天皇 陛下 お 召し 列車。 天皇陛下の専用車とはどんなクルマ!?『天皇陛下と皇族方と乗り物と』発売!!

天皇皇后両陛下が令和初お召し列車で国体で茨城へ。画像や動画あり!撮り鉄や皇室ファン興奮?両陛下のご様子についても

天皇 陛下 お 召し 列車

御料車とはいったいどんな車両!? ものものしい警備とともに威風堂々と現われる車列。 その中心には、見るからに一般車とは一線を画する威厳ある車体の大型リムジン。 一般車ではナンバープレートの装着される部分には菊のご紋が輝き、後席ドアの窓下にも菊のご紋。 天皇陛下、皇后陛下がお出ましの際にご乗車される『センチュリーロイヤル』です。 いったいこのセンチュリーロイヤルとはどんなクルマなのか!? 何台存在するのか!? 1台あたりの価格はどの程度なのでしょうか!? センチュリーロイヤルが導入されたのは平成18年のことでした。 それまでは日産自動車と合併する前のプリンス自動車工業が開発した「ニッサン・プリンスロイヤル」が御料自動車として使用されていましたが、製造から時間が経過したことで部品供給やメンテナンスの問題から、退役が決定。 引き継ぐかたちでトヨタ自動車がV12気筒エンジンを搭載する2代目センチュリーをベースに開発したのがセンチュリーロイヤルなのです。 意外に思われるかもしれませんが、この御料自動車にもナンバープレートが存在するのです。 前後バンパー部に装着される直径10cmの小さな鋳物製の「皇室用ナンバーブレート」がそれ。 さらに言えば車検も義務づけられているし、車検証も存在するのです。 毎年発生する自動車税は免税となっていますが、車検時に収める重量税は課されていて宮内庁が支払っています。 当然ながら個体を識別するための車台番号も打刻されています。 本書では御料自動車の車検証も資料として掲載しました。 御料自動車はこのセンチュリーロイヤルだけではなく、実はさまざまな車両が採用されていて、歴代を振り返れば実に15車種、49台もの御料自動車が存在しました。 そして現在は7台が皇室用ナンバープレートで登録されているのです。 本書ではその歴代御料車の詳細のみならず、導入の背景や経緯、車種選定の逸話などを著者工藤直通氏が、宮内庁が保管する資料を徹底的に精査し、紹介しています。 ここまで踏み込んだ資料開示はこれまでなかったはずです。 自動車だけではない お召し列車や専用機の秘密にも迫る!! 本書では御料自動車だけではなく、鉄道でのご移動の際に運転されるお召列車や、海外へお出かけの際などに使用される政府専用機、チャーター特別機の運航記録などにも迫っています。 特にお召し列車については平成年間だけではなく、大正時代、昭和時代にどのような車両によるお召列車がどのように運行されてのか!? 車両の細部や詳細、貴重な図面などの資料も掲載しています。 大正時代には、京都で使用する馬車を運搬するために専用の車両を新造したこともありました。 ところで国鉄の時代は無料だったお召列車ですが、分割民営化されJRとなって以降は「運賃」が支払われていることをご存知でしょうか!? どのように算定され、どのように支払われているのか!? それらも本書では宮内庁に残された資料から明らかにしています。 どうしても秘密のベールの奥のよう感じてしまう皇室ですが、本書では「乗り物」という視点から、可能な限り資料を発掘し、事実関係を検証しながら解き明かしていきました。 まもなく平成も幕を閉じ、新元号の時代が幕を開けます。 これを機に、本書を読んでいただき、皇室をもっと身近に感じていただければ幸いです。

