普通 免許 で 運転 できる もの。 普通免許で乗れる特殊車両の世界

普通自動車免許で運転できる種類と車両とは?

普通 免許 で 運転 できる もの

この記事の目次• 交通違反や免許の更新や罰則などの知識はドライバーワークスへ! ドライバー業界は、免許更新や罰則などの知識を蓄えておくことが運転するときに重要となってきます。 もし、何かあったときの為に、この記事を読んでいる方は免許更新や、交通違反などの知識を改めて確認するのはいかがですが? またドライバーワークスでは、免許の取得を負担してくれる会社もありますので トラックドライバーやタクシードライバーを転職先に検討している方はぜひ参考にしてみてください。 また、2020年に開催されるオリンピックの影響でバスドライバーやトラックドライバーの需要が高くなっています。 未経験でも年収が 500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう! 豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります! 中型免許 「中型免許」は、平成19年6月2日より新設された免許の条件です。 平成19年6月1日よりも前に普通免許を取得した人は、「8t未満」の条件で普通免許を取得しているので、2tトラックの運転は問題なく運転することができます。 新しい免許証では、有効期限の欄下にある、免許の条件等には、「中型車は中型車(8t)に限る」と記載されます。 また、免許証の中央下の種類の欄にも「中型」と記載されます。 平成19年6月2日以降に普通免許を取得した人は、許可されている積載量3t未満の車両までしか運転できません。 そのため、2tトラックの運転は問題ありませんが、4tトラックの運転は違反となりますので、注意が必要です。 改正後の免許証は、条件等に車両を限定する記載はなく、免許証の中央下の種類の欄には「普通」と記載されます。 種別 車両総重量 最大積載量 乗車定員 普通免許 5t未満 3t未満 10人以下 中型免許 (8t限定) 5t以上 8t未満 3t以上 5t未満 10人以下 中型免許 5t以上 11t未満 3t以上 6. 5t未満 11~29人以下 準中型免許 「準中型免許」とは、平成29年3月12日より新設された免許の条件です。 改正後の普通免許では、積載量が「2t未満」となってしまい、2tトラックの運転はできなくなります。 免許証の条件等の欄には、「中型車は中型車 5t に限る」と記載され、2tトラックまでであれば運転ができます。 もし、改正前に普通免許を取得いる場合であれば、改正後の免許証は「5t限定準中型免許」となります。 また、改正後に準中型免許を取得する場合は、学科1時間、実技13時間の教習と適性検査に合格しなければなりません。 トラックの前の方に記載されている「2t」という重量は、車の積載量のことを示しています。 2tトラックや4tトラックというように表現します。 この重量と混同しがちなのが、車両総重量です。 免許証上での「8t限定」や「5t限定」は積載量ではなく、車両総重量を意味しています。 例えば平成19年6月2日以降に取得した免許に「5t限定」と記載されている場合は、運転できる2tトラックは、車両総重量が5t未満のものだけになります。 車両総重量が5tを超える2tトラックは運転できませんので、気をつけましょう。 このように、求人などで「2tトラック」と記載されている場合には、車両総重量が重要になりますので、必ず確認するようにしましょう。 「2tロング」といわれるトラックは、全長が約5. 9~6. 2mで、荷台の内側の長さが約4. 3mのものを意味します。 この2tロングトラックには、荷台の幅が狭いものや広いものや、車高が低いものと高いものなど、使い方に合わせてたくさんの組み合わせがあります。 この 「ロング」といわれる長さで、2t積みのトラックであれば、荷台部分の重量増しや強化がない限りは、どのメーカーでも車両総重量は5tを切るので、普通免許で運転することができます。 