日本大学 森林資源科学科 偏差値。 早分かり 農学部 大学偏差値 ランキング 2020

めざせ!【日本大学】生物資源科学部/生物環境工学科⇒ 学費、偏差値・難易度、入試科目、評判、就職先をチェックする!|やる気の大学受験!大学・学部の選び方ガイド

日本大学 森林資源科学科 偏差値

こんにちは! 今回は日本大学の評判について、在学生の方にインタビューをしてきました。 結論から言うと、日本大学の学力レベルはそこまで高くありませんがネームバリューは最強です。 また、日本大学のサークル情報や授業カリキュラムを詳しく知りたいかたはというサイトで日本大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。 奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。 なお、を使えば 日本 大学 のパンフレットは簡単に取り寄せることができます。 それでは、さっそく日本大学の評判について見ていきましょう! 今回インタビューをした方は日本大学経済学部卒業者です。 関連記事 日本大学文理学部の評判 日本大学芸術学部の評判 日本大学国際関係学部の評判 日本大学危機管理学部の評判 日本大学スポーツ科学部の評判 日本大学理工学部の評判 日本大学生産工学部の評判 日本大学医学部の評判 日本大学歯学部の評判 日本大学松戸歯学部の評判 日本大学薬学部の評判 この記事の目次• 5 政治経済学科…偏差値52. 5 新聞学科…偏差値50 経営法学科…偏差値50 公共政策学科…偏差値57. 5 国文学科…偏差値55 中国語中国文化学科…偏差値52. 5 英文学科…偏差値52. 5 ドイツ文学科…偏差値52. 5 社会学科…偏差値52. 5 社会福祉学科…偏差値50 教育学科…偏差値52. 5 体育学科…偏差値47. 5 心理学科…偏差値57. 5 地理学科…偏差値55 地球科学科…偏差値50 数学科…偏差値47. 5 情報科学科…偏差値50 物理学科…偏差値45 生命科学科…偏差値47. 5 化学科…偏差値47. 5 金融公共経済学科…偏差値52. 5 経営学科…偏差値52. 5 美術学科…偏差値40 音楽学科…偏差値47. 5 文芸学科…偏差値50 演劇学科…偏差値55 放送学科…偏差値50 デザイン学科…偏差値47. 5 交通システム工学科…偏差値50 建築学科…偏差値57. 5 海洋建築工学科…偏差値50 まちづくり工学科…偏差値50 機械工学科…偏差値50 精密機械工学科…偏差値45 航空宇宙工学科…偏差値52. 5 電気工学科…偏差値47. 5 応用情報工学科…偏差値52. 5 物質応用化学科…偏差値50 物理学科…偏差値47. 5 数学科…偏差値52. 5 建築工学科…偏差値47. 5 応用分子化学科…偏差値37. 5 マネジメント工学科…偏差値40 数理情報工学科…偏差値42. 5 環境安全工学科…偏差値42. 5 建築学科…偏差値42. 5 機械工学科…偏差値37. 5 電気電子工学科…偏差値37. 5 生命応用化学科…偏差値37. 5 獣医学科…偏差値62. 5 動物資源科学科…偏差値47. 5 食品ビジネス学科…偏差値50 森林資源科学科…偏差値45 海洋生物資源科学科…偏差値52. 5 生物環境工学科…偏差値45 食品生命学科…偏差値47. 5 国際地域開発学科…偏差値42. 5 応用生物科学科…偏差値45 くらしの生物学科…偏差値42. 日本大学の世間からの評判 レベルは高くないですが日本大学というネームバリューはあると思います。 当時のアルバイト先で大学名を言ってぽかーんとされることは一度もなく、「中の上レベルじゃない。 すごいすごい。 」と教えてもらえたりしました。 社長を含め就職先や関わりのある企業で日大出身者は数多くいるので仲間意識があったり、それだけで会話になったりすることもあるので、さすが日本一のマンモス校だなと思うことはよくあります。 