おしり おでき にきび。 【医師監修】おしりニキビの原因とケア方法|ニキビに似た粉瘤(ふんりゅう)との見分け方

おしりニキビの原因と対策は!?ブツブツを治して美尻になろう!

おしり おでき にきび

にきびの概要と原因 にきびとは? とは、医学的には「 尋常性 じんじょうせい ざ 瘡 そう 」と呼ばれ、皮膚の毛穴に炎症を起こす病気のひとつです。 皮脂の分泌が盛んになる思春期以降、9割以上の人はにきびを経験しているといわれており、13~18歳ぐらいまでにできるにきびを「思春期にきび」、それ以降にできるにきびを「大人にきび」と呼んで区別することもあります。 ちなみに、大人にきびは吹き出物とも呼ばれます。 にきびはありふれた皮膚トラブルであるため、適切なセルフケアを怠る人も多く、さらに病院を受診して治療を受ける人が少ないのが現状です。 しかし、炎症がひどくなると、痛みを伴ったり赤く目立ったりするなど、さまざまな症状を引き起こすようになります。 また、炎症が皮膚の奥にまで広がるとクレーターのような跡ができてしまうことも少なくありません。 にきびの原因 にきびができる原因は、皮脂の分泌が多いことと毛穴が詰まることです。 思春期になると男性も女性も二次性徴を迎え、性ホルモンが多く分泌されるようになります。 性ホルモンは、皮膚を乾燥から守るはたらきを担っている皮脂の分泌を促します。 とくに思春期はホルモンバランスが不安定なため、過剰な皮脂が分泌されてしまうことがよくあります。 その結果、毛穴の出口の角質が増加し、角質で出口がふたをされた状態になり、皮脂が毛穴にたまってしまいます。 毛穴の中にはさまざまな細菌が潜んでいます。 これらを「常在菌」と呼び、普段は悪さをすることはありません。 しかし、なかには数が多くなると悪さをするようになる細菌もあり、その1つがにきびの原因となる「アクネ菌」です。 アクネ菌は詰まった毛穴の中で皮脂を餌にしながら増殖していきます。 そして、毛穴の中で炎症を起こし、にきびを作り出すのです。 部位別にきびの原因 通常、にきびは皮脂の分泌が多い顔や胸、背中などにできるものです。 基本的な原因は皮脂の過剰な分泌と毛穴の詰まりですが、にきびの発症を助長する原因はできる部位によって異なります。 顔にできるにきびの原因 顔は皮脂の分泌が豊富なため、もっともにきびができやすい部位です。 とくに、おでこや鼻筋のいわゆる「Tゾーン」と呼ばれる部位は皮脂の分泌が多いため、にきびができやすくなります。 また、思春期を迎えてからの女性は化粧をする機会も多いため、洗顔では落としきれなかった化粧の残りが角質と共に毛穴詰まりを引き起こす原因になることも少なくありません。 さらに、顔は常に空気にさらされている場所です。 皮脂が空気に長時間さらされると酸化して固くなったり、細かいほこりなどが付着したりして毛穴の詰まりを助長することもあります。 このため、顔のにきびはTゾーンだけでなく、比較的皮脂の分泌が少ない頬や顎のラインにできることもあるのです。 胸や背中にできるにきびの原因 胸や背中も皮脂の分泌が多いため、ニキビができやすい場所です。 胸や背中は衣類などで蒸れやすく、また十分に洗浄がしにくいため、もともと細菌が繁殖しやすい部位でもあります。 そのため、この部位のにきびは一度できると悪化しやすいことが特徴です。 にきびを潰してしまったときにすべきこと 白や黒にきびなど、初期のにきびは上手に潰せば跡にならないことが多いものの、周辺にまで炎症が広がった赤にきびを潰すと跡になります。 触らずそっとしておくことが一番だと分かっていても、洗顔や化粧の際などに、にきびが潰れてしまったというのはよくあるケースです。 なるべく跡を残さないようにする方法として、にきびを潰してしまったら、それ以上触ることはやめましょう。 細菌が入り込み、にきびの悪化につながる場合があります。 血や 膿 うみ が出ている場合は、ティッシュで優しく拭き取るだけにします。 触りすぎると細菌が入り込んで炎症を引き起こす可能性があるだけでなく、組織を刺激することで治りが遅くなる可能性があるためです。 この状態は、可能ならば病院での治療が望ましい状態です。 また、潰れたにきびが痛む、赤く腫れている、膿が出るといった場合には、抗生物質などを用いた治療も必要な場合があるため、必ず病院での相談を検討しましょう。 にきびの治療 病院での治療を受ける場合、主に以下のような方法があります。 具体的にどの方法を用いて治療するかは、にきびの様子や状態によって異なります。 外用薬(塗り薬) にきび治療における塗り薬は、炎症を抑える成分や抗菌作用のある成分含まれたものが主に用いられてきましたが、角質増加に対する効果がないため、これらが単独では使用されることは減ってきました。 角質を柔らかくして毛穴詰まりを抑えるアダパレン外用薬と併用されることが多いといわれています。 また、以前はよく使われていたイオウ製剤外用は、効果が低いなどの理由から近年ではあまり使用されなくなってきているようです。 さらに、過酸化ベンゾイルという成分の入った薬が2015年に登場しました。 殺菌力と皮脂の過剰分泌を抑える効果があり、海外では古くから使用されてきた成分です。 それと共に角質を取り除く効果も持っているため、日本でも好んで使用される薬になりました(2019年11月時点)。 内服薬(飲み薬) 飲み薬では主に抗菌薬として、アクネ菌を抑える効果が期待できるテトラサイクリン系薬剤が使用されます。 そのほか、皮脂の分泌を抑えるビタミンB2やB6、ビタミンCが含まれたビタミン剤、炎症を抑える薬などが処方されることもあります。 