ドッグフード 保存容器。 ドッグフードを保存する時に気をつけたいこと!便利グッズまとめ

【おすすめ】ドッグフード保存容器・ストッカー5選!酸化を防ぐ入れ物と真空容器を紹介

ドッグフード 保存容器

それはドッグフードが酸化して風味も落ちてしまっているからかもしれません。 ドッグフードは保存容器のような入れ物に移し替えて保存した方が酸化しにくいですよ! ドッグフードの保管 保存の仕方で風味や味が変わる ドッグフードの保存に 必ず入れ物が必要というわけではありませんが、保存の仕方によってドッグフードの状態や味や風味は大きく変わります。 犬は鼻がきく分、味や風味の変化を敏感に感じとって、食いつきが悪くなることもあります。 袋を開けてすぐになくなる家庭なら問題ありませんが、開封後もなくなるまでしばらくかかる家庭では、ドッグフードを保存する時は密閉性の高い入れ物や真空パックにするのがおすすめです。 特に大量にドッグフードを購入してしている、複数のドッグフードをローテーションしているなど長期間保管する場合には、保存容器に移し替えた方がいいかもしれません。 ドッグフードを容器に移し替えるメリット ドッグフードの酸化(劣化)を防ぐ ドッグフードの保存容器を利用することで、酸化を最小限に抑え、発がん性物質がつくられるのを防ぐことができます。 時間が経つにつれてドライフードに含まれる油脂は酸化(劣化)していきます。 酸化はドッグフードの風味や味は損ない、発がん性物質をつくります。 ドッグフードの袋自体は完全に密閉できる素材で作られているわけではありません。 また何度も開け閉めされることで空気に触れるので、保存容器など密閉容器や入れ物に移し変えることが酸化対策の一つとして有効です。 ドッグフードおすすめ保存容器1 サクラペットフード オリジナルフードストッカー.

