五等分の花嫁 最後。 『五等分の花嫁』最終巻(14巻)発売!おそらく最後の感想記事を書く!

『五等分の花嫁』122話(最終回)感想。平成・令和を駆け抜けた傑作ラブコメ、完結!

五等分の花嫁 最後

Contents• なり変わりは冗談でしたっ!! ま、そりゃそうさ ただ、この時点ではなり変わりまではいかなくとも、三玖は風太郎に選ばれた四葉になりたいのかなと思いました。 三玖は失恋してしまったのです。 しかも、姉妹という近しい人物に負けてしまったのです。 普通ならこう思うよ。 なんで妹(四葉)なんだ、五つ子なのになんで自分じゃないんだろう、って。 選ばれたのが妹なら、自分が妹の変わりになりたいって。 普通はそういう心理だと思います。 (そうだよね、ヒナ姉?) 三玖ちゃん激怒なう 話したいことがあったのに中々切り出せなかった三玖ですが、間違って四葉の曲を取り消したことから、話の切り口を見つけます。 そうです、三玖は怒っているのです! 何に怒っているかって?風太郎に返事をせずに困らせていることに対して怒っています。 完全に負けヒロインのセリフですけど、言われてみたいセリフですよね。 とっても尽くしてくれそうな三玖ちゃん。 ホントかわいいです。。 自分が選ばれてなくても、まず風太郎のことを考えている三玖の優しさには感動します。 怒っている理由はもう一つ。 単純に悔しいんですね。 こればっかりはしょうがない。 冒頭でも触れましたが、なんで妹が・・・という思いは必ずでてくるでしょう。 特に二乃と三玖は早い時期から風太郎に惚れ、早々にアタックし続けていました。 彼女らがいかに本気だったかなんて、言わずもがなです。 三玖が言っている通り、四葉が悪いことは何もないのです。 シスターズウォー編でも述べられていましたが、この戦いにおいて姉妹は敵でも味方でもないのです。 ただ単に恋のライバルです。 ライバルに負けてしまった、そりゃ悔しいよ・・・ 最後の意地 二乃は「姉妹の誰が選ばれても祝福したかった」と言っていました。 実際にはまだ気持ちの整理がついていませんが、最終的にはそうなるでしょう。 じゃあ三玖もそうなのかと思いましたが、三玖は最後の最後まで抗うようです。 直前のコマで、三玖は四葉も同じ思い(敵でも仲間でもない)ことを確認しています。 つまりライバルですよ。 お互いライバルと認識しているのであれば、変な施しなんていらないのです。 例え負けたとしても最後までライバルとして立ち向かうのが、負けライバルのかっこいい姿なのです! なんだよ超少年漫画してるじゃん!!!!!!!!!!!!!!! 私は私を好きになれたんだ 三玖の恋は残念ながら成就しませんでした。 ただ、風太郎と出会う前の三玖はとにかく自信がない子でした。 特に目立つのは「自分ができることは他の姉妹でもできる」と思っていたことでしょう。 要するに「自分の代わりなんて他にいる」ってことですからね。 三玖が三玖である理由を自分で持っていないために、自分にできることがない、自分の魅力がないと思っていたため、自信が持てなかったのでしょう。 ただ、そんな三玖は風太郎と過ごした時間の中で大きく成長しました。 めちゃくちゃ感動だよ・・・ 三玖の恋は成就しなかった。 失恋は辛いものです。 ただ、それを乗り越えるだけの強さと自信を三玖は手に入れました。 四葉の変わりになりたい三玖なんて最初からいなかったのです。 自分を好きになることができた三玖。 「フータローに好きになってもらえる私」は叶わなかったけど、それよりももっと大事な「私が好きになれる私」を手に入れることができました。 すごくいい最終回だった!!!!!!!!!!!!.

