武富士 スラップ 訴訟。 吉村洋文大阪市長が武富士の弁護士だった件について記者会見で質問される

あのさぁ、維新の吉村洋文大阪府知事は、消費者金融・武富士訴訟の代理人でスラップ訴訟やってたんだけど、なんでこんな人に投票したわけ?

武富士 スラップ 訴訟

【サマリー】 金銭や恫喝を目的とした訴訟(スラップ)が社会問題として浮上して15年になるが、状況は悪化する一方だ。 スラップの件数がますます増えている。 近年の著しい特徴として、弁護士に依頼せずに提起される本人訴訟が増えていることがある。 わたしも被害者の一人である。 スラップ訴訟の中には、弁護士の側から訴訟を勧めるケースもあるようだ。 「金がとれる」と話を持ち掛け、訴訟を起こすのだ。 このような訴訟では、訴因が不自然なことが多い。 しかし、恰好の対策がある・・・。 名誉毀損を口実とした恫喝裁判(スラップ)が日本で提起されるようになったのは、今世紀に入ったのちである。 サラ金の武富士が、次々とフリージャーナリストらに対して高額の金銭支払いを請求する裁判戦略を採用したのが発端と言われている。 厳密に言えば、それ以前にも類似した裁判は携帯電話会社などによって起こされているが、訴権の濫用が社会問題として浮上したのは武富士裁判からである。 それから15年。 スラップは衰えをみせるどころか、ますます増えている。 さらに新しいかたちの恫喝裁判も増えている。 新しいかたちの恫喝裁判とは、法律の素人が弁護士に依頼せずに本人訴訟を起こすケースである。 名誉毀損裁判が原告に圧倒的に有利な法理になっているために、このような現象が起きているのだ。 本人訴訟についても不純な目的で提起されることがある。 嫌がらせと金銭が目的化して、わたしが調べた限り、半失業の状態で生活に窮している者が原告になっているケースも過去にはあった。 宝くじでも買う感覚で訴訟に踏み込んでいるのではないかと推測する。 わたしも現在、1件の本人訴訟の被告になっている。 これについては結審後に事実関係を全公開することを前提に、単行本化も視野に入れて準備中だ。 (楽しみにしてください。 たとえば請求額が異常に高額に設定されているとか、名誉毀損の対象となっている作品(記事や単行本)が、半年も1年も前に公表されているにもかかわらず、それまでは沈黙を守り、不意に提訴に踏み切った事実があれば、弁護士の側が「営業」によって訴訟に勧誘した可能性が高い。 もちろんそのような行為は禁止されているが、監視する体制がないわけだから、弁護士に対する懲戒請求をしても処分されることはない。 日弁連は基本的に弁護士の利益を守る団体なので、故意に虚偽の書類を裁判所へ提出するなど、相当悪質な行為がない限り失職させられることはない。 とにかく訴因が不自然だと感じたら、「営業」により生み出されたスラップを疑う必要がある。 弁護士事務所の中には、名誉毀損裁判の提起を勧める内容の書籍を出版しているところもある。 本来、米国のようにスラップ禁止法を国が制定すべきだが、そのような動きが本格化しているという話は聞いたことがない。 裁判を受ける権利が憲法で保障されている状況に照らし合わせると、特定の訴訟をスラップと認定すること自体がなかなか難しいという事情があるので、スラップ禁止法の制定にも壁があるのかも知れない。 が、スラップにより日本のジャーナリズムが劣化しているのは疑いない。 現段階で考え得る対策としては、やはりジャーナリズムで徹底抗戦する以外にないようだ。 法律を盾にした訴訟ビジネスが勝者になるのか、それともペンで真実を伝え世論を作りだした者が勝者になるのかの戦いになる。 たとえ法律を盾にした者が勝っても、ジャーナリズムにはまた別の視点がある。 5年、10年、あるいは20年のベースで裁判を検証することで、問題の本質を浮かび上がらせることができるのだ。