次の

ドッグフードの保存に便利!ぜひ手に入れたいおすすめ容器7選|ドッグフードの達人

ドッグフード 保存容器

ペットフードは愛犬の成長を手助けする大事な食事です。 健康的な毎日を送るためにも、ドッグフードの栄養と品質を守ることはとても重要なことです。 この記事ではドッグフードの基本知識と、それぞれの種類に分けた保存方法をお伝えいたします。 ドッグフードのタイプは大きく2種類に分けられる ドッグフードは含まれる水分量によって大きく2種類に分けられ、水分量が25%~75%をウェットタイプ、10%以下をドライタイプと呼んでいます。 ウェットタイプのドッグフード ウェットタイプのドッグフードは細かく分類すると3種類に分けられ、水分量が少ない物からソフトドライフード、セミモイストフード、ウェットフードと呼ばれています。 ソフトドライフード 水分量が25%~35%で、しっとりとした食感のドッグフードです。 セミモイストフード 水分量が25%~35%で、柔らかな食感のドッグフードです。 ウェットフード 水分量が75%と、ほとんど水分でとても柔らかな食感のドッグフードです。 ドライタイプのドッグフード 水分量が10%以下のドッグフードをドライフードと呼びます。 カリカリとした食感が特徴のドッグフードです。 ドッグフードを間違った保存方法で保存していたらどうなる? どんな食べ物でも、長い間保存しておいたら品質が悪くなります。 特にドッグフードの場合は開封後に調理することがないので、品質の悪いまま食べることになります。 酸化することで栄養価が低くなってしまったり、ニオイが変わったりと、せっかく栄養バランスの採れたドッグフードも台無しです。 カビや雑菌が繁殖する恐れがある ウェットタイプのドッグフードの場合、水分を多く含んでいることからカビや雑菌が発生しないよう保存方法に工夫が必要です。 未開封であれば長期保存できるタイプも増えてきましたが、基本的に開封後は痛みやすくカビや雑菌が繁殖します。 ウェットタイプはなるべく1~2日以内に使い切れる内容量を選びましょう。 ドッグフードの保存方法が悪いと体調不良の原因に ドッグフードには消費期限を長く保つために保存料や酸化防止剤が使用されています。 長く保てるように加工されていますが、品質が劣化しない訳ではありません。 時間の経過と共に栄養バランスも失われ、愛犬の健康を損なう原因ともなります。 古くなったドッグフードは酸化で品質が劣化している ドッグフードの酸化はドッグフードに含まれる脂肪成分が空気に触れることで起こります。 大きな袋の場合、ドッグフードが減った分だけ空気に触れるフードが増えるため、時間と共に酸化が起こります。 酸化したドッグフードを与え続けると、アレルギーなどの病気の原因になるとも言われています。 大量に買わず愛犬の食事量に合わせて保存する 安く済むからと、ついついまとめて大きな袋を購入しがちですが、ドッグフードの保存の品質を考えると、食事量に合わせて袋の大きさを決めることが大切です。 保存状態を良くするには、消費するまでいかに空気に触れさせないかです。 ウェットタイプのドッグフードの正しい保存方法とコツ 缶詰やレトルト包装されたウェットフードは、そのまま保存するのはおすすめできません。 水分を多く含んでいる食べ物は腐りやすく、多くの人の手に触られた容器をそのまま使うことは、菌を繁殖させてしまう場合があるからです。 ウェットタイプのドッグフードは密封容器で真空に 水分量の多いウェットフードはできるだけ空気に触れる時間を少なくしたいので、しっかり密封できる容器に入れましょう。 真空タイプの容器は空気に触れる時間を最小限に抑えてくれます。 ウェットタイプの保存場所は冷蔵庫 ウェットタイプのドッグフードの場合、開封して冷蔵庫に保管すれば2日くらいは問題ありません。 缶詰は未開封であれば長期保存が可能です。 時間の経過と共に愛犬の食いつきが悪くなるので、できるだけ早く食べさせるか、その日の内に与えましょう。 ドライタイプのドッグフードの正しい保存方法とコツ 乾燥させていて水分のあまり含まないドライフードは、少しの湿気であっても吸収します。 開封後に冷蔵庫で保存すると、温度変化による結露が発生し、水分を含んでしまうので注意しましょう。 その他にも、脂肪分が冷えて固まることで香りや風味が損なわれます。 ドライタイプの保存場所は密閉して温度・湿度の低い冷暗所へ ドライフードは湿気に弱く、風通しの良い日陰での保管が最適です。 ドライタイプのドッグフードはジップロックやペットボトルに小分けにする ドライフードは、開封してから空気に触れた瞬間に酸化が進みます。 毎回開ける度に使わないドッグフードも酸化が進みます。 密閉しやすい容器に1回で食べられる量を小分けにするとドッグフードの品質を維持することができます。 開封後は1ヶ月以内に食べきる 開封したドッグフードをしっかり保存した場合でも、1ヶ月以内には消費するようにしましょう。 