このタイプの2tトラックは、引越しや学校の給食配送などに使用されることが多く、冷凍車やパワーゲート付きタイプの2tトラックは、総重量が5tを超える場合がありますので、普通免許で運転できるかを必ず確認しましょう。 ダンプトラック 「ダンプトラック」とは、荷台が斜めに傾いて荷台に積んである砕石や砂利・砂などを降ろせるものを意味します。 サイズは、軽トラックから大きいもので300tを超えるダンプトラックまであります。 ここで、ダンプトラックを運転するために必要な免許を見ていきましょう。 これらのダンプトラックは、「普通ダンプトラック」といい、一般道での運転ができます。 ワイドロング レンタル会社で扱っているトラックは、2tロングのトラックが多いです。 そのため、普通免許で運転できるでしょう。 ただし、3tロングトラックや2t超えのロングトラックなどは「中型免許」が必要になりますので、レンタル会社一律で、「中型免許」と決めている可能性もあります。 普通免許で2tトラックを借りたいのであれば、一度レンタル会社に、借りたい2tトラックの車検証で車両総重量などを確認してもらいましょう。 車両総重量の確認と一緒に、普通免許でも2tトラックをレンタルできるかも確認するとよいでしょう。 普通免許でトラック運転の違反とは? 最大積載重量や車両総重量を確認しないまま、取得をしていない免許で運転をすれば、それは違反となります。 しかし、どの違反に該当するかはケースによって違いますので、ここでは交通違反を確認しておきましょう。 刑事処分や無免許の可能性 取得していない免許で運転してしまった場合、処分としては比較的重い「無免許運転」に該当する可能性があります。 たとえ、大型免許を取得して2tトラックを運転していた場合であっても、免許停止中や免許取消中、有効期限切れなどでの運転は、「無免許運転」扱いとなります。 免許証に「8t限定」といった条件の記載がない場合に、普通免許で重量を超える中型車、大型車を運転すれば無免許運転となります。 違反した場合は、「25点」の加点に加えて、「3年以下の懲役又は50万円以下の罰金」の刑事処分になる可能性があります。 25点は、たとえ前歴がなくても一発で免許取消処分となりますので、注意しましょう。 免許条件違反になることも 免許証に書かれている「眼鏡等」「AT車限定」といった条件の記載を守っていない場合も、違反に該当します。 よくあるケースとしては、「AT車限定」なのにMT車を運転した場合や、 「8t限定」で条件を超える中型車や大型車を運転した場合には、無免許運転ではなく「免許条件違反」に該当します。 違反した場合は「2点」の加点、普通で7,000円の反則金になります。 2tトラックを運転する時は自分から確認をしよう! 普通免許には、取得した時期によって運転できる車両の種類が大幅に違うことがわかりました。 もし就職などで2tトラックを運転しなければいけない場合は、 会社などに最大積載量や車両総重量の確認だけでなく、自分の運転免許証でその2tトラックが運転できるのかどうかも照らし合わせる必要があります。 それに加え、たとえ2tトラックであってもクレーン車などの特殊なトラックには、それ用の免許を取得する必要があることを忘れてはいけません。 自分できちんと確認をして、交通違反を防ぎましょう。 交通違反や免許の更新や罰則などの知識はドライバーワークスへ! ドライバー業界は、免許更新や罰則などの知識を蓄えておくことが運転するときに重要となってきます。 もし、何かあったときの為に、この記事を読んでいる方は免許更新や、交通違反などの知識を改めて確認するのはいかがですが? またドライバーワークスでは、免許の取得を負担してくれる会社もありますので トラックドライバーやタクシードライバーを転職先に検討している方はぜひ参考にしてみてください。 また、2020年に開催されるオリンピックの影響でバスドライバーやトラックドライバーの需要が高くなっています。 未経験でも年収が 500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう! 豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!.

