あん 樹木 希林。 樹木希林さん最後の主演作!映画「あん」のあらすじと感想【ネタバレあり】

樹木希林さん最後の主演作!映画「あん」のあらすじと感想【ネタバレあり】

あん 樹木 希林

エレファントハウス配給の河瀬直美監督作が、イタリアのシチリア島に位置するマルタ共和国の首都・バレッタで今年から開催されているバレッタ映画祭にて、メインの長編コンペティション部門の最優秀作品賞と、主演の樹木希林が最優秀女優賞のダブル受賞を果たした。 本作は、縁あってどら焼き屋「どら春」の雇われ店長として単調な日々をこなしていた千太郎(永瀬正敏)と「どら春」の求人募集の張り紙をみて、そこで働くことを懇願する一人の老女、徳江(樹木さん)の物語。 初週77館スタートで、23日目にして興行収入3億円を突破。 樹木さんを始め、河瀬監督、永瀬正敏、内田伽羅、原作者のドリアン助川らが出席した今年のカンヌ国際映画祭でも拍手喝采を浴びていた。 バレッタ映画祭の審査委員長を務めるのはローランド・ジョフィ。 カンヌ国際映画祭で自身の監督作品『ミッション』('86)がパルム・ドールを受賞している重鎮だ。 今回の日本映画のダブル受賞という結果には、現地の映画祭関係者や来場者たちからも大きな反響があったという。 本映画祭での受賞結果を受け、現地にメッセージを送った河瀬監督は「この度は、映画『あん』を最優秀作品賞に選んでいただきまして、本当にありがとうございます。 主演の樹木希林さんにも成り代わりまして、お礼を申し上げます」と感謝を述べるとともに、受賞の喜びを噛み締めている様子。 さらに、「この作品は日本の四季を通して、3世代の異なる人たちが、本当にシンプルですが、心の交流を描いた作品です。 徳江さんが最後に残した言葉は、本当に底辺を観た人間が、それでも尚かつその命を前向きに生き抜いたそんな人たちの言葉だと思います。 その人たちから受け取ったものを、千太郎やワカナが引き継いで、心に刻み、一歩を踏み出す先に、皆さんの笑顔があることを信じて作りました。 国境も越えて、人は人がそこにいるということを認め合うことで何かしら、あたたかな気持ちが生まれるのではないかと思います」と作品に込めた熱い思いを語った。 現在、世界40か国以上での配給も決定している本作。 映画『あん』が、海を越えて世界を感動で繋いでくれるかもしれない。 『あん』は全国にて公開中。 《text:cinemacafe. net》.