次の

【ネタバレ】五等分の花嫁 112話 『最後の祭りが五つ子の場合』のネタバレ、感想

五等分の花嫁 最後

違いその2 時間の経過 続いて見て取れるのは、(1巻の表紙からの)時間の経過ですね。 1巻の段階では、5人は風太郎の通う旭高校へ転校してきた、高校2年生だと思われます。 しかし、14巻では卒業間際の高校三年生頃のように見えます。 短い間ですが、かなりの変化があったので5人の表情も変わっていますね。 (髪色については、連載中にイメージが少しずつ変化したと考えられます。 ) 違いその3 背景 つい五人に注目してしまいますが、よく見ると背景にも変化があります。 1巻ではまばらに花びらが散らばっていますが、14巻では背景いっぱいに花びらが詰まっています。 少しの変化かもしれませんが、こういった所にメッセージが込められていると思います。 1巻との比較から見える5人の変化 先ほど1巻と14巻の表紙を比較して違いを探しましたが、その中で気がついたことがありました。 きっかけは四葉が風太郎と出会い、5人が足並みを揃えていたところから抜け出したことでした。 なので1巻表紙の段階では5人の繋がりは少し薄れていました。 しかし、14巻の時点で5人は再び心を一つにすることができたということを表していると思います。 その根拠として挙げるのが、 背景の花びらです。 単行本1巻(左)と14巻(右) 1巻では散り散りになっている花びらが14巻では集まっています。 5人それぞれが表紙となっている巻(2-7巻,3-8巻,4-9巻,5-10巻,6-11巻)を見ても花びらが増えているので、何かを表しているのは確実ではないでしょうか。 皆さんは何を感じたでしょうか。 答えを求めるのはナンセンスな気がするので今回はこの辺りで考察を終わろうと思います。 最後に こんなに楽しませてもらったのは久々でした。 表情豊かな五つ子たちに振り回されながらも癒され、元気をもらいました。 私の推しの五月ちゃんが結ばれなかったのはすこーし残念ですが、5人の青春、成長を見れたのはとっても幸せでした。 アニメの方も期待が高まっているので、楽しみに待ちます。 春場ねぎ先生本当にお疲れ様でした。

