メルペイスマート払い 精算方法。 メルペイスマート払いって何?初期設定や支払いの方法、手数料などのルールを解説

メルペイ「ポイント」の使い方──支払い方法や有効期限、貯め方まで解説

メルペイスマート払い 精算方法

もくじ• メルペイの「スマート払い」とは? メルペイで新しく始まった「スマート払い」とはなにか?を解説いたします! 「スマート払い」はかつての「メルペイあと払い」を名称変更したもの 新しいサービス名称に見える「スマート払い」ですが、かつてメルペイに存在していた「メルペイあと払い」の名称がそのまま変更されただけ、と考えると分かりやすいですね。 では、そもそもの「スマート払い」とはどのようなものなのか?というと、支払いのタイミングなどはクレジットカード払いと似ていて、• その月に購入したものの金額を翌月に支払う• その支払い方法を自分で選択することができる というのが特徴となります。 メルペイ残高払い• コンビニ/ATM払い• 口座振替 の3種類から選択することができます。 ただし、2、3の支払い方法の場合、1回の支払いに手数料として300円がかかる点がネックになります。 (翌月払いせずに最初から残高払いでいいのでは?という意見も…。 ) メルペイスマート払いの設定方法 では、今現在の状態から支払い方法を確認し「メルペイスマート払い」になっているかどうか、支払い方法を変更する方法はどのようにするかを解説いたします。 メルカリのバージョンを確認する まずはメルカリのバージョンを確認することが必要です。 「スマート払い」が設定されていない場合は、こちらから本人確認などの手続きを行うことができます。 メルペイの「スマート払い」キャンペーンも同時に開催 今回、名称変更を行った「メルペイスマート支払い」ですが、 利用促進のためのキャンペーンもいくつか開催されています。 終了1ヶ月前にキャンペーン終了の告知がされる、とのこと。 ちなみにこのキャンペーン、キャンペーン開始以後に「お店でも使えるメルペイスマート払い」の設定をすること、が重要で、それ 以前に設定が完了されているとキャンペーンの対象とならない点に注意が必要です。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は「あと払い」から「スマート払い」への名称変更を行った『メルペイスマート払い』の内容を再び詳細なご紹介をさせていただきました。 スマート払いのメリットとしては 「これがほしい!けど、今この瞬間にはお金が無い!けど、数日後にメルカリでの売上が入ってくる!」 という時に使用する価値があるものですね。

次の

【最新版】メルペイスマート払い(旧あと払い)は現金化できる?金欠を救う最善策を徹底解説!