大学名で頭が良いとか悪いとか批判をされたりすることはほとんどありませんが、アメフト部の悪質タックル問題や水泳部の問題など、世間を騒がすような事件が相次いで「やばい大学 組織 」と思われてしまっているのは事実だと思います。 正直あの対応はないなと思いますが、規模が大きすぎるが故に上層部の方も機能していないのだと思います。 日大の評判が良い方向に変わるときが来るといいなと思っています。 日本大学の学生の様子 レベルとして上から下まで幅広くいるため一概には言えませんが、勉強のために来ていますというような真面目な人や大学にはほとんど来ずぎりぎりの単位だけ取ってバイトして遊びまわっている人、みんなと集まることが楽しくて授業中などお構いなしにお喋りをしている人、在学中に起業をする人、THE女子大生というようなキラキラした人など本当に様々な人がいました。 また、出欠のある授業は座れないくらいに混んでおり出欠カードのためだけに来ている人が多いせいか、授業中は基本的にお喋りしているかゲームや携帯をいじっているか寝ているかという人が多数いました。 代筆を行っている人もたくさんいて、講義としての機能はほとんどありませんでした。 出欠のない授業はがらがらで真面目な生徒が多かったように思います。 楽単の授業は特に人気で抽選でした。 日本大学の就職先について 日大系列の高校出身者など全国から学生が集まっているので、地元の銀行や企業に就職する人、公務員として働く人が本当にたくさんいました。 経済学部ということもありメガバンクや地方銀行、保険会社やカード会社、証券会社などお金に関わる仕事に就く人が多かったです。 またメーカーや商社、人材、不動産関係もたくさんいましたが経団連に属するような超大手企業に行っている人はそこまで多くなかったです。 やはり就活の際に学力フィルターにかけられているのだなと感じました。 アパレルや飲食、ホテルや旅行会社などのサービス業に就職する人もいましたが多くは長くは続いていないように思います。 また就職はせずにフリーターになる人、留学に行く人、専門学校に入る人、起業をする人なども一部いました。 全てを把握しているわけではありませんが、上から下まで幅広く就職先はあったと思います。 周りより少しできるという余裕から勉強する気がほとんど起きず、単位が取れればいいやという思考になってしまいました。 日本大学に4年間通ってみていかがでしたか? 良かったと思います。 もし他の大学に行っていたら別の人生があったかもしれませんが、今の主人と出会えたことや親友や多くの友人に出会えたことも含め、社会に出る前の猶予期間と言われている大学時代を日大で過ごすことができて後悔はひとつもありません。 大学主催のヨーロッパ研修にも参加でき、友人と海外旅行や国内旅行にたくさん行きました。 勉強自体は正直どこの大学に行ってもほとんど変わりはないと思いますが、友人や先輩後輩との出会いや経験は日大でしかできなかったものです。 親のお金で贅沢させてもらって申し訳ない気持ちはありますが、得たものは大きかったと思います。 もしかしたら違う大学に行っていたらさらに充実した学生生活を送れていたかもしれませんが、それは誰にもわからないことなので考えても仕方ありません。 辛いこともありましたが後悔なく楽しく過ごすことができたので私は日大に通えて良かったです。 