次の

樹木希林さん最後の主演作!映画「あん」のあらすじと感想【ネタバレあり】

あん 樹木 希林

映画『あん』は、小さなどら焼き屋「どら春」を舞台に、一人の老女の作る絶品あんこを通して紡がれる人間ドラマ。 かねてから、「役者に限らず若いうちから様々なタイプの人と接することは、人間を豊かにしてくれるもの」という祖母・樹木の思いがあり、「河瀨監督の創造性に触れることは、貴重な経験になる」と、オーディションを薦められたのが出演のきっかけだったという。 樹木と内田は是枝裕和監督作『奇跡』に出演しているが、共演シーンは本作が初めてのこと。 内田は1999年9月16日東京生まれの16歳。 小山薫堂脚本、THE 世界遺産ディレクターによる、『FURUSATO 宇宙 からみた世界遺産』で2010年に映画デビュー。 その後の『奇跡』では、第26回高崎映画祭最優秀新人女優賞を受賞している。 また、ワカナの母親役に水野美紀、千太郎の店のオーナー役に浅田美代子も出演していることも分かった。 内田伽羅(うちだきゃら)コメント 「あん」出演理由 かねてから、役者に限らず若いうちから様々なタイプの人と接することは、人間を豊かにしてくれるもの…という祖母、樹木希林の思いがあり、河瀬直美さんの独自の創造性に触れることは、私にとって貴重な経験になるであろう、と、オーディションを薦められました。 基本的に、英国にて学業中心の生活を送っているので、河瀬監督が仕事で訪れていたパリにて初めてお会いしました。 その後、演技経験も少なく不安も多かったけれど、思春期のワカナと同じく14歳の自分と重ね合わせる形で取り組むことになりました。 学校の休みを中心に利用しながら、日本での撮影に季節ごとに参加しました。 撮影前から、久米川のワカナが暮らしているとする団地の一室に寝泊まりし、通学路、図書館、商店街など、ワカナの生活を追体験しながら、自転車で現場に通いました。 監督からは、できるだけワカナの気持ちに寄り添う姿勢を心がけるように言われ、ワカナが作家志望ということもあり、時折、いくつかの小説を手渡されました。 幼い頃から英語中心の学校生活をしてきたため、難しい本もありましたが、ワカナ的感性を育むと共に、日本語力の助けにもなりました。 余談ですが、初めて袖を通したセーラー服が新鮮でした。 河瀬組の撮影は、特に光へのこだわりがあり、時間をおいて同じシーンを再撮したり、急遽、別カットが増えたりと、撮影のテンポに慣れていくのに少し苦労しました。 ある時、光によって映像が変わる様子を実際に監督から見せてもらい、そのこだわりに感動しました。 特に印象に残っているのは、全生園の森で行われた夢のシーンで、予定外の雨が降るなか、監督の希望で撮影が進みました。 白いブラウスと素足に下駄で、とても寒かったけれど、雨に濡れながら、その冷たさが伝わり、自然と徳江さんの孤独に近づけた気がしました。 この機会に初めて知ったハンセン病については、その歴史の重さと苦しみに衝撃を受けました。 特に資料館を見学した時には、言葉を無くしました。 また、それとは、裏腹に、お話を伺えた実際の元ハンセン病患者でもある森本さんが、とても前向きで明るい印象であったことに驚き、逆に励まされました。 河瀬さんは、自然や人間に対してとても敏感で、あらゆることにとても丁寧な人でした。 仕事をしている姿に深い情熱を感じて、自分もいつかあんな大人になりたいと思います。 樹木希林との撮影について 役柄上、徳江役の祖母とは距離を置くように言われていました。 仕事をしている祖母の姿を見るのは初めてでしたが、常に率直で、あまりに普段と変わらないので、とても祖母らしいと思いました。 永瀬正敏の印象 今回、初めてお会いしましたが、物静かで優しく、物語の千太郎さんそのものでした。 お芝居で素人の私のことも、辛抱強く見守って下さりとても有り難かったです。 両親の様子 河瀬監督との出会いは、思春期の自分にとって貴重な体験になる、 という祖母の考えに賛同し、あとは皆さんにお任せするという姿勢でした。 役者としてという風に気負わずに、豊かな人生経験になるといいね、と送り出されました。 学校の休みを縫って、日英を行き来する撮影だったので、特に体調管理には心がけるよう言われました。 渡英理由など 幼い頃からインターナショナルスクールに通っていたので、どこか留学には興味があり、小学校を終えたタイミングで留学を考えました。 男兄弟にはさまれていたので、女子校を体験してみたいという思いもあり、以前、訪れた時に落ち着いた雰囲気に魅かれたイギリスの学校に決めました。 学校は寮生活で、ロンドンから少し離れた緑豊かな場所にあり、土曜日まで授業もあり、宿題の多さも含め、とても忙しく毎日を送っています。 時々、自宅のあるロンドンに戻っては、自然と都会の落差を楽しむことができます。 現在、学校にてハープのレッスンを受け、美しい音色に近づけるよう練習中です。 敢えて、日本語のレッスンも受けていますが、その奥深さと難しさに奮闘、努力中です。

