどで対策をしてくるので別の壁貼り要員も模索中。 ・ H244 D252 S12 特殊受け兼起点作りその2。 対面でトリックされるのを警戒して確実に役割を遂行できる型にしようと思いましたが、よびみずの方が強いと考えて変えました。 耐久があるので特殊型 特に にはかなり仕事できたのと引くに引けないまずい対面でも「おきみやげ」で退場できるのもよき。 意外とこいつにックス使った。 パーティ単位で重かった ・ヌオー ・ ・ドラパルト 諸説あり ・ガラル はい。 欠陥です。 次からはこれらに対抗出来るパーティを作っていこうと思います。 次回「御三家の中でも優遇されまくってムカつくけど正直好きだからなんともいえない炎の竜 飛行 」デュエルスタンバイ!! hassy0448.

次の

【ポケモン剣盾】ルカリオの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモン剣盾 ルカリオ 育成

サン・ムーンでは、野生のポケモンが「助けを呼ぶ」で別のポケモンを呼び出すこと... ルカリオおすすめ育成 特性 「 」・・・あくタイプの技を受けると、攻撃が1段階上昇する。 「 」・・・自分のタイプと同じ技のダメージが2倍になる。 メガシンカ前提ではありますが、進化前の特性は「 」をおすすめします。 理由は、ほか2つと比べてまだ使いみちがあるから。 とはいえ、あくタイプを半減するルカリオにあく攻撃をする相手はそういないでしょうが。 メガシンカ後の「 」は、タイプ一致攻撃を1. 5倍ではなく2倍の威力にしてくれる強力な特性です。 性格 攻撃、特攻いずれもほぼ同等に高いため、どちらを捨てるかは非常に悩ましいところです。 型によって使い分けましょう。 物理アタッカー 「いじっぱり」(攻撃UP、特攻DOWN) 「ようき」(素早さUP、特攻DOWN) 特殊アタッカー 「ひかえめ」(特攻UP、攻撃DOWN) 「おくびょう」(素早さUP、攻撃DOWN) 努力値・個体値 努力値はまず素早さにしっかり振り、そこから攻撃または特攻に育てる型に合わせて振っていきましょう。 個体値も同様ですが、そのままでは耐久性が低いため、攻撃か特攻を除いた5Vは狙いたいところです。 技 物理アタッカー :高火力の物理かくとう攻撃。 特性の影響でとんでもない火力に。 攻撃後、自分の防御、特防が1段階下がる点に注意。 :先制が取れる物理はがね攻撃です。 サンムーンで元気なフェアリータイプに有効。 ほかには、「 」、「 」なども有効でしょう。 特殊アタッカー :まずまずの威力の特殊はがね攻撃。 こちらもフェアリー対策として。 :先制が取れる特殊かくとう攻撃。 ほかには、「 」、「 」、「 」など。 特殊アタッカーのほうが技が多彩で、対応できる敵は多くなります。 アイテム :ルカリオをメガシンカさせることができる。 これ以外の選択肢はほとんどありません。 関連ポケモン.

次の