日本大学の学費 4年間 日本大学の学費は以下の通りです 入学金含む 歯学部…学費3,840万円(6年間) 松戸歯学部…学費3,840万円(6年間) 医学部…学費3,337万円(6年間) 薬学部…学費1,270万円(6年間) 生物資源科学部(獣医)…学費886万円 芸術学部(映画(監督、撮影・録音))…学費654万円 芸術学部(美術、音楽)…学費642万円 芸術学部(映画(映像表現・理論)、写真、放送)…学費634万円 芸術学部(デザイン)…学費630万円 芸術学部(映画(演技))…学費626万円 芸術学部(演劇(上記以外))…学費626万円 芸術学部(演劇(劇作、企画制作))…学費622万円 理工学部(上記以外)…学費614万円 芸術学部(文芸)…学費614万円 理工学部(数学)…学費598万円 生物資源科学部(上記以外)…学費586万円 文理学部(生命科学、化学)…学費570万円 文理学部(物理)…学費566万円 文理学部(数学)…学費550万円 文理学部(地理、地球科学、情報科学)…学費546万円 生産工学部…学費546万円 工学部(福島)…学費538万円 スポーツ科学部…学費500万円 生物資源科学部(食品ビジネス、国際地域開発)…学費474万円 文理学部(体育、心理)…学費450万円 危機管理学部…学費444万円 文理学部(社会福祉)…学費438万円 国際関係学部(静岡)…学費438万円 文理学部(中国語中国文化、社会、教育)…学費420万円 文理学部(史、国文)…学費418万円 経済学部…学費418万円 文理学部(哲、英文、ドイツ文)…学費414万円 法学部…学費394万円 商学部…学費386万円 法学部(第二部)…学費216万円 奨学金情報や学費免除制度をはじめとした詳しい学費情報は、日本大学の学校パンフレットでご確認下さい。 今回のまとめ いかがでしたでしょうか。 正直文系学部で学べる内容はどこの私立大学でも大差がないので、ネームバリューを求めるのであれば日本大学も進学先としては悪くない選択だと思います。 また、日本大学のサークル情報や授業カリキュラムなどといった詳しい事を知りたい方は、日本大学の学校パンフレットをお取り寄せ下さい。 というサイトを使えば 簡単に日本大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。 関連記事 日本大学文理学部の評判 日本大学芸術学部の評判 日本大学国際関係学部の評判 日本大学危機管理学部の評判 日本大学スポーツ科学部の評判 日本大学理工学部の評判 日本大学生産工学部の評判 日本大学医学部の評判 日本大学歯学部の評判 日本大学松戸歯学部の評判 日本大学薬学部の評判.

次の

学部の歴史|学部情報|日本大学生物資源科学部

日本大学 森林資源科学科 偏差値

こんにちは! 今回は日本大学の評判について、在学生の方にインタビューをしてきました。 結論から言うと、日本大学の学力レベルはそこまで高くありませんがネームバリューは最強です。 また、日本大学のサークル情報や授業カリキュラムを詳しく知りたいかたはというサイトで日本大学の学校パンフレットを取り寄せて下さい。 奨学金情報をはじめとしたネット上にのっていない貴重な情報が沢山ありますよ。 なお、を使えば 日本 大学 のパンフレットは簡単に取り寄せることができます。 それでは、さっそく日本大学の評判について見ていきましょう! 今回インタビューをした方は日本大学経済学部卒業者です。 関連記事 日本大学文理学部の評判 日本大学芸術学部の評判 日本大学国際関係学部の評判 日本大学危機管理学部の評判 日本大学スポーツ科学部の評判 日本大学理工学部の評判 日本大学生産工学部の評判 日本大学医学部の評判 日本大学歯学部の評判 日本大学松戸歯学部の評判 日本大学薬学部の評判 この記事の目次• 5 政治経済学科…偏差値52. 5 新聞学科…偏差値50 経営法学科…偏差値50 公共政策学科…偏差値57. 5 国文学科…偏差値55 中国語中国文化学科…偏差値52. 5 英文学科…偏差値52. 5 ドイツ文学科…偏差値52. 5 社会学科…偏差値52. 5 社会福祉学科…偏差値50 教育学科…偏差値52. 5 体育学科…偏差値47. 5 心理学科…偏差値57. 5 地理学科…偏差値55 地球科学科…偏差値50 数学科…偏差値47. 5 情報科学科…偏差値50 物理学科…偏差値45 生命科学科…偏差値47. 