メルペイスマート払い 精算方法

ポイントは、メルペイ残高へのチャージには利用できません。 する必要もありません。 というのも、 ポイントを所有している状態で、通常どおりiDやメルペイコード支払いをすれば、ポイントが自動的に消費されるからです。 また、メルカリ内での買い物やスマート払いの精算にも、ポイントを直接利用できる仕組みになっています。 iD・コード支払い経由で実店舗利用する メルカリ(メルペイ)のポイントは、非接触型決済の「iD」もしくはQRコード決済の「メルペイコード払い」を通して全国の加盟店で利用できます。 ポイントで支払うには、まず 支払い方法が「メルペイ残高」になっていることを確認してください。 支払い方法が「スマート払い」の状態だとポイントが消費できません。 必ず「メルペイ残高」による支払いに切り替えておきましょう。 あとは、ポイントとメルペイ残高をあわせた金額が会計金額に達しているか確認し、任意の支払い方法(iD、コード、読み取り)で決済するだけOKです。 なお、ポイントはメルペイ残高よりも優先的に使われるので、使用するポイント数の指定はできないようになっています。 メルカリ内での支払いに利用する ポイントは、もちろんメルカリ内での買い物の支払いにも利用できます。 ポイントが金額分貯まっていればポイントだけでの購入も可能です。 足りない場合はメルペイ残高やクレジットカードなど、その他の支払い方法との併用もおこなえます。 ただし、実店舗での利用と同じく、利用するポイント数の指定ができないのが難点です。 購入したい品を選んだら、[購入手続きへ]をタップ。 支払い画面で「ポイントを使用する」にチェックを入れればポイントが使われます。 もちろん、メルペイ残高やスマート払いなどの他の支払い方法と併用することが可能です。 メルペイスマート払いの精算に使う メルペイの「スマート払い」(旧あと払い)は、実店舗やメルカリ内での購入代金を、使った分だけ翌月にまとめて支払える機能です。 獲得したポイントは、このスマート払いで支払った金額の精算に充てることもできます。 ポイントでスマート払いの精算をするには、画面右下の[メルペイスマート払い精算]ボタンを押します。 ここで今月の利用状況が表示されるので、[精算方法]をタップ。 精算方法の選択画面が表示されたら、「口座から自動で引き落とし」もしくは「残高で精算」を選択してください。 よく注意しましょう。 appllio. com Suicaへのチャージに利用する(iOS版のみ) 現状ではiOS版アプリのみの機能となりますが、ポイントからApple Payを通して「モバイルSuica」へチャージが可能です。 メルペイ加盟店に加え、交通電子系マネーが使える店舗での決済や、普段の電車・バスの支払いにもポイントが活用できるので、利用の幅がさらに広がるでしょう。 「モバイルSuica」アプリを開き、[入金チャージ]ボタンをタップします。 もしくは「Wallet」アプリから[Suica]タップして残高の隣にあるチャージボタンを押してください。 チャージしたい金額を入力し、[Apple Pay]ボタンをタップします。 モバイルSuicaアプリだとチャージは500円〜1000円単位ですが、Walletアプリ経由なら、チャージ金額は1円単位で指定可能です。 appllio. com 支払画面が表示されるので、カードの選択で「メルペイ電子マネー」を選びます。 あとはFace IDや Touch ID、パスコードなどで本人確認を済ませれば、Suicaへのチャージは完了です。 なお、「メルペイ電子マネー」が表示されない場合は、Apple PayにメルペイiD決済のICカードが追加されていない状態です。 下記記事を参考に、iDの初期設定を済ませてから改めてチャージを試してみましょう。 メルカリポイントの貯め方 メルペイにポイント還元システムはないので、残念ながら普段の買い物に使うだけではポイントを貯められません。 ポイントを獲得するには、キャンペーンに参加したり、メルカリに友達を招待したりと主体的に動かなければならないのです。 メルカリ・メルペイのキャンペーンに参加する メルカリ・メルペイでは定期的にポイント還元のキャンペーンが開催されます。 メルカリポイントを貯めるには、これらのキャンペーンをこまめにチェックして参加するのが一番効率がいいでしょう。 開催中のキャンペーンは、メルペイメイン画面を下にスクロールするとバナーで表示されるほか、大規模キャンペーンの場合は「お知らせ」タブにお知らせメッセージで届くこともあります。 