僕の心のヤバイやつ 感想。 【僕の心のヤバイやつ】あらすじ・ストーリーまとめ【感想アリ】【僕の心のヤバイやつ】

【僕の心のヤバイやつ】あらすじ・ストーリーまとめ【感想アリ】【僕の心のヤバイやつ】

僕の心のヤバイやつ 感想

漫画「僕の心のヤバイやつ」あらすじ 主人公は市川京太郎。 いわゆる、最近の言葉で言うところの「陰キャ」。 あと中二病を発症している。 年齢は実際に中学二年生なんだけど。 ヒロインは山田杏奈という、モデルやってるスタイルのいいすらっと背の高い女の子。 でも天然で天真爛漫で、というか子供っぽい。 年齢も実際にまだ中学二年生なんだけど。 といった 二人による各話完結型のラブコメである。 ストーリーと言うほど大きな物語上の波乱はなく、中学校の日常が描かれる。 1巻に15話が収録されているので、抜粋形式で紹介していくとしよう。 漫画「僕の心のヤバイやつ」ネタバレ Karte. 1 僕は奪われた しょっぱな、陰キャ京太郎の中二病が炸裂している。 クラスメイトを殺害する妄想に耽っているのである。 平和な漫画なので、いじめとかそういうものは別にないんだけど。 山田さんのこともまだ女性としては意識していなかった、のだが、たまたま図書室でなんかおにぎり食っているところを見つけてしまい、なんとなく会話など交してしまう。 タイトルの意味だが、たぶん「心を奪われた」なんだろうと思う。 Karte. 4 僕は渡した 中学二年生なのでクラスメイトもバカばっかりである(主に男子)。 「女子もオナニーをするか」などという話に興じているのだが(京太郎は混じってない)、その中の一人が京太郎に紙切れを渡して「山田さんに渡して」とか言い出す。 京太郎はその紙に「オナニーしてますか?」と書いてあると思い込み、「イジメだ!」と思って、自分の持っていた別の紙(なんか山田さんの絵が描いてある)を渡すのだが、実際に紙に書いてあったことは「LINE教えてください」だった。 Karte. 6 僕は嫌だ 突然だが京太郎は自転車通学である。 たまたま朝、山田さんが上級生にナンパされているところを目撃してしまう。 男の方があんまりしつこいので、京太郎は思わず自転車を投げつけてしまった。 そしたら自転車が川に落ちた。 後で引き上げたそうです。 Karte. 12 僕は眠れない なんか頭痛がするとかで、保健室に来た京太郎。 隣の席に「山田」という生徒が寝ているらしいのだが、山田なんてよくある名前だから別人だろうと思ったら杏奈だった。 山田さんは「知らない人かと思ったけど知ってる人だったからよかった」みたいなことを言い出す。 この微妙で絶妙な距離感がこの作品の神髄である。 山田さんは京太郎に薬をくれるのだが、保健室のコップが濡れている(たぶん山田さんが自分の分の薬を飲んだ跡)のでドキドキしてしまうのであった。 Karte. 14 体育の時間、山田さんの顔にバスケットボールが直撃して盛大に鼻血を噴いてしまう。 なにしろモデルやってるので、顔になにかあったらまずいのだが、骨などに異常はなかった。 だが翌日に控えていた撮影のスケジュールはキャンセルせざるを得なくなったのだった。 京太郎は別に具体的に何をするというわけでもないが、ちょっと大人びて見える、モデルの話をしている山田の姿を見ている自分に、ああ自分は山田が好きなんだ、とようやく自覚するのであった。 漫画「僕の心のヤバイやつ」感想 というわけでおおむね、1巻は京太郎が山田への恋心を自覚するところで終わる。 いつから好きだったかといえば多分第1話からだと思うが、自覚するまでに丸一巻である。 こういう時間というか間の使い方が、いい。 中学生の恋の描き方として、とてもいいと思う。 次巻予告を読む限り(2巻はもう出ているが筆者はまだ読んでいない)、山田と京太郎の距離はこれからも徐々に縮まっていくのだそうである。 先が楽しみだ。

