ホワイト 餃子 焼き 方。 簡単! 自宅でできる本格餃子の作り方【仲間を呼んで餃子パーティー編】

【餃子の王将公式】餃子の焼き方(フライパン編・ホットプレート編)

ホワイト 餃子 焼き 方

おいしいものをみんなで食べればもっとおいしい。 そこで仲間を呼んでワイワイ餃子バーティーはいかがだろう? 今回ご紹介するのはパーティーにぴったり、フライパンでできる肉餃子のアヒージョ。 定番餃子と組み合わせて熱々をみんなでシェアすれば、あなたの株が上がること間違いなし。 鎌倉で人気のワイン&餃子の名店「鎌倉餃子UMINECO」店長の刀根幸二さんに、お店でも大人気の本格餃子の作り方を特別に教えてもらった。 【Step01】仕込み材料:和洋中が融合• 適量 今回挑戦するのは、肉餃子のアヒージョ。 肉餃子の餡づくりはを参照いただきたい。 仕込みのポイントは牛肉と豚肉を合わせる際に塩を加えること。 塩の量は正確に計ること。 水を加える際は何回かに分けて肉になじませること。 また、パーティー餃子は量をたくさん作ることになるので、野菜を切ったりする作業をみんなで分担するのも楽しいだろう。 レシピは2人前だが、大勢で餃子パーティーをするなら、同じ要領で肉餃子やパクチー餃子なども楽しみたい。 【Step02】包み方:さあ、誰が上手に包めるか• 肉餃子の包み方は同じく【おうちデートでふるまう餃子】編の包み方を参照のこと。 餡を皮の中央に載せて半分に折りながらヒダが4つできる状態にする。 その1つに水をつけて斜めに折り返して形を整えていく。 これで一口サイズの形が完成。 みんなでワイワイ会話を楽しみながら包んで、バットに並べていこう。 番外編:「ぎょうざ包み」にトライ• 餃子を包むのが苦手な人は、秘密兵器「ぎょうざ包み」(マーナ社)がおすすめ。 皮と具をのせて型を閉じて開くだけで、底が平らなヒダ付きの餃子を作ることができる。 「餃子って立たないとうまく焼けないんです。 立つように包むというのが大事なポイントです」と刀根さん。 上手に手で包める人なら餃子包みで1個作る間に2~3個包めそうだが、これを使えば初心者や子どもでも包めるので、餃子パーティーで試してみてもいいかもしれない。 【Step03】焼き方:円盤焼きに挑戦!• 大人数で食べる時には思い切って円盤焼きに挑戦。 焼く際にはフライパンにセンターから順に円盤状に置いていく。 焼き方は基本的に通常の肉餃子と同じ。 ポイントはフライパンを十分熱して、蒸し焼きの時は水ではなく、お湯を入れて3分半蒸す。 焼き色がついたらフライパンに皿をのせるようにして裏返し、焦げ目のついたほうを上にしてフライパンに戻しておく。 そしてここからがアヒージョの作り方。 家庭用のピザ用チーズをかけて、バーナーがあればバーナーで焼く。 バーナーがなければ、ふたをするだけでもチーズは溶ける。 バーナーで焼くのは手早い仕上げが可能になるから。 【Step04】仕上げ:見た目と味の決め手はシラス• オリーブオイルはあらかじめ温めておき、その中にすりおろしたニンニクを入れておく。 チーズが溶けてきたところで、オリーブオイルとニンニクを上から投入。 フライパンの大きさによって、オリーブオイルの量は加減する。 次にシラスをお好みで上から散らす。 さらにネギを載せてから、辛い物好きな方はラー油を振りかける。 最後に海苔を振りかけて完成! 最後に刀根さんにプロがすすめる餃子の名店を聞いてみた。 「やっぱり亀戸餃子、もうレジェンドです。 メニューが餃子しかないんです。 餃子とビール。 それも、座ったら必ず2人前出てきます。 もちろん追加もできます。 注文が入ってから焼くのではなくて、焼き続けてるんです、厨房は(笑)。 で、順番に出てくるという、餃子屋としての理想です」。 最近のお店では「えびすの安兵衛」。 恵比寿に支店があるが、本店は高知の屋台餃子で、現地にも食べに行ったという刀根さん。 「本店は味が全然違います。 屋台餃子は何が違うかというと、焼きが違うんです。 最後に油を大量に入れて餃子が半分油に浸かるんです。 でも、揚げ餃子じゃなくて半分揚げなので、上はしっとり、下はパリパリ。 高知に行ったらぜひ行ってみてください」。 1人でも、2人でも、大勢でもおいしい、楽しい餃子の世界。 あくせく働く毎日を、ぜひ餃子三昧で乗り切っていこう。 鎌倉餃子UMINECOの詳細はから.

次の

プロが教える、餃子の焼き方

ホワイト 餃子 焼き 方

湯を沸かし、油を用意しておきます• 冷たいフライパンに油をひいて、餃子を冷凍のまま並べます• 点火と同時に熱湯を入れます。 餃子が八分目まで浸る位。 ガスは強火、フタをします。 8分位・・・• 大きな泡になってきたら・・・• 油を入れます、餃子がもぐる位。 (ここがポイント)• 湯と油がまじって白くにごります。 強火のまま。 3分位で湯は蒸発し、油が透明になります。 油をたす。 底がこげ茶になります、底入れをし、中火にします。 油を元にもどします、少しだけ残す。 油は3〜4回使えます。 こげ目をつけて・・・火を止めます。 残った油を元にもどし・・・• 餃子を返しヘラで皿にひっくり返して、出来上がり。 (少なく焼くときは、フライパンを小さく)フライパンにすき間があると油が大きくはね、危険です。 フライパンは1回毎にお湯で洗って、油をひいておいて下さい。 冷凍餃子は冷凍焼けをしない様ビニール袋などで空気を遮断し3カ月以内にお召し上がりください.

次の

ホワイト餃子グループ ホームページ

ホワイト 餃子 焼き 方

調理には大量の油を使用します。 調理道具などに水分が残っていると油が大きくはねて大変危険ですのでご注意ください。 調理方法 1 お湯をわかします。 油を用意します。 2 冷たいフライパンにしき油をひいて、凍ったままの餃子を 1つずつはずして(ここがポイント)並べます。 餃子はフライパン一杯に敷きつめてください。 フライパンに隙間があると、油が大きくはねて危険です。 数が少ないときには、小さなフライパンを使用してください。 3 ガスを点火すると同時に、熱湯を餃子が8分目までひたるくらい入れます。 ガスは強火にします。 4 フタをして8分ほど加熱します。 5 大きな泡になってきたら・・・ 6 フタをはずして、餃子が もぐるくらいまで(ここがポイント)油を入れます。 以後フタは不要です。 フタを使用した場合、蒸発した水蒸気がフタの内側に付着します。 フタを外す時に高温になった油に水滴が入ってしまうと、大きくはねるため危険です。 7 はじめはお湯と油がまじって、白くにごります。 強火のまま加熱します。 8 3分ほどでお湯は蒸発し、油が透明になります。 ここで油をたして、再び餃子がもぐるくらいにします。 9 底がこげ茶色になった所で底入れをして、ガスを中火にします。 10 油をもどします。 フライパンには少しだけ油を残します。 もどした油は、3~4回使えます。 11 底にこげ目をつけたら火を止めます。 フライパンに残した油もどして・・・ 12 フライ返しで餃子をお皿にひっくり返して盛りつければ、できあがりです。 All Rights Reserved.

次の