クイーンズ 駅伝 速報。 クイーンズ駅伝2019の結果速報!区間賞・個人成績一覧!|まるっとスポーツ

速報 全日本実業団女子駅伝(クイーンズ駅伝)2019年 結果

クイーンズ 駅伝 速報

2位には、パナソニックを抜きダイハツがフィニッシュ。 昨年の女王・パナソニックは、3位となりました。 左端:区間順位の順番に並んでいます。 襷を渡した時点の通過順位とタイムは右端。 この菅田選手も、速かったですね! 襷を受け取った時点での差を、更に大きく広げエース区間3区へトップ通過を果たしました。 優勝候補の一つと言われた天満屋は、前半で遅れてしまい・・後半に賭けることに。 トップ通過で襷を受けたのは、マラソンオリンピック代表に内定したJP日本郵政Gの鈴木亜由子選手がトップをひた走ります。 3区では、上位チームの順位が大きく変動。 6位だったパナソニックが、ここ3区で2位まで浮上。 3位通過となったのは、1つ順位を上げた第一生命グループ。 ここで、順位変動があるかと思われましたが1位JP日本郵政、2位パナソニックはその順位を維持したまま5区へ。 ですが、ここでJP日本郵政の大西ひかりかり選手が快走。 攻められつつあると見られたが、猛追を許さずJP日本郵政がトップを守り6区アンカーへ繋ぎます。 そして、4区まで10位と出遅れていた天満屋がここで大きく順位を上げ5位に浮上。 天満屋の三宅沙蘭選手が、5区区間賞を獲りました。 3位から2位にあがり、さらに1位のJP日本郵政グループとの差をじりじり詰める快走。 ですが、襷を受けた時点での44秒差が大きく、JP日本郵政グループが1位のまま逃げ切り全区間1位で優勝の座を勝ち取りました。 2位に入ったのは、6区区間賞のダイハツ・吉本ひかり選手。 44秒あった差を5秒にまで縮める素晴らしい走りを見せてくれましたね。

次の

クイーンズ駅伝・注目選手:天満屋・小原怜 MGC3位の名門エース「イップスから復活へ」

クイーンズ 駅伝 速報

全日本実業団女子駅伝(クイーンズ駅伝)2018概要 【 コース紹介】 6区間42. 195km。 スタートは「日本三景」の1つ松島がある宮城県松島町。 第1・2中継所のある塩竈市は日本有数の漁港があります。 195kmとなります。 icon-check-square1区は7. 0km、松島町文化観光交流館前~塩竈市地域活動支援センター前 icon-check-square2区は3. 9km、塩竈市地域活動支援センター前~塩竈市水道部前 icon-check-square3区は10. 9km、塩竈市水道部前~富士化学工業前 icon-check-square4区は3. 6km、富士化学工業前~聖和学園高等学校前 icon-check-square5区は10. 0km、聖和学園高等学校前~仙台第二高等学校前 icon-check-square6区は6.

次の

第39回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会 (クイーンズ駅伝):日本陸上競技連盟公式サイト

クイーンズ 駅伝 速報

8km結果 区間記録 11:28 2018年 パウリン・カムル/ルートインホテルズ 総合順位 総合記録 選手名 チーム 区間順位 区間記録 1位 1:21:46 N. ムッソーニ ユニバーサル 8位 12:23 2位 1:21:47 T. カマウ 三井住友海上 2位 11:56 3位 1:21:55 飯島理子 積水化学 11位 12:37 4位 1:21:58 K. ジョアン 九電工 4位 12:01 5位 1:22:01 石澤ゆかり エディオン 5位 12:10 6位 1:22:14 D. メリッサ 資生堂 6位 12:13 7位 1:22:34 P. カムル ルートイン 1位 11:37 8位 1:22:55 棚池穂乃香 大塚製薬 10位 12:34 9位 1:23:01 M. シプコ 日立 7位 12:15 10位 1:23:13 堀口あずき 京セラ 15位 12:49 11位 1:23:38 鈴木理子 第一生命 9位 12:32 12位 1:23:49 M. モカヤ キヤノン九州 3位 11:57 13位 1:23:53 髙野鈴菜 肥後銀行 12位 12:38 14位 1:24:07 G. キマンズィ スターツ 19位 13:07 15位 1:24:15 今井千尋 ユニクロ 17位 12:54 16位 1:24:23 立迫美紀 鹿児島銀行 16位 12:50 17位 1:24:39 小﨑まり ノーリツ 22位 13:41 18位 1:24:51 阿比留悠奈 しまむら 19位 13:07 19位 1:25:32 加藤凪紗 ホクレン 18位 12:56 20位 1:25:41 田中亜可梨 十八銀行 23位 13:45 21位 1:26:26 金平裕希 シスメックス 14位 12:47 22位 1:26:49 豊田由希 愛媛銀行 24位 13:48 23位 1:27:58 M. 岩谷産業の飯田怜選手が転倒により走行不能状態に。 しかし、残り約200mの距離を四つん這いになって中継所を目指し、膝を傷だらけにしながらもタスキを繋ぎました。 後日判明したところによると、飯田選手がどの時点で骨折したのかは不明。 そして、岩谷産業の監督は、飯田選手の姿が 中継に 映らなくなり、しばらくして四つん這いで進んでいるのを見た後、 大会役員にやめさせるよう伝えたとのこと。 ところが、主催者側から飯田選手に中止が伝わるのにタイムラグが発生。 コース上にいた大会役員から飯田選手に中止が伝わった時には、残り15mほどの地点で、監督は大会役員から「飯田選手が動いていたから、見守ってしまった」と説明を受けたそうです。 なお、飯田選手は右脛骨の骨折で全治3~4ヵ月との診断。 本人の意思があって、走行不能な事態に陥りながらも這いつくばって中継所まで進んだ…とはいえ、監督の中止の意向がスムーズに伝わらないというシステムは、選手のためにも早急に改善してほしいですね。

次の