ハロウィン 意味 由来。 ハロウィンとは?由来や意味&起源は?なぜかぼちゃ?ジャックオーランタンの意味は?

トリックオアトリートの意味と由来。ハロウィンの合言葉で返事は?

ハロウィン 意味 由来

ケルト民族:中央アジアから古代ヨーロッパに渡来した民族 古代ケルト人は10月31日を1年の最後の日としており、 その日は死霊が訪ねてきて、作物を荒らしたり子供をさらったりします。 その死霊を祓うために行われたのが 『サウィン(Samhain)』と呼ばれる収穫祭で、 ドルイド(祭司、宗教的指導者)はかがり火を焚き、作物や動物を捧げたり、 人々は魔除けの仮面を被ったりしていました。 その後、キリスト教が伝来し、これを取り入れて今のハロウィンになったのです。 本来は秋の収穫祭であったり、悪霊を祓う 宗教的な行事でしたが、 今では世界的に 民間行事として楽しまれており、著しい商業化が見受けらます。 ハロウィンの語源 何故ハロウィン(Halloween)というのか説明していきます。 諸聖人の日:全ての聖人・殉教者を記念する日。 オール・ハロウズ(All Hallows) クリスマスの前夜をクリスマスイブと言うように、 諸聖人の日(All Hallows)の前夜(eve)なので、 Hallows eveと呼ばれ、これが訛ってHalloweenとなりました。 他にも日本ではマイナーですが、 「たらいの中に水を入れてリンゴを浮かべ、それを口に咥えて取る」 ダックアップル(Duck Apple)というゲームもあります。 これらの詳細や由来について説明していきます。 カボチャのお化け(ジャック・オー・ランタン)は何者? カボチャをくり抜き不気味な顔にし、中にろうそくを入れてそれを飾ることで、 善霊を呼び寄せ、悪霊を遠ざける効果があると言われています。 このカボチャをジャック・オー・ランタンと言いますが、 これは一体何なんでしょうか。 ジャック・オー・ランタンとは 「ランタン持ちの男」という意味です。 色々な説がありますが、有名なのが以下のものです。 悪賢い遊び人の男ジャックは、悪魔を騙して、「死んでも地獄に落ちない」という契約を交わした。 ジャックは年を取り死んでしまうが、生前の行いの悪さから、天国にも行けなくなる。 天国にも地獄にも行けなくなったジャックは、カブに憑いて安住の地を求めて彷徨い続ける。 ハロウィンと言えばカボチャというイメージが強いと思いますが、 実は最初はカボチャではなくカブでした。 アメリカに伝わった時に、 これが生産が多いカボチャに変わり、今ではそれが一般的になったのです。 ただし、スコットランドなど一部ではまだ、 カボチャではなくカブが使われているようです。 トリック・オア・トリートの由来 意味合いとしては 「お菓子をくれないといたずらするぞ」という意味で、 仮装した子供が近所の家にお菓子を貰いに行く時に「トリック・オア・トリート」と言う風習ですね。 日本では知っていてもやっている人はほとんどいないでしょうけど。 この由来としては、ケルトの「 Souling(ソウリング)」という風習から来ています。 この、他の家にケーキを貰う「 Souling(ソウリング)」という風習が、 現代のお菓子を他の家に乞うトリック・オア・トリートの由来になっていると言われているのです。 仮装をする意味 最後に、ハロウィンに仮装をする意味についてです。 日本では、カボチャを飾るのもトリック・オア・トリートも実際にやる人はあまりいませんが、 仮装に関してはやっている人はそう珍しくありません。 これに関しては、古代ケルトで仮面を被って悪霊から身を守ったように、 仮装をすることで霊を遠ざける意味合いがあります。 そのため、仮装のコスチュームとしては、 ドラキュラ、魔女、悪魔、ヴァンパイア、ゾンビなど、恐ろしいとされるものが選ばれているのです。 あとがき 以上、ハロウィンの由来や歴史についてでした。 「実は元々はカボチャではなく、カブであった」 「実はハロウィンは宗教的な慣習であった」 「ハロウィンの語源はHallows eveである」 など、一つのイベントの由来を調べるだけで話の種になる、 興味深いことがいくつも分かってくるものですね。 ちなみに日本では、1970年代にキデイランドがハロウィンの商品を販売するようになってから、 ディズニーランドではディズニー・ハロウィーンという仮装イベントが開催されたり、 観光誘致のためにイベントを開催する村もあります。 また、ハロウィンのコスプレについて記事にまとめたので、 是非こちらもご覧ください。