次の

「普通免許」で運転できるクルマの種類が変わったのをご存知ですか?【クルマにまつわる免許・資格おさらい】

普通 免許 で 運転 できる もの

取得年月日別運転できる範囲 平成19年6月1日までに取得 区分 普通免許 大型免許 受験資格 18歳以上 20歳以上、免許期間2年以上 21歳以上、免許期間3年以上 自動車の種類 普通自動車 大型自動車 特定大型自動車 車両総重量 8トン未満 8トン以上11トン未満 11トン以上 最大積載量 5トン未満 5トン以上6. 5トン未満 6. 5トン以上 乗車定員 10人以下 11人以上29人以下 30人以上 平成19年6月2日以降に取得 区分 普通免許 中型免許 大型免許 受験資格 18歳以上 20歳以上・免許期間2年以上 21歳以上・免許期間3年以上 自動車の種類 普通自動車 中型自動車 大型自動車 車両総重量 5トン未満 5トン以上11トン未満 11トン以上 最大積載量 3トン未満 3トン以上6. 5トン未満 6. 5トン以上 乗車定員 10人以下 11人以上29人以下 30人以上 平成29年3月12日以降に取得 区分 普通免許 準中型免許 中型免許 大型免許 受験資格 18歳以上 18歳以上 20歳以上・ 免許期間2年以上 21歳以上・ 免許期間3年以上 自動車の種類 普通自動車 準中型自動車 中型自動車 大型自動車 車両総重量 3. 5トン未満 3. 5トン以上7. 5トン未満 7. 5トン以上 11トン未満 11トン以上 最大積載量 2トン未満 4. 5トン未満 6. 5トン未満 6. 施行後もこれまで同様、普通自動車免許で車両総重量8トン未満の車まで運転できます。 同様に現行の普通自動車免許を取得している運転者は5トン未満の車まで運転できます。 と言っても過言ではないくらい「半クラッチ」は重要です。 クラッチを半分上げるから半クラッチなんじゃなくて、エンジンの力の伝わり具合が半分と言う意味での半クラッチです。 実際にはどれくらいの割合で力が伝わっているのかはわかりませんが(笑).

次の

普通免許でもトラックの運転は可能?法改正後の免許区分と普通免許で運転できるトラックとは?

普通 免許 で 運転 できる もの

しかし、普通運転免許証というのは、普通過ぎてどんな車を運転できるのかはあまり意識されていないのではないでしょうか。 MTやATの違いや、ガソリンと、やの違いは気にしても、普段の生活の中ではいちいち気にしなくても問題はあまりないというのが実感です。 ただ、知識として知っておくことは大切なことなんですね。 普通運転免許証で乗ることができるのは、以下の条件を満たす自動車のみになります。 重量 重量が5000kg未満であること。 積載量 最大積載量が3000kg未満であること。 定員 定員が10人以下であること。 重量や積載量はともかくとして、定員が10人を超える車は運転できないと覚えておけば、間違うことは無いでしょう。 重量や積載量はともかくとして、定員が10人を超える車は運転できないと覚えておけば、間違うことは無いでしょう。 普通免許で乗れる小型特殊自動車、原動機付自転車ってどんな車? 小型特殊自動車とは、トラクターやコンバイン、フォークリフト、ロードローラーなどの農耕作業用自動車や、キャタピラのついた自動車のことを言います。 原動機付自転車とは、いわゆる原付のことです。 具体的には道路交通法では50cc以下、道路運送車両法では125cc以下の原動機がついた二輪車のことです。 法律の範囲内なら、車輪が三輪でも四輪でも原動機付自転車として扱われます。 要は車輪の数ではなく、原動機のパワーによって区別されるということですね。 小型特殊自動車とは、トラクターやコンバイン、フォークリフト、ロードローラーなどの農耕作業用自動車や、キャタピラのついた自動車のことを言います。 原動機付自転車とは、いわゆる原付のことです。 具体的には道路交通法では50cc以下、道路運送車両法では125cc以下の原動機がついた二輪車のことです。 法律の範囲内なら、車輪が三輪でも四輪でも原動機付自転車として扱われます。 要は車輪の数ではなく、原動機のパワーによって区別されるということですね。 勘違いしやすい原付の上限に注意 50ccが運転できる人は、能力としては法律の範囲を超えた自動二輪車などを運転することができる人もいるかもしれませんよね。 しかしそれは、法律に違反することになります。 できることとやっていいことは違うんだということを理解して、法律の範囲内で安全運転を心がけましょう。

次の