次の

維新の吉村元市長は、反社会的として批判されるスラップ訴訟を起こす弁護士でした

武富士 スラップ 訴訟

この記事によると、大阪市長である吉村洋文氏は、弁護士時代に、あのスラップ訴訟の典型例ともいうべき武富士のジャーナリストに対する名誉毀損訴訟の代理人だったそうだ。 『週刊プレイボーイ』で武富士の実態を連載しているジャーナリストの寺澤有さんに吉村市長らが武富士の弁護士となって2003年、2億円の損害賠償を求めて提訴。 しかし、武富士側は盗聴事件が問題になるや訴訟を放棄。 寺澤氏は2006年、武富士と2億2000万円の損害賠償と謝罪広告掲載を求め、東京地裁に提訴した。 東京地裁は武富士側の訴権の乱用を認め、寺澤氏への賠償を命じ、武富士は寺澤氏に1000万円支払った。 この武富士訴訟は、まさしく違法な訴訟提起であり、それ自体が不法行為になるという意味で、訴訟提起が不法行為になることを厳しく絞り込んだ最高裁判例の下でも文句なく賠償が命じられたものである。 その代理人として関与したとあっては、確かに寝覚めは悪く、上記の記事にあるように弁護士懲戒請求をテレビで煽った橋下徹弁護士が口を極めて非難したかもしれない事例だ。 確かに、上記記事の中で吉村市長が述べているように、理不尽な主張であっても代理人たるもの、当事者の主張を裁判所において代理して主張することは本来的職務であり、自分のクライアントの意見を裁判所にしっかり伝えることは恥ずべきことではない。 しかし、弁護士職務基本規定には次のような条項がある。 第十四条 弁護士は、詐欺的取引、暴力その他の違法若しくは不正な行為を助長し、又はこれらの行為を利用してはならない。 弁護士が、刑事弁護において被告人の不合理な言い分を代弁することは、不合理であればあるだけ裁判所で通らないことにもなり、不正な行為を助長することにはなりそうにない。 しかし、上記のスラップ訴訟の典型例で、裁判所が「権利のないことを知りながら相手方当事者に損害を与えることを目的としてことさら提起した」と認定するような訴訟の代弁は、「違法若しくは不正な行為を助長」することに他ならない。 弁護士が、架空請求を大量に引き受けて、裁判所に大量請求するというような訴訟詐欺を引きければ、それは懲戒処分の対象となるであろう。 もちろん架空であることは知らなかったということであれば別かもしれないが。 さて、上記のSLAPP訴訟の典型とされる嫌がらせのための訴え提起において、吉村市長はどこまで事情を知りつつ代理人になったのか、単に子供の使いのように本人の主張を伝達しただけで本当かどうかは知りもしなかったのか、それとも、情を知りながらその手先として動いたのか、そのあたりが知りたいところである。