密閉する容器に入れず、湿気の多い場所で保管した場合には1ヶ月も持ちません。 ドッグフードの保存容器を選ぶワンポイント ドッグフードは開けた瞬間から空気に触れることで酸化が進みます。 適切な保存容器を選ぶことで栄養価の低下を抑え、酸化も防ぐことに繋がります。 毎日食べさせるドッグフードだからこそ、使い勝手や保存品質を考えて自分に合った容器を選びましょう。 普段購入しているドッグフードのサイズに合わせる ドッグフードを保存する容器のサイズ選びで困った場合は、愛犬がひと月に食べる量を目安にサイズを選ぶことがポイントです。 ひと月分のサイズだと、ドッグフードを袋に残しておく必要がないので品質を損なわず安全に保存することができます。 愛犬がいたずらしないよう簡単に蓋があかないもの 蓋のすぐ開くタイプの容器は、出し入れも簡単で補充作業を楽に行えます。 しかし、蓋が簡単に開いてしまうタイプは虫が侵入する危険性も高く、愛犬のイタズラで蓋を開けてしまう場合もあります。 しっかり閉じることのできる密閉性の高い容器にすることで、簡単に開くこともなくなります。 毎日あげるドッグフードの容器は取り出しやすいよう蓋が大きい物を 毎日食事するドッグフードは意外と減りも早く、補充するだけでもひと苦労です。 そんな時、容器の蓋が大きいタイプを選んでおくとドッグフードを補充しやすく溢れて無駄になる心配もありません。 袋のサイズよりも大きな容器の場合には、開封した口をそのまま容器に入れて補充が可能なので、補充作業もなめらかに行なえます。 酸化と湿気を防げる密閉容器 ドッグフードの容器を選ぶポイントとして、湿気や酸素からしっかり守ってくれて密閉性が高いということはとても重要です。 密閉性の高い容器ほど品質を損なわずに安全に保存できます。 また、食べる量に合わせて保存袋に小分けすると、より衛生的に保管できます。 レバーを回すと同じ量のドッグフードが落ちるのでカロリー調整に役立ちます。 多頭飼いされていて、ひと月にたくさんのドッグフードを消費する場合に向いています。 蓋にパッキンが付いているので虫の侵入を防げます。 オクソー ポップコンテナ ビッグスクエア トール 5. クリア素材を使っているのでドッグフードの状態をひと目で確認できます。 レバーを回すと毎回同じ量のドッグフードをお皿に出すことが可能です。 アンティーク風なデザインがとてもおしゃれです。 飽きのこないデザインで置いているだけで存在感を感じます。 ガラスの容器でニオイ移りもなくおしゃれなデザインです。 気圧の変化をセンサーが感知すると自動で真空状態に戻してくれる優れものです。 4点の留め金でウェットフードもしっかり保存できます。 容器のレバーを引くことで空気が入り、ドライフードを楽に取り出せます。 ダイヤルを3回まわすと真空になるタイプで、蓋も含めて丸洗いできます。 ドッグフード10kgを保存する場合にはMサイズのタイプを選ぶと袋ごと保存することができます。 ドッグフードの保存で注意する4このポイント ドッグフードの袋は簡易的な保存機能しかないので注意する ドッグフードを袋詰した包装用の袋は、あくまで簡易的な保存を目的としてメーカーが用意したものです。 ドッグフードの品質を考えた保存には向いておらず、酸化しやすいので注意しましょう。 保管する容器のニオイ移りに注意する 犬はニオイに敏感で、嗅覚で美味しいかどうかを判断します。 そのためドッグフードの香りが気に入らないと、なかなか口にしてくれなくなり残してしまうケースも多くあります。 密閉された容器の中では、ドッグフードに容器のニオイが移りやすく美味しい香りが損なわれるので、保管する容器のニオイ移りには注意が必要です。 愛犬が食べ残したドッグフードは危険がいっぱい 品質を維持するために食べ残しは戻さない 愛犬の食べ残したドッグフードには、よだれに含まれる口内細菌が付着しています。 食べ残しを保存容器に戻すことは菌を繁殖させる原因ともなるので注意が必要です。 菌の繁殖したドッグフードを食べ続けると体調不調を起こす原因ともなります。 どうしても保存する場合には別容器で保存する 食べ残しが多いなど、どうしても保存したい場合には新しい容器を用意しましょう。 別の容器に保存することで菌を移さず衛生的に保管できます。 開封後は出来る限り早めに消費!夏場の開封後は特に注意 梅雨や夏場の開封は特に劣化が進みやすいので注意しましょう。 大袋の場合には開封から使い切るまで長い間空気に触れることになるため、風味や本来の栄養素が失われます。 ドッグフードの保存方法を守って愛犬の健康を守って健康長寿を目指そう ペットとして飼われる犬は、人間のように選別して健康管理を行うことができません。 ペットフードは愛犬の成長を手助けする大事な食事です。 愛犬が少しでも長生きできるように、ドッグフードの栄養や品質に目を向けてみてはいかがでしょうか?.