5 化学科…偏差値47. 5 金融公共経済学科…偏差値52. 5 経営学科…偏差値52. 5 美術学科…偏差値40 音楽学科…偏差値47. 5 文芸学科…偏差値50 演劇学科…偏差値55 放送学科…偏差値50 デザイン学科…偏差値47. 5 交通システム工学科…偏差値50 建築学科…偏差値57. 5 海洋建築工学科…偏差値50 まちづくり工学科…偏差値50 機械工学科…偏差値50 精密機械工学科…偏差値45 航空宇宙工学科…偏差値52. 5 電気工学科…偏差値47. 5 応用情報工学科…偏差値52. 5 物質応用化学科…偏差値50 物理学科…偏差値47. 5 数学科…偏差値52. 5 建築工学科…偏差値47. 5 応用分子化学科…偏差値37. 5 マネジメント工学科…偏差値40 数理情報工学科…偏差値42. 5 環境安全工学科…偏差値42. 5 建築学科…偏差値42. 5 機械工学科…偏差値37. 5 電気電子工学科…偏差値37. 5 生命応用化学科…偏差値37. 5 獣医学科…偏差値62. 5 動物資源科学科…偏差値47. 5 食品ビジネス学科…偏差値50 森林資源科学科…偏差値45 海洋生物資源科学科…偏差値52. 5 生物環境工学科…偏差値45 食品生命学科…偏差値47. 5 国際地域開発学科…偏差値42. 5 応用生物科学科…偏差値45 くらしの生物学科…偏差値42. 日本大学の世間からの評判 レベルは高くないですが日本大学というネームバリューはあると思います。 当時のアルバイト先で大学名を言ってぽかーんとされることは一度もなく、「中の上レベルじゃない。 すごいすごい。 」と教えてもらえたりしました。 社長を含め就職先や関わりのある企業で日大出身者は数多くいるので仲間意識があったり、それだけで会話になったりすることもあるので、さすが日本一のマンモス校だなと思うことはよくあります。 大学名で頭が良いとか悪いとか批判をされたりすることはほとんどありませんが、アメフト部の悪質タックル問題や水泳部の問題など、世間を騒がすような事件が相次いで「やばい大学 組織 」と思われてしまっているのは事実だと思います。 正直あの対応はないなと思いますが、規模が大きすぎるが故に上層部の方も機能していないのだと思います。 日大の評判が良い方向に変わるときが来るといいなと思っています。 日本大学の学生の様子 レベルとして上から下まで幅広くいるため一概には言えませんが、勉強のために来ていますというような真面目な人や大学にはほとんど来ずぎりぎりの単位だけ取ってバイトして遊びまわっている人、みんなと集まることが楽しくて授業中などお構いなしにお喋りをしている人、在学中に起業をする人、THE女子大生というようなキラキラした人など本当に様々な人がいました。 また、出欠のある授業は座れないくらいに混んでおり出欠カードのためだけに来ている人が多いせいか、授業中は基本的にお喋りしているかゲームや携帯をいじっているか寝ているかという人が多数いました。 代筆を行っている人もたくさんいて、講義としての機能はほとんどありませんでした。 出欠のない授業はがらがらで真面目な生徒が多かったように思います。 楽単の授業は特に人気で抽選でした。 日本大学の就職先について 日大系列の高校出身者など全国から学生が集まっているので、地元の銀行や企業に就職する人、公務員として働く人が本当にたくさんいました。 経済学部ということもありメガバンクや地方銀行、保険会社やカード会社、証券会社などお金に関わる仕事に就く人が多かったです。 またメーカーや商社、人材、不動産関係もたくさんいましたが経団連に属するような超大手企業に行っている人はそこまで多くなかったです。 やはり就活の際に学力フィルターにかけられているのだなと感じました。 アパレルや飲食、ホテルや旅行会社などのサービス業に就職する人もいましたが多くは長くは続いていないように思います。 