次の

ハロウィンの由来を保育で子供向けに簡単説明!かぼちゃにも由来が?│ホプラス|女性の資格・転職・就職・キャリアアップをサポートするメディア

ハロウィン 意味 由来

ハロウィンの意味について まず、ハロウィンとはいったい何のことなのか? ハロウィンの意味について理解を深めておきましょう。 一言でいうと ハロウィンは毎年10月31日に開催されるお祭りのこと。 ヨーロッパで始まり、その起源は秋の収穫のお祝いと悪霊を追い出す意味の行事です。 現在はアメリカなどで民間行事として定着しています。 日本も、ここ数年でメジャーなイベントになってきました。 ジャック・オー・ランタンとは ジャック・オー・ランタンとは、カボチャの中身をくりぬいて、中にろうそくを立てたもの。 提灯ジャックともいわれ 「ランタンを持つ男」という意味になります。 いたずらが好きで、旅人をランタンを使って誘導し道に迷わせたりします。 アイルランドやスコットランドに伝わる鬼火のような存在または妖怪ともいわれています。 Trick or treat(トリック・オア・トリート)とは 直訳すると 「いたずらか、ごちそうか」という意味です。 この行事が子供と大人が交流できる機会になっているわけです。 ハロウィンに仮装する理由は? ハロウィンの仮装というと 魔女 ゾンビ この辺りが有名ですよね。 ではなぜ 人々が怖がる魔物の仮装なのでしょうか? これはハロウィンの由来に関係します。 魔物に仮装する理由とは 人間と気づかれないようにするため どうして気づかれてはいけないのでしょう? それはこの後のハロウィンの由来で詳しく説明しますね。 スポンサードリンク ハロウィンの由来について ハロウィンはヨーロッパが発祥のお祭りです。 その原点はケルト人の秋の収穫祭。 それに悪霊を追い払う宗教的な意味合いが加わった行事のことです。 古代のケルトでは、1年間は11月1日~10月31日とされ、11月1日が1年の始まり10月31日は大晦日でした。 この10月31日には 死んだ人の魂が家族の元へ帰る 町には悪霊や魔女がさ迷う そのように言われていたようです。 仮装をするのは、悪霊や魔女が人々を襲うと信じられていたため、 人間だと気づかれないように魔女や魔物に仮装したといわれています。 同じような恰好をしていれば悪霊や魔女をだませる、仲間だと思わせることができる。 そのように考えて 自分の身を守ったのです。

次の

ハロウィンの由来を子供向けに説明する方法!かぼちゃと仮装はなぜ?

ハロウィン 意味 由来

=目次=• ハロウィンの由来と仮装の意味とは? ハロウィンの起源は、古代ケルトにあります。 古代ケルトでは10月最後の31日に一年が終わるとされていて、11月からは暦が変わっていました。 その、最終日である 10月31日は霊界との境界が薄くなり、死者の霊や悪霊・魔女などが現世にやってきては子供たちをさらってゆくと考えられていたのです。 そんな 悪霊たちから子供たちを守るために、この日は子供達に霊の仮装をさせて、死者と聖者の区別がつかないようカモフラージュさせた事が始まりとされています。 その後この行事がキリスト教の考えが深いアメリカに渡り、キリスト教の祝日である11月1日の『万聖節(All Hello)』の前日である事から『All Hello eve=Halloween(ハロウィーン)』と呼ばれるようになりました。 その時、収穫祭としての意味が加わり、以降アメリカで今の「Trick or Treat(トリックオアトリート)」のようなお祭りイベントの習慣ができたようです。 ただ、ここで誤解の無いように言っておきたいのは、 ハロウィンはキリスト教とは何も関係が無い行事です。 キリスト教の教えが深いアメリカ人が、日付を関連付けて広めた『行事』であり、 宗教的な意味合いは全くないそうです。 逆に、キリスト教会にハロウィンを何故しないのかなんて尋ねると、相手を怒らせる可能性がありますので注意して下さい。 ハロウィンとはもともと何をする日だった? 前述しました通り、ケルトの時代のハロウィンは、日本でいうところの 大晦日とお盆の意味合いが強い行事でした。 つまり、 一年を振り返り、御先祖様に感謝をする日であったと考えられます。 死者にさらわれないよう家に居て、家族で静かに新年を待つ。 そんな日だったのではないでしょうか? しかし、そこに収穫祭が加わったことで一気にお祭り的な要素が出てきます。 さらにアメリカに伝わり、一気に商業的なイベントへと様変わりしました。 それが日本に伝わり、今では収穫も関係なく、子供はお菓子を貰うために近所を回り、各地で大人が仮装パーティを繰り広げるようになりました。 スポンサーリンク ハロウィンの正しい楽しみ方とは? 今ではすっかりお祭りとして定着したハロウィンですので、そのままお祭りイベントとして楽しんでしまえばいいと思います。 日本では、クリスマスも宗教というよりイベントの意味合いが強い日となっています。 元々がお盆のような宗教行事すら『盆踊り』というお祭りに変えてしまう国民性ですので、ハロウィンの日を楽しもう!と拡がっても不思議ではありません。 (笑) 仮装パーティや、ご近所の ホームパーティ。 地域振興のための、 商店主催のハロウィンイベントなどで盛り上がるのも楽しいですよね。 お菓子のためにご近所を回るという行為も、 ご近所付き合いの一環としては有効だと思います。 とはいえ何の事前準備や通知もなしに、ご近所を無差別に回るというのはやはり問題があるように感じられますので、節度を守って楽しむようにお願いします。 その辺りはサイト内記事『』でもお願いしておりますので、一読頂けたら幸いです。 まとめ ハロウィンは、もともとは年の終わりを意味する行事でした。 それがお祭り的な要素を含み、商業ベースにのる事で一気にイベントとして広まったと思われます。 その名称はキリスト教の『万聖節』に因んではいますが、あくまで名前だけで、宗教とは何も関係ありません。 今ではすっかりイベントとして定着しているようですので、宗教家・無宗教派は関係なく、ハロウィンはイベントとして自由に楽しんでいいと思います。

次の