次の

ドッグフードの間違った保存方法はキケン!酸化を防ぐための保存方法や保存容器、保管場所などまとめ

ドッグフード 保存容器

ペットフードは愛犬の成長を手助けする大事な食事です。 健康的な毎日を送るためにも、ドッグフードの栄養と品質を守ることはとても重要なことです。 この記事ではドッグフードの基本知識と、それぞれの種類に分けた保存方法をお伝えいたします。 ドッグフードのタイプは大きく2種類に分けられる ドッグフードは含まれる水分量によって大きく2種類に分けられ、水分量が25%~75%をウェットタイプ、10%以下をドライタイプと呼んでいます。 ウェットタイプのドッグフード ウェットタイプのドッグフードは細かく分類すると3種類に分けられ、水分量が少ない物からソフトドライフード、セミモイストフード、ウェットフードと呼ばれています。 ソフトドライフード 水分量が25%~35%で、しっとりとした食感のドッグフードです。 セミモイストフード 水分量が25%~35%で、柔らかな食感のドッグフードです。 ウェットフード 水分量が75%と、ほとんど水分でとても柔らかな食感のドッグフードです。 ドライタイプのドッグフード 水分量が10%以下のドッグフードをドライフードと呼びます。 カリカリとした食感が特徴のドッグフードです。 ドッグフードを間違った保存方法で保存していたらどうなる? どんな食べ物でも、長い間保存しておいたら品質が悪くなります。 特にドッグフードの場合は開封後に調理することがないので、品質の悪いまま食べることになります。 酸化することで栄養価が低くなってしまったり、ニオイが変わったりと、せっかく栄養バランスの採れたドッグフードも台無しです。 カビや雑菌が繁殖する恐れがある ウェットタイプのドッグフードの場合、水分を多く含んでいることからカビや雑菌が発生しないよう保存方法に工夫が必要です。 未開封であれば長期保存できるタイプも増えてきましたが、基本的に開封後は痛みやすくカビや雑菌が繁殖します。 ウェットタイプはなるべく1~2日以内に使い切れる内容量を選びましょう。 ドッグフードの保存方法が悪いと体調不良の原因に ドッグフードには消費期限を長く保つために保存料や酸化防止剤が使用されています。 長く保てるように加工されていますが、品質が劣化しない訳ではありません。 時間の経過と共に栄養バランスも失われ、愛犬の健康を損なう原因ともなります。 古くなったドッグフードは酸化で品質が劣化している ドッグフードの酸化はドッグフードに含まれる脂肪成分が空気に触れることで起こります。 大きな袋の場合、ドッグフードが減った分だけ空気に触れるフードが増えるため、時間と共に酸化が起こります。 酸化したドッグフードを与え続けると、アレルギーなどの病気の原因になるとも言われています。 大量に買わず愛犬の食事量に合わせて保存する 安く済むからと、ついついまとめて大きな袋を購入しがちですが、ドッグフードの保存の品質を考えると、食事量に合わせて袋の大きさを決めることが大切です。 保存状態を良くするには、消費するまでいかに空気に触れさせないかです。 ウェットタイプのドッグフードの正しい保存方法とコツ 缶詰やレトルト包装されたウェットフードは、そのまま保存するのはおすすめできません。 水分を多く含んでいる食べ物は腐りやすく、多くの人の手に触られた容器をそのまま使うことは、菌を繁殖させてしまう場合があるからです。 ウェットタイプのドッグフードは密封容器で真空に 水分量の多いウェットフードはできるだけ空気に触れる時間を少なくしたいので、しっかり密封できる容器に入れましょう。 真空タイプの容器は空気に触れる時間を最小限に抑えてくれます。 ウェットタイプの保存場所は冷蔵庫 ウェットタイプのドッグフードの場合、開封して冷蔵庫に保管すれば2日くらいは問題ありません。 缶詰は未開封であれば長期保存が可能です。 時間の経過と共に愛犬の食いつきが悪くなるので、できるだけ早く食べさせるか、その日の内に与えましょう。 ドライタイプのドッグフードの正しい保存方法とコツ 乾燥させていて水分のあまり含まないドライフードは、少しの湿気であっても吸収します。 開封後に冷蔵庫で保存すると、温度変化による結露が発生し、水分を含んでしまうので注意しましょう。 その他にも、脂肪分が冷えて固まることで香りや風味が損なわれます。 ドライタイプの保存場所は密閉して温度・湿度の低い冷暗所へ ドライフードは湿気に弱く、風通しの良い日陰での保管が最適です。 ドライタイプのドッグフードはジップロックやペットボトルに小分けにする ドライフードは、開封してから空気に触れた瞬間に酸化が進みます。 毎回開ける度に使わないドッグフードも酸化が進みます。 密閉しやすい容器に1回で食べられる量を小分けにするとドッグフードの品質を維持することができます。 開封後は1ヶ月以内に食べきる 開封したドッグフードをしっかり保存した場合でも、1ヶ月以内には消費するようにしましょう。 