以下の記事でも開催中のキャンペーンを紹介しています。 参加条件や特典などもわかりやすくまとめているので、是非参考にしてください。 appllio. com メルカリに友だちを招待する メルカリでは、ユーザーの招待キャンペーンを継続的に実施しています。 招待したユーザーが、メルカリの会員登録を完了させることで、招待した側とされた側双方に特典として500ポイントが付与されます。 招待される人がいない場合は、招待コード「YYZSYG」を入力してもポイントがもらえます。 招待する側は、メルペイのマイページタブから招待してポイントGETの画面に移動し「招待コード」を招待したい人に教えるだけでOKです。 「コードをSNSでシェアする」ボタンをタップすれば、わざわざコピペしなくてもLINEやTwitterなどのツールで招待コードを送信できるので便利です。 招待された人は、会員登録の際に招待コードを入力してください。 招待される人がいない場合は、招待コード「YYZSYG」を入力しても500ポイントがもらえます。 あとはメルカリへの会員登録を完了させると、その時点で招待した側とされた側にポイントが付与されます。 売上金でポイントを購入する 銀行口座の登録や本人確認をしていないアカウントの場合、売上金でポイントを購入すれば1ポイント=1円としてiD・コード払いに利用できます。 なお、銀行口座の登録、もしくは「アプリでかんたん本人確認」を済ませたアカウントは、売上金が自動的に「メルペイ残高」変換されるので、ポイント購入の必要はありません。 ポイント購入をするには、売上金がある状態で「ポイント購入」ボタンをタップ。 あとは、購入手続き画面で購入するポイント数を入力して[売上金でポイントを購入]ボタンをタップすれば完了です。 ただし、 売上金をポイントに変えてしまうと再び売上金に戻すことはできなくなります。 加えて、ポイントは出金(現金化)できないという特徴があるので注意が必要です()。 マイナポイント事業でメルペイを選択して利用する(2020年9月開始) 2020年9月1日から2021年3月31日までの期間中、総務省が推進する「マイナポイント事業」がおこなわれます。 これは、 「マイナンバーカード」を持っている人が、対象のキャッシュレス決済サービスを1つ選択(申し込み)して利用すると、上限5000円分のポイントがもらえるというもの。 さらに本人確認が完了済のアカウントなら、メルカリ内での買い物に限りさらに5%(最大1000円相当)が付与される特典も。 ポイントの付与が始まるのは2020年9月1日からですが、マイナポイントの予約・申し込みは7月1日から可能です。 気になる人は、マイナンバーカードの発行、およびマイナポイント申込みを9月1日前に済ませておくといいでしょう。 Q1:メルカリのポイントに有効期限はある? A:キャンペーンで獲得したポイントと売上金から購入したポイントでそれぞれ有効期限が異なります。 ポイントの有効期限• キャンペーンで得たポイント:最短60日から180日までキャンペーンごとに設定されている• 売上金で購入したポイント:獲得日から365日間 ポイントは自動的に有効期限が近い順に消費されるようになっていますが、キャンペーンで獲得したポイントは特に有効期限が短いので、できるだけ早めに消費しましょう。 有効期限を過ぎると、ポイントは失効して使えなくなってしまうので注意が必要です。 メルペイTOP画面の[ポイント]ボタンから、ポイントの獲得履歴と有効期限を確認できます。 Q2:キャンペーンで獲得したポイントはいつ付与される? A:キャンペーンにより異なります。 キャンペーンページの詳細情報に記載してあるのでチェックしてみましょう 詳細情報は細かく記載されているので、よく見なければならない キャンペーンごとに異なりますが、最短で翌日、長くて1ヶ月後くらいのイメージです。 ただし、記載されている日に確実に付与されるとも限りません。 ユーザーの利用状況やシステムの都合によって前後する可能性もあります。 Q3:ポイントは出金できる? A:メルカリポイントは、銀行口座への出金ができません。 メルペイ残高(メルカリの売上金含む)は、振込申請をすれば銀行口座への出金ができます。 一方、メルカリポイントは銀行口座への出金ができない仕様になっています。 売上金の状態なら出金はできますが、売上金でポイントを購入してしまうと二度と出金できなくなってしまうので注意してください。