また就職はせずにフリーターになる人、留学に行く人、専門学校に入る人、起業をする人なども一部いました。 全てを把握しているわけではありませんが、上から下まで幅広く就職先はあったと思います。 周りより少しできるという余裕から勉強する気がほとんど起きず、単位が取れればいいやという思考になってしまいました。 日本大学に4年間通ってみていかがでしたか? 良かったと思います。 もし他の大学に行っていたら別の人生があったかもしれませんが、今の主人と出会えたことや親友や多くの友人に出会えたことも含め、社会に出る前の猶予期間と言われている大学時代を日大で過ごすことができて後悔はひとつもありません。 大学主催のヨーロッパ研修にも参加でき、友人と海外旅行や国内旅行にたくさん行きました。 勉強自体は正直どこの大学に行ってもほとんど変わりはないと思いますが、友人や先輩後輩との出会いや経験は日大でしかできなかったものです。 親のお金で贅沢させてもらって申し訳ない気持ちはありますが、得たものは大きかったと思います。 もしかしたら違う大学に行っていたらさらに充実した学生生活を送れていたかもしれませんが、それは誰にもわからないことなので考えても仕方ありません。 辛いこともありましたが後悔なく楽しく過ごすことができたので私は日大に通えて良かったです。 日本大学の学費 4年間 日本大学の学費は以下の通りです 入学金含む 歯学部…学費3,840万円(6年間) 松戸歯学部…学費3,840万円(6年間) 医学部…学費3,337万円(6年間) 薬学部…学費1,270万円(6年間) 生物資源科学部(獣医)…学費886万円 芸術学部(映画(監督、撮影・録音))…学費654万円 芸術学部(美術、音楽)…学費642万円 芸術学部(映画(映像表現・理論)、写真、放送)…学費634万円 芸術学部(デザイン)…学費630万円 芸術学部(映画(演技))…学費626万円 芸術学部(演劇(上記以外))…学費626万円 芸術学部(演劇(劇作、企画制作))…学費622万円 理工学部(上記以外)…学費614万円 芸術学部(文芸)…学費614万円 理工学部(数学)…学費598万円 生物資源科学部(上記以外)…学費586万円 文理学部(生命科学、化学)…学費570万円 文理学部(物理)…学費566万円 文理学部(数学)…学費550万円 文理学部(地理、地球科学、情報科学)…学費546万円 生産工学部…学費546万円 工学部(福島)…学費538万円 スポーツ科学部…学費500万円 生物資源科学部(食品ビジネス、国際地域開発)…学費474万円 文理学部(体育、心理)…学費450万円 危機管理学部…学費444万円 文理学部(社会福祉)…学費438万円 国際関係学部(静岡)…学費438万円 文理学部(中国語中国文化、社会、教育)…学費420万円 文理学部(史、国文)…学費418万円 経済学部…学費418万円 文理学部(哲、英文、ドイツ文)…学費414万円 法学部…学費394万円 商学部…学費386万円 法学部(第二部)…学費216万円 奨学金情報や学費免除制度をはじめとした詳しい学費情報は、日本大学の学校パンフレットでご確認下さい。 今回のまとめ いかがでしたでしょうか。 正直文系学部で学べる内容はどこの私立大学でも大差がないので、ネームバリューを求めるのであれば日本大学も進学先としては悪くない選択だと思います。 また、日本大学のサークル情報や授業カリキュラムなどといった詳しい事を知りたい方は、日本大学の学校パンフレットをお取り寄せ下さい。 というサイトを使えば 簡単に日本大学の学校パンフレットを取り寄せる事ができます。 関連記事 日本大学文理学部の評判 日本大学芸術学部の評判 日本大学国際関係学部の評判 日本大学危機管理学部の評判 日本大学スポーツ科学部の評判 日本大学理工学部の評判 日本大学生産工学部の評判 日本大学医学部の評判 日本大学歯学部の評判 日本大学松戸歯学部の評判 日本大学薬学部の評判.

