ツバメ 渡り鳥。 ツバメは渡り鳥として飛び立つときは集団で群れ作る!?行く先はバラバラ?

ツバメってどんな生態?渡り鳥?種類はどれくらいいる? | ペット総合情報ブログ

ツバメ 渡り鳥

ツバメが渡りをするときには、海の上をひたすら飛んでいるイメージがありますが、どんなルートを使って目的地まで到達しているのでしょうか。 また、ツバメが飛ぶ距離やスピードは速いのでしょうか。 渡っているときに海の上なら休憩する場所も限られていますよね。 そこで、ツバメの渡りのルートや距離、休憩はどうしているのかを調べました。 ツバメの渡りのルートと距離。 飛びながら半分寝ている!? ツバメの渡りのルートは、大きく分けて 日本側を飛ぶルートと、 太平洋側を飛ぶルートに分かれているようです。 行く先は日本からフィリピンやマレー半島、ボルネオ島北部、ジャワ島、台湾などになっているようです。 道のりは 海から川へと沿って内陸に向かって飛んでいくとのことです。 ツバメの体つきや大きさが同じぐらいの鳥たちの中では、ツバメの飛行能力がとくに優れているといわれているようです。 通常の生活の中では、平均の時速は 47kmほどで飛んでいるものの、餌を見つけて捕獲するときや、天敵となるカラスなどに追われて、その追跡を振り切るときの速度は時速が 200km近くものスピードを出して飛ぶことができるようです。 そんなツバメが、渡り鳥として飛ぶ時のスピードは、時速 55kmから 60kmで飛んでいるようです。 一日にどれだけの距離を飛ぶのか調べると、 300km以上も飛ぶことが可能とのこと。 そんな長い距離の間に、どうやって休憩などをとっているのかは、ツバメは「 半球睡眠」という睡眠のとりかたができるようです。 簡単に言うと、左右の脳のどちらかを眠らせておいて、その状態で飛ぶことができるという、ツバメが先天的に持っている能力のようですよ。 この能力があるからこそ、飛んでいる間も一応休憩をとっていて長い距離を飛ぶことができるようです。 スポンサードリンク まとめ ツバメは、長い距離を飛びさらに飛びながら寝てもいるというところがすごいですね。 渡り鳥としての能力がもともと備わっていたということになりますよね。 その能力が先だったのか、渡り鳥だったから半球睡眠という能力を持っていたのか。 どんな景色を見ながら目的地まで行くんでしょうね。 スポンサードリンク 今のあなたにおすすめの記事.

次の

ツバメ―春にくる渡り鳥 (科学のアルバム・かがやくいのち)

ツバメ 渡り鳥

渡り鳥として知られているツバメは、日本が冬の間は南国で過ごし、台湾、フィリピンなどで冬を越した後、春になると日本に戻ってきます。 日本から台湾、フィリピンまで……といってもその距離は2000~3000㎞ほども離れています。 あの小さな体で、遙か彼方までたどり着く身体能力は、まさに驚異的といっていいでしょう。 ツバメは平均時速40~50kmの速度で飛びます。 意外と速いんです。 さらに、外敵から逃げる時は、最大速度は時速200㎞にも及ぶというから驚きです! 時速200㎞というと、テニスの錦織圭選手のサーブに値する速さ。 あの小さな体のどこに、それほどのスピード力が潜んでいるのでしょう。 まさしく、自然の神秘ですね。 ツバメは迷わない? ツバメは巣作りが終わると産卵、そしてヒナを育てます。 親鳥はヒナたちにエサを与えるのですが、これが農家の人たちにとっては、たいへん喜ばしいことでした。 ツバメのエサは生きた昆虫や幼虫です。 これらは農作物にとって有害なものなので、ツバメが食べてくれることで駆除する手間が省けたのです。 また、ツバメのヒナが落とすフンが肥料になると歓迎する農家の人もいたそうです。 しかし、近年では農薬の発達により、ツバメのエサとなる虫は減少。 その影響でツバメの姿も少なくなってきています。 ツバメが巣を作り、ヒナを育て、また巣立っていく……。 昔は当たり前だった光景が少なくなっていくのは寂しいものがあります。 かつてはツバメの存在に助けられていた人間ですから、これからはともに過ごしていける自然を守ることを考えていきたいですね。

次の

意外と知らないツバメの飛び抜けた能力。春を呼ぶ渡り鳥・ツバメの飛来シーズン到来!(internal.artstor.orgサプリ 2015年04月19日)

ツバメ 渡り鳥

ツバメはなぜ春に日本まで飛んでくるのか ツバメはなぜ春に日本まで飛んでくるのか ツバメは言わずと知れた 渡り鳥 であり、北半球に広く分布しています。 冬を南の越冬地で過ごした後、春になると日本などに飛来し、春から初夏にかけて営巣し、ヒナを育て、秋になるとまた南に飛んでいきます。 何もはるばる遠くまで飛んでこないでも、南でのんびり過ごしていればいいような気もします。 ツバメは暑がりだから夏は北にやってくるのでしょうか。 でも、一年中南にいる鳥もいます。 ツバメだけが特別に暑がりとは考えにくいような気もします。 その答えのヒントは、 春に 北にやってくるということにあります。 日本などの営巣地は、南の越冬地に比べ、高緯度にあります。 ということは、分かりやすくいえば、 南よりも寒い ということです。 暑い環境では、散った葉っぱや倒れた木は、あっという間に微生物によって分解されてしまいます。 すなわち、土になる前に全て分解されてしまうということです。 熱帯雨林などでは、木が高い密度で茂っているにもかかわらず、 その土壌は痩せています。 これは、熱帯雨林の木を伐採すると、その回復に長い年月がかかることの理由でもあります。 痩せた土壌では、木が生長しようとしても栄養分が少ないからです。 それに対して、寒い地域では、 散った葉や倒れた木はなかなか分解されません。 低い温度によって、有機物を分解するための微生物の増殖が制限されるからです。 分解されずに 地表に積もった有機物は、肥沃な土壌を形成します。 しかも、熱帯雨林の木が 常緑樹 中心なのに比べ、高緯度地域の木は 広葉樹 が中心です。 広葉樹は 秋になると落葉し、大量の有機物を地面に供給します。 秋が終わると次の季節は冬です。 冬の間は有機物はますます分解されず保存されます。 そして、長い冬が終わり、春がやってくると状況は一変します。 冬の間保存されていた地表の有機物は豊かな栄養源となり、大量の虫を発生させます。 なぜ、春にツバメは北にやってくるか? その答えは「 豊かな土壌を持つ地域では、春になると大量の虫が発生する 」からです。 ツバメは、その繁殖のためにエサとなる虫を求めて、北へとやってきていたのです。 そして、気温が下がり 虫が少なくなってくると、競争が激しいにしろ、より虫の多い南へと移動する のです。 南にも春も、もちろん虫はいます。 しかし、それだけ競争も激しい環境です。 繁殖のために場所を移動することが、より種の繁栄のために有利であるからこそ、ツバメは遠い距離を飛んで、春になるとはるばる日本までやってきていたのです。

次の