また、にきびができやすい体質の改善を目的として漢方薬が用いられることもあります。 漢方は種類が多いため自分に合うものを選ぶ必要があります。 面皰圧出 めんぽうあっしゅつ 面皰圧出という処置を行うこともあります。 面皰圧出は、面皰圧出器という道具を用いて行います。 毛穴内に詰まった皮脂を押し出すため、重症化を防ぐことが期待できます。 ただし、滅菌された医療機器を用いて一定の経験を積んだ医師が行わなければ、にきび内に細菌が入り込んで重症化することもあります。 また、正しい方法で行わないと跡が残ってしまう可能性もあるため、自身で行うことのないようにしましょう。 高周波治療 近年登場したにきび治療機器として、高周波治療器があります。 これは、炎症を起こしているにきびに極めて細い針を刺して高周波を流し、アクネ菌を殺菌すると共に皮脂腺を破壊して皮脂の分泌を減らします。 一部の医療機関で行われるようになりましたが、2019年11月時点では保険適応外であることに注意が必要です。 にきび跡を改善するには は毛穴に生じる炎症ですが、悪化すると炎症が毛穴周辺の組織にまで広がっていきます。 炎症によるダメージを受けた組織はでこぼこになることも多く、にきびが治ってもクレーターのような跡ができてしまうことも少なくありません。 とくに、顔にできたにきびの跡は美容上の観点からも精神的に大きなダメージとなることもあります。 にきび跡を改善するために行われる治療は、主に以下のようなものがあります。 ステロイド注射 盛り上がったにきび跡になっている場所にステロイドを直接注射する治療法です。 ステロイド注射は、にきび跡だけでなく、や皮膚の傷跡に対する治療法として広く用いられています。 ピーリング ピーリングは、古い角質除去と肌の新陳代謝を促進させるといわれています。 使用する薬剤や方法にはさまざまな種類があります。 また、人によっては合わない場合もあるため、医師と事前によく相談することが大切です。 エステサロンのような場所でも行っていることがありますが、ピーリングが適切かどうかの判断は、皮膚科医が診察によって行うことが大切です。 皮膚科や美容を専門とするクリニックでピーリングを行っている施設を探すのがよいでしょう。 ただし、いずれの場合も保険適応外であることに注意が必要です。 レーザー・針を用いた方法 レーザーや極めて細い針を用いてへこんだにきび跡にごく小さな穴をたくさん開け、その傷が治るときに皮膚の再生能力を発揮させ、へこみを改善する方法があります。 何度か繰り返す必要はありますが、現在のところ有力な治療法ともいわれています。 しかし、こちらも2019年11月時点では保険適応外であることに注意が必要です。 いずれにせよ、にきび跡は治しにくいもののため、跡をつくらないように早めのにきび治療を心がけることが大切です。 自分でできるにきび予防・対処 は原因がさまざまで、適切な治療を行ってもなかなか改善されないことが多いものです。 ここでは、なかなか治らないにきびの原因として考えられるものや、自分でできる予防・対処法をお伝えします。 にきびには洗顔と保湿が大切 にきびの予防・改善のために大切なことは丁寧な1日2回の洗顔です。 洗顔のポイントとしては、泡をしっかり立てて毛穴の内部に詰まった皮脂を取り除くように優しく洗います。 すすいだ後に拭き取る際も強く擦らないことが大切です。 また、化粧品など肌に使うものを見直してみることも大切です。 皮脂は皮膚が乾燥すると分泌量が増えるため、保湿が大切です。 自分の肌に合った保湿効果のあるものを選びましょう。 年齢を重ねると肌質も変わるため、10代の頃から同じものを使用しているという人は注意しましょう。 にきびを繰り返しており自分に合うものが見つからない場合は、にきび専用の化粧水などを試してみることもよいでしょう。 しかし、なかなかにきびが改善しない場合には、長く悩むことにもなり得る跡を残さないためにも早めに病院で治療を受けることを検討しましょう。 一部の調査では、病院での治療を早く受けた人のほうが、にきび跡が少ないという結果もあります。 にきびに市販薬を使ってもよい? にきび向けの市販薬は多数販売されており、にきびによる炎症を抑える成分が含まれているものが主とされています。 ドラッグストアでも簡単に手に入るため、忙しい人は市販薬で済ませることも多いかもしれません。 しかし、2週間程度使用を続けても効果がみられない場合は、ほかの治療法を検討する必要があるため、病院への受診を検討しましょう。 精神的なストレスから身体的なストレスまでさまざまですが、精神的ストレスを自覚している人は自分に合った発散方法を見つけてうまく切り替えができるとよいでしょう。 身体的ストレスとしては、疲労や睡眠不足が挙げられます。 休めるときにはゆっくり休むよう心がけましょう。 ホルモンバランスの改善はにきびの改善に期待できるとされており、睡眠や休息の確保など、生活習慣の見直しで改善していく場合があります。 とくに女性の場合は、月経周期とにきびが連動していると感じることも多いようです。 月経の周期が規則正しいかなども注意してみるとよいでしょう。 月経周期が不規則な場合には、皮膚科で相談し必要に応じて婦人科を紹介してもらうなどの対応もあります。 にきび肌というと脂性肌がイメージされることがあります。 しかし、実はが皮脂の過剰分泌を促すため、にきびができやすくなることがあります。 洗顔後は皮膚が乾燥しやすい状態のため、しっかりと保湿する習慣を身に着けることが大切です。