次の

日本大学の評判と偏差値【ネームバリューはとても強い】

日本大学 森林資源科学科 偏差値

現在、高校3年生のものです。 私は、第一志望を東京農工大学農学部生物生産学科としています。 それで、東京農業大学応用生物化学部生物応用化学科・日本大学生物資源科学部農芸化学科を第二志望として受験しました。 日大は合格を頂いたのですが、延納金の振込みが、農大の発表の前で、振り込むべきか大変迷っています。 学びたいことは、どちらも学べそうなのですが、他の回答を拝見したところ日大は授業態度が良くないというイメージを受けたのですが、どうなのでしょうか?あまり環境は良くないのですか? また、今年の農大の入試では、ずいぶん受験人数が増えましたが合格点ってはね上がってしまうと思いますか?今までの合格点なら大丈夫ではないかと思うのですが・・・。 その他、農大と日大で何か学習環境で違いがあったら教えてください。 お願いします。。 A ベストアンサー ANo. 2です。 私が最初に回答した内容は、あくまで偏差値、その大学への入りやすさという点でこのあたりかなという評価でした。 >大学のレベル(偏差値)と就職状況は必ずしもイコールではないということなのでしょうか 就職状況となると、偏差値とはイコールではないです。 早慶上>MARCH>成成独国武>日東駒専>大東亜帝国というのも、もともと予備校が偏差値を目安に分類したものが世間に広まっただけです。 この分類の中にない大学がたくさんあるので、今回のような質問が出されたのかとは思いますが、この分類でその大学や学生を評価するべきではないと考えています。 それに採用する時に、たとえば東京農業大のこの学科は偏差値が明治のこの学科より高いとか、こっちは日大よりも低いとか、いちいちその学部・学科の偏差値まで調べませんよ(^^) 今は、採用面接時に、あえて大学名を伏せて面接をする企業もあるくらいですから。 どこの大学であれ、結局は本人次第だと思います。 特にMARCHは文系の印象が強い大学なので、本人の進路と努力次第では、武蔵工業大学、芝浦工業大学等の方が評価が高い場合もあると思います。 また、理系の単科大学の場合は大学院に進学したり、研究職や技術職に就く学生が多いので、大学側が熱心かつ集中的な就職支援をしてくれたり、卒業生を介して企業と大学との間に強いネットワークがあるということもあると思います。 imitea様が学生さんなのかどうかは分かりませんが、このカテゴリーに惑わされずに、頑張っていただけたらと思います! ANo. 2です。 私が最初に回答した内容は、あくまで偏差値、その大学への入りやすさという点でこのあたりかなという評価でした。 >大学のレベル(偏差値)と就職状況は必ずしもイコールではないということなのでしょうか 就職状況となると、偏差値とはイコールではないです。 早慶上>MARCH>成成独国武>日東駒専>大東亜帝国というのも、もともと予備校が偏差値を目安に分類したものが世間に広まっただけです。 この分類の中にない大学がたくさんあるので、今回のような質問が出されたのかとは思いま... goo. html >22歳、メガバンク行員、男性です。 突然ですが、恥ずかしながら私は彼女いない暦=年齢です。 goo. html >お世話になります。 静岡県在住の農家組合員です。 百歩譲って、22歳の兄と大1の姉がいる弟だとしても、そんなことメガバンクのお兄さんに聞けばいいでしょう、ああそうですか、、、地元が静岡か茨城か分からなくなっているようじゃあ、病院に行ったらどうですか。 A ベストアンサー 大学名だけで選ぶなら断然明治でしょう! 知名度が違いすぎます。 その分野の人たちでしたらそうでもないでしょうが。。 それと、農業というよりは、「応用生物化学」ということですので、広大な敷地よりは、実験設備などの充実している方がいいと思います。 私は、どちらも設備に置いては大差ない感じがいたします。 ただし、大学院などを視野に入れた場合、#1さんがおっしゃられるように農大のほうが単科大学だからいいのかなぁ。 でも、結局は勉強は本人のがんばり次第なので、これもあまり差がない気がしますね。 