次の

【ネタバレ】五等分の花嫁 112話 『最後の祭りが五つ子の場合』のネタバレ、感想

五等分の花嫁 最後

五等分の花嫁 第122話(最終回)「五等分の花嫁」 感想 五等分の花嫁 最新話 感想 ネタバレ注意 ついに『五等分の花嫁』も今週で最終回です。 第1話「五等分の花嫁」で始まり、 第122話「五等分の花嫁」で締める。 本当にこれで最後なんだなと思うと、一つ一つのシーンや言葉がとてもかけがえのないものに感じられて、自然と目頭も熱くなって。 意外性のある展開も奇抜な演出も、もはや必要ありませんでした。 特別なことをせずとも、すべてが特別な思い出になる。 結婚式特有のしみじみとした余韻を感じさせつつも、その後は泣けて笑えてグッときて……最後はやっぱり "みんな一緒に"笑い合って。 どこまでも『五等分の花嫁』らしいまま、6人の青春がこうして ひとつの"完成"を迎えてくれたこと。 本当に心の底から嬉しく思い、作者の春場ねぎ先生に向けて今一度感謝の想いを表明したい心境でございます。 さぁ、泣いても笑ってもいよいよこれで最後の感想になります。 郎と五つ子たちの総決算となる珠玉の最終話。 誠心誠意振り返っていきましょう。 <関連記事>• 第122話(最終話):五等分の花嫁 物語のラストを締め括る最終回のお話は、 「披露宴における花嫁(=ちゃん)からの挨拶」と 「控室で行われていた五つ子ゲームの回答」を中心軸に据えてエピソードが構成されていました。 花嫁となったちゃんが語る 「家族」への想い。 亡き母から受け取った教えと愛が自身の中で生き続けていくことに触れ、過去と軌跡を振り返る形で "両親"への感謝を言葉にしていく。 お父さんへの感謝 零奈さんの死から目を背け、彼女が残した子供たちとも向き合えずにいたかつてのマルオ。 「家族」というテーマが根底にあった本作においてそのすれ違いは極めて重要なポイントとして描かれており、上杉郎という一人の少年を通じて歩み寄りが為されたことは今でも強く記憶に残っています。 本当の「愛」 とは血の繋がりのあるなしではなく、 その人の幸せを心から願えるかどうか、あるいはそういう間柄を築けているかどうかであり、養父マルオと五つ子たちの関係はまさしくその事実を象徴してもいるのかもしれません。 お父さんが私のお父さんになってくれてよかった という「感謝」と「愛」の言葉を今この場で紡ぐちゃんの姿に、そんなテーマ性を垣間見ることができたのではないかなと感じた次第でした。 五つ子ゲームファイナル さて。 その一方で語られるのは、 郎から五つ子たちに向けた「愛」についてです。 姉妹たちから最後の問題として提示されることになった五つ子ゲーム。 花嫁を見極めることができるかどうかを確かめる目的で行われたその問いに対し、郎はきちんと 一人一人に向けて「素直な想い」を語りその愛を示していく。 五つ子ゲーム 郎の言うとおり、この場で花嫁以外の4人がウェディングドレスを着てしまうことの是非については確かに一考の余地がある。 けれど、一生に一度の代名詞とも呼べるその衣装を着てまで彼女たちがこういう行動に出た理由はきっと、自分たちにとっても一つの 「区切り」を付けるためだった。 彼女たちとの出会いを通して彼が何を貰い、そして 彼女たちが彼との交流を通してどう成長したのか。 それを今ここで改めて語り合うために。 最後の祭りでただ一人の元に訪れて「告白」する形式を取ったことも、この結末を思えば必然だったのかなと今では思っています。 一花さんへの愛 そんな「郎の想い」は 一花さんから順に語られていくことに。 一花さんへの愛 同じ 長男長女の立場として。 妹たちを気に掛けるやさしさと思慮深さを持ち、郎にとっても本心や秘密を共有できる存在だった一花さん。 気持ちを抑えきれず後悔に涙したこともあったけれど、長女として誰よりも一歩先に進み強くあろうと振る舞う姿は本当に眩しく見えました。 彼女が郎と出会って恋をしたこと。 その軌跡が無駄になることは決してなく、彼女のこれからをより輝かせる思い出として胸に刻まれていくことを切に願っています。 二乃への愛 誰よりも自分の「気持ち」に真っ直ぐ向き合っていた次女の二乃。 そんな彼女に対して郎が語るのは、 「お前の強さはその人一倍の弱さの裏返しだ 厳しさもそれだけ大きな愛情があるからなんだろうな」という想いでした。 二乃への愛 家族想いな一面と恋愛に対して実直なスタンス。 そこには 「強さ」と「弱さ(=繊細さ)」が同居していて、その愛情の深さを当時の郎は正しく認識することができなかった。 5年の歳月が経って大人になり、二乃が示してくれていた「愛」がいかに大きなものであったのかを郎が理解したこと。 五つ子ゲームを通して二乃のことを見分けた彼だからこそそれが言葉だけのものではないとわかり、二乃がその「愛」を受け取って涙を流す。 その全てが「完璧」と形容したくなる構図で、万感胸に迫る想いでありました。 三玖への愛 郎への想いを原動力にして成長を遂げてきた三女の三玖。 そんな彼女に対しては、 「自分の不安と戦って勝ちえた結果に胸を張れ」とエールを送ることで彼はその"愛"を示します。 三玖への愛 苦手だった勉強を克服して卒業を果たしたことも、料理に興味を持って自分の店を切り盛りしていることも。 全ては三玖が自分の意志でやり遂げてきたことで、だからこそ自分を信じろと背中を押す。 未来のことは誰にもわからないし、時には不安に陥ること(郎に抱き付くシーンは家族旅行編との対比ですね)もあるけれど。 