次の

武富士スラップ訴訟判決(下)|寺澤有|note

武富士 スラップ 訴訟

TAK 2000年3月 - 2010年11月12日 本社所在地 〒103-0022 3丁目3番1号 E. 室町ビル7階 設立 その他金融業 事業内容 消費者金融業ほか 代表者 小畑英一 資本金 304億7,800万円 発行済株式総数 1億4429万5200株(2010年6月30日現在) 売上高 連結1202億6,600万円(2010年3月期) 営業利益 連結333億60百万円(2010年3月期) 純利益 連結45億77百万円(2010年3月期) 純資産 連結1506億20百万円(2010年3月31日現在) 総資産 連結6869億31百万円(2010年3月31日現在) 従業員数 2,009人(2010年6月30日現在) 決算期 毎年3月31日 主要株主 株式会社大央 5. 概要 [ ] (昭和41年)1月に、によって創業された富士商事が前身である。 団地金融をきっかけとして高利貸しをしていき、を多用したの大量出稿やへのスポンサーなどで注目を集めるなど、「」に対するイメージ向上戦略などを行い、創業者である武井が一代で消費者金融業界のトップの座まで築きあげた。 しかし、経営方針や体質を批判されることも多く、こともあったが、複数のケースで敗訴している。 さらに、(平成15年)12月には、同社を批判するで武井会長が逮捕され、3年・4年の有罪判決を受けたために、同社会長を辞任した。 会社更生手続 [ ] 後半には、他の大手消費者金融同様にの増加などによる業績と資金繰りの悪化が伝えられ、(平成22年)には東京地方裁判所にの適用を申請し、受理された(詳細は年表参照)。 過払いとなった同社の顧客は推計で約200万人、その過払い額は2兆4000億円とされた。 また、同社から譲渡を受けた富士クレジットが、同社の顧客の一部に対し、(過払金返還請求など)一切の金銭的請求をしないことなどを条件とする「和解書」を送付し、署名も要求していたことが判明する。 事実上、返還請求を封じようとする動きであるとの指摘が出ており、などは、やなどに抵触する可能性があるとして問題視している。 (平成23年)に、東京地方裁判所は更生計画の認可決定を行った。 その後、会社分割は、(平成23年)12月31日までの間において管財人が定める日に延期された。 2012年3月1日付で会社分割を行い、約252億円でJトラストの子会社である 株式会社(旧・ロプロ) に事業を承継させることとなった。 なお、会社分割を行った2012年3月1日に旧法人はTFK株式会社に商号を変更し、会社更生手続きや弁済手続きに専念することになった。 TFKは残存していた訴訟対応などが終了したことを受けて2017年3月17日付で清算され、法人として消滅した。 その後、事業を引き継いだ株式会社は2013年3月まで「武富士」の名で貸金業を営んでいた。 以降の消費者金融事業は「日本保証のフリーローン」と改称し、2015年頃に新規営業を終了。 現在では不動産担保金融のみ新規営業を行っている。 加入信用情報機関は株式会社日本信用情報機構 jicc である。 沿革 [ ]• (昭和41年)1月 - 個人事業「富士商事」を東京都にて創業。 (昭和43年)6月 - 「有限会社武富士商事」設立。 (昭和49年)12月 - 「株式会社武富士」に改組。 (平成3年) - 元のを非常勤として迎え、人脈を広げる。 (平成8年)8月 - 店頭(JASDAQ、現在の)市場公開。 (平成10年)12月 - 第1部に。 (平成12年)3月 - 上場。 (平成12年)12月頃 - 武井を批判する記事をなどで執筆したフリージャーナリストとの関係先に対して、武井の命令により当時の法務課長とらが盗聴器を設置し。 後にとして刑事事件化。 (平成13年)5月 - 青森県内の弘前支店でが発生。 5名死亡。 翌年3月に犯人。 この事件が発生したことにより、約1年に渡りCMを自粛。 (平成14年)11月 - へ加盟。 (平成15年)3月14日 - と記事を執筆した三宅勝久に対し、であるとして5000万円の損害賠償を求める民事訴訟を提起。 (平成15年)12月 - により違反(盗聴)容疑で武井保雄逮捕。 会長を辞任。 この逮捕以降、CMは自粛されることになる。 (平成16年)9月 - と記事を執筆した三宅勝久に対する訴訟で、東京地裁は武富士側の完全敗訴判決を言い渡す。 判決は後に最高裁で確定する。 武富士側代理人弁護士は名誉毀損訴訟で著名な。 三宅と週刊金曜日は訴訟をであると批判。 (平成16年)11月 - 武井保雄に懲役3年・執行猶予4年、また法人としての武富士に罰金100万円の判決。 (平成17年)3月 - (平成12年)7月から翌年8月にかけてにおいて武富士がスポンサーとして紀行もののグラビア記事を連載し、「編集協力費」として5000万円を支払ったにも関わらず記事においては武富士の表記が一切されず、不自然な金銭の収受であるとがスクープ記事で報じ、公に発覚。 朝日新聞社側は編集協力費の返還と社内処分を実施。 (平成18年)9月 - と三宅勝久が武富士側に対して不当提訴による損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁は武富士と武井前会長に賠償を命令。 (平成21年)12月 - 資金繰り悪化により貸し付けがほとんど停止し、資金調達を急いでいると報じられる。 (平成22年)2月 - 開示された2009年12月期四半期決算短信から、資金調達の困難等により、に関する重要事象等の注記がなされている。 (平成22年)5月25日 - を「富士クレジット」に譲渡。 この債権は富士クレジットからに「」の形でそのまま譲渡がされていたことが判明。 振興銀は2日後の27日に業務停止処分となっている。 (平成22年) - に適用を申請する方向で調整を進めているとする報道が、第一報のを初め報道各社よりあった。 武富士側は会社更生法の申請決定を行った事実はないと発表している。 その報道により、は、同日(日本時間)8:20から報道の真偽等の確認のため武富士株を売買停止にした。 その後武富士から報道の真偽に関する発表が行われたことを受け、東京証券取引所が14:51に武富士株を売買再開すると同時に(確認中)に指定した。 (平成22年) - 前日とは一転して、午後に行われた取締役会で会社更生手続きを行う事を決定。 同日にに申請し受理された。 負債額は約4336億円。 また、責任の明確化のために、代表取締役社長執行役員の清川昭と創業家出身で代表取締役副社長執行役員のは退任。 [ ]型の会社更生手続きを採用し、同社出身の吉田純一が代表取締役社長に就任した。 そのことで、東証はに指定し、東証1部を同年10月29日付ですることが決まった。 (平成22年) - 東京地方裁判所(渡部勇次裁判長)が更生手続開始決定。 管財人に小畑英一が就任。 更生債権の届出期間が(平成23年)まで、更生計画案の提出が同年7月15日まで(更生債権者等の提出期間は7月8日まで)と指定される。 (平成22年) - ロンドン証券取引所から上場廃止。 (平成23年)10月5日 - 会社が、創業家等に対して、152億円の損害賠償等を請求する訴訟を提起。 (平成23年)10月31日 - 東京地方裁判所が会社更生計画の認可決定。 (平成23年)12月5日 - 旧経営陣が元利用者に55億円の賠償を求め提訴された。 (平成24年)3月1日 - Jトラスト子会社のロプロに事業譲渡。 同時に事業譲渡後の旧法人は TFK株式会社に商号変更し、会社更生手続きや弁済手続きに専念する。 (平成27年)5月8日 - 武富士元利用者による、旧経営陣を相手取っての返還訴訟のうち、が訴えの一部を認める判決。 (平成29年) 3月17日 - 更生手続終了に伴い、TFK株式会社は清算されて法人格が消滅。 CM [ ]• 男女の((62年))• でのイメージCM(での映像) - 1990年(2年 )• (〈平成3年〉 - 〈平成15年〉)• の楽曲「シンクロナイズド・ラブ Synchronized Love 」に合わせて、女性が集団でダンスをするが有名であった。 ただし、2003年末に武井保雄元会長が逮捕されて以降は放送を自粛している。 このCMの影響か、シリーズのに収録されたリミックス版に付けられたバナーは青地にオレンジと白の文字という「YenSHOP 武富士」のパロディと言えるデザインとなっている。 以下は武富士ダンサーズと並行して放映されたもの。 (〈平成8年〉 - 〈平成10年〉)• の替え歌が流れ、クマ、アライグマ、鳥 が出てくるCM((平成9年)頃)• ((平成11年) - (平成13年)頃)• ((平成17年) - (平成19年))• (2007年(平成19年)4月 - (平成20年)10月24日)• (2008年(平成20年)10月25日 - 不明) 脚注 [ ]• 三宅勝久『武富士追及 言論弾圧裁判1000日の闘い』 リム出版新社 2005年 、北健一『武富士対言論 暴走する名誉毀損訴訟』 花伝社 2005年• 「」 、2010年9月27日。 山口祐輝 2011年2月22日. 2010年2月26日閲覧。 2010年2月26日閲覧。 共同通信 2011年4月28日. 47NEWS. 2011年4月30日閲覧。 株式会社武富士(更生決定案付議のお知らせ)• 株式会社武富士・2011年11月30日• 武富士のマーク(赤色)と色違い(青色)の社章になっている。 株式会社武富士・2011年12月28日• 2017年5月5日. 2017年5月6日閲覧。 「」 、2003年2月19日。 「」 、2003年12月6日。 「」 ・2005年5月26日• - asahi. com、2009年12月10日• 2010年12月24日号• - 読売新聞 2010年9月27日閲覧• 日本経済新聞• 武富士プレスリリース 2010年9月28日• 帝国データバンク 2010年9月28日閲覧• 日本経済新聞• 毎日新聞. 2011年4月9日. 株式会社武富士・平成23年10月5日• 株式会社武富士・2011年10月31日• 産経新聞. 2011年12月5日. 2011年12月7日閲覧。 毎日新聞 2015年5月9日• なお、1990年は武富士ダンサーズの前年である。 足は「¥SHOP武富士」であることから¥の形をしている。 2015年1月9日閲覧 関連項目 [ ]• (の「シンクロナイズド・ラブ」の曲でダンスをするCMで有名であった)• (この事件で武井保雄元会長が逮捕された)• (女子バレーボール・)• (かつて行われていた女子ゴルフトーナメント)• パロディで「竹富士」が登場していた。 上記作品のスピンオフ ある回で同社のCMのパロディが登場した• (スポンサー番組)• (メインスポンサーとしてル・マン24時間レースに出場した)• (いわゆる武富士スラップ訴訟の弁護代理人を務める) 外部リンク [ ]• - 事業を承継したによる公式ホームページ• - 会社分割後の旧法人• - 、2008年5月19日• - 、2010年3月25日.

次の