そうなると、世間一般で見た場合、明らかに明治のほうが有名であるし、認められている感がします。 私事で恥ずかしいのですが、自分は第一志望の明治に現役、浪人時代と2回落ちまして、滑り止めの東京農大に合格しました 農大の方、大変失礼な言い方ですみません。 どちらにしましても、後悔しない選択をしてください。 Q 日本大学の生物資源科学部の内部推薦を考えている日大附属校の高3女です。 気になったのですが、日大生物資源科学部生命化学科は偏差値が56(進研模試で)、青山学院大や法政大の生命化学科は偏差値が59~60です。 私にはあまり偏差値が変わらないように思えるのですが、やはりMARCHと日大では将来の就職先や就職のしやすさに差がでるのでしょうか? 私は将来香料会社に就職したいと思っているのですが、どうせ日大だからなといって偏差値の差が少しでもMARCHの方が優遇されたりするのですか? それともこの偏差値の差は十分大きなものなんですか? 理系でも日東駒専と言われるのは変わらないのでしょうか? 質問ばかりすみませんが、よかったらよろしくお願いします。 A ベストアンサー 自由応募の場合、人気企業には何千ものエントリーシートが集まるため、 全てを吟味することが大変な場合、大学名でバッサリ切られる可能性はあります。 どこが切られるかはわかりません。 もしかすると大学名でなく、実力で切られたかもしれません。 実力=大学名かもしれません。 いずれにしろ、企業別実績校を見れば大体の予測はつきます。 理系は大学院研究科が推薦枠を持っている場合があります。 研究科によって推薦枠がある企業名も人数も違います。 是非、それぞれの大学(院)の就職実績を調べてください。 あなたの希望する企業の採用実績が日大にない場合は、残念ながら厳しいと判断せざるを得ません。 最後に学力の問題です。 付属校では日大統一テストは受けるものの、医学部や生産資源科学部獣医学科への推薦以外はさほど点数も必要ないでしょう。 そうなれば、いくら一般入試の偏差値がそれであっても、推薦組の皆さんの学力は下にうんと広いはずです。 青学や法政などMARCHと呼ばれている私立大学群でも同じことが言えるのかもしれませんが、 入学後の学力の二極化、その後の意欲如何では、学生生活そのものに大きな影響を及ぼすかもしれません。 特に理系は、就職以前に留年や退学などを心配する必要があります。 時々聞くのが、医学部の、付属校出身者の学力の低さです。 ついて行くのが大変のようですよ。 (もちろん、付属校から意欲的に学生生活を送っている人たちもたくさんいます) 以下はおまけです。 高砂香料工業。 業界最大手です。 こちらの2011年度理系採用実績は、私大は慶應(院)と麻布(院)のみで、他は全て国立大(院)でした。 自由応募の場合、人気企業には何千ものエントリーシートが集まるため、 全てを吟味することが大変な場合、大学名でバッサリ切られる可能性はあります。 どこが切られるかはわかりません。 もしかすると大学名でなく、実力で切られたかもしれません。 実力=大学名かもしれません。 いずれにしろ、企業別実績校を見れば大体の予測はつきます。 理系は大学院研究科が推薦枠を持っている場合があります。 研究科によって推薦枠がある企業名も人数も違います。 是非、それぞれの大学(院)の就職実績を調べてください。 A ベストアンサー 造園科学科の卒業生です。 農大は大らかな気風で、教授方に面白い、夢のある方が多かったように思います。 造園以外はあまり知りませんが、全体的にいい大学ですよ。 何を勉強したいかがはっきりしていれば、それに合った学科を選ぶことでかなり専門的な勉強ができると思います。 学校祭にも特色がありますので、(芸能人を呼ばず、学生の力だけで盛り上げるというポリシーなど)面白いと思います。 将来どういう仕事がしたいかによりますが、専門性の高い仕事に就きたいのであれば、その分野の学科に行けば強みになります。 逆に、どの学科出身でもいいような仕事に就く場合は、もっと一般的に名の通った大学の方がいいかもしれません。 (私は明治と農大と迷って農大にしましたが、今の仕事をする上ではよかったと思ってます) 細かい情報としては、電車の駅から遠いのが難点ですが、渋谷から成城学園前行きのバスに乗ると「農大前」という停留所があります。 あとは、中庭にとても大きな金木犀の樹があって、花の時期にはすごくいい香りがします。 一度オープンキャンパスなどに行ってみてくださいね。 造園科学科の卒業生です。 農大は大らかな気風で、教授方に面白い、夢のある方が多かったように思います。 造園以外はあまり知りませんが、全体的にいい大学ですよ。 何を勉強したいかがはっきりしていれば、それに合った学科を選ぶことでかなり専門的な勉強ができると思います。 学校祭にも特色がありますので、(芸能人を呼ばず、学生の力だけで盛り上げるというポリシーなど)面白いと思います。 将来どういう仕事がしたいかによりますが、専門性の高い仕事に就きたいのであれば、その分野の学科に行けば... Q こんにちは。 今受験生の高3生です。 私は今までずっと「環境に関する勉強」がしたくて、この大学も候補にしてきました。 農大なら『応用生物化学科』!! ・・・とずっと思ってきました。 でも、『国際農業開発学科』の存在を知ってからというもの、自分は環境を学びながら発展途上国の人々の役に立ちたいのではないかと思うようになりました。 しかし、オープンキャンパスでは応用生物化学科しか見ていなかったので、国際農業開発学科の雰囲気がよく分かっていません。 大学案内を見る限り、私には大変興味深い内容なのですが・・・。 なので、『応用生物化学科』、『国際農業開発学科』の雰囲気、カリキュラムに関する良い点・悪い点等々何でもよいので知っている方、教えてください!! また、農大生の勉強に取り組む姿勢や、就職するときの『東京農業大学』のイメージ、国際交流の活発さ、なども知りたいです。 いろいろ質問が飛んでしまいましたが一つでも回答いただけると嬉しいです。 よろしくお願いします。 tuat. tuat. nodai. tuat. html 日本国内や発展途上国を問わず、農業開発をする(農学を学ぶ)場合、「生物機能解析(生物学、化学)」と「生物機能利用(農業技術)」は、車の両輪、どちらも欠かすことはできません。 これが基礎になってさまざまな農業技術の科目へ、つながっていくのです。 tuat. shtml 国際交流も盛んですね。 発展途上国の農業開発に関わるチャンスも正規の短期留学制度以外にも、おそらく研究室レベルで、いくつかあるはずです。 興味深く魅力的なカリキュラムと裏腹に大学院進学率は、10%程度と他学科に比べると低い値が出ています。 研究分野が幅広い分、深さが浅くなりがちで、学生も方向性を定めかねているような気がします。 農大関係者ではありません。 ちなみに私のアドバイスは特別なものではなく、カリキュラムを精査すれば、学識者であれば容易に判断がつく類のものだと思います。 tuat. tuat. nodai. tuat. html 日本国内や発展途上国を問わず、農業開発をする(農学を学ぶ)場合、「生物機能解析(生物学、化学)」と「生物機能利用(農業技術)」は、車の両輪、どちらも欠かすことはできません。 A ベストアンサー 基本的に私立大学は辞退者を見込んで、大幅に水増しして合格者を出しています。 補欠の繰り上がる確率は一部の大学、学部を除いて、あまり高くないことを知っておいた方が良いです。 何故かと言うと、補欠を繰り上げる時期は、合格手続きが終わった後です。 足らない人数を成績上位から順に連絡を取ると、その間に他大学にすでに手続きを取ってしまって、辞退される例が多い。 仕方がなく更に下位の学生を取らなければならなくなる。 それを避けるために、多めに取っているわけです。 ただし、補欠繰上りが多い大学、例年のように繰上りがある大学もあります。 そういう大学はHPに補欠情報を出しているところが多いようです。 例)慶応 また、医学科のように定員丁度しか合格者を出さない専攻も補欠の繰り上がりは多いです。 農大の場合、過去3年間、補欠の繰上げはなかったようです(少なくとも公表された資料はないです)。 待っていても難しいようですから、次の方策を考えるべきでしょう。

次の