次の

天皇両陛下最後の行幸啓 お召列車は近鉄特急「しまかぜ」車両で運転

天皇 陛下 お 召し 列車

ページコンテンツ• お召し列車とは? 天皇・皇后陛下及び上皇・上皇后・皇太后陛下が利用する特別に運転される列車のこと。 ちなみに上記の人物以外の皇族が利用する特別列車は「 御乗用列車」と言います。 平成以降では年に数回程度運転されるだけで、航空機や新幹線の定期列車でのご利用が多くなっています。 (例えば那須御用邸を利用する際は東北新幹線を那須塩原駅まで利用される) この場合は「 お召し列車」とは呼びませんが、 利用時間や号車などの情報が漏れないように厳重にしてあるのは 昔から変わりありません。 「お召し列車」という名誉 かつてお召し列車には専用の客車があり、他の客車と違い、 内装も外装もキレイに扱われてきました。 また、それを引っ張る機関車も比較的状態のいいのが選ばれ、 お召し列車塗装としてピカピカに磨きがかかっています。 当時の様子はこちらの作品に収められています。 くわしくはこちらをどうぞ DD51 842号機 大雪でSLみなかみが運転中止された時の様子 以上が現存するお召列車用の機関車です。 現在はJR東日本ではお召列車と団体列車専用の「E655系 和(なごみ)」が使用されています。 この車両では3号車と4号車の間に特別車両が組み込まれ、そこに天皇陛下・皇后陛下が乗られます。 担当する運転士や機関士は運転技術の他に勤務態度や性格といった人間性で適性が決まります。 そしてお召列車を担当する日時は会社からではなく「官報」で公示されます。 一般の列車でも定時発車や定位置での停車は行われていますが、 それ以上に厳しい運転が求められます。 万が一事故や、不手際があった場合には厳しい制裁があったとのうわさがあります。 当時お召列車を務めた機関士は 一生の誇りだと、 もし失敗でもしたら腹を切る覚悟だったとTVで言っていたのが今でも印象に残っています。 平成でのお召し列車 平成に入ってからは年に数本程度しかお召し列車は運転されませんでした。 理由は平成天皇陛下が公務のために国民に負担を強いることを嫌ったため、 新幹線や民間機を利用するようになったとのこと。 お召し列車が2番目に多く運転されているのが「 近鉄」なんです。 天皇陛下は毎年、伊勢神宮への参拝のために 名古屋から近鉄線を利用されていました。 そしてこれからも近鉄でのお召し列車は定期的に運転されるはずです。 その近鉄の中で最もハイグレードな特急車両が「 しまかぜ」です。 しまかぜには• 大阪難波~賢島• 京都~賢島• 近鉄名古屋~賢島 の3通りのダイヤが組まれています。 くわしくはをご覧ください 中はハイデッカー(床が高い)で眺めが良く 先頭車では運転席からの眺めを展望できます。 また、4人まで利用できる個室が和・洋室であります。 個室も珍しくなってきたので機会があるときは乗ってみたいと思います。 こちらはほぼ毎日1往復ずつ運転されています。 当日空席があれば駅でも購入できますが、 人気特急なので 近鉄HPからネット予約・旅行代理店での予約が確実です。 伊勢・志摩への観光なら近鉄グループのここがおススメ さいごに いかがでしたか? ここで解説した以外にもお召し列車の実態は詳しく知られていない事やネットでもあまり解説されていないので もしご興味がある方は本で調べてみたほうが詳しく知る事が出来ると思います。 今回思ったことは お召し列車は皇族でない限り乗ることは不可能だと思っていましたが、 今ではツアーで乗るチャンスがあるんだと知り、 昔とは高級列車へのハードルが違うんだなと感じてきたことでしょうか それでは!.

次の

天皇両陛下最後の行幸啓 お召列車は近鉄特急「しまかぜ」車両で運転

天皇 陛下 お 召し 列車

ページコンテンツ• お召し列車とは? 天皇・皇后陛下及び上皇・上皇后・皇太后陛下が利用する特別に運転される列車のこと。 ちなみに上記の人物以外の皇族が利用する特別列車は「 御乗用列車」と言います。 平成以降では年に数回程度運転されるだけで、航空機や新幹線の定期列車でのご利用が多くなっています。 (例えば那須御用邸を利用する際は東北新幹線を那須塩原駅まで利用される) この場合は「 お召し列車」とは呼びませんが、 利用時間や号車などの情報が漏れないように厳重にしてあるのは 昔から変わりありません。 「お召し列車」という名誉 かつてお召し列車には専用の客車があり、他の客車と違い、 内装も外装もキレイに扱われてきました。 また、それを引っ張る機関車も比較的状態のいいのが選ばれ、 お召し列車塗装としてピカピカに磨きがかかっています。 当時の様子はこちらの作品に収められています。 くわしくはこちらをどうぞ DD51 842号機 大雪でSLみなかみが運転中止された時の様子 以上が現存するお召列車用の機関車です。 現在はJR東日本ではお召列車と団体列車専用の「E655系 和(なごみ)」が使用されています。 この車両では3号車と4号車の間に特別車両が組み込まれ、そこに天皇陛下・皇后陛下が乗られます。 担当する運転士や機関士は運転技術の他に勤務態度や性格といった人間性で適性が決まります。 そしてお召列車を担当する日時は会社からではなく「官報」で公示されます。 一般の列車でも定時発車や定位置での停車は行われていますが、 それ以上に厳しい運転が求められます。 万が一事故や、不手際があった場合には厳しい制裁があったとのうわさがあります。 当時お召列車を務めた機関士は 一生の誇りだと、 もし失敗でもしたら腹を切る覚悟だったとTVで言っていたのが今でも印象に残っています。 平成でのお召し列車 平成に入ってからは年に数本程度しかお召し列車は運転されませんでした。 理由は平成天皇陛下が公務のために国民に負担を強いることを嫌ったため、 新幹線や民間機を利用するようになったとのこと。 お召し列車が2番目に多く運転されているのが「 近鉄」なんです。 天皇陛下は毎年、伊勢神宮への参拝のために 名古屋から近鉄線を利用されていました。 そしてこれからも近鉄でのお召し列車は定期的に運転されるはずです。 その近鉄の中で最もハイグレードな特急車両が「 しまかぜ」です。 しまかぜには• 大阪難波~賢島• 京都~賢島• 近鉄名古屋~賢島 の3通りのダイヤが組まれています。 くわしくはをご覧ください 中はハイデッカー(床が高い)で眺めが良く 先頭車では運転席からの眺めを展望できます。 また、4人まで利用できる個室が和・洋室であります。 個室も珍しくなってきたので機会があるときは乗ってみたいと思います。 こちらはほぼ毎日1往復ずつ運転されています。 当日空席があれば駅でも購入できますが、 人気特急なので 近鉄HPからネット予約・旅行代理店での予約が確実です。 伊勢・志摩への観光なら近鉄グループのここがおススメ さいごに いかがでしたか? ここで解説した以外にもお召し列車の実態は詳しく知られていない事やネットでもあまり解説されていないので もしご興味がある方は本で調べてみたほうが詳しく知る事が出来ると思います。 今回思ったことは お召し列車は皇族でない限り乗ることは不可能だと思っていましたが、 今ではツアーで乗るチャンスがあるんだと知り、 昔とは高級列車へのハードルが違うんだなと感じてきたことでしょうか それでは!.

次の