それでも未来のことに臆病にならなくていいのは、「過去」と「今」が重なり合った結果こそが「未来」だからなのだと思います。 今に全力を注いだ結果が未来になるのだから、自分がやってきたことをただ信じればいい。 笑顔で一つの「区切り」を付けていく強い三玖の姿に、一読者として勇気を貰えたような気がしています。 ちゃんへの愛 花嫁として上杉郎と一生の誓いを立てたちゃん。 彼女に対する「愛」は今更語るべくもなく、5年も前から"渾身のプロポーズ"という形でその想いはきちんと彼女の元に届けられていました。 郎らしい ゆえにここは、 「あっさり」こそが正解なのでしょうね。 正しい道も間違った道も共に手を取り合って歩き、 更に深く強固な「愛」を育んでいく2人だからこそ、これ以上の言葉をこの場で語る必要はない。 巡る季節の中でじっくりと確かめ合っていけばいい。 そんな演出がとても趣深くて、とても『五等分の花嫁』らしいなと感じました。 五月への愛 第1話の登場からもう一人の主人公としての側面を持ち、 郎とは「似た者同士」として取り上げられることが多かった末っ子の五月。 この場面においてもそんな彼女の立ち位置は健在で、かつてのように口論を繰り広げる2人の姿に懐かしさを感じた方も多かったのではないでしょうか。 五月への愛 まるで、 「喧嘩するほど仲が良い」とはこの2人のことを指した言葉なのではないかと思えてくる程に。 花嫁を絶対に見極めなくてはならない場面で「私がだけど... 」と冗談を言って見せたり、昔の口調で遠慮のない言葉を交わし合ったり。 家庭教師としての生活がスタートしたあの日に郎が初めて出会ったのも五月で、その思い出を振り返りながら お前に出会ってからだ! 俺の人生が狂い始めたのは! と郎が語る。 「悪夢」の始まりにして「夢」のような楽しい青春の日々。 そういうもの全てをひっくるめ、郎とちゃんが 「五つ子姉妹」に対する想いを各々の視点から吐露する展開。 五つ子でよかった 私は皆と五つ子の姉妹として 生まれることができて幸せでした お前たち五つ子に出会えたこと 数少ない俺の自慢だ これまでの物語に対する肯定と敬意を一言で完璧に表現している、実に見事なランディングだったなと思っています。 そして夢の向こう側へ.... という経緯で姉妹たちからの「五つ子ゲーム」に500点満点の回答を出し、名実共にちゃんの旦那さんとなった郎。 そんなタイミングで語られるのは、五年前の家族旅行における 「鐘キス」の真相についてでした。 鐘キスについて 結論から言うなれば、 「自分を見分けて欲しい」という想いゆえにちゃんは郎の元まで駆け寄って行ったのだと読めます。 自身の正体を伏せたまま近付いていることからもそれは明らかで、呼びに行こうとしたことで起こった単なる偶然というわけでは当然ない。 足を滑らせて倒れ込むようにキスまで行ってしまったのは事故だったのかもしれないけれど、そこに ちゃんなりの想い が秘められていたからこそ生じた出来事でもあったわけです。 秘められた想い 本当に上杉さんは 「自分のことを見つけてくれるのだろうか」。 そんな切実な気持ちに対する解答が五年という時を超えた今ようやくこの場で開示される。 かつてお母さんがそう言っていたようにこの世にただ一人しかいない自分は間違いなく 「特別な存在」で、それを見分けてくれる「愛」で繋がったパートナーが今は側にいてくれる。 ならば、 「過去」を象徴するリボンなんてもう必要ない。 リボンからの卒業 「初めて京都で出会った10年前の(見分けてもらえなかった)あの日」と「最後の五つ子ゲームを経て結ばれた今日という一日」。 その2つの対比を 「リボンからの卒業」という演出で締めくくってくれるとは、もう本当に完璧としかいいようがない。 完璧です。 21世紀の世を生き、『五等分の花嫁』という作品に出会うことができて本当によかった。 この後に、2人の新婚旅行に姉妹たちが付いてくるという流れのお話が語られていましたが、それもまた 『五等分の花嫁』らしさだと思っています。 生涯のパートナーとして結ばれたヒロインは一人なれど、「愛」で繋がっているのは五人とも同じ。 五等分の花嫁 どこまでも『五等分の花嫁』らしく。 五つ子たちが切磋琢磨して成長し、この先も幸せな未来を描いていく。 高校生だった頃がそうだったように、大人になって誰かが結婚しようともその関係が変わることはない。 どれだけの時間が経っても変わらない6人の絆。 そんな最高の余韻で有終の美を飾ってくれた本作に改めて感謝の言葉を伝えたいと思います。 本当にありがとうございました。 最高の物語に感謝を込めて さて。 最後になりますが少しばかり「あとがき」を。 『五等分の花嫁』が連載されていたおよそ2年半、そして僕らがこの作品と共に歩んできた幾日、幾ヶ月、幾年は、今日この日を以て終わりを迎えます。 文字通り、もうこれ以上はありません。 でも、最高の形で過去になってくれたおかげで、そのひとつひとつが本当に心から愛おしく、かけがえのない大切な思い出になりました。 はっきりと 「この気持ちを大切にしていけばいいんだ」と思えたから。 思わせてくれたからです。 無論、ゴールの先にも道はあります。 終わりをきれいに作れるということは、始まりを目の前に置けるということ。 これから先も 『五等分の花嫁』から貰ったたくさんの気持ちを大事にしながら、僕らは自分たちの日常を歩き続けます。 そしてまたいつの日か。 きっと世に出されるであろう春場ねぎ先生の次回作を読むことができたらいいなと願いつつ、最後の感想とさせていただきます。 huwahuwa014.

次の