次の

お尻のおでき?は皮膚科でいいんですか?

おしり おでき にきび

[目次]• 膿の原因になる疾患とは お尻の出来物としてもっとも頻発するのは、毛嚢炎 毛包炎)から生じた癤(せつ)、いわゆる「おでき」といわれるものです。 毛嚢炎は毛穴の皮膚に細菌(ブドウ球菌)が感染し、繁殖することで発生します。 毛嚢炎の感染と炎症が毛穴周囲の皮膚組織や皮下組織まで広がり、赤く腫れて疼痛をともなうようになると癤(せつ)、いわゆる「おでき」になります。 おできは、膿のたまり場(皮下膿瘍)を形成して悪化することもあるため、注意が必要です。 膿の原因がおできではない場合は、お尻にできた出来物がつぶれて膿が出たと考えられます。 この場合、粉瘤(ふんりゅう)の可能性があります。 粉瘤は、お尻の皮膚広域に発生します。 おできや粉瘤(ふんりゅう)に比べると頻度は少ないですが、お尻から膿が出ているときは毛巣洞(もうそうどう)の可能性もあります。 毛巣洞は毛巣瘻(もうそうろう)とも呼ばれ、仙骨部(肛門の少し上)の皮膚に小さな穴が開いている状態です。 生まれつきのものと、体毛が毛穴に入り込んで生じる後天的なものがあり、普段は症状がありませんが、細菌に感染すると炎症を起こして腫れたり、膿を出すことがあります。 子供のお尻に小さな穴や窪みを見つけたら、念のため医療機関で見てもらうことをおすすめします。 さらに、肛門の近くから膿が出ている場合は、痔の一種である「痔ろう」の可能性もあります。 痔ろうとは、肛門の周りが炎症を起こすことで膿がたまる痔で、最終的には腸から肛門周辺の皮膚にトンネルができてしまうのが特徴です。 腸にある肛門腺に便が入ることで感染を引き起こし、膿がたまります。 膿が出てしまうと楽になりますが、痔ろうの治療を行わないと何度も膿が出てしまい、痛みや熱が出ることもあります。 膿が出た場合の対処法 疾患別に、膿が出た時の対処法を見ていきましょう。 おでき(毛嚢炎) おできの場合、症状が軽ければ自然に治癒することもありますし、市販の治療薬で対処することも可能です。 しかしながら、感染が進んで膿が出るほどの状態になってしまったときは、患部の洗浄や排膿処置とともに、抗生物質の内服が必要となります。 自己流で対処せずに、皮膚科や形成外科を受診しましょう。 粉瘤(ふんりゅう) 粉瘤も、セルフケアで治すのは不可能です。 良性の腫瘍なので、必ずしも治療が必要というわけではありませんが、膿が出たということは化膿しているということです。 赤く腫れていることが多く、痛みもひどいでしょう。 粉瘤に感染すると膿のニオイが強いことが多く、病院で患部を洗浄したり、残った膿を取り除いたりするなどの処置が必要になるケースがほとんどです。 また、抗生物質を処方するなどして炎症を抑える治療が必要です。 炎症が治まったら、いずれ手術にて粉瘤を摘出することをおすすめします。 毛巣洞(もうそうどう) お尻に毛巣洞と呼ばれる小さな穴がある場合は、便が付着するなどして不潔にならないよう気をつけることが大切です。 患部が炎症を起こしている場合は、抗生物質や炎症を抑える薬物を投与したり、皮膚を切開したりして膿を出す必要があります。 穴ごと完全に治すには、毛が皮膚に入り込んだところも含めて切除する手術が必要です。 肛門周囲膿瘍(こうもんしゅういのうよう) 突然の肛門の痛みや腫れ、排便以外の安静時にも痛みがだんだん強くなり、夜に眠れなかったり発熱したりすることがあります。 