密閉する容器に入れず、湿気の多い場所で保管した場合には1ヶ月も持ちません。 ドッグフードの保存容器を選ぶワンポイント ドッグフードは開けた瞬間から空気に触れることで酸化が進みます。 適切な保存容器を選ぶことで栄養価の低下を抑え、酸化も防ぐことに繋がります。 毎日食べさせるドッグフードだからこそ、使い勝手や保存品質を考えて自分に合った容器を選びましょう。 普段購入しているドッグフードのサイズに合わせる ドッグフードを保存する容器のサイズ選びで困った場合は、愛犬がひと月に食べる量を目安にサイズを選ぶことがポイントです。 ひと月分のサイズだと、ドッグフードを袋に残しておく必要がないので品質を損なわず安全に保存することができます。 愛犬がいたずらしないよう簡単に蓋があかないもの 蓋のすぐ開くタイプの容器は、出し入れも簡単で補充作業を楽に行えます。 しかし、蓋が簡単に開いてしまうタイプは虫が侵入する危険性も高く、愛犬のイタズラで蓋を開けてしまう場合もあります。 しっかり閉じることのできる密閉性の高い容器にすることで、簡単に開くこともなくなります。 毎日あげるドッグフードの容器は取り出しやすいよう蓋が大きい物を 毎日食事するドッグフードは意外と減りも早く、補充するだけでもひと苦労です。 そんな時、容器の蓋が大きいタイプを選んでおくとドッグフードを補充しやすく溢れて無駄になる心配もありません。 袋のサイズよりも大きな容器の場合には、開封した口をそのまま容器に入れて補充が可能なので、補充作業もなめらかに行なえます。 酸化と湿気を防げる密閉容器 ドッグフードの容器を選ぶポイントとして、湿気や酸素からしっかり守ってくれて密閉性が高いということはとても重要です。 密閉性の高い容器ほど品質を損なわずに安全に保存できます。 また、食べる量に合わせて保存袋に小分けすると、より衛生的に保管できます。 レバーを回すと同じ量のドッグフードが落ちるのでカロリー調整に役立ちます。 多頭飼いされていて、ひと月にたくさんのドッグフードを消費する場合に向いています。 蓋にパッキンが付いているので虫の侵入を防げます。 オクソー ポップコンテナ ビッグスクエア トール 5. クリア素材を使っているのでドッグフードの状態をひと目で確認できます。 レバーを回すと毎回同じ量のドッグフードをお皿に出すことが可能です。 アンティーク風なデザインがとてもおしゃれです。 飽きのこないデザインで置いているだけで存在感を感じます。 ガラスの容器でニオイ移りもなくおしゃれなデザインです。 気圧の変化をセンサーが感知すると自動で真空状態に戻してくれる優れものです。 4点の留め金でウェットフードもしっかり保存できます。 容器のレバーを引くことで空気が入り、ドライフードを楽に取り出せます。 ダイヤルを3回まわすと真空になるタイプで、蓋も含めて丸洗いできます。 ドッグフード10kgを保存する場合にはMサイズのタイプを選ぶと袋ごと保存することができます。 ドッグフードの保存で注意する4このポイント ドッグフードの袋は簡易的な保存機能しかないので注意する ドッグフードを袋詰した包装用の袋は、あくまで簡易的な保存を目的としてメーカーが用意したものです。 ドッグフードの品質を考えた保存には向いておらず、酸化しやすいので注意しましょう。 保管する容器のニオイ移りに注意する 犬はニオイに敏感で、嗅覚で美味しいかどうかを判断します。 そのためドッグフードの香りが気に入らないと、なかなか口にしてくれなくなり残してしまうケースも多くあります。 密閉された容器の中では、ドッグフードに容器のニオイが移りやすく美味しい香りが損なわれるので、保管する容器のニオイ移りには注意が必要です。 愛犬が食べ残したドッグフードは危険がいっぱい 品質を維持するために食べ残しは戻さない 愛犬の食べ残したドッグフードには、よだれに含まれる口内細菌が付着しています。 食べ残しを保存容器に戻すことは菌を繁殖させる原因ともなるので注意が必要です。 菌の繁殖したドッグフードを食べ続けると体調不調を起こす原因ともなります。 どうしても保存する場合には別容器で保存する 食べ残しが多いなど、どうしても保存したい場合には新しい容器を用意しましょう。 別の容器に保存することで菌を移さず衛生的に保管できます。 開封後は出来る限り早めに消費!夏場の開封後は特に注意 梅雨や夏場の開封は特に劣化が進みやすいので注意しましょう。 大袋の場合には開封から使い切るまで長い間空気に触れることになるため、風味や本来の栄養素が失われます。 ドッグフードの保存方法を守って愛犬の健康を守って健康長寿を目指そう ペットとして飼われる犬は、人間のように選別して健康管理を行うことができません。 ペットフードは愛犬の成長を手助けする大事な食事です。 愛犬が少しでも長生きできるように、ドッグフードの栄養や品質に目を向けてみてはいかがでしょうか?.

次の