次の

【僕の心のヤバイやつ 2巻 ネタバレ注意】ふたりのちょっとした変化で破壊力は倍増する

僕の心のヤバイやつ 感想

【僕の心のヤバイやつ】2巻ネタバレ Karte. 16 僕は心の病 前巻ラストからほぼ直結している話で、山田さんはまだ鼻にテーピングをしている。 たまたま放課後、京太郎が自転車で帰っているところを山田さんと遭遇するのだが、山田さんが唐突に「乗せてって?」とか言い出す。 結局、自転車で二人乗りをすることに。 Karte. 18 僕は奮って参加した 給食の牛乳をこっそり隠す山田さん。 捨て犬か捨て猫にでもやるのかと思ったら、図書室でプルーチェを作り始めた。 つくづく天然である。 「図書室でやるのは無理がある」と言って割って入った京太郎、結局家庭科室で一緒にプルーチェを作ることになる。 ところがプルーチェをひっくり返してしまい、山田さんは白濁液まみれに。 Karte. 20 僕は弁護した 前からそうなのだが、山田さんは学校でお菓子を食べているのだが、本当は校則で禁止されている。 それがばれそうになり、京太郎が庇う。 この話のラストで、山田さんは京太郎に対して「(呼び方)山田でいいよ」と言い出す。 Karte. 22 僕はずぶ濡れた ある雨の日。 山田さんは傘がない。 いわゆる相合傘などのイベントが発生するアレであるが、京太郎は前述のように自転車通学なので合羽なのである。 ところが山田さんは「それ貸して」とか言い出す。 それを着てコンビニに傘を買いに行く、というのである。 実は山田さん、傘は持っているのだが。 ていうかこのあたりではもう、山田さんの京太郎への好意は読者視点からは見え見えである。 Karte. 27 僕らははぐれた 職業見学(という中学校のイベント)の途中、山田さんと京太郎はふたり、グループの他のメンバーからはぐれてしまう。 はぐれたからどうなるというわけでもないのだが、京太郎は薄々「二人きりになれてラッキー」位に思っている。 電車の中で二人でたわいもない会話を交わしてグループの他のメンバーに合流するだけの話ではあるのだが、二人はなんというか実に、中学生的な意味でいい雰囲気に仕上がっている。 Karte. 28 僕は学校が楽しい 京太郎が朝学校へ行くと、山田さんが誰かを待っている。 誰かを待ってるって京太郎を待っているんだが、京太郎はそのことに気が付かない。 前に少し話をした漫画を貸してくれるのだが、ニブチン京太郎が「(他の)誰かを待ってるんだろ?」とか言い出すのでむーっとしてしまう山田さんなのであった。 Karte. 30 僕は溶かした 図書室に「図書室内飲食禁止」の張り紙が張られた。 いや、前から禁止なのだが、とにかく張られたのである。 ちなみに、前々からよく京太郎と山田さんはこの図書室で二人きりの時間を過ごしているのである。 山田さんがお菓子を持ち込んでるのもそのためなんじゃないかというフシもある。 さて、山田さんが見回りの教師(司書かも)にお菓子を(張り紙を無視して)食べているところを見つかりそうになったので、思わず京太郎はその手をぐっと掴み、発覚を阻止するのであった。 【僕の心のヤバイやつ】2巻の感想 この作品について初めて聞いたのはツイッターだったように思う。 「陰キャが陽キャに恋をして、一方的に眺めているだけの作品」みたいな感じの噂だった。 それが2巻目にして、もうすっかり 友達以上恋人未満みたいな感じである。 いいぞもっとやれ。