その場合、緊急的に排膿処置が必要なため、お近くの肛門科を受診してください。 2014年、厚生労働省による全国調査によると、看板に肛門科とあっても、約10%のみが肛門科をメインとしているということがわかっています。 明らかに膿瘍とわかれば、外科や消化器外科でも処置が可能ですが、その後の管理に違いが出てきやすいため、やはり肛門を専門とする病院をおすすめします。 なぜなら、その後、約半分のケースで痔ろうとなり、治療が必要となるためです。 しかし、地方では専門の病院が少ないのが現状のため、まずは近くの病院で診てもらいましょう。 痔ろう 痔ろうは、市販薬で治すことはできないため、病院での手術治療が必要になります。 痔ろうとは、肛門にある孔から固い管ができて感染している状態です。 その管が、肛門の外の周りに出てきて液や膿、血液が出たりします。 また、ときには腫れて痛くなることもあります。 あるいは、本人がわからず座ったときの違和感で進行してしまうこともあります。 診断は、明らかに膿の出る孔がわかる場合は、外科、消化器外科、皮膚科でも可能ですが、それ以外は肛門科に行かないと適切な治療(手術)にまで達しないことが多いため、肛門専門の病院を受診しましょう。 皮膚科や形成外科では、対症療法(切開排膿や抗生物質の投与)のみの治療となるため、その後の治療は肛門科を紹介してもらいましょう。 イボ痔 トイレットペーパーに鮮血が付いたり、ポタポタと出血するような場合は、イボ痔や切れ痔の可能性があります。 なかでも肛門付近の血管の腫れなどにより、肛門内側または外側に痔核(イボ)ができるイボ痔は、症状や進行の度合いによってさまざまな治療が行われます。 軽度の脱肛や出血をともなうイボ痔の場合は、塗り薬や飲み薬による治療や、生活習慣の改善指導などの保存療法が取られますが、症状が進行している場合は、痔核を切り取る「結紮(けっさつ)切除術」や、「ALTA療法(ジオン注射)」などが行われます。 ほとんどの痔核の治療は、外科、消化器外科で可能ですが、ALTA療法(ジオン注射)や診断・治療が難しい例では、症例の多い肛門科専門の病院をおすすめします。 肛門付近は、適度に清潔にするとともに、長時間座りっぱなしや、腹部や肛門に負担がかかることはできるだけ避けてください。 また、痔の療養には毎日の入浴が推奨されていますが、出血や膿が出た場合は病院へ行って相談してください。 切れ痔(裂肛) ほとんどの場合、外用剤や排便習慣の改善で治り、肛門科以外でも対応可能かもしれません。 傷が小さく、痛みがあって診察が難しいときもあります。 あるいは、進行してひどい痛みがしばらく続いたり、肛門が細くなっていたりする場合もあります。 こういう場合、肛門を見る件数が少ないところでは、診断・治療が難しいかもしれません(たとえば、血便があるのに、大腸内視鏡を行い、なんでもないと言われるなど)。 また、一部では手術が必要な場合もあるため、肛門専門の病院に行きましょう。 まとめ 出来物から膿が出たら、自分で潰すという方法をとる人もいますが、黒ずみやシミだけでなく、痛みが残る場合もあります。 また、バイ菌が入って腫れてしまうなど、出来物を悪化させることにもなりかねないので、潰さないようにしましょう。 処置をしないで我慢するというのもいけません。 他人にお尻を診てもらうのは恥ずかしいものですが、トラブルの悪化や手術跡などを防ぐためにも、できるだけ早い段階で正しいケアを行いましょう。

