ドリュウズ こうそくスピン。 こうそくスピン

スピンロトム育成論 : 積みアタッカー+DM枯らし+受け崩し|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略モバイル

ドリュウズ こうそくスピン

物理面に優れた種族値を持つがや、に比べると一回り低め。 特性がどちらも砂依存なので汎用性でも劣り採用意義を見出だしにくいポケモンである。 同じタイプの持ちにがいる。 あちらはより高いASと鋼複合により攻撃性能や耐性に優れる上、かたやぶりという別の顔も併せ持つため、 耐性に乏しく特性もすなかきほぼ一択のサンドパンはどうしても見劣りする。 こちらは防御で勝るが、HPが低いので総合的な物理耐久では大きく突き放しているわけでもない。 あちらと比べていわタイプの持ちとかくとうやじめんが一貫しないとはいえ、 こちらはこちらで強化されたゴリランダーの草技の一貫がネックであり、依然厳しい立ち位置にいる。 高速ステロ撒きにしようにもサンドパンはやのような強力な特性や技を併せ持っていない。 他にも確実性を求めるならがんじょう持ちやちょうはつ耐性持ちなど優秀なステロ要員はごまんといる。 今作ではその他にもどくどくやはたきおとすが過去作限定となり大きく弱体化。 きゅうけつを新規習得したりこうそくスピンが強化されたりしたがどちらも活きる場面が限定的で立場はさらに厳しくなった。 なお、リージョンフォームのとはタイプや習得技が全く異なり、 ほぼ別種のポケモンとして扱われるため、差別化を意識する必要は無い。 ネタ考察やマイナー考察はにあります。 特性考察 すながくれ 通常特性。 砂下で回避率1. 25倍。 発動すれば行動回数やスリップダメージを稼げる。 しかし耐久を上げる積み技や回復技に乏しく、天候ターン制限もあるため、発動機会は限られる。 ハイドロポンプなどの命中不安技は更に回避しやすくなるがダイマックスされると必中。 また、カウンターとの相性が悪い。 すなかき 隠れ特性。 砂下で素早さ倍増。 こちらも天候依存だが確実に発動し、エースや足の速いサポート役として運用できる。 でんじはも無効。 すながくれはやや相性が悪い部分も目立つので基本的にはこれ。 とはいえ素のSが低く、高速スカーフ持ちを抜くにはかなりの努力値を要する。 詳細は型考察にて。 技考察 攻撃技 タイプ 威力 命中 追加効果 備考 じしん 地 100 150 100 - タイプ一致技。 性能安定。 一致技との相性補完に優れる。 ドリュウズの劣化になるためいわなだれは非推奨。 サポート用。 フェアリーにも。 きゅうけつ 虫 80 100 HP吸収 貴重な回復技。 攻撃面ではほぼピンポイント。 メガストーン・Zクリスタル廃止で通りが良い。 過去作教え技 じごくづき 悪 80 100 音技封じ 安定した悪技。 ドリュウズは覚えないがシャドークローで代用可能。 つばめがえし 飛 60 必中 - 対草・虫。 ダイジェット化でも。 過去作技マシン。 カウンター 闘 - 100 優先度-5 高い物理耐久を活かして倍返し。 タスキとあわせて。 いかりのまえば 無 - 90 - 削り技。 耐久型対策。 過去作教え技。 設置技対策。 素早さも上げられる。 天候が良くも悪くも変化しやすくなったので、素早さの保険として期待できる。 変化技 タイプ 命中 備考 ステルスロック 岩 - サポート用。 タスキ潰しやダメージ上乗せに。 すなあらし 岩 - 特性の発動に。 ダイロックや味方のすなおこしに頼るなら切っても構わない。 どくどく 毒 90 耐久型対策。 毒や鋼は呼びにくい。 過去作マシン技 つるぎのまい 無 - 攻撃を強化。 すなかきとあわせて。 みがわり 無 - 補助技対策や、交代読みで。 始動役のやに対して繰り出されるかくとう・じめんに一致弱点を突かれない。 これらの物理アタッカーの前でつるぎのまいを積むことも可能。 みずは一貫するので注意。 攻撃面ではストーンエッジを習得でき、のいわなだれの火力を僅かながら上回る。 とはいえ種族値は低めなので突破力に欠ける。 AはもちろんSにも振って抜き性能を上げたいところだが、速さを求めるならに分があるため、 Sは調整程度に留めてHに厚く振る方が長所である耐久力を活かしやすい。 始動役のを叩きに来た物理アタッカーと対面させればほぼ安全につるぎのまいを積める。 にはできない芸当。 最速130族も抜ける。 AはS調整の残りだが無振りは積まずとも確1。 しかしステルスロックできあいのタスキが潰れたりHPが中途半端に削れてじたばたの火力が確保できないこともあり安定感には欠ける。 きあいのタスキを持たせることで特殊アタッカーの前でも安全に積めるようになるが、逆に先制技持ちの物理アタッカーには滅法弱くなる。 物理に強いと組み合わせた方が使いやすいかもしれない。 自主退場技や流し技は覚えない。 以下は主なダメージ計算。 ならだいばくはつからの無償降臨や、じゅうりょくでじしん・ストーンエッジの性能補強が可能。 を倒せる、などと組めばカバドリ構築に強く出られる。 対サンドパン 注意すべき点 物理面が高く、特性すなかきにより砂下ではSも強化される。 つるぎのまいを積むアタッカー型はもちろんステルスロックを持つ高速サポート型も厄介。 対策方法 素の能力は低めなので、天候上書きやちょうはつで妨害すれば脅威にならない。 おにびも有効。 高耐久の水ポケモンや、地面無効かつ岩等倍のなら楽に受けられる。 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技06 どくどく - 90 どく 変化 10 技10 めざめるパワー 60 100 ノーマル 特殊 15 技11 にほんばれ - - ほのお 変化 5 技15 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5 技17 まもる - - ノーマル 変化 10 技20 しんぴのまもり - - ノーマル 変化 25 技21 やつあたり - 100 ノーマル 物理 20 技26 じしん 100 100 じめん 物理 10 技27 おんがえし - 100 ノーマル 物理 20 技31 かわらわり 75 100 かくとう 物理 15 技32 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15 技37 すなあらし - - いわ 変化 10 技39 がんせきふうじ 60 95 いわ 物理 15 技40 つばめがえし 60 - ひこう 物理 20 技42 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20 技44 ねむる - - エスパー 変化 10 技45 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15 技46 どろぼう 60 100 あく 物理 25 技48 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15 技52 きあいだま 120 70 かくとう 特殊 5 技56 なげつける - 100 あく 物理 10 技65 シャドークロー 70 100 ゴースト 物理 15 技68 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5 技71 ストーンエッジ 100 80 いわ 物理 5 技74 ジャイロボール - 100 はがね 物理 5 技75 つるぎのまい - - ノーマル 変化 20 技78 じならし 60 100 じめん 物理 20 技80 いわなだれ 75 90 いわ 物理 10 技81 シザークロス 80 100 むし 物理 15 技84 どくづき 80 100 どく 物理 20 技87 いばる - 85 ノーマル 変化 15 技88 ねごと - - ノーマル 変化 10 技90 みがわり - - ノーマル 変化 10 技100 ないしょばなし - - ノーマル 変化 20 過去作技マシン No.