次の

【僕ヤバ】4話感想 ゲス男子とほのぼの女子。山田と小林の絡みが微笑ましい

僕の心のヤバイやつ 感想

『僕の心のヤバイやつ』2巻 1巻だとまだ山田の気持ちがボンヤリしており、「市川のこと好きなのか?」ってハテナマークつく感じでしたが、2巻の山田は「市川のこと好きすぎだろ!」と断言できるぐらいに恋する乙女となりました。 その様子がはっきりとね。 山田があからさまに恋する乙女 Karte. 16:僕は心の病 エモい…。 16話では思春期男子の夢である好きな子と自転車二人乗りイベントですよ。 道中でバスケ部辞めることを話しながら市川の所属する「情報処理部にしようかな」「ふーん」のやり取るがヤバイ。 しかもパピコまで分けてくれました。 1話じゃポテチのゴミしかくれなかった(捨てといて)から始まり、7話はねるねるねるをちょびっとだけに比べると、 パピコ半分くれるってすごい進歩ですからね。 山田の中の市川評が徐々に着実に上がってる証左でしょう。 1話 ゴミしかくれなかった 7話 お菓子をちょっとだけくれた 16話 パピコ半分くれる 『僕の心のヤバイやつ』は山田の心の声が一切なく、言動で察するのを楽しむのですが少しずつ好感度が上がってることが手に取るように分かる。 山田の友好度&好感度はくれる食べ物で測れる説!20話なんて自分のアメくれようとしてたよね。 山田の一挙手一投足が至高 Karte. 19:僕は再び遭遇した 休日に姉とマックに寄れば山田と遭遇。 再びというのは5話「僕は遭遇した」で休日に本屋で山田を見かけた続編みたいなサブタイです。 この19話の山田がぐうの根も出ないぐらい可愛いんですよ。 モノローグがない山田の仕草が分かりやすくて表情で語るそのものです。 まず、姉と一緒の市川を見て驚く。 見知らぬ女性と一緒ですからね。 「え?彼女?」とか考えてたのかもしれません。 必死のシャカシャカは心の乱れか!オチで心がヤバイ市川が同じくシャカシャカだもん。 で、後ろの席の市川が気になる山田でした。 市川を「京ちゃん」呼びしてるのを聞いた山田の表情よ。 ちょっと複雑で少しもの悲しそうな絶妙な顔してるよね。 今にも泣いてしまいそうじゃん! そ・し・て! 「おねぇの分も食べな」という言葉を聞いて、どうやら 市川の姉のようだと知った山田の表情変化が芸術的でありました。 お姉ちゃんだったか!安心!の顔 はい!可愛い! なんだよその表情変化はさ(笑顔)。 市川の姉だと知ってめちゃくちゃ安心したのでした。 そそてトイレってウソついて市川を追って来て、姉と確証得ようとしたり喋りに来たり…と スーパープレイを連発します。 市川の中の変化も刮目かな。 5話の私服山田(ファッション誌)の感想は「ちゃんとしてる」 「なんか知らない女の子みたいだ」と不安になってましたが、19話では 「私服だと大人にしか見えないな」です。 私服の大人っぽい姿は知らない女の子からちゃんと山田として大人に見えてる市川であった。 山田との青春 Karte. 20:僕は弁護した 山田から「山田でいいよ」って言われたい人生だった…。 そういえば、市川が山田を呼んだことってなかったですね。 心の中ではいつも「山田」呼びしてたけど、口には出さなかったし。 いつも山田から話しかけられてたもんね。 そんな市川がはじめて「山田さん」と口頭で言う。 そして山田は呼び捨てでいいとね。 あー!青春だ!これ以降は口に出して山田と呼ぶようになるし、市川から呼び止めたりしたりと、何気に大きなターニングポイントにもなってますね。 この頃は、まだ 山田の中で仲良しで気になる男子ぐらいの認識で友達の延長線上のように接してますね。 おまけの「チョコとミント」では「(チョコミントが)大好き」と大声で市川に言ったり。 まだ自覚症状がない状態でしょう。 秋田書店見学&図書室手繋ぎの後じゃ、もう二度と言えんだろうよい。 そんなこんなの青春の日々がたまらんわい。 23話の彼氏ができたら「イヤホン片方ずつ聴くやつ」は今後絶対市川とやるよなぁ。 