次の

【医師監修】お尻のおでき・できものの種類と原因、治し方

おしり おでき にきび

おしりニキビができる3つの原因 おしりニキビの治し方の前に、 「なぜ、おしりにニキビができてしまうのか?」その原因について知っておくことで、ニキビを増やすことなく治していくことができます。 おしりニキビができる原因は大きく分けると3つ。 おしりの蒸れ• 摩擦によって起こる、乾燥や角質の厚み• 雑菌の繁殖 他にも、食生活や睡眠不足なども関係してきますが、そういったニキビの原因となるものは、あなたもすでにご存じだと思うので、こちらでは省略させていただきます。 それぞれの原因について、詳しく説明していきます。 おしりに負担をかける時間が長いと、それだけ肌の角質が厚くなったり、蒸れや乾燥を起こすことに! でも、 摩擦で恐いのはニキビができることよりも、黒ずみになることです。 「おしりに痛い赤ニキビができたんだけど、仕事でしょうがなく長時間座り続けた結果、潰れてしまって黒ずんだニキビ跡に…。 」なんてことはよくあります。 できるだけ痛みを避け、潰さないためにも柔らかいクッションを利用してみてください。 雑菌の繁殖によるもの 最後が、雑菌によって、おしりにニキビができるケースです。 例えば、以下のようなことで雑菌が繁殖することがあります。 シャンプーやトリートメントのすすぎ残し• 気になって触ってしまう• 外出時に便座を拭かずに使用する• 自宅の便座にカバーなどをつけている ニキビ自体は感染することはありませんが、 お尻は汗をかきやすくて蒸れやすいので、汚れが付着することで雑菌が増殖…ということが考えられます。 ニキビに有効な抗炎症成分が入っていること …グリチルリチン酸、ビタミンC誘導体、アラントイン• 肌を保水・保湿してくれる成分が含まれている …セラミドやコラーゲン、プラセンタ、ヒアルロン酸 この2つの成分が含まれているものを選ぶようにしましょう。 今あるニキビを治しつつ、新しいニキビができにくくなりますよ。 青山ひかるさんも変われた「ピーチローズ」 評価:5. 番組終了後にピーチローズから広告モデルのオファーをいただき、商品を継続して使ってみたところ、汚いお尻がだいぶ改善され、お尻がヤバくて出せなかったブルーレイを発売できたみたいですね。 ピーチローズは皮膚の厚いおしりの角質にも浸透しやすいナノ化ヒアルロン酸や古い角質をケアして黒ずみ対策してくれるプラセンタ、高保湿力のセラミド配合のジェル。 おしりニキビや黒ずみの悩みにピッタリなジェルです。 ビタミンC誘導体• ハイドロキノン が特に効果的で、他にはアルブチンやエラグ酸、トラネキサム酸、プラセンタなどの成分が美白効果を期待できる成分になります。 また、乾燥によって黒ずみが治りにくくなっているので、美白成分+保湿成分であるセラミドやヒアルロン酸などが含まれる保湿クリームやジェルを使いましょう。 ビタミンC誘導体も配合の「ハーバルラビット ナチュラルゲルクリーム」 評価:4. おしりニキビや黒ずみのために開発されたクリームで、ビタミンC誘導体やヒアルロン酸、セラミド、コラーゲン、プラセンタなどの保湿成分が贅沢に配合されています。 おしりにできたニキビやニキビ跡の黒ずみがコンプレックスだという方は、美白成分が含まれている保湿クリームでケアして、黒ずみを解消していきましょう。 自己ケアで治らない場合は美容皮膚科へ 長年おしりの黒ずみに悩んでいる方の場合、自宅でのケアだけでは薄くなるだけでキレイに治らないこともあるので、完全に治したいなら美容皮膚科やエステに行くことも検討してください。 ニキビと違って、ニキビ跡の黒ずみは保険がきかない治療になるので、お金はかかってしまうものの、ケミカルピーリングやレーザー治療、イオン導入など専門の治療を行ってもらえます。 自宅でのケアよりも効果が期待できるので、あまりに酷い場合は受診してみましょう。 まとめ おしりニキビは皮膚が厚いぶん、治るまでに時間がかかるし、いつの間にか潰れてしまってニキビ跡になることもあるので、早めにケアしてください。 最後に、おしりニキビ・ニキビ跡の黒ずみの治し方をまとめておきますね。

次の