次の

樹木希林さんの名言すぎる名言に教えられた【映画あん】

あん 樹木 希林

解説 「萌の朱雀」で史上最年少でカンヌ国際映画祭新人監督賞を受賞、「殯の森」ではカンヌ国際映画祭グランプリを受賞した河瀬直美監督が、2014年に旭日小綬章を受章した名女優・樹木希林を主演に迎え、ドリアン助川の同名小説の映画化。 あることがキッカケで刑務所暮しを経験し、どら焼き屋の雇われ店長として日々を過ごしていた千太郎。 ある日、店で働くことを懇願する老女、徳江が現れ、彼女が作る粒あんの美味しさが評判を呼んで店は繁盛していく。 しかし、徳江がかつてハンセン病を患っていたという噂が流れたことで客足が遠のいてしまい、千太郎は徳江を辞めさせなければならなくなる。 おとなしく店を去った徳江だったが、彼女のことが気にかかる千太郎は、徳江と心を通わせていた近所の女子中学生ワカナとともに、徳江の足跡をたどる。 千太郎役に永瀬正敏、ワカナ役には樹木の孫娘である内田伽羅が扮した。 2015年製作/113分/G/日本・フランス・ドイツ合作 配給:エレファントハウス スタッフ・キャスト ネタバレ! クリックして本文を読む 樹木希林さんの眼差しや声はどうしてこんなに優しいのか…。 作中に出てくる吹き抜ける風や緑の景色みたいだ。 神様がいて世界を作ったのなら樹木希林さんは神様に近いところにいるのではないかと思ったほど。 個人的に印象に残ったシーンをふたつ。 ・「(どら春で働いた日々を思い返しながら)楽しかったぁ」と言う徳江さん(樹木さん)の表情。 店長・千太郎さんの哀しい目が気になって声をかけた、と後に徳江さんは言っていたけど「働いてみたかった」とどら春に来た時に話した言葉もきっと本当だ。 お店の店子として必要とされたり、接客したり、アイデアを出したり。 施設の中で過ごしてきた徳江さんにとっては本当に楽しかったのだろうな。 そしてそこに高校生のアルバイトみたいなことすら許されなかった徳江さんやハンセン病患者たちの哀しい過去が見える。 ・「よくわからないけど」 千太郎のオーナーの奥さんがハンセン病のことを話す時に言った言葉。 何気ない一言のようで、差別問題の根幹を表した言葉だと思った。 だから印象に残った。 よくわからないから不安なのだ。 本作でワカナがしていたみたいにちゃんと興味を持って調べれば実情は見えてくるのに。 断片的なマイナスイメージと、「よくわからないから」という不安で私たちはいとも簡単に差別したり、線を引いたり、排除したりしようとする。 科学的な根拠のないイメージだけで。 そしてそれが差別されたり線を引かれた人をどれだけ哀しくさせ、あるいは窮地にすら陥れることを想像できない。 心ない噂で、大好きな職場を自ら去らざるを得なかった徳江さんのような人を生むことを知らない。 そしてそう思った瞬間それはブーメランになって自分のところに帰ってきた。 もし作中で噂を聞いた私はどら焼きを買いに行かなくなったのではないか? ワカナのようにちゃんと知ろうとすることができたか?と自分自身に問いかけてしまった。 本作を観て鼻水と共に流れまくった温かい涙の味と一緒に、私にささったブーメランの痛みはこのままにしておきたい。 あとこの映画のすごいと思ったところ。 直接的に表現せずに受け手に行間を読ませている(受け手を信用してくれているともいう)。 たとえばワカナの母親。 序盤のほうにほんの少しワカナと母親の生活の様子や会話が挿入されるシーンがある(その時点では本筋には絡まない)。 そして話が進み、どら春に人が来なくなって徳江さんが去ったタイミングでワカナが千太郎に「徳江さんがハンセン病だと話した人が1人いる。 (それは)お母さん」と言う。 ワカナの母がそれを誰かに噂で伝えているシーンはない。 他の人たちが噂話してるシーンすらない。 でも観客は「あ、あの母はおそらく近所の人に話すのだろうな」と薄々感じる。 序盤のシーンで私たちはワカナの母親のパーソナリティをある程度掴んでいるからだ。 本作はそういった説明があまりなされずカットや表情(たとえば指を触る徳江さんの指のカットで、徳江さんが自分が原因で来客が減り始めていることに気づいていることを表す)で悟らせることが多い。 わかりやすくするために説明のセリフや演出過多な作品が散見される中で、観客を信じてくれる監督やスタッフの姿勢に感動してしまった。 良い映画だった。 千太郎役の永瀬正敏さんも素敵ね…! あとどら焼き食べたくなった。 徳江さんの粒あんが入ったどら焼き。 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の