近頃の違和感は何だ!?(by山田) Karte. 26:僕は封じた 秋田書店社会見学は伝説と言っていいでしょう。 その前からちょくちょく山田がおかしな行動を開始します。 雨降れば市川待ってたのではないかとか、傘持ってるの隠してたのではないかとか。 まったく論理的でない行動をする山田なのです。 いやまあ、最初からアホな子で行動はおかしかったんですが、 淑女として乙女としておかしくなってしまうのです。 秋田書店見学ではそれが特に顕著に現れます。 市川と目が合った時の一瞬の間だったり焦ってうまく言葉が出なかったり。 エレベーターでずっと間近で見てて夢中になってると想像できる行動をしたり。 市川がトレイへ寄れば当然のように待ってるし。 ここまで市川のこと好きだとは読み取れたけど、友達の延長戦上って感じでフレンドリーだったのに。 おかしい。 山田がおかしいぞ…。 恋心に無自覚だったのが自覚しつつあるように見えます。 それは かつて市川が経験したことでもある。 1巻14話の言葉を借りるなら 「近頃の違和感はなんだ!?」である。 山田が卍解! Karte. 27:僕ははぐれた 『僕の心のヤバイやつ』は山田のモノローグ一切無しなので、読者が想像するしかないんだが、それでもめっちゃ分かる。 市川と同じ症状になってるだろ! 「なにやってんだ一体僕は!!!」ならぬ「なにやってんだ一体私は!!!」状態の山田である。 市川も山田と触れ合ううちに自覚症状なくとっくに恋してたわけですからね。 山田も同じで自覚症状ないながらとっくに惚れてた。 そこに気づく伝説のエピソードが27話やね。 秋田書店見学はひょっとしたら14話で市川が山田を好きだと自覚した対のような心情があったのかもね。 そっくりそのままリボンを付けて市川の心の声が山田にも当てはまってる説。 近頃の違和感はなんだ!? 気持ちと行動が一致してない違和感。 まただ。 また間違った行動をしてる。 なにやってんだ一体私は!!! え? ああ、私は市川が好きなんだ そんな乙女の声が聞こえた(ような気がする)。 まったくの他人だった2人が、そここそゴミ虫を見てるような感じだったのに…。 少しずつ仲良くなっていき、いつの間にか恋に落ちてて、14話で市川が…27話で山田が 恋心を自覚したと。 くぅー!感無量である。 感動的である。 しかし市川も男だねぇ。 秋田書店見学前に山田が言ってた 「じゃあ」のミルクティをサラッと渡すのは痺れたよ。 Karte. 25:僕は平静を装った これを覚えててくれたってキュン度も跳ね上がるもんね。 ちなみに山田が市川から貰ったミルクティを飲んだ描写は無い。 あの山田が飲まなかったのかは分からない。 おまけの「未解決事件」で、市川は山田からもらったポテチのゴミ袋をしっかり保管してることが判明しましたが、 山田はどうなんじゃろうねぇ。 最高か! 自分の恋心に気づいた(と思われる)後の山田伝説は半端じゃなかったです。 もう頬は緩みっぱなしで「可愛い!」「いじらしい!」「キュンキュンする!」のコンボで転げ回ってしまいましたね。 市川だけの言葉なのか? 好きだ んんッ、んんんッ。 何度も述べるけど山田には心の声が描かれない。 だから全てのモノローグは市川のもののはず。 なのに引っかかるのは30話「僕は溶かした」ですよ。 山田が図書室でお菓子を食べてるところへ教師が通りかかり、市川が手を掴んで隠したわけですね。 その時の心の声は「僕はこいつがこんなにも好きだ」です。 間違いなく市川のモノローグなんだが、もしかして山田の声でもあるのかと思ったり思わなかったり。 というのもこの漫画の モノローグは全て四角い吹き出しで囲まれてるんですよね。 なのに、 25話の「好きだ」だけ四角い吹き出しが無いんですわ。 直前に山田も市川の方見てる描写があり、この吹き出し無い「好きだ」ってモノローグは果たして市川だけの声なのかと。 市川だけでなく山田の乙女声でもある可能性が微レ存。

次の