次の

ドリュウズ|ポケモン図鑑ORAS・XY|ポケモン徹底攻略モバイル

ドリュウズ こうそくスピン

自分の場のを消す。 こうそくスピンは、ポケモンの技の一種。 説明文 たたかうわざ ・ からだを はやく かいてんさせて てきを こうげき しめつけや まきつきや やどりぎのタネや まきびし などの れんぞくの わざから ぬけだせる。 かいてん こうげき。 しめつける まきつく やどりぎのタネ まきびし なども ふきとばせる。 ・・ かいてんして あいてを こうげきする。 しめつける まきつく やどりぎのタネ まきびし なども ふきとばせる。 漢字 回転して 相手を 攻撃する。 しめつける まきつく やどりぎのタネ まきびし なども 吹きとばせる。 かいてんして あいてを こうげきする。 しめつける まきつく やどりぎのタネ など ふきとばす。 じぶんの すばやさも あがる。 漢字 回転して 相手を 攻撃する。 しめつける まきつく やどりぎのタネ など 吹きとばす。 自分の 素早さも あがる。 相手が状態であってもステルスロック等を除去できるが、タイプに攻撃を無効化されると除去出来ない点には注意。 で威力が20から50に上昇、更にが上昇するが付いた。 におけるこうそくスピン 「 相手を相手のベンチポケモンと入れ替え、 自分を自分のベンチポケモンと入れ替える。 入れ替えるときは、それぞれのプレイヤーが、自分のベンチポケモンを選ぶ。 」という効果の攻撃ワザとして登場する。 におけるこうそくスピン PP17。 正面の敵を攻撃し、・・・を解除する。 におけるこうそくスピン ポケモン エフェクト 使用者 初出話 備考 わざの初出 チグサ ツグヨ トレーナー クルヨ 巨大ネンドール 通常はこうそくスピンを覚えない 野生 野生 におけるこうそくスピン におけるこうそくスピン• では、のなどが使用する。 以下の順番で状態変化・場の状態を解除できる。 自分の状態。 自分の状態。 ・・・・・・・・・・• 味方の場に設置された。 ・・・・• のポケモンに使った場合も、状態変化・場の状態を解除できる。 以下のように技のダメージが無かったときは状態変化・場の状態を解除することはできない。 こうそくスピンが外れたとき。 状態などに防がれたとき。 で技を無効化されたとき。 こうそくスピンで相手の特性・・・・や持ち物・、状態によるダメージを受け、こうそくスピンの使用者がになった場合、状態変化・場の状態を解除することが できない。 特性であっても状態変化・場の状態を解除できる。 まではちからずくでも技の威力は上がらない。 ではちからずくにより技の威力は1. 3倍になるが、すばやさランクは上がらない。 状態は解除できない。 でのみ、場が状態の時にこうそくスピンを使うと、なぜか「をふきとばした」と表示される。 どくびしはきちんと除去される。 ・では修正され、「どくびしをふきとばした」と表示されるようになった。

次の

【ソードシールド】わざ「こうそくスピン」の効果とおぼえるポケモン一覧【ポケモン剣盾】

ドリュウズ こうそくスピン

鎧の孤島攻略ガイド 注目記事• データベース• お役立ち• 人気記事• ポケモン図鑑 分類別• 世代別ポケモン一覧• ワイルドエリア 攻略情報• ストーリー攻略 攻略チャート• トレーナーバトル• お役立ち• 育成論• 新着育成論• 人気の育成論• パーティ レンタルパーティ• パーティの対策• 掲示板• お役立ち 初心者におすすめ• やり方・方法まとめ• 新要素 鎧の孤島からの新要素• 剣盾からの新要素• English Walkthrough Wiki 英語版)•

次の