次の

メルペイとは?【登録方法~使い方まで徹底解説】メルペイスマート払いで後払いOK!

メルペイスマート払い 精算方法

メルペイあと払い メルカリのスマホ決済サービス「メルペイ」では、残高が無くてもチャージすることなくすぐに支払いができる、後払いシステムの「メルペイスマート払い」という機能が使えます。 「いまメルペイで買い物をしたいけど、残高が足りない」「銀行口座からチャージしたいけど、口座に残高が無い」「メルカリの売上金があとで入金される予定だから、先に買い物に使いたい」といったときでも、メルペイのコード決済やiD決済を使ってさまざまな支払いに使える便利なサービスです。 メルカリに出品されている商品も、メルペスマート払いならあと払いで購入できます。 メルペイスマート払い残枠の上限額は、メルカリやメルペイの利用状況などに応じて決められます。 低いと1万円程度まで、最大では20万円程度まで利用できるようです。 この上限額は、メルカリやメルペイの利用状況などに応じて変動します。 メルペイスマート払いを使った分は、当月分(毎月1日~月末)の利用分を、翌月の1日~月末のお好きなタイミングで清算することができます。 2019年7月利用分(8月清算分)以降は、通常通り手数料が発生します(メルペイ残高払いで清算する場合は無料)。 ここでは、このメルペイスマート払いを利用した場合の清算方法をまとめてみました。 もくじ• メルペイスマート払い利用の流れ メルペイスマート払いは、クレジットカードの一回払い(翌月一括払い)の利用と同じような感覚です。 1か月分の利用分を、翌月にまとめて支払う決済方法です。 おおまかな流れとしては・・・ ・メルペイで支払い方法を「メルペイスマート払い」に設定して、支払いに使う ・翌月1日にメルカリアプリの「やることリスト」に届く案内を確認して、希望する清算方法を選択 ・翌月1日から末日までの間で清算する 翌月末日までに清算できなかった場合は、メルペイの利用が制限される場合があります。 期日までに遅れずに清算するようにしましょう。 清算する方法は、3通りあります。 それぞれの清算方法について、以下で説明します。 メルペイ残高払い 「メルペイ残高払い」は、メルカリで販売した代金(売上金)を使って清算する方法です。 翌月1日~月末の好きなタイミングで清算できます。 清算には、メルペイ残高に加えて、キャンペーンなどでもらったポイントも合わせて使えます。 「メルペイ残高払い」で清算する場合は、 清算時手数料がかかりません。 一番おトクで手軽な清算方法です。 手順は次のようになります。 「メルペイ>メルペイスマート払い>支払い方法」を選択する 2. 「支払い方法の選択」画面で「メルペイ残高払い」を選択する (ポイントを使用する場合は、「ポイントを使用」欄をタップして、使用ポイントを入力します) 3. 「支払う」を選択し、清算完了 清算金額に対してメルペイ残高が足りない場合は、清算期限の月末までに、清算する前に銀行口座からチャージするか、メルカリでなにかを販売して売上金を確保しましょう。 コンビニ/ATM払い 「コンビニ/ATM払い」は、コンビニやATMから現金で清算する方法です。 翌月1日~月末の好きなタイミングで清算できます。 清算には、キャンペーンなどでもらったポイントも使えます(ポイントを充当した残りの金額を、コンビニやATMから現金で清算)。 清算時手数料が300円(税込)かかります。 手順は次のようになります。 「メルペイ>メルペイスマート払い>支払い方法」を選択する 2. 「お客さま番号を発行する」を選択する 5. 原則として、支払いには現金のみ使えます。 ATMでの清算は、Pay-easy(ペイジー)での支払いとなります。 キャッシュカードを使えば、銀行口座の残高から支払うこともできます。 また、ペイジーに対応しているネットバンキングでも支払えます。 銀行口座振替 「銀行口座振替」は、毎月27日に、前月利用分をまとめて自動で引き落とし清算する方法です。 引き落とし口座の設定作業が必要となりますが、クレジットカードと同じような支払いサイクルと方法で利用できるので、「毎回清算手続きをするのが面倒だ」という方におすすめです。 毎月自動で引き落とされますので、清算を忘れる心配もありません。 清算時手数料が300円(税込)かかります。 銀行口座振替は、利用月の翌月9日までの設定が必要です。 9日を過ぎると、コンビニ/ATM払いで清算する必要があります(一度設定すれば、その後は毎月自動で清算されます)。 翌月10日以降は清算方法の変更ができなくなります。 銀行口座振替の場合、キャンペーンなどでもらったポイントは使えません。 手順は次のようになります。 「メルペイ>メルペイスマート払い>支払い方法」を選択する 2. 「支払い方法の選択」画面で「口座振替」を選択する 3. 銀行のページで必要情報を入力し、口座振替の認証を行う 5. 銀行のページで認証完了後、「メルペイスマート払いのページに戻る」を選択して、登録完了 注意点など メルペイスマート払いの清算について、注意点などをまとめました。 ・清算金を、クレジットカード、Apple Pay、Google Payで支払うことはできません ・清算が遅れて期日までに清算できなかった場合は、何度かメルカリアプリから通知され、支払い(返済)をするよう督促されます。 ・督促通知が何度も来ても返済せずにいると、メルペイスマート払いが使えなくなったり、メルカリのアカウントが凍結されたり、遅延損害金が発生したりすることがあります。 また、第三者(他の会社)から債権回収がなされることもあるようです。 ・クレジットカードとは違い、メルペイスマート払い利用分にポイントが付くことはありません(キャンペーンでポイントが付与される場合あり)。 ・支払い方法(「メルペイ残高(売上金)」または「メルペイスマート払い」)を、支払ったあとから変更することはできません。 支払う前に設定しましょう。 ・メルペイスマート払いで利用分を、分割払いやリボ払い、ボーナス払いなどにすることはできません。 翌月までに全額を一括して清算する必要があります。 延滞事務手数料 2020年5月利用分から、清算金の期限を超過して延滞すると、回収にかかる費用として「延滞事務手数料」(税込300円)が毎月1日・15日に請求されます。 この「メルペイスマート払い(定額払い)」は、メルペイスマート払いを使って支払った代金のうち、定額払いを選択した支払い分(最大3つ)について、毎月定額で支払うことができるサービスです。 手数料は年率15%です。 「メルペイスマート払い(定額払い)」を利用するには、本人確認の上、「メルペイスマート払い(定額払い)」への申込が必要で、審査があります。 メルペイスマート払いで支払った分が自動的に定額払いになることはありません。 また、月々の支払い金額は、支払期間中でも変更することができます。 余裕があるときは多めに支払うことで、手数料負担を抑えることが可能です。 あと払いするお金が足りないときは? メルペイスマート払いの清算をするためのお金が無いときは、以下のような方法が考えられます。 ・不用品や高く売れそうなものをメルカリで売る ・アルバイトなどの仕事をしてお金を稼ぐ ・家族や知り合いからお金を借りる ・クレジットカードがあれば、キャッシング枠を利用してお金を借りる ・クレジットカード(キャッシング枠付き)、カードローン、キャッシングなどを新たに申し込む おすすめのクレジットカード(キャッシング枠付き): ・・・最短当日カード発行、翌日お届け。 キャッシングサービスも付けられます。 新規入会で最大16,000円分ポイント還元 ・・・匿名審査で、お金が借りられるサービスを探すことができます 清算せずに滞納したままにすると、メルカリ・メルペイが使えなくなったり、第三者(他の会社)から債権回収がなされることがあります。 お金が足りないときのやりくりは大変かとは思いますが、どうにかして現金を確保して、なるべく早めに支払うようにしましょう。 「バンドルカード」の「ポチっとチャージ」 「メルペイスマート払い」と同じようなサービスとして、「バンドルカード」の「ポチっとチャージ」があります。 スマホアプリですぐ登録できるVISAプリペイドカード「バンドルカード」の残高に、後払いでチャージできるサービスが「ポチっとチャージ」です。 手元に現金が無くてもすぐに残高に入金することができ、VISA加盟店でクレジットカードと同じように買い物などに使えます。 チャージした月の翌月末までに、コンビニやATMなどで支払うことになります(手数料がかかります)。 「バンドルカード」は、メルペイとは違い、クレジットカード(VISA)が使えるお店やネットサービスなどで幅広く使えるのが特徴です。 未成年者の方でも、親権者の同意があれば利用できます。 クレジットカードをお持ちでない方はぜひ検討してみてください。

次の